変な話だけど、義母と仲良くなりすぎて離婚した。
結婚前、夫には「母とは付き合わなくていい」と言われていた。
義妹にも「うちのお母さん変わってるから」「だらしない人」と言われ、
子供二人にこうまで言われるとは相当難物なんだろうと身構えていた。

PAK86_peasyorokobu1039_TP_V


でも実際会ってみたらびっくりするほど気が合った。
逆に義父の方とはうまくいかなかった。
義父はモラハラ全開で、常に義母をバカにしていた。
「何もできない、役立たず、陰気、ツンボ(差別語ごめん)……」
夫と義妹は横でそれとしらっと聞いてる。





 でも義母はむしろ綺麗好きのシャキ母だった。
義父の言う「何もできない」は「親戚づきあいが円滑でない」という意味らしい。
義母は内気でシャイな人で、ちょっと訥音気味。
でも義父の親戚は皆「農家のおっかさん!」て感じの
シャキシャキ、サバサバを通り越して
悪い人じゃないんだけど、ズケズケ系な逞しいおばさんが多い。
少女小説を読むのが趣味だった乙女系な義母はなかなか馴染めなかったようで
見合い結婚後、義父は「なんで俺の親戚とうまくやれない!」と
キレてしまい、しょっぱなからつまずいた結婚生活はその後ずっとモラハラ一色だったそうな。
義母がちょっと言葉に詰まれば「みっともない、しゃべるな!」
の繰り返しで、義母は無口になり、
自分が産んだ子供たちにも「だんまりで何考えてるかわからない」と言われるように。
メシウマだし綺麗好きだしマメだし、いいお母さんなんだけど
とにかく家庭内の地位が低かった。


そして私は実は隠れオタだったw(腐女子ではない)
二次パロはしてないけど、貴族のお姫さまがどーのこーのなんてオリジナル小説を書いて
新人賞に応募してたアホな過去がある。
十代の時買った少女小説を今でも大事に修理しながら読んでる義母と
妙に話が合ってしまい、あれよあれよと仲良くなった。
義父の目を盗んで秘蔵の少女漫画を貸し合ったり、
セルゲイエフ先生ステキ~速水真澄さま~とこっそり盛り上がった。
隠れてやってたんだけど、どうも悟られたようでまず私は義父に嫌われた。
モラハラがこっちにまで及んできたので
義実家へは行かず、義母と我が家や外で会ってたらこれもバレて、
まず義妹に、それから夫にキレられた。
最初は義妹も夫も「陰気な母に感化されてお前がおかしくなっていくのが忍びない」
とか言っていた。
でも段々論調が変わって「実の子をさしおいてよその母親と親しくするな」
という本音に切り替わっていった。
さしおいても何も、今まで義母さんをバカにして疎外してたのは夫たちなのに。






私と夫の夫婦仲は悪くなり、義母さんは申しわけながって私と会うのをやめ
しまいに鬱になった。
鬱になると何もできなくなるらしい。家事が滞って、義母の身なりが綺麗じゃなくなって
義父がブチギレ→暴力。
見かねた近所の人が通報して、義母に鬱の診断が下り、夫がアパートに引き取った。
そして私が義母の世話をしていると、夫は嫉妬してチクチク嫌味。
義母が悪化するだけなので結局入院させた。
私は義妹と夫の二人がかりでギャンギャン責められ、鬱の責任まで押しつけられて
嫌になって離婚した。
義母も退院後、義父に「出て行けキチガイ」と離婚された。
さいわい義母は病院の紹介で福祉の手を頼ることができて、義父の知らない遠方に行けた。
私はだいたいの場所だけ知ってる。でも夫にも義父にも絶対言わない。
義父と夫が今になって義母を探してるらしい。
夫は私にはもう全然興味ないみたい。でも義母と会ってないか時々探ってくる。
ガン無視してるけどね。


ごめん、離婚してるから全員に「元」が付きます。


元義母は早くに結婚したからまだ若くて
私達が結婚した時は40代後半。今は50代になったばかり。
これから楽しいことを一杯見つけて欲しいと遠方から願ってるわ。