修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    武勇伝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    仕事の付き合いで帰りが遅くなるって連絡してきた嫁が
    泣きながら「上司にホテルに連れ込まれそうになった」って電話してきた時が最近で一番の修羅場だった。

    「このままでは嫁が犯罪者になってしまう!!」って思って。


    4ab3f87534449f73b17893d84bfa5063_s


    慌てて現場行ったら、案の定上司とやらが肋骨3本と顎を叩き割られて、路地裏で動かなくなってた。

    剣道有段者の俺でも、獲物がないと太刀打ちできない空手の猛者に何て無謀な真似を…



    【第千百三十三の修羅  嫁が上司に襲われたと連絡があった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    俺は会社員の毒男ですが書き込んでもいいですか? 

    初めてですのでどこか変なところがあったらすいません。 


    86347792a42c7e75f7384f220070dc60_s



    最近新型iPadが発売されたので林檎信者の俺はホイホイと購入。 

    動画を見たり2chを見たり、何だかんだで毎日活用している。 

    ここまでが前提。 






    【第千百二十一の修羅   俺のiPadが盗まれた!「iPadを探す」を起動させるとそこに示された所在地は・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ついさっき泥親子vsDQNの修羅場を目撃。

    近所のSCで買い物して、飲食コーナーで珈琲飲んでた。

    そこに某アイス屋も入ってる。
    私からちょっと離れた通路側の席に、20代前半くらいの若い女性がアイス持って着席。

    その隣の席に50代くらいのマダムっぽいオバサマ。

    81f7wUrviGL._SY445_



    女性がバッグから何か出そうとアイスをテーブルに置いたら、通路を通りがかった母子連れの子供(多分4~5才?)がサッとアイスをかっさらった。


    【第千百十一の修羅 泥ママ VS DQN  地球最大の決戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    身バレする可能性があるのでかなりフェイク込みだけど投下させてくれ。

    高校時代、某飲食店でオープニングスタッフとしてキッチンでバイトしていた。

    この業界ならどこでもそうだとは思うが、そのバイト先もかなりブラック。
    しかし当時の俺はそんなこと知らないし、引っ込み思案な性格を直したいというのもあり、根性たたき直すのも兼ねて社会勉強の一環でバイトすることに。

    maxeIMGL8761_TP_V



    主なメンバーはセクハラ発言連発のリーダーにヒステリーなスイーツ(笑)、この狭いキッチンで体型自重してくださいの巨ピザ(♂)
    そして片桐はいり似の出戻り早くも更年期障害の三十路女、そして俺。



    【第壱千十一の修羅 これがブラックバイトだ!あまりにもひどい待遇に、本社、労基、警察に通報してやったwお前ら全員クビなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    しにたい

    人妻で子持ちの39才です
    三ヶ月前、ネトゲのギルドでオフ会の話が持ち上がりました。

    419ear3kXjL._UX342_



    美容室や病院で「お若いですね」と言われる事が多く
    ギルド内でも「高校生の子どもがいるように見えない」などと言われ調子に乗っていました。
    ギルドの誰とも顔を合わせた事ないのにね…。
    そんな最中、ギルドのアラサー女がニーソ愛用していると聞いて嫉妬心がわいてしまったのでございます。

    自分を棚に上げて「アラサーが若作りしてみっともない」
    それだけならまだしも完全に調子づいていた私は「あたしの方が見た目若いからニーソ履いても違和感ないのでは?」などと
    思ってしまったのでございます。



    【殿堂入りの修羅 猫ニーソ履いてオフ会に参加したら大事件になり離婚話にまでなった主婦(39)の悲しい物語。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    実は俺の親父は酒乱でさ、小さい頃から暴力を受けてたんだ、俺。
    一番古い俺の写真は右腕にギプスつけてる。
    酔った親父に高い高いされたら親父が受け止め損ねてそのまま落下したらしい。
    酔った親父と殴り合いの喧嘩したのが小1の頃だ。

