復讐というより相手の自業自得ではありますが。
以前勤めていた会社、直の上司のパワハラがすごかった。


0243f0458dc4ddd05c252b15f829f6a7_s


機嫌が良い時は仕事中でもずっと雑談してくる、おもに自分の自慢話。長い。
機嫌が悪い時は仕事上の要件があって話しかけても無視か怒鳴ってくる。仕事進まない。

上司の機嫌が良いか悪いか顔色を伺いビクビクする毎日で、ストレスにより髪の毛が全部抜けた。
上司が社内で使用するアカウント名(メールアドレスの@前など)をすべて統一していることに気づき、
ふと出来心で、その文字列で検索してみたところ、ヤフオクがひっかかった。





 そのアカウントから、会社の金で作ったグッズの数々が出品・落札されていた。

グッズの製作・管理を任されていたのは上司、製作には月に一千万単位を費やしていた。
お客様から出品されるにしては多すぎたし、やや厳し目の条件を満たさないと入手できないグッズであること、
社内にグッズが有り余っていること、アカウント名一致、プロフィールに記載されている住所などで上司と判断した。

これは業務上横領罪になるかなと思い、上司に察知されアカウントを消されるのを防ぐため、
取引履歴やプロフィールなどをキャプって保存。

親しい他の社員何人かに、グッズが大量出品されているタイミングを見計らって
「こんな出品が大量に…」と相談の体を装ってばらまいた。

数日経ってアカウントは消されたが、上司は社長とコンプライアンスに呼び出され長い会議を行っていた。
会議室から出てきた上司が「誤解です!」とずっと言っていたのを、こっそり自席から見てニヤニヤしていた。
月末、自主退職という形で上司は会社を去っていった。

のちに「本当は君を解雇するか上司を解雇するかで悩んだ」とコンプラから言われ肝が冷えたが、
親しい社員たちが「あの人(私)がいなくなると業務に支障が出る」と訴えてくれたそうだ。ありがたい。
その会社も他の会社に吸収合併され、消え去ったので、思い出話として。