東北関東大震災

2014年03月14日

絆バザールでござーる

週末、東北復興支援をメインとしたバザーが天王町の商店街で開催されました。
DSCN3176


岩手・宮城からは名産品やお酒の販売、カキやほたてを焼くお店などが出店してた
DSCN3182


DSCN3181


DSCN3180

殻付焼ガキ、たこ焼きを買いました。

あと、買ったのはこれ
DSCN3184
西横浜にある「エヌ・クラップ」という福祉作業所のテントで買ったレトルト・カレー、チャイ。チャイはスパイスがついてきた。
まだ食べてないんだけどおいしそうな予感がするよ。

それにしてもお客さんがちょっと少ない気がしたなー。ワタシが行ったのがおそい時間だったからかしら。
おいしそーなものたくさんあったのよー。

同じ日に行われた橘樹神社での「こども歌舞伎」もみてきたよ

「太刀盗人」
DSCN3154


DSCN3160




「三人吉三」
DSCN3167


DSCN3172


いや、なかなか面白い!ひやかしにいったのが最後まで見てしまった。
三人吉三の方はちっちゃいこたちのせいか、熱演ながらちょっと声が聞こえずらかったのが残念。
年配のお客さんも多かったから、マイクあってもよかったんじゃないかなー。



yurikamome38 at 01:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月15日

「復興居酒屋がんぱっぺし」ふたたび

ちょいと八月の終わりにもどります。

2週続けて岡野町「復興居酒屋がんばっぺし」行っちゃった。

BlogPaint



浜千鳥
CA3J0436岩手県釜石のお酒。コップ酒いいねえ。


黒潮盛りハーフ
CA3J0435
ホウボウにカツオに・・・新鮮な上に脂が乗っててこれはほんとおいしかった。

連れが頼んだのは私が前の週頼んだのと同じもん
CA3J0434いかのわた焼き。
CA3J0433三陸産わかめ入りだし巻き


さばの塩焼き
CA3J0437
これも脂が乗っててね。奪い合うように食べたわね。

秋はまたおいしい魚が入ってくるんだろうね。楽しみは12月まで続くのだ〜。

yurikamome38 at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月11日

2011年夏東北旅行 〜2日目その2・おはぎとウミネコ

秋保温泉から1時間と少しで松島へ。

遊覧船を待つ間、その朝買ったおはぎを食べた。

DSCN1081
なるほど納得の田舎おはぎ。あんこたっぷし。余計なものが入ってない小豆の味がしっかりする素朴なおいしさ。甘いものあまりいらない友達も「これはおいしい!」と言ってたね。くどくないからいくつでもいけちゃうね。

時間になり、松島を廻る遊覧船に乗船。出航したとたんにキターッ
CA3J0416
 ウミネコ〜っ!!

DSCN1093
ぎゃーヒッチコック状態。
DSCN1092
楽しい〜〜〜っ!!

おおっと、あまりの楽しさに日本三景の一つである景勝地をうっかりカメラに収め忘れるとこだったぜ。
DSCN1098

次回乗ることがあれば、ちゃんとガイドさんの説明をききましょうね。

話には聞いていましたが、松島周辺は津波の影響をあまり受けなかったらしくホテルもみやげ物屋も営業してました。観光客もたくさん。
松島蒲鉾本舗で手焼き笹かまぼこ体験。 なかなか焼けない〜。

松島さかな市場では焼きガキと牛タン網焼き
CA3J0423CA3J0424
CA3J0425宮城の種ガキを三重県鳥羽で養殖したものだそうです。 テレビで見てこれは食べねばと思ってたんだ。念願かないました。おいしかった。


国宝瑞巌寺に行く道中
CA3J0419なんと本堂などメインの建物が大改修中。 見学断念。


松島観光後、私たちは南下し、仙台港周辺へ車を走らせた。
甚大な津波の被害を多く受けた地域です。
ここに行くのか、行っていいのか、むしろ行くべきなのか、旅行前にそのことばかり考えていました。

同行者の一人が7月にボランティアで仙台に行ってました。彼女はそのときに津波の爪あとを既に見てきていた。 地元の人たちに「あの場所をぜひ見ておいてほしい」といわれたそうです。
そして、行ってきたわけです。
がれきの山、積み上げられた車、焼けてしまった倉庫、家の土台だけ残った住宅地。
見てきました。

今日9月11日は大震災から半年。米国同時テロから10年でもあるんですね。
思うことを忘れず、支援も絶やさず。


旅のしめくくりに仙台駅ビル内で牛タンを食べて、一路東京へ。
駆け足だったけど楽しい旅だったな。

帰りの新幹線で友人に「今回はどこが良かった?」と聞かれ、すかさず答えました。
「おはぎとウミネコ」
いいのか、それで。












yurikamome38 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月30日

横浜で私たちができること 復興居酒屋「がんばっぺし」

仕事帰りにkayanoriさんと「軽く一杯いきましょー」のサラリーマンデート。


復興居酒屋「がんばっぺし」
CA3J0399
横浜駅西口からちょい歩く、岡野町交差点の近くにあるこの居酒屋、吹けば飛ぶよな簡素な造り。オープンしたの全然しらなかったな〜。

