私は大学進学で上京、夫(地元同県)と付き合い卒業就職と同時に結婚した 
父と義父(当時双方40代中盤)は登山などアウトドアな趣味で意気投合し、
まるで数十年来の親友の様に仲良くなり土日連休は
義父のキャンピングカーで2人で泊まり掛けで出かけるようになった 

09


十数年休日ごとに父に山などに散々連れ回されてた母は
付き合わなくてよくなって正直喜んでた 
そんな感じで実家義実家の関係は良すぎるくらい良好で、
2年後には子供にも恵まれ平和だった 
結婚して4年目の年末、正月帰省の連絡をいれたら、
実家義実家双方から今たてこんでるから
今年の正月は帰ってこなくていいと言われ、なんでどっちも?と
疑問に思ったが有無を言わせぬ雰囲気があったので大人しく従った 

それから3ヶ月後くらいに義母から夫に
義父母が離婚するという連絡が入った 
驚いて理由を聞いたら義父の不倫が原因だというが
どうにも何かあるようだったので土日に家族で慌てて帰省した 


ここから地元での修羅場は書くとかなり長くなるし、
私の記憶も曖昧というか混乱してるのでさらに簡潔に書くと 
・昨年秋頃に父と義父の不倫現場を義母がたまたま目撃 
・義母1度は見なかったことにするも
 耐えきれず年末に母に不倫のことをうちあけ修羅場へ 
・約3ヶ月の泥沼の末、義父母は離婚、
 父と義父は別れ私両親は再構築の方向へ 
ということだった 

義父は義母に家と慰謝料を渡して仕事も辞めて
地元から出ていった、夫は義父と絶縁した 
母は憔悴しきっていて父も廃人のようになっていて、
こんなんで再構築出きるのかな?と呆然としながら
思ってたのはなんとなく覚えている 
ただ、再構築は母の強い意向だったので何も言えなかった 

まぁその予感は当たり半年後に両親は離婚した 
両親が心配で月に1、2度実家に帰ってたが
義父と別れてからの父の衰えっぷりが酷く、
真っ黒だった父の髪がどんどん白髪だらけになっていく様に、
母がもう見てられないと「義父さんと幸せになって下さい」と
言って再構築を諦めた 

父は泣きながらずっとごめんと言っていた 
父は会社を辞め財産(マンション・預金・退職金)ほぼ全てを
母に渡して離婚し、義母に土下座して義父に連絡をとってもらい
義父のところに行った 

これが10年程前の私の実家義実家の修羅場の顛末 
かなり簡潔に書いたつもりだけど長くなったので
わかりにくいとこあったらごめん