修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    略奪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    会社で「義捐金+救援物資を送ろう」という事になり、色々集まった
    各支店で用意したのを、本社でまとめて寄付するという

    ボランティアだから、時間外に残業手当無しの条件で有志が集ったんだけど、そこに加わるデブ(仮名)推定BMI35以上
    デブの目的は、部長からの差し入れの軽食だった

    皆、軽食は後回しで、とりあえず物資の確認(ケースに書かれた品名と合ってるか、中に違うものが混ざってないか)してたら、
    デブ「ねーみんな、早く食べないと冷める~」「ジュースぬるくなっちゃうよー、先に頂くね☆」など大騒ぎ
    先輩が「デブ(仮名)さんも早く仕分けして!毛布はその箱!オムツはこっちの箱!」と指示するも「先輩、蓮舫気取りっすかw」
    一体何しに来てんだ

    0243f0458dc4ddd05c252b15f829f6a7_s

    しかも、”子供用おやつ”のケース、中身確認済みで「済」と封がしてあるケースを勝手に開けて食べてやがった
    一同ブチ切れ、温厚な係長まで怒りをあらわに(10年に一度の珍事!)
    お菓子ひとつひとつに、用意した支店の人達が「げんき出してね」「みんなでなかよくたべてね」とか書いてくれてるのに、
    「え?これ、ボランティア手伝ったお礼のお菓子じゃないの???」とか言い出した。
    え?ケースに書かれた「救援物資」「こどもたちへ」の文字読めないの?

    食った分(ポッキーなど、5箱4袋)を買いに行かされてたけど、
    その後ひたすらブツブツ「手伝うんじゃなかった」「ボランティアってギスギスしてる」「善意で参加したのに」…
    一生ボランティアしないで下さい



    【第九百二の修羅 被災地へ送る救援物資をこっそり自分のものにしていた派遣社員の末路】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    初投下なので、読みにくかったらすみません。ありがちな修羅場ですが。 

    私子:OL 20代半ば   
    彼男:会社員 20代半ば  
    浮子:彼男の同僚、同期 20代半ば 


    sayaIMGL0747_TP_V


    私子と彼男は高校時代の同級生。社会人になってからメアド変更の連絡をきっかけに急接近し、付き合うことに。 
    その後2年近く付き合った時に、彼男が他の支店へ異動することになった。それまでも隣県にお互い住んでいたものの、電車で一時間もあれば会える距離。 
    しかし今回の異動に伴い彼は引っ越しをすることになったので、距離的にかなり離れてしまう。


    【第七百七十三の修羅 婚約者が結婚直前に浮気したので現場の上映会して浮気相手一族もろとも徹底制裁してやった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    どこに相談したら良いかわからずここにたどり着きました。既女です。
    旦那の幼馴染に悩んでいます。
    私(24)
    旦那(34)
    旦那幼馴染(女 34)未婚
    旦那と幼馴染、以下Aは、小さい頃から双方両親に将来は結婚するんだよー。的な感じで、某野球漫画みたいに、家と家の間にふたりの共有スペースがあるほど。

    20180624-hanbun-3

    旦那にとっては、ちょっと口うるさいお世話焼きの幼馴染…と言うポジションだったようです。
    高校までは一緒、その後旦那は大学進学で上京(Aは地元就職)そのまま就職→私と出会う→結婚→旦那実家に同居。
    初めて旦那家族と顔を合わせた時、Aがいて、姉か妹かと思ってたら、幼馴染。何故かAが旦那家族のことを紹介しており、違和感はあったが、上記の流れを後で聞きAもAで「バカな幼馴染をよろしく~w」的な感じで、まあ、幼馴染だしいいやと思ってその時は深く考えなかった。

    【第五百八十七の修羅 最近似たような内容の朝ドラがあったな。旦那の幼馴染がうざい。「旦那君は私の結婚相手なんだよ!!!」てめえはマンガ家でもやってろ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まだハタチそこそこの頃、金持ちのボンボンみたいな人と付き合っていた。
    私は彼が金持ちだって知らず、彼もまったくそういうそぶりを見せなかったから、
    付き合ってしばらく経つまで彼のおうちがそういう立派なところだとは知らなかった。
    そのことを知り合ったばかりの友達Aに話してしまった。

    0-47



    そうしたら病気で入院している間に寝取られてしまった。
    後で共通の知り合いに聞いたら、彼女は不倫常習犯の嘘つきで、
    表では人を褒めて褒めて持ち上げて、その裏では真に受けちゃってるよあのバカwと笑い者にするような裏表の激しい人だった。
    【第三百五十五の修羅  金持ちだった恋人を略奪女に奪われた。しかし、数年後・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