修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    姑・舅

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    義実家でトメ製メンチカツの夕飯を食べたら
    私のはご丁寧にも中身かまぼこだったよw
    配膳まできっちりやってハイドーゾと言ってきたから珍しいなと思ったら
    「お肉足りなくなって誰か一人はかまぼこフライよww」と。
    いかにも「さー誰が当りを食べるかな~?」的な言い方だったが

    5459337a02acd0f0748f43ec07130351_s



    「あ、それきっと間違いなく100%私のがかまぼこですよね。
    違ったらウトさんが今度お買いになる車の代金を払います。
    もし夫のがかまぼこだったら実家の駐車場の名義、トメさんに書き換えますよ。」
    夫ウトメ硬直、止められる前に
    「いただきます」って言ってメンチを一口。
    そして「あーやっぱり。ミエミエって言うか単純で分かりやすいというか…
    ご苦労様ですね、かまぼこフライをメンチと同じ大きさにしたんですか~。
    これなら言い訳できますもんね。お疲れ様です。」
    って言ってやったw

    「偶然よ!最初から誰に当たるか分からないって言ったじゃない」
    と、半泣きで言い張るトメに
    「偶然が多いですねーしょっちゅうですねー、
    オカアサマ強運の持ち主ですね。宝くじでも買えばいいんじゃないですか?」


    【第五百七十一の修羅 初孫には会えると思うなよ、ババァ。さんざん嫁の私に嫌がらせしといていい姑を演じてるの見ると吐き気がするわ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今妊娠中で先月子供が男の子とわかった。
    義母と電話しているときに、男の子だと告げた。
    数日後義兄嫁から「(亡くなった)うちの子のものが全部取ってあるから
    それを使って。」と訪問してきた。
    義兄夫婦の子供は三歳の時に事故で亡くなってる。

    4905959306172




    それから義兄嫁は亡くなった子が生きていたらこの年でこれがいるというもの
    (七五三の羽織袴、ランドセルと学習机、年齢に合わせた洋服と靴)を購入している。
    それをうちの子に全て譲ると言いに来た。
    義兄嫁は亡くなった子が生まれた後に手術してもう子供は望めない。
    なんだか子供を取られるようで断った。

    【第三百六十一の修羅  私の生まれてくる子供に義兄嫁が自分の子供の物をくれるという。だがそれは、彼女が死なせた子供のものだ。絶対に嫌なのに旦那は義兄嫁の味方をする。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ebc3ed12dfd50526548d7d855be608c9


    私は、暗く幸薄そうな顔(座敷女ってマンガに出てくる女のよう、学生時代は貞子と陰口)。 
    性格もおとなしめで、思ったこととかハッキリ言えないタイプ。 
    なので、トメの格好のターゲットにされ、アポなしで来ては、イヤミ・イビリのオンパレード。 
    旦那は何度もトメを〆てくれたが、仕事が忙しくなり、あまり心配させたくなかったので 
    トメのアポなし訪問やイビリは、もう無くなったことにしていた。 

    先日、夕食の準備中にまたアポなしで来て、いつも通りのイヤミのあと、 
    「ホントにアンタって不気味な顔よね~w。何で○男はアンタみたいな女と一緒になったのかしら! 
    アンタの親もアンタみたいに不気味な顔なの~?」と言ってきた。(私の両親は幼い頃に死別)。 
    自分のことなら我慢できたが、親のことを言われてキレた私(それまでのストレスもあったんだろうけど)、 
    手に包丁を持ったまま、トメをジッと睨む。
     
    「な、何よ・・・、その目は」 包丁を持ったまま(刃先は向けてない)トメにジリジリ近寄る。 
    「な、何なのよ全く!本当に不気味な女ね!!」トメ、脅えた顔で玄関へ。 
    玄関で靴を履いてたトメ、ハッとして振り返る。リビングのドアの隙間から、手に包丁を持った私の顔。 
    目が合うと、私ニィーっとゾッとするような不気味な笑み。 
    トメ青ざめた顔で「ヒィーー」と叫び声をあげながら、逃亡。 

    その後、「あの女はおかしい!狂ってる!」と旦那携帯にトメ訴えるも、 
    「まだそんなこと(アポなし訪問・嫁イビリ)してたのか!何べんも来るなって言ってるのに 
    しつこく来る、お前のほうがよっぽどおかしい!!」と逆に〆られた。 
    旦那帰宅後、全てを話したら、今まで旦那に黙ってたことも怒られたけど、 
    これを機に、トメのイビリ攻撃は完全になくなった。



    お勧め記事

    第七十六の修羅  間男を自殺に追い込み元嫁を徹底的に粉砕したある男の12年かけた復讐の物語。
     
    第三十の修羅 俺と子供を捨てて間男の下に走った元嫁が癌で半年の余命宣告。とっくの昔に間男には捨てられ、子供たちに会いたいといってきた。孤独に死んでいくバカ嫁の末路w  

    ⇒ 第四十九の修羅  俺が単身赴任中にやりまくっていた嫁。間男ともに徹底的に叩き潰した。精神病院に収容という末路をむかえることにw

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    誰も居ないみたいだから吐き出し。 
    携帯からだから改行へんだったらゴメン。 