    AS20161231001025_comm

    ボッコボコにされたけど俺もやり返したら
    それ以来2度と酔っても俺に手をあげようとはしなかった。
    その代り祖母と母への暴力が激しくなったんで、酔った時に親父を殴り飛ばすのが
    俺の仕事になったんだ。

    「あの人(親父)は酒さえ飲まなきゃいい人なんだ」
    これが祖母と母の言い分だった。でも俺は納得できなかった。


    【第八百六十九の修羅 「あの人は酒さえ飲まなきゃいい人なんだ」そんなのは戯言だ。俺は自分の娘を殴り髪をつかんで引きずり回す酒乱の男に飛びかかりひたすら殴り続けた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    復讐と言うのか少し微妙ですが、
    大学時代関東近郊の大学に
    都内から電車で通っていた時のことです。

    小さい頃から自分は両足親指の巻き爪持ちでした。
    長年のクセと言えど慣れる筈もなく
    1−2年に1回は巻き爪になってしまいます。


    7eed58945f2ca57648bf10af1be6414d_s

    さらに大学に入って運動を辞めたので結構体重は増えており
    巻き爪になると日に日に足の親指が悲鳴をあげはじめ、
    歩く度に足から血は出るし、化膿したら痛さは倍の酷さになります。

    巻き爪は基本的に麻酔なしで爪が突き刺さってる肉と爪の間に
    長い医療用の細長い鋏を入れて爪を切り、
    さらに爪を挟んで力強く引き抜きます。



    【第八百九の修羅 手術した足の指の痛みに耐えて電車で座っていると爺さんが「座らせろ!」と足を踏んできた結果ww爺さん半身不随に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    じゃあバイト先のクソ店長と女子大生バイトを追い出した話を。 

    当時の店長はというと。 

    ・発注を忘れて棚をよく空にする 
    ・退勤の時に挨拶しない 
    ・基本的に事務所にこもりっぱなし 

    SAYA160312530I9A3621_TP_V


    というあまり仕事熱心じゃないような人だった。 
    ここまでならいいけど個人的にもいろいろあった。 

    ・早い時間に呼び出されて雪かきを押し付けられた。 
    ・自分は仕事しないくせに給料泥棒と言われた。 
    ・なんの相談もなしにシフトを数十時間減らした。 

    それで次第にいなくなればいいと思うようになった。


    【第七百九十五の修羅 バイト先の店長と女子大生の不倫現場を撮影して本社と店長の奥さんに送ってあげた。ものすごいことになったらしいww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大学生の時、所用で普段は乗らない満員電車に乗った。

    そしたら目の前に立ったOL風の女性が真っ赤な顔で俺のほうを見ている。
    (ムハー!もしかして出会い?)とか童貞丸出しの妄想をしてたら、どうやら小声で「助けてください。痴漢です」って言ってる。


    e7fc63f260d9d800da8641aef365ce7a_s


    改めて見ると彼女は思いっきり後ろから胸を揉まれてる。
    (これは助けなければ!)と思い痴漢の腕を掴んで「何やっとんじゃー!」と言ったら、40ぐらいのサラリーマン風の禿親父は「何もしてません」としらばっくれる。


    【第七百九十一の修羅 電車でOLが痴漢に遭っていた。俺は彼女を助け痴漢を電車から引きずり下ろしたのだが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    数年前に就職活動中に電車で痴漢にあった。 
    はじめは手を払い除けたりしたんだけど、効果なし… 
    だんだん触り方が露骨になってきてどうしようかと困っていた。 
    帰宅ラッシュは少し過ぎてたけどで車内はそこそこ混んでいて、 
    誰が自分を触ってるのか分からないのも相まって半泣き。 


    e7fc63f260d9d800da8641aef365ce7a_s


    でもだんだん調子乗りだした痴漢への思いが、困惑から怒りに変わってきた。 
    だから、リクルートスーツのポケットからから細さ0,28cmのボールペンを 
    私の尻をまさぐってる手に突き刺してやった。嫌な手応えだった。 


    【第七百十九の修羅 就活中に痴漢にあった。犯人はさっき面接してきた会社の男だった。「俺を警察につきだすなら、お前は不採用確実だな!」】の続きを読む

    このページのトップヘ