修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    後悔

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    この度、息子が結婚することになった。お恥ずかしながら出来婚というやつだ。 
    で、息子の嫁(これがもうめちゃくちゃ可愛いんだ)の父上が、息子と飲まないかと仰ってくれた。 
    実は結構ガクブルだった。あれ俺珍子もがれるんじゃね?とも思ったりもした。 

    FCFG100153346_TP_V

    あちらさん、若くして奥様と離縁なさったとのことで、男手一つで20年以上育ててきたなんて言うからさ。俺も、息子が小さい時に嫁と別れたからそれがどんなに大変なことかちょっとくらいは分かるつもりだ。 
    そんな愛の結晶、俺の息子みたいな馬鹿な奴にかっさらわれていくなんて、もし俺の立場だったら間違いなく相手の珍子もぎに行く自信がある。 
    息子の背中叩いて覚悟決めろやと言い聞かせ、飲みに行くことになった。 


    【第八百四十九の修羅 なぜお前には母親がいないのか。嫁を貰う息子に話した。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ご近所に住むおばあさんのはなし。

    嫁いびりの限りをつくしたおばあさんのところから、同居した長男嫁も二男嫁も逃げ出していった。
    おばあさんは嫁に罵詈雑言を尽くし、手まであげていたのだという。
    やがておじいさんが亡くなった。

    80992309-ml

    偏屈な性格と毒舌のため親しい友人もなく寂しかったおばあさんは、捨て犬を拾って静かに暮らしていた。

    【第七百九十六の修羅 嫁いびりがひどかったおばあさん。周りには誰もいなくなり、やがて一匹の捨て犬を飼い始めた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    結婚前から義実家は複雑な事情を抱えた家だから関わりたくないと思っていた。 
    ただ、夫の「俺もあの家嫌いだから。挨拶だけして、関わらなくていい。」との言葉を鵜呑みにして結婚。 
    義実家にさえ気をつけていれば大丈夫だろうと思っていた。 

    6

    しかし当然甘かった……。 
    盆暮れ正月は騙して帰省に付き合わされるし、 
    義実家の複雑な事情も、よくよく聞けば初めに聞いてた何倍もひどい。 
    さらには、夫の会社の人たちと会う機会があり、夫が会社で私について嘘ばかり吹聴していることが発覚。 
    【第七百六十五の修羅 元旦那は平気で嘘をつく、いや、嘘をついているという自覚さえないウソつきだった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    私も会社の同僚も30代前半。
    私はバツイチ子持ちで、子供は小学校高学年、離婚後7年くらい。
    離婚原因は、元旦那の浮気で、特に旦那親の介護中に浮気相手が妊娠したことで別れた。
    同僚は独身で結婚歴なし。告白されたけど子供のこともあるしと断り、それでも数年にわたって何度か告白されていた。

    f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s


    デートする時間あるなら子供と過ごしたいし、恋愛はもういいかなと思っていたけど、数年経って子供が大きくなって私が休みの日でも友達と遊びに行ったり、
    母ちゃん好きな人いないの?俺父ちゃんができたら嬉しいなとか言いだしたりして、ちょっと同僚とのことを前向きに考え始めていた。
    そんなある土曜日、子供は出かけたので、昼間に同僚と会った。
    楽しく過ごし、夕方ごろ息子から今日婆ちゃんちとんかつだから泊まる、明日は婆ちゃんちの棚を直したり電球替えたりしてから爺ちゃんと出かけるから夕方帰るとメールが来た。


    【第七百三十三の修羅 バツイチ子持ちの私に熱烈なアプローチをしてくれた同僚。私が前向きな気持ちになり息子もなついた頃。彼が事故に遭い重度の障害を負うことになった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    離婚して二ヶ月…最近になり、娘から人伝に連絡が届くようになりました。
    主人との復縁を願うものや、日々生活に不便をしていること、そして姑や主人がとても厳しく当たるので辛い…といった内容です。
    離婚に到った経緯は姑の嫁イビリの域を超えた暴力と、主人そして娘からの暴力でした。

    74f8e7cd4c7691429b19948418620d99_s

    結婚後すぐに主人の実家にて同居になりましたが、その日から私に人としての生活などはなく、本当に日々奴隷のような生活でした。
    食事を作っては捨てられ、私は食卓に付くことすら許されず台所で残り物を食べていました。
    掃除も洗濯も全ては姑の機嫌次第で、滅茶苦茶にされました。
    最初こそ主人は助けてくれましたが、次第に姑と共に私に辛く当たり始め、いつからか暴力まで。
    ハエタタキや箒や長い竹の物差しなど、道具はさまざまでした。アイロン台やアイロン本体で殴られた事も何度もあります。
    逃げてしまえばよかったのにどうしても逃げる事が出来ず、次第に逃げるという考えすら持てなくなりました。
    そしてずるずると結婚生活という名前の奴隷となっておりました。


