修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    2018年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    近距離別居のウトメ。私に子が産まれるまでは、可もなく不可もなく、って感じのまぁまぁ良ウトメだった。
    しかし、子が産まれ男子だとわかった瞬間にはっちゃけ。
    半紙に筆でデカデカと名前を書いて持ってきた。そして、テカテカきた顔でトメは言う

    24ba81c961989eb4ee61e0b985e45fde


    お父さんが立派な名前つけてくれたわよ。家の跡取りとして恥じない素晴らしい名前なのよ」
    半紙には、時代錯誤な古臭い名前が書かれてる。例えるなら「権兵衛」みたいな感じ。
    旦那はきちんと〆てくれて、その日はなんとか帰ったが、ことあるごとに顔を出しては名前を勧める。


    【第三百三十九の修羅  DQNネーム 番外編 『昨日、権兵衛で届出しときましたよww』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    結婚式当日、姉の婚約者が元カノと駆け落ちした。多額の慰謝料は婚約者の両親が肩代わりして、優秀だった弟さんは大学辞めて働きに出るはめになったと聞いた。

    0-46



    その後、姉は別の男性と結婚した。私も旦那と結婚して、遠方に転勤が決まった旦那についていった。その転勤先で、忘れもしない憎い姉の元婚約者夫婦が近所に住んでいるのを知った。かなり裕福な暮らしをしているようだ。

    【第三百三十八の修羅 結婚式当日に元カノと駆け落ちした男。数年後、たまたま奴らの居場所を知ったので復讐の鬼と化している人に教えてやった。卑怯者どもの末路。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    嫁が寝てる間に相談させて欲しい
    双子のDNA鑑定をしたら一人が実子でもう一人が血が繋がって無いことが判明して今両家巻き込んで大問題に
    なっている。もうどうしていいのか分からない、助けて欲しい


    yjimage (1)


    スマン、これだけでは訳が分からないよな?今までのこと説明してみる
    俺 26会社員 嫁26パート 男女の双子3歳 両親とは別居  
    嫁とは小学校からのクラスメートで俺にとっては初恋の人なんだが高校になってから告白して付き合いだした
    就職のタイミングで結婚申し込んでやがて嫁が妊娠 ♂♀の双子を産んでくれた。
    最近、ときどきお前ににてないなーとか友人、親類に冗談で言われる事が多くいい加減ウザかったのでであくまでもネタとしてDNA鑑定してみた。
    別に嫁を疑っていたわけではなく、自分でいうのも何だがラブラブだったと思う。
    「似てない」言われた時にふふん、この鑑定書が目に入らぬかー!!(ドヤッ)とやるつもりだった。
    本当に夫婦中は良かったし、別居だし嫁からの相談も無く嫁姑問題も無かった・・ハズ


    【第三百三十七の修羅 うちに双子の片方が俺に似ていない・・・DNA鑑定したらとんでもない驚愕の事実が!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    他の人のスゴいのに比べれば全然たいしたことないけど、嫁と子供(娘)の名前で大モメした時。


    嫁のヤツ『小象(ばんび)』とか言い出した。バンビは小鹿だ。
    小象ってダンボじゃなくてか?いやダンボでもバンビでも十分DQNだけどさ。



    【第三百三十六の修羅 第三百十七の修羅  DQNネーム・キラキラネーム 後悔シリーズ  小象(バンビ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2年以上レスだった嫁が記入済の離婚届を差し出してきてきた
    嫁「別れてください・・・・」
    俺「喜んで!\(^o^)/」
    嫁「なぜ引き止めないのですか?」
    俺「嬉しいからです!」
    嫁「なぜ嬉しいのですか?」
    俺「別れられるからです」
    嫁「なぜ引き止め(ry」
    これを30分繰り返した後

    pixta_17971147_S




    嫁「やっぱり離婚は取りやめます」
    俺「なぜですか?」
    嫁「なぜか損した気分になったからです」
    俺「それは否めないですね」
    嫁「どういうことですか?」
    俺「もうすでに離婚のことで弁護士と相談していたからです」
    嫁「弁護士ってどういうことですか?」
    俺「こういうことです」
    俺は嫁の浮気による慰謝料等の示談書を出した