    昔の話なんだけど、妊娠して悪阻が酷くて寝室で休んでたら、トメに 
    寝室の鍵をかけられて、バルサン(だっけ?煙の出る殺虫剤)を焚かれた。 

    yjimage

     
    鍵は取手?の部分が外されてて、内側から開けることが出来なかった。 
    寝る前に枕元にあった筈の携帯も見当たらなかった。 
    偶然、先日まで弟に貸してたウ○ルコムを返して貰ったのを思いだし兄と弟に電話した。 

    兄と弟が駆け付けた時、玄関の鍵は開いてたらしく、兄が寝室のドアを蹴破って助けてくれた。 
    助けて貰った時に意識はあったんだけど、病院に着いたらら何故か失神してしまった。 
    私の意識が無い間に、赤ちゃんは空にいってしまって、余りにも実感が無くてただ呆然とした。 
    兄が旦那に連絡してくれて、旦那も慌てて駆け付けてくれた。 
    旦那も泣いたりして、トメとは絶縁別居しようと言ってくれたと思う。 
    でも、私は同居を続けると言って、バルサンも自分で焚いて寝てしまったと自分で言ったらしい。 



     

    きっと、この時から私は鬼になったんだと思う。 
    自宅に帰って数日は何もしてこなかったトメは、私が何も言わないことを良いことに 
    私を罵倒したり、軽く叩いたりしてきた。 
    それら暴言は全てレコーダーに録音していて、一通り溜まるのを待った


    そして、だんだんとトメの行動はエスカレートして、私の事を人頃し・氏ね等言うようになってきた。 
    人頃し、氏ねが上手く録音できて嬉しかった。 

    ある日、私が2階ベランダで洗濯物を干していると、トメが嫌みを言って来た。 
    いつも通り無視していると、いつも通り罵倒しながら殴って来た。 

    いつもただ殴られるだけ何だけど、この日は違った。 
    私は、殴って来たトメの腕を掴んでベランダから突き落とした。 
    そして、心配何てしてないのに自然と『トメさん!トメさん、大丈夫ですか!?』と叫んでた。 

    そして、旦那にあたかもパニックをおこしているように連絡し、旦那に救急を呼んでもらった。

    トメは死ななかったし、ずっと『嫁子に突き落とされた!』と叫んでいたけど、 
    私が録音を聞かせ、殴ってくるトメを避けたら、トメが転落したと言ったら皆信じた。 

    転落したとき神経をどうにかしたようで、トメは半身不随になった。 

    でも私は別居、絶縁を旦那に希望した。 
    旦那は私に謝り、別居絶縁を承諾してくれた… 
    と言うか、旦那は私が言わなくても別居絶縁するつもりだったみたい。 


     その後、私は男女の双子を出産した。 

    私みたいな鬼が子供を育てられるか不安だった。 
    でも、私の不安とは裏腹に双子は育ってくれた。 

    双子が2才の時に、娘の方が突然 
    『ほんとはね、弟ちゃんより先にママに会いにきたの。 
    でもね、弟ちゃんが泣いたから、弟ちゃん迎えにいって、一緒に来たよ』 
    と舌っ足らずに言って、私に抱き付いてきた。 

    それから私は双子を抱き締めて、わんわん泣いた。 

    夜、旦那が帰宅してこの事を話すと、旦那も泣いて私もまた泣いてしまった。 
     




    先週、トメが死んだと親戚から連絡があったが無視した。 
    私がトメにした仕打ちは許されないんだろうと思う。 

    けど双子を見ていると幸せで、トメの事なんて全て忘れそうになる。 
    けど、こんな事誰にも話せなくて、少し吐き出したかった。 

    文章苦手だから解りづらい箇所があったと思います。 
    ごめんなさい。 

    吐き出す事が出来て楽と言うか、少し軽くなりました。 
    正直、殺人未遂だと叩かれるのではと思っていました(殺人未遂は事実なので) 
    でも、悪くないと言ってくださる方が居て少し救われた思いです。 

    娘の言葉は考えれば、娘の想像で意味のない言葉かも知れません。 
    前の子は本当に初期の流産で、性別も解りません。 
    ですが、娘の言葉に救われた部分もあり、生まれ変わりを信じたいなんて 
    気持ちもあって、帰ってきてくれたんだと思ってます。 

    寝室の窓ですが、あるにはありました。 
    ただ、高い場所にありイスに上らないと届かない位置。 
    開閉の為にイスは置いていましたが、トメにより廊下に出してありました。 

    トメは絶縁後、トメ親族に預けられましたが、親族家のお嫁さんを 
    奴隷か何かと勘違いしたのか、自分が出来ることでも、親族嫁に命令 
    親族に〆られても無視で、最終的には安い賃貸に追い出されたのち、 
    死ぬ死ぬ詐欺を繰り返し、誰も相手にしなくなり、寂しさからか 
    ボケてしまい、施設に入ったのち亡くなったそうです。 

    それでは、名無しに戻ります。 
    ありがとうございました。


     

    このページのトップヘ