修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    衝撃的な出来事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    長女が5年生、長男が2年生のとき、うちのアパートの駐車場と道路を挟んだ空き地で登校班の集合場所があったのね。

    うちはアパートの2階に住んでて、その日は長女のリクエストで可愛い髪型にしてあげたから、ちょっと悦に入っててベランダの手すりに手と頭乗っけながら手を振ったりしてたんですよ。

    6

    1年生の双子(いつもお母さんかおばあちゃんが集合場所まで送ってくる)が到着して、いってらっさーいって手を振ったそのとき、ゴスン!って音とすごい衝撃が走った。


    【第九百五十四の修羅 「親方ー、空から全裸男がー」。空から降ってきた全裸の男が私に命中し重傷を負った。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    某デパートで万引きGメンのオバハンに万引きに疑われた上にいきなり肩掴まれて脈絡もなく「出せ」って言われ、
    変質者かと思って抵抗したらどてっ腹に膝蹴りブチ込まれた。

    170-gem


    腕を捻り上げられ、スタッフルームらしき場所に引きずられた挙げ句に
    「お前は見るからにやりそうな顔してんだよ」とか「万引き犯は見ればバレバレ、とっとと白状しろ」と怒鳴り散らされた末に
    たまたまそばにいたらしいピザ山さん(…としか形容が表現しようがない男の人だった)が別の店員に
    「女性が変質者に暴行を受けている」と駆け込んで証言してくれたおかげで結局疑いは晴れたが、Gメンのオバハンは謝罪するどころか
    「紛らわしい真似をするな。次ふざけた事しやがったらただじゃ済まさんぞ」と逆ギレされた挙句に
    ピザ山さん共々デパートを叩き出された。


    突然のことだったので録音するヒマはなかった。

    後に本社に電話で抗議を入れても「はいはいwww乙www乙www」って感じでグランドスルーされた。

    今年になってそのデパートが潰れたらしいので厄落としに書き込み。

    ちなみにピザ山さんは叩き出された後「…元気出せ」と言って去ってった。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    彼とショッピングモールに行き色々見ていたら
    彼が急に歩いていた方の反対側に走って逃げた
    進行方向を見ると、腹のでかい女性と目が合った

    PAK86_munaguratukandeba-n20140321_TP_V


    女性は私の方に歩いてきて「あなた、あの人の彼女ですか?」と聞いてきた
    肯定すると「…あの人はやめておいたほうがいいです」と、虫でも見るような目で
    彼が走っていったほうを見る女性
    女性が言ったことをまとめると・・・



    【第九百四十四の修羅 ショッピングモールでデートしていたら突然彼氏が後ろ向いて走って逃げだした。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    息子の誕生日プレゼントに夫がipod nanoを買ってあげた
    専用カバーを自分の小遣いから買うから、箱から出さずにいたらしい
    しかし翌日、自宅で紛失

    028


    息子は整理整頓がどうにも苦手で部屋は常に物で溢れているタイプ
    中学に上がってからは口うるさく「片付けろ」とは言わずに放置
    父親も、「部屋がぐちゃぐちゃだから失くしたんだろ!」
    とipodが見つかるまでお小遣いナシ、ゲームも禁止した
    息子は泣きながら部屋を掃除したけど、ipod nanoは見つからない
    結局、その年のクリスマスプレゼントもお年玉もナシだった





    【第九百三十八の修羅 息子の誕生日プレゼントに買ってあげたipod nanoが紛失。10か月後、全く同じものを家族ぐるみの付き合いの親友が持っていた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    姉がエジプト人と結婚して嫁いだので、毎年エジプトに家族総出で行っています。

    エジプトの飯は、ライスとパンが一緒に食卓に並ぶのですが、これがまた
    おかずと合わないのなんの(日本人の味覚で)。

    PAK85_yakisobatotamago20130824_TP_V


    で、「ライスとパスタの混ぜご飯」がメジャーという恐ろしい環境に、姉の提案で
    ソース味のそば飯を作ったところエジプト人たちが感涙ww

    「なにこれ!?」「超うまいんだけど!」と、今では街中で流行っているw
    毎年、ブルドックソースを20本ほど持っていって、親戚中に配っていますw


    【第九百三十三の修羅 エジプトで革命を起こした。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    近所の住宅街に隠れ家的なレストランを見つけた。

