修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    いい話

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まとめサイトで、彼氏が事故で障害者になって恐くなって別れた女性の書き込みなども見たりしてたから
    事故にあった当時は元嫁は25歳で、突然の出来事で若い元嫁にしてみれば受け入れられないことだったんだろうな~
    って考えたりすることもあって、今が比較的順調だしこの8年の間に恨みの気持ちも無くなったと思っていたけど
    まだ恨んでたんだな~って思うと、自分自身にもがっかりしてしまった。

    18117_large



    ある日俺を毎日無能呼ばわりするその女上司の企画書をチラ見したら俺が提出した
    企画の内容そのままだった。
    毎日無能呼ばわりしてたくせに何人の企画パクってやがんだ、と一気に怒りのボルテージが
    あがり、文句言ってやろうと思ったが本人を目の前にすると怖くて何も言えなかった。



    【第五百八十五の修羅 女上司が俺の規格をパクって提出。なんと社長賞を受賞した。授賞式で俺ははらわたが煮えくり返っていたのだが驚くべきことが起きた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    こんな時間に長々と失礼します。
    私は物を作るのが好きで休みの日にはあれこれ作って楽しんでます。

    fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s


    トメは私が作るものをすぐに欲しがったり売ったり配ったりしたがる。
    勝手に注文(?)を取ってきて断るとメンツが潰れるとかギャーギャー煩い。
    渡したら一応ありがとうと言いつつ
    続けてもっとこうして欲しかったと難癖つけられる。
    仕事もあるのになんで寝る間も惜しんで材料費出して作ってやらにゃならんのか。
    そんな事を思っていた先日、トメが私作の物の一部を自分作だと話してたり
    私へと材料費やお礼を預かっても自分の物にしていたのが発覚。

    趣味の範囲内なら作ったものを人にあげたりもするけど
    あくまでも私の楽しみなんだから二度と勝手な約束をしてきたりするな。
    次そんな事をしても作ってやらん。トメンツなぞ潰れてしまえ!
    というような感じで旦那と一緒にじっく話したらトメも謝りだして、
    もうしないと言ってくれたので一応信じてみた。



    【第五百六十五の修羅 食紅、増えるワカメ、ゴキの玩具入りの手作り入浴剤を姑にプレゼント。風呂場から絶叫が・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨日、俺の真横で起こった事なんですが、大人しそうな男性の武勇伝(?)を。 

    混雑している電車内、勘違い風OL女が大人しそうな男性に向かい『痴漢!このひと痴漢です!』と叫んだ。 
    いや、位置的にも無理だし第一、男性は片手で手すり、片手でスマホ触ってたし無理だろ! 
    うわー痴漢冤罪!?こんな事リアルであるのか?と驚いた。女はギャーギャー騒いで、周囲もザワザワし始める。



    e7fc63f260d9d800da8641aef365ce7a_s


    男は終始否定、しかし女は『逮捕されるぞ!会社クビだ!慰謝料を払ったらどうこう・・・』と喚いている。 
    明らかに示談金狙いと思われる痴漢冤罪っぽい。しかし日本の司法は痴漢に関してはクソだからこの男性の人生は 
    どうなるのかとgkbrしながら見ていたら男性が実に落ち着いた口調で言った。 



    【第五百六十の修羅 示談金狙いの痴漢冤罪を吹っかけてきた女を叩き潰した男。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ウチの職場で障害者が働き出した。  
    今流行のアスペルガーって奴。ここではAとしとく。  
    こっちから話し掛ければ答えるけど向こうからは一切話し掛けてこない。  
    時折ぼーっと立ち尽くしてたり、と割りとおとなしい感じ。  
    仕事に関する話もこっちの指示には応えるけど疑問があっても声を掛けてこない。  
    理由を聞くと「話し掛けていいものか分からなかったので」と返事。  

    IMG_5820


    空気読めないって言われるのはこういう所なのかと納得しつつ、普通に仕事はしてた。  
    ただ、やっぱり障害者ってことで色眼鏡で見る人間もいるんだよね。  
    何かにつけて突っ掛かっては文句言う若いのが一人いた。仮にHとしとく。  
    後で聞いた話だがHはAに色々と理不尽な命令を出しては断られるということを繰り返していたそうだ。  
    断った理由は「彼には命令権限が無いから」と実に論理的だったがHとしては「障害者のくせに」と恨みを募らせていたらしい。