    【第六百二の修羅 DV義実家で育った娘は「高校合格おめでとう」と言った私を階段から突き落とし義母とともに大笑いしていた。まさに鬼畜とクズの巣窟。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    754: 名無しさん@おーぷん 2015/11/04(水)22:39:30 

    携帯からで申し訳ないけど
    昨日別れた嫁と数年ぶりに会ったんだ。
    浮気して別れたから縁切りしていたけど、義理の両親に頼み込まれて仕方なく。
    喫茶店で会ったけど何て言うか前に会った時よりみすぼらしくなっていてさ
    また金の無心かと警戒したけど、そうじゃなくて今さらだけど俺と子供に謝罪したいと。
    最後に会ったのが金の無心でね。その時の金を返したいと。

    009d20cc3572c68545e7bbe24a8c2c28_s

    浮気相手とは別れて一人で働いた金だと。
    それで息子に会わせてもらえないかって言われてさ。
    金は一応受け取ったけど、子供に会わせるのは考えさせてくれって別れたんだ。
    子供に会わせるべきなのかな?
    ちなみに俺と元嫁ともに30後半、子供は小6です。



    【第五百八十九の修羅 「アンタらは邪魔」と不倫相手のところに出ていった元嫁が謝罪したいだと。二度とその面みせるなよ、子供も会いたくないってよ。(コラボあり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大体2年前。きっかけはパソコン。共通のパソコンつかってて俺が立ち上げたままでテレビ見に居間へ。
    嫁が一旦俺のをログオフして自分ので立ち上げた。

    IMG_5793



    テレビ終った頃嫁友から電話。俺が嫁呼んで入れ替わりに俺パソコンへ。嫁ログオフしていなかった。
    メーラー立ち上がってたんで、たまたま目に入ったのが間男候補からのメール。

    「土曜日楽しみだね。初めてのデートかぁ」なんて書いてあった。

    俺は実は母子家庭育ち。親父の浮気で離婚。
    【第五百七十七の修羅  嫁が浮気をしようとしたその瞬間にカウンターを食らわせてやった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    離婚して後悔してる。
    私が嫌がってレスになって5年、夫に我慢させていた。

    09

    正直行為が好きではないと思ってたので求められなくなっても気にしてなかった。
    それどころか清々していた。でもとうとう浮気されてた。
    去年まで我慢してくれてたのに、私がキモイなんて夫を責めてから浮気された。
    浮気の証拠を見つけた後、夫から弁護士立てて話してきたよ。
    証拠は保存してない。逆にレスの記録を夫は何年も日記に付けてた。
    財産分与で家も貰ったけど夫は出て行った。



    【第五百六十三の修羅 「キモイ」「不潔」夫を罵倒していたクズ嫁が離婚されてから後悔と未練たっぷりの一人語り。元旦那さんが幸せになれますように。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ありがちだけど数年前の離婚修羅場。
    懺悔も少し入ってます。 


    85bce97c371c157732f2c8223e865c8f_s

    私はサレ嫁。離婚済。 
    元旦那は独立系の仕事してた。 
    手伝ってって何度も言われたけど無理なんで断ってた 
    実家の近くに家建ててもらって息子一人で専業で楽しい毎日だった 
    旦那は出張が多くて大変そうだったがあまり突っ込んで聞かなかった 
    頭の良い人だったので私には良く分からなかったんだよね 



    【第五百三十一の修羅   旦那の不倫で離婚した、はずが旦那は相手と再婚しものすごく幸せそう。息子も向こうに行ってしまった。なぜこうなった?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    もう何年も前の話。 

    結婚して2年ぐらいだった。夫は優しい人で、いつも明るく、私を笑わせてくれていた。 
    とても好きだったんだけれど、おっとりした人で、神経質な私をいらいらさせることもあった。 

    4d57bef557bb4318c3f5ea74f83a387b_s



    でも夫は、仕事のことで不機嫌になり、なにも悪くない夫のことを私が邪険に取り扱っているときでも、 
    いつも私のことを気遣ってくれる人だった。私が体調悪いときは、仕事を途中で抜け出して帰宅し、 
    その後仕事に戻って徹夜するような、自分がどんなに無理しても私の面倒を見てくれる人だった。 


    【第五百二十二の修羅  夫はドアの向こうで、笑顔で、でもほんの少し悲しそうな表情で「わかったよ、気をつけてね。」と 手を振っていた。 それが、生きている夫を見た最後だった。】の続きを読む

    このページのトップヘ