    【第三百三十五の修羅  嫁「別れてください・・・・」 俺「喜んで!\(^o^)/」 俺「あなたは今間男さんと連絡取れてますか?」 嫁真っ青www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    俺じゃなくって友人Cの修羅場。
    俺A…26歳 会社員
    彼女B…23歳 会社員 俺の元カノ Cの後輩
    友人C…26歳 大学同期
    D…Cと同じくらいの歳 Cの彼女

    2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s


    俺とBがケンカ別れし、数日後にBとCが家にいきなり来た。
    BはCの陰に隠れる様にしてシクシク泣き、Cは結構怒ってる感じ。
    C「おい、A!お前B泣かすなよ!俺はお前がBを大事にするって言うから紹介したのに!」
    俺「はっきり言って余計なお世話。男女間の事に首突っ込まないでくれ」
    C「そういう言い方ないだろ?
    大体Bにだって言い分はあるのにろくに聞きもしなかったって言うじゃないか!」
    ちょとムカっときた。

    【第三百三十四の修羅 「浮気して女悲しませる男は最低だよ」 俺に偉そうに説教してきたヤツは、数か月後に婚約者に性病をうつして泣き叫ぶことに。ざまぁww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    散々浮気をしていた旦那がついに本気になった。
    すったもんだあって家族を捨てて愛人の元へ去っていった。
    去っていった旦那に未練はなかった。その三日後・・・
    早朝に電話がなった。

    e-senko-25go1



    病院に駆けつけてみると診察台の上に横たわっている旦那の姿。
    蘇生を試みたが残念ですと医師は語る。今のうちにあわせたい身内がいれば云々。
    今のうちにといった所でこんな旦那の姿を子供達に見せられる訳もなく
    子供達は呼ばずに近所に住む旦那の親族に立ち会ってもらい装置をはずし
    心配停止。ご臨終・・・馬鹿な旦那だ。愛人と上手くいかずに首を吊った。


    【第三百二十三の修羅  家族を捨てて愛人の元に走った旦那。三日後に首を吊った。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    先週の修羅場です。少し後味悪いですが気持ちの整理のために書かせて下さい。
    私 花子(24)
    彼氏 一郎(25)
    女 ヨシコ (不明)


    b18912_1

    先週の金曜の夜、彼氏の一郎を驚かせようといきなり家を尋ねることにしました。
    その日はたまたま私が仕事の都合で一郎の家の近くまで行き直帰になったし、
    一郎はたまにいきなり私の家に来て私をびっくりさせるのでお返しのつもりで。
    (それにしても突然家に行くってのはつくづく死亡フラグなんですね…)


    【第三百二十二の修羅  彼氏の部屋でバルサン焚くぞ!→ナース服の女がクローゼットから出てきた。相手の方が完全に上手。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昔を思い出して投下。長いかも。2年前の話で年齢や職業はその当時のもの。
    私子(23)介護老人保健施設勤務
    彼男(34)国家公務員
    私妹(22)派遣社員
    私母(42)地元の工場パート


    illust1659

    私子が小さい頃に両親は離婚し、母は昼も夜も働いて私たちふたりを育ててくれた。
    ずっと貧乏だったので私子は奨学金をもらったりアルバイトをしてなんとか高校を卒業し、
    地元の介護老人保健施設に就職した。給料は安かったけど半分近くを家に入れていたので
    母親も夜のバイトをやめることができた。そのうち私子は仕事で出会った彼男と付き合うようになり、
    恋人になった1周年の記念日に彼男から
    「ここにいることができるのも今年度までで、来年度の転勤が決まっているから結婚して欲しい」
    とプロポーズをされた。小さくて古い市営住宅の我が家にスーツ姿で来た彼男は
    きちんと母親と妹子に挨拶してくれて、私子も彼男の両親に挨拶をさせてもらって幸せだった。


    【第三百二十一の修羅  母と妹が私の婚約者の家に無断侵入していた。妹は服を脱いで婚約者に迫り・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

    当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。

    003

    まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
    娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
    子供はあえてつくらなかった。
    収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
    子供は娘1人いればいいって事になった。




    【第三百二十の修羅 オレが29歳で、娘が17歳の時、嫁が事故死。今日娘が嫁に行った。】の続きを読む

    このページのトップヘ