修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    コラボ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    元嫁に新しい結婚生活を滅茶苦茶にされた話。

    元嫁は不倫したあげく、いずれ子供ができた時の為にと貯めておいた金を間男につぎ込んでやがった。
    もちろん離婚し、慰謝料は貰った。そして俺は数年後に再婚。幸せいっぱいだったが、元嫁の策略で全部壊れた。
    玄関先に赤ん坊が置かれていた。貴方の子ですと書かれたメモが添えられてた。
    その日は荒れに荒れまくったよ。
    新嫁は別の女と関係を持っていたのかと泣きじゃくるし、両親は情けない情けないと新嫁に土下座。
    誰も信じてくれなかった。泣きたいのはこっち。そこで俺はメモの筆跡の既視感に違和感を覚えた。この丸みを帯びた独特な字は元嫁のもの。
    速攻で電話したらしらばっくれやがった。

    PAK86_munaguratukandeba-n20140321_TP_V


    結果、赤ん坊は元嫁とどこぞの知らん男の子供だと判明。
    元嫁は警察行きになったが、俺と新嫁の間にできた溝は埋まらなかった。
    お互いに和解はしているものの、夫婦関係は続けられそうになかった。新嫁が荒れ狂いながら俺を責める嫁の姿がフラッシュバックしてしまって、とても抱く気にはなれない。
    結局新嫁とも離婚した。もう女なんか信じられないしこのまま×2独身人生を貫いてやろうとしたんだが、
    先日学童の指導員をやってる女性が好きになってしまった。向こうも俺が×2だということと、離婚の経緯を知った上で交際してくれている。
    今度は絶対に邪魔されないように引っ越すつもり。彼女が攻撃されかねないしね。


    【第七百九十の修羅 元嫁が俺の新しい家庭を壊しやがった。→元嫁側の視点コラボあり。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    754: 名無しさん@おーぷん 2015/11/04(水)22:39:30 

    携帯からで申し訳ないけど
    昨日別れた嫁と数年ぶりに会ったんだ。
    浮気して別れたから縁切りしていたけど、義理の両親に頼み込まれて仕方なく。
    喫茶店で会ったけど何て言うか前に会った時よりみすぼらしくなっていてさ
    また金の無心かと警戒したけど、そうじゃなくて今さらだけど俺と子供に謝罪したいと。
    最後に会ったのが金の無心でね。その時の金を返したいと。

    009d20cc3572c68545e7bbe24a8c2c28_s

    浮気相手とは別れて一人で働いた金だと。
    それで息子に会わせてもらえないかって言われてさ。
    金は一応受け取ったけど、子供に会わせるのは考えさせてくれって別れたんだ。
    子供に会わせるべきなのかな?
    ちなみに俺と元嫁ともに30後半、子供は小6です。



    【第五百八十九の修羅 「アンタらは邪魔」と不倫相手のところに出ていった元嫁が謝罪したいだと。二度とその面みせるなよ、子供も会いたくないってよ。(コラボあり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    愚痴半分、相談半分です。
    旦那に仕事で使ってるカバンを買い替えて欲しいです。

    7d5ff37d19c27a6935c5c1d8f8e7bf45_s



    今旦那の使ってるカバンは、まだ彼氏彼女の関係の時に、就職祝いとして贈ったものです。
    いつも誕生日や記念日にしっかりしたものを旦那は贈ってくれたのですが、私はそれに見合ったものをあげられていませんでした。
    【第四百八十九の修羅 結婚前に就職祝いでプレゼントした革のカバンを10年以上使っている旦那。そろそろ新しいものに買い替えてほしいのだけれど・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    頭を抱えてる。自分への愚痴。多分長いです。
    同期(簡単のため以下A)のカバンに会社の飲み会でビールをこぼしてしまい、それで、自分が窮地に立たされてる感じです。

    0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s


    まず、前提として俺とAはソリが合わなかった。上の人間の顔も立てられるけど、フォローを入れたり、場合によっては一緒にケツを拭ったりできる奴。部の部長にも気に入られ、後輩からの信頼も厚かった。
    顔も別段かっこいい訳じゃないけど、愛妻家で、誠実な人だから女の社員にも人気というか信頼があった。でも、俺はキザってわけではないけど、Aがいけ好かなくて嫌いだった。

    【第四百八十八の修羅 同僚の革のカバンにビールをかけてしまった・・・おかげで会社を辞めることになりそう・・・結婚前に奥さんから就職祝いでもらった大切なカバンらしい・・】の続きを読む

    このページのトップヘ