修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    嫁が死んだ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ちょっと混乱してるのでまとめられなくてすまないが進行形の修羅場

    新嫁にタヒ別した前嫁の想い出を捨てられた

    娘が小学校に入った途端、事故で他界してしまった元嫁
    本当に良い嫁だったし、俺実家との関係も良好だった


    mig



    俺と娘は泣いて暮らしたけど、二人三脚でなんとか頑張ってきた
    といってもやはり周りに支えられてなんとかやってきた



    【第三千九百三十の修羅 新嫁が亡くなった前妻の思い出の品を全部無断で捨てやがった。許せない。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    もう寝るから書き逃げ 
    自分の人生最大の修羅場 
    もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい 

    bocchian008_TP_V


    らしいというのは、
    横断歩道の信号待ちしてて・・・でそれ以降の記憶がなかったから 
    気付いたら知らない天井 
    その事故があった日から一年半近く経っていた 
    生死をさまようレベルだったと聞いた 




    【第三千八百七十八の修羅 事故に遭って1年半。昏睡状態から目覚めたら嫁と子供を失っていた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3年前に元カノが死んだ。信号無視の車にひかれて打ち所が悪く、だった。 
    当時はすでに別れていたから、友人から聞いて葬式には出れた。 

    150912155989_TP_V

    復縁して別れた彼女だったんだが、1回目告白も復縁しようも俺から。2回とも別れ話も俺から。今思うと振り回してばかりで俺は本当にダメ男だったと思う。 
    当時留年してたし、2個年上で社会人の彼女に嫉妬や妬みばかりだった。 
    俺が鬱っぽくなって、彼女の心配も邪魔になって別れた。 
    負い目から、別れた後は友人と遊ぶ時もかなり態度に出してた。ガキでした。 

     

    【第三千五百八十九の修羅 3年前に元カノが死んだ。信号無視の車にひかれて打ち所が悪く、だった。ある夜、彼女の夢を見た。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    899: 名無しさん@おーぷん2015/08/28(金)20:25:48

    数年前に夫が死んだ。事故だった。


    mitsuamigirl001_TP_V


    はっきり年数を書くと

    ひょっとすると身バレするかもしれないんで伏せるけど

    年単位で前の事なのは本当。

    昨日今日の話ではない。






    【第三千九十三の修羅    数年前に夫が死んだ。事故だった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    八年連れ添った嫁に先立たれて早二年が経った。

    最近ようやく嫁の荷物を整理し始めたのだが、思い出が詰まりすぎてて捗らない。 


    ishinagemorigirl_TP_V

    生前、子供に恵まれなかった為に猫を2匹飼ったのだが、
    この猫達は嫁が大好きだった。寛いでいる時も寝る時も常に嫁の横から離れなかったんだ。 
    嫁がいなくなってからは大変だった。飯は食べない、
    トイレはしない、動物病院通いを余儀なくされた。 








    【第三千十五の修羅 嫁が他界後、嫁になついていた猫たちがものを食べなくなった。途方に暮れているとある日、猫たちがソファーを見つめニャアニャア鳴きだし・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ちょっと語っていいかな。 
    オレさ、このあと式挙げるんだ。
    前の嫁と死別して13年。

    ishinageteagirl_TP_V


    5日間の出張から帰ったら、部屋で死んでたよ。 

    妊娠してたんだけど、検診行ったら「育ってない」って言われたらしく、それを苦にしたみたいだ。
    嫁さ、実家で「いらない子」扱いされてて。 

    親父がクソで「学校で一番とれないのは自分の子じゃない」なんて言ってて、がんばっても一番になれなかった嫁は中学のときから病んでた。



    【第三千十四の修羅 あんなに大好きで、いつも合わせてた顔なのに忘れていくんだよな。8年くらい経ったらもう完全に思い出せなくなってた。  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    お盆で帰省して親戚一同集まってさ 
    そしたら嫁は一番年下で若いのに、子どもたちのことまとめて面倒みてるのよ

    78f4d56f-s



    本来なら愚痴スレにでも書き込みそうなほど酷い有様だったんだけど、嫁は文句ひとつ言わずに子どもたちの面倒みてた 
    子供は3歳とか4歳なのに、母親より俺の嫁大好きになっちゃって 
    俺も懸命に子供の相手しててさ、でもやっぱり嫁にはかなわない 
    なんだろうな、子供って柔らかくて温かい女性が本能で好きだよな 
    俺がいくら相手しても「お姉しゃまがいいー!」って嫁引っ張りだこ 



    【第三千十三の修羅  あぁ、俺と嫁の育児は、無事に終わったんだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

    当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。

    TAKA160421400I9A2651_TP_V


    まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
    娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
    子供はあえてつくらなかった。
    収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
    子供は娘1人いればいいって事になった。



    【第三千十二の修羅 土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。娘17の時。突然嫁が交通事故で逝った。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    その日はクリスマスイヴだった
    いつもは常連が多い店もその日だけは初めて来店するカップルで賑わっていた
    たしか8時をまわった頃だったと思う
    女性が一人で来店した
    年齢は30歳前後、髪は長めプラダのバックを持っててとても雰囲気のある女性だった
    なにより抜けるように白くてきれいな肌の女性だった

    1712220I9A9816_TP_V



    「いらっしゃいませ。何名様ですか? お好きな席へどうぞ」と接客
    その店のバーテンは二人ともイケメン
    それ目当てに一人で来る女性は珍しくなかった
    だからカウンターに行くんだろうなって見てると予想を裏切り窓際のカウンターへ
    メニューを持って行くと「待ち合わせなのでオーダーは後からで」と
    俺は持ち場に戻った




    【第二千九百六の修羅 まだ消え残る 君への想い 夜へと降り続く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
    嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
    病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘に
    それぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
    息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。

    R0010307


    俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
    一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、
    これがあるからしにたいとおもってもしねなかった。
    誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。






    【第二千六百八の修羅 亡くなった嫁はたくさん手紙を残してくれた。それを毎年読んでいくのが楽しみだったが浸水でなくなってしまった・・だが・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