修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    2019年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    小学生の頃の話
    ある日の夕方近所を歩いていた
    道が五叉路になってるちょっと広い場所にさしかかったとき、向こうの角から人が二人もみ合うようにしながら、倒けつ転びつ飛び出してきた

    47c03_230_a4367510fb10be4c933b0986b6f34f32



    まだ遠かったけど、大人の男性だというのは分かった
    それからすぐに、二人とも下半身になにも着てなくて、尻が丸出しなことに気づいた
    今思い出しても、もの凄く衝撃的な異常な風景だった



    【第千九百九十七の修羅 小学生の頃。街角から下半身丸出しの二人の男がもみ合うように転びながらこちらに向かってきた。私は恐怖で立ちすくんだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    年末、嫁実家へお土産を渡しに行った。
    お茶をご馳走になり、そろそろお暇しようかと玄関へ向かった時、義父の部屋へ自分一人が呼ばれた。
    何だ?とちょっとドキドキしながら義父の部屋へ。

    suzuki


    中身の見えない黒い袋を渡され、「これ、クリスマスプレゼント!楽しんでね」と言われた。
    嫁が玄関で靴を履いていたのがわかったので、その場では開けずに礼だけ伝え、自分も玄関へ。
    義父が「今度、一緒に楽しもう」と声をかけ見送ってくれた。



    【第千九百九十六の修羅 クリスマスに義父の部屋に一人呼ばれ黒い袋のプレゼントを渡された。「今度、一緒に楽しもう」「え・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中学生の時、イケメンでいかにも好青年って感じの人がスクールサポーターに来た。
    しかもバスケが得意。
    バスケ得意なイケメンって三割増しでイケメンなわけで、女子は皆キャーキャー言ってた。
    俺たち男子も気さくで良い人で、休み時間一緒にバスケしてくれるその人の事がすごく好きだった。
    一年間その人にはお世話になった。

    d9f303b3-s



    翌年からは来なくなったんだけど、それから数年して他の学校で先生してる、バスケ部の顧問してるって聞いて、おー元気にしてるんだなーまた会えたらなーって思ってた。




    【第千九百九十五の修羅 イケメンでバスケが得意な大人気な男性教師がいた。→ 女子トイレにカメラ仕掛けて逮捕されました。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    小学生のとき、すごく優しい生徒指導の先生がいた。
    何か悪いことをした子がいたら、叱るんじゃなくて諭す。
    私が特に覚えているのが、音楽室の黒板が落書きでめちゃめちゃに荒らされた時のこと。
    掃除当番だった私たちがそれを見つけて先生に連絡。

    BL001-ELkimochiwarui20140810_TP_V




    子どもの数も多いし犯人なんか分からなかったんだけど、その先生は黒板の隅に
    「誰でしょう。君たちはとても良い子たちです。それなのに、とても嫌な言葉を黒板に落書きして。」
    「良いことではありませんよね。悪いことをすると誰かが悲しみます。今、先生はとても悲しい気持ちです。」
    みたいな事を書いてくれた。すごくきれいな字の縦書き。
    それ以来落書きはなくなって嬉しかった。
    いつも穏やかに微笑んでいて、皆その先生のこと好きっていう印象。
    もちろん怒る時もあったんだけどね。



    【第千九百九十四の修羅 小学生の時、みんなが大好きだった優しい生徒指導の先生がいたのだが、突然学校に来なくなった。→ 恐喝で逮捕されてました。性的余罪も出てきました。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ちょっと前にプロポーズの話が出てて思い出したんだけど、20代半ばの頃、
    付き合ってた彼氏に突然プロポーズされた。

    PAK96_nakijyakurukanojyohohouyou20140301_TP_V



    前述みたいな付き合って一か月wとかではなかったんだけど、まだ半年くらいで、将来の話とかもしたことなかったし、
    まだ結婚をそんなに考えてなくて、
    「嬉しい。でもまだ結婚を真面目に考えた事がなくて、返事は少しだけ考えさせて欲しい」と返した。



    【第千九百九十三の修羅 付き合っていた彼氏から突然のプロポーズ。「嬉しい。返事は少しだけ考えさせて」「じらせる立場かよブスが!!」( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    若いころの彼氏の話。
    私が好きになり私から交際を申し込んだ相手で、そのせいか付き合う前は普通の性格だと思っていたのに、
    付き合ってからは、今思えば完全にモラハラ男だった。
    でも私は(何故か)彼が好きで、モラハラを見ない気付かないふりして付き合い続けてた。

