修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    ストーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    数年前の話で解決済です。
    私の友達A子がストーカー被害にあった。
    被害はひわいなメールや文書が届くこと、留守中にドアやポストにいやがらせされる等。

    maidosansuwaru_TP_V



    私はA子と当時近所に住んでいたのでよく相談にのった。
    うちの父は警官ではないけど、防犯関係の役割(仕事ではない)をやっていたので
    父にアドバイスをもらったり、引っ越させたり、うちにかくまったりした。



    【第二千三百六十一の修羅 私の友人のA子がストーカー被害にあった。警備関係の父に対策を相談したが全く解決しなかった。犯人は驚くべき人物だった・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    メールではなく置き手紙なのですが。 

    我が家の新築祝いに夫の部下や同僚上司の方々をお招きしたことがありまして 
    その中に、私が学生時代に参加していた創作系サークルで一緒だった男性がおりました。 

    suzuki



    風貌が変わってたのともともと親しくなかったので気付かなかったのですが、 
    その方をお手洗いの場所へ案内した際に私の旧姓で確認され 
    ああ、もしかして…お久しぶりですと二、三会話しました。 




    【第二千二百二十七の修羅 「本当なら、僕がこの家の主になれてたと思うと若かりし頃の自分をなぐってやりたい。 」昔、顔だけ知っていた男が手紙を置いていった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    去年出席した従兄の結婚式にて。 
    チャペルで挙式だったんだが、チャペルから出てくる新郎新婦を 
    出迎えようと皆でスタンバイしていた時に、どこかから白いスーツを着た 

    N112_sonnabakana_TP_V




    鬼の形相のダンプ男が走ってやってきて、チャペルから出てきた新郎を見るなり 
    奇声をあげながら殴りかかった。 



    【第二千三百七の修羅 結婚式に白いスーツを着た男が乱入。新郎を殴り倒し新婦のドレスを引き裂き「犯してやる!」と馬乗りに。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ある日、仕事帰りに家に向かって歩いてたところいきなり警察に取り押さえられた
    訳もわからず「えっ?えっ?なに?」とあたふたしていると
    「おとなしくしろ」って
    最初から一切まったく暴れてませんやん

    yuka160113524226_TP_V



    で、話を聞くと女性から付け回されていると通報があったと
    全然まったく心当たりがない、駅前の人混みはともかく少し離れてからは女性どころか誰も見た覚えがない
    偶然ちょっと進路がかぶったとか、たまたま似たような格好の人を見たとかじゃないのか?
    そんな感じの事を話していると後ろの方で見ていた女性が騒ぎ始めた




    【第二千二百六十四の修羅 家に向かって歩いていると突然警察に取り押さえられた。「女性を付け回しているだろう!通報があった!」「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昔、スーパーで働いていた時の修羅場。文才なくてすまん。当時21歳。正社員でレジをやってた。

    シフト制だったから、働く時間も決まってなかったし休みも不規則。だけどいつも絶対俺のレジに並んでくるおばちゃんがいた。
    初めは別に何とも思わなかったけど、俺がたまたまトイレに行って帰ってきたときにサービスカウンターでそのおばちゃんがキーキーわめいてた。

    f3aec97341fa46e36b8be7a925fb1c8b_s




    「俺君は!?今日いるはずでしょ!私、俺君のレジじゃないと嫌なのよ!どこ!?連れてきて!」を繰り返すおばちゃん。
    レジのチーフと目が合って、今は来るな的な合図されたんでバックヤードに引っ込んでた。



    【第二千二百三十八の修羅 スーパーの常連のおばちゃんに水色の封筒を渡された。中身は手紙と写真「会計担当、俺様。目の保養にご鑑賞くださいませ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    17歳の冬の日に突然告白された。 
    相手は小学校の時に私をいじめ抜いてくれたピザ男。 
    (ラリアット喰らったり、足の甲に花瓶落とされたり痛い思い出ばっか) 
    はっきり言って興味もなくむしろ嫌だったから速効お断りを。 
    ピザ「好きです。付き合って下さい。」 

