修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昔の友人(され男)の話 
    汚嫁の不倫と離婚の後 

    105db36ccd0b10c63842e4f5f7a40aec_s

     
    汚嫁は復縁を迫るも相手にされず 
     
    間男ともうまくいかず自殺未遂 

     




     
    【第千百五十四の修羅   「面倒だから、次はちゃんと死んでくれや」不倫して間男の元に行った元嫁が自殺未遂したから言ってやった。2年後、今度はうまくいったらしい。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    弟が婚約者Aに浮気されて別れた。 
     
    浮気相手はAの会社の既婚上司B。口でしただけで挿入はなかったとかほざいてたけど、 
    奥さんが妊娠中で色々溜まった男とラブホテルで2人きりで何もないわけないだろう。 
     
    HW20160708152415_TP_V


    結納はしていたのでこっちは慰謝料をとれる立場だったけど、弟はしなかった。 
    曰く、結婚はしない、付き合うのもやめる、でもまだ好き、困らせたくない、と。



     
    【第千百五十三の修羅  不倫して別れた弟の元婚約者が会社の花見で楽しそうにしていたので社員と不倫相手の上司家族の前で全てブチまけてやった。花見、地獄絵図w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まあ厳密にはヒスと違う気がするので違うと思うなら該当スレに誘導してほしい。
    うちの嫁は今までヒスじゃ無かったんだよ。
    でも急にヒスになった。まあ正確に言うと兆候はあったんだが。
    うちの嫁は子供に対してちょっとヒスと言うか極端な子育てしてたんだよ。

    _GKbPbD__400x400

    ゲーム禁止、漫画禁止、テレビは一日1時間みたいな。
    でも息子が義務教育時代とか俺の仕事がマックスに忙しかった頃で
    週三回は午前様。逆に嫁は専業主婦なんで全く育児しなかったわけじゃないけど
    どうしても嫁主体になるじゃん。
    だから嫁に「ちょっと厳しすぎるじゃないの?」と言っても
    「あなたは黙ってて!」とキレられるだけ。



    【第千百五十二の修羅 息子を厳しくしつけて育てた結果ww→「お前には恨みしか無いわ。このまま安穏とした老後があると思うなよ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    抜きうちで実家に帰ったら、知らん女が母の服を着てテレビ見てた時。
    進学で県外へ行き、過酷なほどに多忙な職種に就いて、恥ずかしながら何年も実家に帰ってなかった。
    盆も正月も帰らずたまに電話するのみ。電話はたいてい父が出て、
    「変わりない」と報告だけして切る。
    母に替わってもらうことはまずない。

    fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s


    たまたま出張で故郷の県に行く用があり、半日ほど余裕ができたので実家に寄ることにした。
    一応電話したが誰も出なかったのでそのまま向かった。
    鍵は持ってるので勝手に入った。この時点で何か家が臭いとは思っていた。
    居間をガラっと開けて「ただいまー」と言ったら、
    母の服を着た知らん女がこっちを「え?」って顔で見た。



    【第千百五十一の修羅 抜きうちで実家に帰ったら、知らん女が母の服を着てテレビ見てた。母を探すと・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    俺には、何人か幼馴染がいて、家族がよく「戦隊ものみたい」と言ってたので。ここでの仮名も色にする。
    レッドは、リーダーシップのあるイケメン。運動も得意で、やたらもてる。
    ブルーは、いつも冷静で、父子家庭のせいか、小さい頃からやたら大人びていた。
    ホワイトは、女なんだけど、負けず嫌いで気が強く、面倒見がすごくいい。
    俺はグリーンと言われた。チビメガネのガリ勉で、絵に描いたようないじめれっ子
    これに、ブルーの妹(ピンク)が加わった5人で、よく遊んだ。

    SMIMGL3973_TP_V

    親同士も幼馴染だったり、学生時代の友人だったりしたので、家族ぐるみの付き合いをしてて、特にブルーの父は多忙な人だったので
    レッド、ホワイト、俺家で夕飯食べたり泊まったりすることも多かった。




    【第千百五十の修羅 幼馴染の葬式で俺は笑っていた。俺が好きだった娘と結婚したこいつを憎んでいた。俺はいつからこんなクズになってしまったんだろう・・・昔は楽しかったのに・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    神経わからんし意味わからんな話
    光GENJIのやつが託卵されたってワイドショーで騒いでた時嫁とテレビ観ながら
    うちもDNA検査やってみたほうがいいなーってシャレで言ったのよ
    そしたら嫁真っ青になって発狂