    ME_biz20160902112315_TP_V



    ある日彼からフラれた。「別に好きな女が出来たから、お前は要らない」という言い分だった。
    そう言われて、デート先の遊園地に置いて行かれた(彼の車で来ていた)。
    終電乗って何とか自宅まで帰りながら、泣きに泣いた。
    まだ彼が(何故か)好きで、彼をどうしたら忘れられるだろうと落ち込んだ。


    【第千九百九十二の修羅 モラハラ男だった彼氏に捨てられ傷心のまま地方に転勤、そこで結婚。数年後、衝撃の事実を聞かされる。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    うちは両親揃って濃い顔。母は東南アジア系、父はアラブ系。
    当然息子たちも濃い。
    俺と弟が連れだって夜歩いてると3回に1回は職質される。
    父は去年早期退職し、ヒゲを生やし出した。
    ヒゲも濃く、頬までびっしり生える。

    6862f183


    頭はハゲなので、この季節は頭皮が日焼けしないよう
    外に出るときはそのへんの手ぬぐいを被る。
    さすがに頭の輪っかは嵌めないが、濃いヒゲヅラで布を被ると本当に中東の人に見える。

    【第千九百九十一の修羅 うちは両親揃って濃い顔。母は東南アジア系、父はアラブ系。純粋な日本人。夏休みに小学生たちが「祖国のことを聞きたい」とうちを自由研究の対象にしてきた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    数年前の従兄弟の結婚式&披露宴でのこと。事前に母から
    「新婦側列席者が少ないそうだ。あまりそこを突っ込まないように」
    というようなことを言われていた。私は従兄弟ともお嫁さんとも親しくないけど
    今日び出席者が少ないくらい別にイージャンと軽く考えていた。
    当日。有名結婚式場のまあまあ大きな会場で出席者は50人にも満たず、
    新婦側の出席者はご両親と妹さん家族のみ。あとは全て新郎側の出席者。

    YUSEI9V9A7485_TP_V



    あらかじめ分かってはいたけど、実際「新婦友人0」は結構凄い衝撃だった。
    新郎側は普通に今までの写真だの友人インタビューだのがスライドで流れ、
    新婦側は一人で写ってる写真が何枚かだけ…。
    私も他の人も新婦を気遣うものの、やっぱり知ってる方に話しかけてしまう。
    新婦はその間ごくごく普通に着席。まっすぐ前を見ている。

    【第千九百九十の修羅 「新婦側列席者が少ないそうだ。あまりそこを突っ込まないように」と事前に言われていた結婚式だが・・・新婦友人が「0人」でした。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    職場に食い意地がはっているというか「いやしい」という言葉が 
    ぴったりの女がいる。 

    うちの会社は近くに飲食店等がなく、飲食可能な会議室で 
    みんな弁当を食べているんだけど「一口ちょうだい(はぁと)」で 
    いきなり箸を弁当箱に突っ込んでくる。 
    TSJ93_aisukueyo20150208153920_TP_V



    「やめてよ」と言っても「ケチケチしないで~」と話が通じない。 
    細かい事だけど、一個しか入れていないハンバーグとかだと 
    一口かじって戻そうとしたり… 
    私が嫌がるのが面白いのか完全にターゲットにされてた。


    【第千九百八十九の修羅 人の食べ物を奪う卑しいクソ女。超激辛スイーツ仕掛けて置いたら死んだwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    私と夫は互いに三十代後半の時に初婚同士で少し遅い結婚をした 子供は男の子一人 夫の実家で義父母と同居
    さすがに年齢的体力的にキツいので第二子は考えていなかった

    dis_171




    だが義父母としては やはり内孫が一人というのは寂しかったのだろう、孫産め攻撃とまではいかないものの「親戚の誰々さんの所は子供が三人もいる、あなたももう少し頑張って」とか「一人っ子は可哀そう」とか
    「後継ぎが一人だけというのは何かあった時に困るから(何かって?)」位の事は言われることもあったが
    そのたびに「やだーお義母さんそれは夫さんに文句を言ってくださいよ『もっと早く結婚してれば若くて子供バンバン産める嫁さんつかまえられたのに』って(笑)」と笑って流していたら そのうち私たちには何も言わなくなった





    【第千九百八十八の修羅 一人っ子の息子にいつの間にか弟が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