ありがちだけど、自分の不倫がバレた時が修羅場だった 
ばれる前、私は自分から不倫相手に別れを告げていた 
不倫相手に「あんなつまらない家族に縛られてて 
○○(私)がかわいそうだ」みたいなことを言われた時、 
私の旦那も娘もつまらない人間なんかじゃないわ!と怒りを感じ、 
自分が家族のこと好きなんだと改めて実感 

TRTM9566_TP_V




不倫してることがアホくさくなり相手に一方的に別れを告げた 






…で、心を入れ換え旦那&娘を第一に考えるようになり、 
一件落着だと思ってたんだけど、実は私の不倫は 
バレてないと思ってのにすっかりバレてて(我ながらすごい間抜け) 
不倫終了から数日経ったある日、旦那から証拠と一緒に 
離婚届を突きつけられて一気に頭真っ白になった 
だいぶ前から離婚に向けて動いてたらしく、 
自分でも目を覆いたくなるような画像やら生々しい音声やら 
報告書の内容もぐうの音も出ない真実だらけ 

娘が私に冷たかったのは、てっきり思春期のせいだと思って 
そのうち元通りになるとさほど気にしてなかったけど 
実は私の不倫を知ってて怒ってたからだと聞いてさすがに震えた 
もう別れたと弁解したけど不倫していた事実そのものを責められ 
取り付く島もなく離婚を迫られどうしようもなくただただ号泣 

ウトメにはキレられ、母親には泣かれ、父親には頬を引っ叩かれ、 
旦那にはものすごく冷たい目で見られ… 
正直あの時の旦那の冷たい目が一番堪えたと思う 
娘は私ではなく旦那の方に付いていくと宣言してると聞かされ、 
旦那だけでなく娘にも嫌われる恐怖で本気でガクガク震えた 
パニックになりどうしていいかわからず本当に泣くしかなかった 
結局、謝罪に謝罪を重ねて離婚だけは勘弁してもらった





一生かけて償いますと約束し、ひたすら良い妻・良い母になった 
不倫バレから許されるまでの数年間が本当に修羅場だった 
何度もこっそり泣いたし、辛くなっていっそのこと 
離婚してもらおうかとも思ったりもしたけど、 
それでもやっぱり旦那と娘と一緒にいたかったので 
許してもらえるまではと必死に尽くしていつでも笑顔でいた 
そもそも私のしたことが原因なわけだし、100%自業自得 

今は旦那は普通に接してくれてるので本当に感謝してる 
娘は県外の大学に通うため一人暮らしで大変ながら頑張ってる 
離婚騒動を機に娘は私のことを「お母さん」ではなく 
「○○さん」と名前で私を呼ぶようになった 
正直かなり寂しいけど、それも自分が受ける罰だと思ってる 
前みたいに完全無視はされないので今はそれだけで幸せ 

今にして思うと、あの時不倫バレしてよかったかもしれない 
そのお陰で、自分にとって一番大事な存在は間違いなく 
旦那と娘なんだと気付くことができた気がする 
とにかく、もう二度と大事な二人を裏切ることはしない 
旦那と娘から嫌われるかもしれない恐怖に震えた気持ちを 
思い出すだけで泣きそうになるし、二度と味わいたくない 
不倫はよくないよ、本当



不快な思いをさせてしまったようですみません 
厳しい意見が多くてちょっと驚くと共に、 
やっぱり自分はダメな奴なんだと改めて思い知り、反省しました 

旦那も相当悩んだと思います 
離婚を踏み止まったのは優しすぎる性格のせいかと 
ある意味、そこに付け込んだ私の卑怯さのせいですが 

娘のことも本当に大事に思ってます 
悪かったとも思ってます 
いっぱい傷付いただろうし、いっぱい泣いただろうし 
それを思うと本当に申し訳なくて私も泣けてきます 
いつかまた「お母さん」と呼んでくれる日が来てほしい 
多分、その日が本当に娘に許される日ですよね 
それまで私も頑張ります 
お目汚し失礼しました