    【第五百五十九の修羅 会社にアスペルガー障害のやつが入社。その彼を目の敵にして叩く社員H。ある時ブチ切れたHは彼に暴行を・・・驚愕の大どんでん返しが待っていた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨日元彼を見掛けたので吐き出し。 
    74b0fd0f53b2b07164b0a900e3e3bcaf_s

    前提として、当時私は18、元彼は25。 
    とあるきっかけで彼氏の友達の奥さんと不倫してるのが発覚したため別れた。 


    【第五百四十四の修羅  友達の奥さんと不倫していた彼氏をふったら驚愕の告白メールが送られてきた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    嫁が記憶喪失になった時がヤバかったな 
    目の前で母親が車に跳ね飛ばされて即死してな 
    脳脱だったらしい 
    それから嫁発狂→気絶 
    eb3dccb6b5af469bb3d81781f26fddd4_s
    母親と嫁はまるで姉妹みたいに仲が良かったから、精神的に相当なダメージ受けたんだろうな 
    慌てて病院に行くと、嫁から「誰ですか?」って言われた 


    【第五百四十一の修羅    ドラマみたい。嫁が3年間の記憶を失った。俺のことも覚えていない。一から嫁との関係を作っていった。恋愛セカンドシーズン。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    つい先日、仕事の関係で中国の奥地に行ってきた
    とある少数民族の村に滞在したところ、村民から絶世の美女だと言われて
    冗談抜きに毎日求婚にされた

    8f7e1abfbc814af79c6361169b55c719_s



    日本人の金目当てかと思ったんだけど、そういうわけではなく
    村に祭られている秘仏(厳密には仏ではないが)に似ているから
    ありがたがられているのだろうと教えられた
    【第五百二十七の修羅 中国の奥地の少数民族の村に行ったらとんでもなくモテて毎日求婚された。その理由を知って絶句。なんと私は・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ある日食堂でいつものように愚痴愚痴してると、友達の横に見慣れぬ女子学生Aがいた。
    私の「DV彼氏がこんなにひどい」の愚痴の途中で
    「こういう人ってさ、結局「カワイソーカワイソー」って言ってもらいたいだけなんだよね」
    と、突然Aが隣の友達に言った。

    c893cb360ad011ac825674d4132637ae_s


    友達は「ちょ、やめなよ」と止めるがAはかまわず
    「奴隷の鎖自慢じゃん」「カワイソーって言われるのが気持ちいいんでしょ?うっざ」
    「かまってちゃんきもい」「好きでそのクズ男にくっついてんだろ?だったら愚痴るな」
    とすごい早口で言った。

    【第五百二十の修羅   DV彼氏のことで悩み愚痴っていたら知らない女に馬鹿にされた。その瞬間、私に光が射した。悟り体験。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    愚痴半分、相談半分です。
    旦那に仕事で使ってるカバンを買い替えて欲しいです。

    7d5ff37d19c27a6935c5c1d8f8e7bf45_s



    今旦那の使ってるカバンは、まだ彼氏彼女の関係の時に、就職祝いとして贈ったものです。
    いつも誕生日や記念日にしっかりしたものを旦那は贈ってくれたのですが、私はそれに見合ったものをあげられていませんでした。
    【第四百八十九の修羅 結婚前に就職祝いでプレゼントした革のカバンを10年以上使っている旦那。そろそろ新しいものに買い替えてほしいのだけれど・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昔、ある男性と付き合ってて結婚話が出てたんだが少し迷っていた。
    東証一部上場企業勤務、有名国立大卒、高身長、年齢の割には高収入、実家は裕福と
    条件だけなら結婚相手としてはこれ以上ないような男性だったけど

    7d5ff37d19c27a6935c5c1d8f8e7bf45_s



    地元の中小企業で共働きの両親、しがない地方の女子短大卒の私は
    どう考えても釣り合ってないと思ってしまった。
    【第四百八十六の修羅 彼と結婚するかどうか迷っていると、ある晩父が夢枕に立った。生きてるのにw】の続きを読む

    このページのトップヘ