ネットで調べたところ、岩手県出身で横浜在住の方がオーナー、働いているのは被災された地域で飲食業に従事されていた方だそうだ。 ビールを運んできてくれた色白の浴衣美人さんを見て納得。

いかのわた焼き
CA3J0398



海老の焼いたの
CA3J0396 kayanoriさんが殻ごと頭からバリバリ食べた。男前だった。


アジ揚げだし
CA3J0395


三陸わかめ入り出汁巻き玉子
CA3J0394
現地直送の刺身盛り合わせは次回のお楽しみ。


12月までの期間限定出店だそうです。
実は先日、旅行で東北に行ってたばかり。復興には長い長い時間がかかることを
この目で見て実感。 そんなわけで、「がんばっぺし」を力いれて応援しちゃいます。

kayanoriさん、いい場所連れていってくれてありがとーね。







yurikamome38 at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2011年07月14日

応援工芸市で買ったもの

なでしこジャパン、決勝進出&メダル獲得おめでとう!

横浜駅南改札内がにぎわってます。
CA3J0254


岩手の南部鉄瓶や茨城の笠間焼きなど東北の有名工芸品が大集合中。


でも買っちゃうのは工芸品じゃなくてビールなのね〜
DSCN0922

茨城県の「常陸野ネストビール」 のペールエールとホワイトエール
ふくろうのラベルがかわいいじょ。

ふたもふくろう
DSCN0923


まだ飲んでないので、感想は別の日に。
工芸市は16日(土)まで絶賛開催中だって!

続きを読む

yurikamome38 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月15日

今日までそして明日から

3月11日からひと月以上たって、ほぼ普段通りの生活を
営めるようになった。
しいて言えば、プレーンヨーグルトと納豆が買えないこと
に不便を感じるくらいか。ま、どってことないが。

節電の意識がやや薄れつつある。これはいけない。

気持ちはまだ追いついてこないな。
一日の大半は平常心で過ごしているけれど、
ふとしたことで、悲しくなる。不安になる。
負の気持ちが強くなる。
東電に対する怒りはあまりない。
情報をあまり聞かないようにしているからかもしれない。
水道水を飲んでいる。茨城産の葉野菜を食べている。
若い同僚はミネラルウォーターで飯を炊く。茨城の野菜は食べない。
この先何十年後かに、それぞれがとった行動の答えが出るのかね、
なんて笑っている。

いつもは釣り銭募金だった身で、
今までで一番高額な募金をしてドキドキした。
今後も自分なりにがんばってみるつもりだが、一番大切なのは
支援を継続すること。それを忘れないようにしないとな。

若い子が言う「涙腺崩壊」とはこのことかと思うくらいによく泣いた。
悲しい涙や寂しい涙は数しれず。

感動やうれしさで泣けた事柄を少しだけ。

* 東北を旅していた友が無事だとわかった時

* 親友がずっと探していた大学時代の友人(宮古在住)の無事をパーソンファインダーを通じて確認できた時

* 遠くに住む友人、ブログで知り合った友人らからのメールや手紙

* サッカーチャリティーマッチでの長谷部のメッセージとカズのゴール

* 深夜番組で見た岩手の某旅館のおかみさんを追ったドキュメント。一度は津波に巻き込まれたが生還された。その後のがんばり。自分も被災者でありながら地域の方々を励ましていく姿。

* 天皇皇后両陛下の避難所ご訪問。
 旭市の避難所で被災された方に対し、膝をついて「よくご無事でいてくださって・・・」と皇后さま。朝から号泣。

流れる涙はとめようがない。
泣きながらも歩みを止めることだけはしないように。

* 楽しい仲間がポポポポン。








yurikamome38 at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年03月25日

通販(貧乏)生活

お墓参りと母の様子を見に、週末は実家へ帰った。

3月11日地震が起きた時,母は居間に一人と一匹でいたそうである。
一匹はこたつで丸くなったまま。予知も察知もなんもせず。

こわいこわいと言いながら玄関まで逃げてしばらく座っていたら、
ご近所さんが様子を見に来てくれたと。
ほんとうにありがたいことです。
ちなみにそのご近所さんが玄関をあけたすきに一匹は脱走したそうである。

先祖の墓も無事だった。
近所の漁港にはすこし海水が入り込んだそうだ。

そんな話をしながら、母が「ああ、そうそうこれあんたに買っといたよ」とキラキラするもんをやにわに取りだした

「あんたは犬。S子(私の姉)には猫あげたからサ」


きらりーん
DSCN0522


キランキラン
DSCN0514

カゴ入りワンちゃんのストラップぅ。

あ〜、JALやANAの機内通販カタログとかで見たことあるやつだぞ。
そしてそりは、絶対自分じゃ買わない系。

いやらしいと思いつつ値段見ちゃってぶったまげ。
5000円近くもする!
そして衝撃は続く。
ワンちゃんじゃなくてクマちゃんだってよ、かあちゃん。

ありがたい。ありがたいけど、ありがとう
ほんとにお金は残さない気だね。
それはいいんだけど、通販やお取り寄せに依存気味なのが
ちょっと気になってるわ。



yurikamome38 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)