    3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s

    これはあやしいとピンときて嫁の反対を押し切って検査した
    そしたらシロで息子は俺の子だった
    めでたしめでたしなのに嫁は怒ったままで別居
    シロなのに顔面蒼白になって発狂した嫁がイミフすぎてやっぱり身に覚えがあるに違いないと
    母にグチったら泣かれてああ親不孝したなと思ったよ
    変な嫁もらってごめんかーちゃん
    【第千百四十九の修羅 「うちもDNA検査やってみたほうがいいなー」冗談で言ったら嫁が真っ青になった。そして検査をした結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    16年前、不倫・妊娠・托卵の3点セットで離婚した
    法律上の俺の娘が、「大学に行きたいのでお金を出して下さい。」と言ってきた。
    半分の遺伝子提供者である間男は、とっくの昔(10年以上昔)に首を吊って死んでいて
    母親=汚嫁は、間男と切れた後、男をとっかえひっかえした挙げ句
    昨年末に死んだらしい。
    この娘は、俺との離婚後は祖父母宅(嘗ての義理親)で育ち、母親の顔も
    ろくすっぽ知らないらしい。

    IMGL8009_TP_V



    16年ぶりに嘗ての義理親宅へ足を伸ばしたが
    義理父は寝たきり、義理母はヨボヨボと
    気の毒で涙しか出てこねぇ

    結局、今嫁に説得されて
    金出すことになりそうだが、なんだかモヤモヤする。
    【第千百四十八の修羅 16年前、不倫・托卵で離婚した元嫁が死んだ。間男も首吊ってた。残された血のつながらない娘が俺の前に現れたのだが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    俺の生まれは埼玉県民w 
    平凡な両親に育てられた俺は、結局高校中退して就職するまで埼玉の呪縛から逃れられなかった。 
    西部池袋線の沿線だったから、やっぱホームは池袋。 
    高校中退にそんなハッピーな人生が待ってるわけもなく、ショボイ仕事を転々とする毎日。 
    金が無くて無くてw 
    もうほんと最低の青春時代だったなw 

    uOS9eO5rsDhebFu_G1K9G_117

    ペンキ屋の職人や、キャッチ、深夜のファミレスバイト、いろいろやりながらのその日暮らし。 
    たまに金が入れば、すぐにパチンコでやられて食パン生活。 
    女にはわりと不自由しなかった、馬鹿な田舎娘いくらでもナンパ出来たから。 
    ただそんな最低でありながらも、ある意味じゃ何不自由ない生活と縁を切るきっかけは、ありがちだがだが嫁との出会い。 


    【第千百四十七の修羅  熱湯バットみたいなことするならその後もちゃんとやらないとダメ。この例みたいに嫁一人勝ちパターンになるぞ。男だけがボロボロだ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    父方の祖母を亡くしたときに、なにか自分の中で激変した話。
    昔はおばあちゃん子だったのだけれど、祖母が脳梗塞で寝たきりになったり、そのタイミングが運悪く私の思春期と重なったりしたために、いつしか嫌いになっていた。

    a18a5d2a452b557bd021d5de5df22ffe_s



    祖母の部屋があったのだが、部屋には簡易トイレがあって臭かったし、時たま部屋に呼ばれたので行けば「鼻をかんだティッシュを捨ててきてくれ」とか「学校は楽しかった?」とか。ティッシュだって汚いって思ってたし、部屋は臭いから長居したくないし。
    そんなこんなで、いつしか私は祖母の部屋から聞こえる私を呼ぶ声を無視するようになっていった。
    私が「ただいま」と言って帰ってくると、聞こえる呼ぶ声が嫌で、急いで自分の部屋に駆け込む。
    さらには「ただいま」すら言わずに、気配を消して帰ってくるようになった。

    【第千百四十六の修羅 私は祖母が好きだった。が、思春期になると避けるようになった。祖母が亡くなり・・祖母の部屋から私を呼ぶ声が聞こえるようになった・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    私にはひとまわり以上年の離れた兄がいた。兄がまだ学生の頃両親がなくなり、兄は大学を辞め働いて私を養ってくれた。 
    私が高校生になった頃、兄に彼女が出来た。 

    TSJ_atamanadenade20150208140638_TP_V


    兄と私は祖父の代からの持ち家に住んでいたがしばらくして彼女も一緒に住むようになった。 
    3人暮らしが始まって少し経ち、私は兄の強い希望と小さい頃からの夢もあって大学に進学した。結婚の話も出ていた2人にいつまでも頼るのは申し訳ないのでひとり暮らしがしたいと言ったが兄はそれを許さなかった。 
    彼女は特に何も言わなかったが、私が入った学部は4年ではなく6年学ばなければならないことを知ると、だんだんと私への当たりが強くなった。


    【第千百四十五の修羅 私には一回り上の兄がいた。両親は兄がまだ学生の頃亡くなり、兄は学校をやめて私のために働いてくれた。やがて兄に彼女ができ一緒に暮らすようになった。】の続きを読む

    このページのトップヘ