修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    恋人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    23歳だったはずの彼女
    実は今年で28歳だった

    IMGL8009_TP_V


    学歴詐称(4年の前期で大学を中退したのにも関わらず卒業と宣う)を平気でし、しかも「4年間通ったんだから卒業なんだよ」と悪気もなく卒業したと思い込んでるぽい
    しかも普通に履歴書に記入(仕事場が数人の所だから卒業証書とか必要なかったからバレてない)
    俺が「いいな」と何気なく呟いたブランド物とかもホイホイ買ってくるから心配して注意しても「パパのカードだから大丈夫!」とか言う
    挙げ句返せなくなって自己破産した




    【第九百五十七の修羅 23歳の彼女が28歳だった。それどころか一家そろって恐怖の総合商社状態だった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    彼とショッピングモールに行き色々見ていたら
    彼が急に歩いていた方の反対側に走って逃げた
    進行方向を見ると、腹のでかい女性と目が合った

    PAK86_munaguratukandeba-n20140321_TP_V


    女性は私の方に歩いてきて「あなた、あの人の彼女ですか?」と聞いてきた
    肯定すると「…あの人はやめておいたほうがいいです」と、虫でも見るような目で
    彼が走っていったほうを見る女性
    女性が言ったことをまとめると・・・



    【第九百四十四の修羅 ショッピングモールでデートしていたら突然彼氏が後ろ向いて走って逃げだした。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    俺 20
    彼女 20
    二人とも同じ大学の学生。

    HW20160708152415_TP_V

    受験の下見にきた妹を連れて歩いてところを彼女の知り合いに見られて彼女に浮気だと誤解された。
    事前にその日は妹が来ることや案内することも説明してたのに
    いくら弁明しても浮気だ浮気だと騒ぐばかりで、こっちの話を全く聞く気がない彼女。
    挙句の果てに受験生の妹と直接話をさせろと鼻息荒く迫ってきた。
    結局、俺の諭す態度に切れた彼女が出ていき、その話は消化不良のまま終わってしまった。

    しかし翌日、なんと彼女が謝罪してきた。

    【第八百八十七の修羅 俺が妹と歩いているのを浮気だと決めつけ俺が寝ている間に坊主にした彼女。目には目を。俺は復讐することを決意し・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    仕事の関係上、皆いっせいに休むのは無理な業種なので
    私(女)は今月初頭にお盆休みを取って帰省し

    休みが終わる前日の夜に帰ってきました。
    帰宅してゆっくりお風呂して
    化粧水を顔に叩きこ…んだら、なんかいつもと違う。
    匂いが違う。あきらかに刺激臭。
    顔もなんかヒリヒリする。

    sayaIMGL0747_TP_V

    あわてて風呂場に駆け込んで頭からシャワー浴びて全部流しました。
    付けてた時間が短かったのと、もともと肌が丈夫なせいか
    赤くなってヒリヒリした程度で済んだけど
    しばらくはファンデも塗れなくて
    皮膚科の医者に「あんたなに塗ったの!」と呆れられました。

    化粧水のボトルの中身は台所や浴槽用の洗剤の匂いで
    塩素系の何かを水で薄めて詰めた?って感じでした。


    【第八百六十の修羅 帰省から家に戻ると化粧水の中身が薬品に変えてあり現金もなくなっていた。警察に届け犯人も見つかったが・・・絶対に許せない!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    彼の部屋に遊びに行ったとき、キッチンに無造作にごみ袋が置かれていて 
    透明な袋越しに、内定通知書と書かれたものが見えた。


    彼は留年していて、今年は就職活動をしてない。 

    PAK86_munaguratukandeba-n20140321_TP_V



    あれっと思ってよく見たら、私宛のだった。しかも第一志望の会社。 

    速攻彼を問い詰めたら、彼が私の家のポストから盗み、勝手に開封し、 
    捨てたと白状した。 

    もう少しで、入れたはずの会社に入れなくなるところだった。 

    「冗談のつもりだった、びっくりさせようと思っただけ、現にびっくりしたけど 
    こうして見つけて実害はなかっただろ」と言われた。 

    それで言い訳してるつもりなのかと…。 

    付き合っていたこと自体嫌になるほど冷めた。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    渡米の意味を知らず、教えたらプライドが傷つけられたといつまでもネチネチ引きずってた元彼。

    もともと雑学が大好きで周りに知識を披露しているやつ。だんだん自分は博識な最高な男と思い始めて、
    私に対して雑学を披露→私知らなかった→えっそんなことも知らないのpgrと言った感じに進化を遂げた。

    1714_catch_up_06


    たまたま私も知っている雑学だと超絶不機嫌になる。
    なんだか嫌になって別れをきり出した。まだ付き合ってそう時間はたっていないし身体の関係もなかったから、
    こんなやつに処●捧げなくてヨカッタと心底思った。

    【第五百九十三の修羅 伝説の誕生。「来月ウィーンに渡米して向こうの知識を学んでくる」。渡米の意味とは・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3年ほど前の修羅場。
    年齢とスペックは当時のもの。

    俺、20歳、歯科大生。
    彼女(A子)、19歳、短大生。
    合コンで知り合い、A子からの告白を受けて付き合い始めた俺たち。
    A子は今時の女の子って感じだったけど、決して派手な感じではなく、かわいい雰囲気の子。

    IMGL5288_TP_V


    付き合い始めて半年が経ったころ、町でのデート中にA子の母親にバッタリ遭遇した。
    直接顔を合わせたのは初めてだが、A子は母親に俺のことを話したり、写真を見せたりはしていたらしい。
    挨拶をして、立ち話をしていると、A子母が「せっかくだしお茶でも」と言うので、
    近くのカフェでコーヒーとケーキをご馳走になった。
    A子母はごく普通のやさしいお母さん、という感じだった。
    30分ほどで解散。
    【第五百六十八の修羅 合コンで知り合い付き合い始めた女は出会い系で援助交際を繰り返す超絶ビッチ2万円のクズ女だった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    付き合う手前の頃。彼の車で出かけることになった。
    しばらくして「ちょっとお茶でも飲もうよ」となり、入った先は自動車販売店。

    046



    あれ?整備でもしてもらうのかな?と思い、さっさと降りる彼について店内へ。
    ドカッとソファーに腰を下ろすと営業マンが声をかけてきた。
    あれとこれのカタログ見せて~と彼。
    【第五百四十八の修羅 最悪。「ちょっとお茶でも飲もうよ」と言うと、彼は自動車販売店へ向かった。】の続きを読む

    このページのトップヘ