修羅の道

日常生活に潜む修羅への道をまとめます。

    嫁が死んだ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    私の馴れ初めではないが
    兄が最初の奥さんと出会ったのは大学生のころ。ベタ惚れだった兄の猛アプローチで卒業後しばらくして結婚。
    赤ちゃんもできて、兄は本当に幸せの絶頂だったと思う。

    eb3dccb6b5af469bb3d81781f26fddd4_s


    でも、信号無視した車にはねられて奥さんもお腹の赤ちゃんも亡くなった。
    兄の落ち込みようは凄くて、今にも後を追うんじゃないかと思うくらいだった。
    なんとか立ち直るのに10年かかった。
    【第四百三十七の修羅 妊婦の義姉が事故で亡くなった。10年以上立ち直れずにいた兄の前に一人の女性が。「私は絶対にあなたより先に死にません」。しかし・・・再び悪夢が・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    スレタイ通りムカついて2日間着信拒否にしてたんだ。 
    いつもなら、ラインですぐに連絡くるから待ってたんだが、なぜかずっと着信履歴が定期的にあったんだ

    1981e27a8844f205f47003a46d796107_s


    そして2日後になって電話ではなくラインを送った。
    反省してるの?って送ったんだ
    【第三百七十九の修羅 彼女との待ち合わせで4時間待たされて着信拒否にした結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    長文をお許しください。
    家内を亡くしました。お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、
    病院に向かう途中に居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。

    0-25



    警察から連絡が来たときはひどい冗談だと思いました。いつものように
    今朝も笑顔で送ってくれたのに。冷たくなった彼女と対面しても現実
    の事態として理解できませんでした。

    【第三百五十三の修羅 妊婦の妻が事故で死んだ。居眠り運転のトラックに突っ込まれた。相手が許せないが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

    当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。

    003

    まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
    娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
    子供はあえてつくらなかった。
    収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
    子供は娘1人いればいいって事になった。




    【第三百二十の修羅 オレが29歳で、娘が17歳の時、嫁が事故死。今日娘が嫁に行った。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    7d5ff37d19c27a6935c5c1d8f8e7bf45_s


    女房に早く死んでもらいたいと思ってたら本当に事故に遭って死んだ。
    表立って口ケンカはしなかったがいつも不快を抱いていた。

    女房に早く死んでもらいたいと思ってたら本当に事故に遭って死んだ。
    表立って口ケンカはしなかったがいつも不快を抱いていた。
    やることなすこと全て鬱陶しかった。
    こいつが死んだらもっと若い女房をもらって、とよく妄想した。


    【第二百八十三の修羅  女房に早く死んでもらいたいと思ってたら本当に事故に遭って死んだ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
       もう寝るから書き逃げ 
    自分の人生最大の修羅場 

    KZ1796041_TP_V



    もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい
     
    らしいというのは、横断歩道の信号待ちしてて・・・でそれ以降の記憶がなかったから 
    気付いたら知らない天井 
    その事故があった日から一年半近く経っていた 
    生死をさまようレベルだったと聞いた
    【第二百五十五の修羅   悲劇。交通事故で一年半意識が戻らなかった。その間に全てを失っていた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    嫁がW不倫していてさ間男に完全にラリってたんだ 
    俺はヘタれだからそれ知っていて言い出せなかった 
    ただ只管仕事に打ち込んで気を紛らわす毎日だったんだ 

    10025916175_s


    2年以上そんな生活が続いていた時に警察から連絡があってね 
    嫁が自〇したから遺体確認してほしいと言われてね 

    【第二百五十一の修羅    不倫でラリってた嫁が首を吊った。死んだからといって許されるわけない。間男と嫁一族を焼け野原にしてやった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    a3542da28e3d724b143ca906af80c158_300_225


    もう10年も前の話
    妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
    妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。

    【第百七十の修羅 妻が死んだ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ea0ac6600ec224ff2c7da1100cce6d56_s


    稚拙な文で申し訳ない 
    素人が書くものだから勘弁な 

    俺は嫁の浮気で離婚を決意したけどさ 


    嫁が病気で病院行った時に、医者から余命宣告されてね 
    離婚留まったんだ。(病気のことは最後まで嫁には言っていない) 

    嫁は結婚前から生命保険加入しててね、死亡受け取り(受け取りは俺)額が8000万なんよ 
    嫁が浮気した時点で既に愛情はなくなったんだけどね 

    それで俺自身に踏ん切りつけ、嫁にはいい夫演じて 
    半年後に最後を見送ったのよ。入院するまで間男と続いていてね 
    半年分の証拠(毎週決まった日に逢瀬があり)も揃っててね 
    嫁が逝ったのちに、間男に慰謝料請求した 

    間男は「自分の嫁が他界したのに、金の亡者か!!!嫁はもういないから無効だ!!」 
    と散々罵られたので、裁判まで起こしてやった。嫁のおかげでお金はタンマーリあったからね 







    で、間男夫婦は離婚。顧客の既婚女性に手を出したとなり 
    間男は会社は懲戒解雇。自宅(住宅ローン完済)とおベンツは慰謝料がわりに間嫁に譲渡 
    長距離トラック(普通免許しかないので4tらしいが)に乗りながら毎月子供ふたり分の養育費12万を払っている 
    俺には100万の慰謝料支払い(月5万の分割支払い) 

    俺は住宅ローンの残りを一括支払って 
    子供達の進学や必要な経費のために残り全額貯金 

    贅沢もせず、貰っている給料で生活しています 

    娘や息子は嫁の浮気のことは何も知りません 
    今でも「やさしかったお母さん」「大好きだったお母さん」と 
    仏前で手を合わせています


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    966: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/12/04(金) 21:55:23
     
    結婚7年目で嫁を病死で失くして2年すこし。 
    子供も居ないし、意外に普通に葬式も墓の準備も何もかもが順調に済んだ。 

    妥協で結婚した的な感覚もあったし、大して泣かなかったし、 
    けろっとしちゃってるな俺、情の薄い男だなと自分で思う。 
    だけど親や周りがしきりと再婚を勧めてきたり心配したりする。


    少しうんざりして、何がそんなに心配なんだよって友達に聞いたら、 
    自分で平気だと思ってやがるのが怖いんだって逆ギレされた。 

    俺が、嫁が死んだら化けて出るって言ってたから
    毎晩酒とつまみ買ってスタンバイしてる
    (嫁、飲んべえなんだよw)のに出てこねーって愚痴ったり、 
    飲み会で酔って壊れるとうっかり嫁携帯(だった番号)に
    「今日、メシいらね」って電話したりするのが気になるそうだ。 

    そんだけで、周りから勝手にスゲー愛妻家だと思われた上に
    後追いの心配されてる俺ってorz 
    善意の気遣いなんだろうが、いらん気を回すなよと思う。 


    img_1



    967: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/12/04(金) 22:37:22
    >>966 
    だったらそういう態度はとらないように 
    ってか、ぜんぜん平気じゃねーじゃん

    968: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/12/04(金) 22:48:59
    >>966 
    そういうのは平気とは言わん 

    再婚うんぬんは確かにお節介だが周りが心配するのは自然だ。
    嫁の死を受け入れられてない感じを受けると思うよ


    【第九十九の修羅  死んだ嫁が化けて出てこない・・・ ちょっとせつない話。】の続きを読む

    このページのトップヘ