    JKtuugakusuru_TP_V



    私 「はぁ?っていうか私あんたにいじめられてからトラウマなんだけど。」 
    ピザ「それは…実は小学校から好きで俺に構って欲しくて。」 
    私 「そうなんだ。でも付き合えないよ。」 
    すっぱり切り捨ててその日以降話しかけられたりは無かった。 


    【第二千百八十二の修羅 小学生の時に私をイジメていた男から告白され、断るとヤツは私の個人情報をアダルト掲示板にさらし・・・ついにある日、学校で襲われ服を破かれ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昔、妹がストーカーに付きまとわれていた
    登校時は数人でまとまって行くので問題なかったのだが
    帰りは部活で遅くなるため薄暗くて一人でマズイという事で迎えに行くことになった

    95271e84



    部屋にはナイフやらスタンガンやら痴漢撃退スプレーやら色々あったのだが
    これらを携帯していくと職務質問等に会った場合に犯罪者になってしまう
    しばらく悩んだ結果、防具だけ身につければ問題ないだろうと一番頑丈で丈夫な服を着て迎えに行った


    【第二千百十三の修羅 奥義 フルアーマー‼ 俺のアーマーは絶対防御!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    夜中、腹減ってコンビニ行って帰ってた時。
    道端に、行きには無かった自転車が倒れてた。
    近所の女子高生(A子ちゃん)の自転車だった。(オーダメイドで一目でわかる)
    あれ?と思ったら、横の空き地(元田んぼで今は1mくらいの雑草が生い茂ってる)でガサッと音がする。
    「A子ちゃん?」って声かけたら「ムーッ!」とか「ウーッ!」とか聞こえた。

    YUKA160421270I9A2690_TP_V



    慌てて雑草が分かれてるというか、踏まれてる?ようなところをかき分けると誰か(A子ちゃんだった)がゲホゲホ言いながらえづいてた。
    「大丈夫!?」と聞いて助け起こして道路まで連れだした。
    どうやら男に襲われてたらしく、俺が雑草分け入る音聞いて男は逃げていったらしい。
    ちなみにまだ何もされてなかった模様。
    警察は呼ばなくていいとか言われて、仕方なく家まで送っていった。(誤解した親父さんに殴られかけたw)



    【第二千百二の修羅 近所の女子高生が草むらで襲われていたのを助けた俺。犯人は逃げ、その後、俺の家に嫌がらせが始まった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    知り合いAの話なんだけど、車で事故ってよその子をひいてしまった。 
    事故の相手っていうのが、運の悪いことに子ども達が保育園の頃、A子を叩いたこと責め立てて退園に追い込んだ家の子だったらしく、 
    謝罪に行ったら、そこの奥さんが塩を節分みたいにビシビシ投げつけてきたらしい。 

    PAK86_peasyorokobu1039_TP_V



    昔AはA子可愛さでどうかしてたらしく、脅迫みたいな事も言っていて、 
    今回の事故もわざとだ!と向こうの奥が主張して、本当に警察に話し聞かれて、修羅場らしい。




    【第二千三十八の修羅 知り合いAが車で事故ってよその子をひいてしまった。その子は以前Aが追い込んで保育園を退園させられた子だった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    思いがけず、隣の部屋の女性をストーカー被害から救ってしまったこと。長文です。 
    女性は夜の仕事なので、昼間寝ていて夕方出勤してたらしいんだけど、 
    私は引っ越してきたばかりだし、生活サイクルが違うので一度も会ったことがなかった。 

    47c03_230_a4367510fb10be4c933b0986b6f34f32


    私が仕事から帰ってくる7時~8時くらいに、隣の部屋に帰ってくる(と思ってた) 
    20代後半~30代前半くらいの男性とエレベーターで一緒になったりしたので、 
    てっきり男性の一人暮らしだと思い込んでた。 



    【第二千十の修羅 隣の部屋は昼間仕事の男一人暮らしだと思っていたら夜の仕事をしている女性の一人暮らしだった。「え?男性と暮らしてますよね?」女性「え?」真っ青、ガクブル。】の続きを読む

    このページのトップヘ