    北欧風の一軒家のような雰囲気でいつか行こうと目をつけていた。
    とある日のランチの時間帯に、そのレストランへ行ってみることに。
    入り口の扉から店内を見ることができず、営業中なのか準備中なのかわからない。
    とりあえず店の人に聞こうと、扉を引いた。

    eab2791c5b52741faa60c96ceaf7bf90_s

    カギはかかっておらず、扉は開いた。営業しているのか?
    入り口の右手にはレジ、左手には二階に上がる階段。
    店内奥にはテーブル席がならんでいた。


    【第九百二十一の修羅 近所の住宅街に隠れ家的なレストランを見つけた。だが店に入ってみると予想外の事態が待ち受けていた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12才年下の私の弟を、すごく可愛がってくれていた彼氏。
    休日に一緒にサッカーしてくれたり、将棋を教えてくれたり。

    23944_main1

    子供好きな優しい人なんだなと思ってた。


    でも。
    【第九百十二の修羅 12才年下の私の弟を、すごく可愛がってくれていた彼氏。でもベッドの下のアルバムには・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    修羅場に巻き込まれそうになった事
    就職して2年目、バイトをしていた時の後輩女からメールで
    パソコンかったけどインターネットが繋がらないーたすけて的なメールがきた
    大学ではずっとプログラムやらなんやらしていて知り合いからはサポートとして結構こきつかわれてた
    なので車で買い物ついでにちょこっと寄って治すつもりでいた
    どうせたいしたこっちゃないだろうと・・・・・

    SAYAPAKU4832_TP_V


    夏の暑い時期もあって後輩女の家につくとコーラをだしてくれたので一気飲み
    2杯目をのみながらパソコンみてみると接続の設定が一切ない
    というかケーブルもなにもない、パソコンかったらインターネットに勝手に繋がるとか思ってたらしく
    インターネットの講義で1時間ほど、その間3杯ほどコーラを飲んだ
    するとまだ昼前の11時ぐらいなのにだんだん眠くなってきて あれ?となった

    【第九百九の修羅 後輩女にパソコンの修理を頼まれ家にいって出されたコーラを飲んだら急激な眠気が・・・薄れる意識の中、俺の視界には裸の女の姿が・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    弟嫁が病弱らしくていつも薬包紙に包まれた粉薬を持ってる。

    よく咳き込んだり目眩が…ってフラフラ~としたりしてたからみんな気を使ってあげたり母は毎日弟嫁にご飯を届けてあげたりしてた。

    SAYA160105202992_TP_V


    先日実家に弟夫婦が遊びにきたんだがそこでかなり激しめの喧嘩が起こってしまった。
    ヒートアップした弟嫁、自分のバッグから薬包紙を3包取り出しそれを一気に口に含んだ2包目あたりでみんなが止めたがなんか呼吸困難?になったから救急車呼んで病院行ったら弟嫁は至って健康そのものな上にいつも持ってた薬包紙の中身はただの小麦粉だった。

    【第九百六の修羅 病弱な弟嫁はいつも薬を持ち歩いていたのだが、先日喧嘩になったときに薬を一気飲みして病院に運ばれた。そして明らかになった衝撃の秘密!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    とある年の夏に、俺の友達が死んだ。突然の心筋梗塞で倒れたということだった。
    本当に突然の事だったし、まだ歳も若かったので最初は冗談だと思ってしまった。
    けど、それは冗談じゃなくて事実だと知らされたとき、ショックを受けた。
    俺は新幹線の中で落ち込みながら地元に帰っていた。

    SAYA160105583198_TP_V

    「何でこんな時に死んだんだろう」とか「いいやつだったなぁ…」という気持ちでいっぱいになり、
    もっと地元に帰ってその友達と遊ばなかったことを後悔し始めていた。実際、地元に帰って遊んだのは2回ほどだった。
    葬式には彼の親族と高校時代の友達、会社の同僚と思われる人物が何人か参列してた。
    勿論、そこには彼の嫁も。

    しばらくして、ビールやら寿司を食べながら親族や友達との話し合いが始まりました。
    ビールを飲んでも、全然酔える気にならなかった。高校時代の友達と飲んでも楽しくなかったのはそれが初めてだった。
    そんな時、とある友達がニヤリと笑いながら言った。
    「ざまあみろだよな、○○のやつ」○○とは、死んだ友達の事だ。



    【第八百九十六の修羅 友達が死んだ。だが、友達と思っていたのは俺だけだった。俺の初恋の人だったあいつの妻までもが・・・俺は真実を知った。】の続きを読む

    このページのトップヘ