3CDAD51C-CBB1-47E8-BF67-7A2924DA6467

サワッディーカー♪
幸せオーラを取り戻す「雲式ACカウンセリング」の雲です。

 
 一緒にいて、しんどいな〜と
 思う人はまわりにいませんか?

 
「話が合わない」

「愚痴ばかり聞かされる」

「あまり好きになれない」

「一緒にいても楽しくない」



その関係がストレスになって、
自分のことを傷つけているかもしれません。


しんどいな〜と感じるときは、
一度関係を見直してみることをおすすめします。


その関係、ほんとうに大切?


人との関係を見直すって、
なかなか労力がいりますよね。

距離をおいたり、
関係を断ち切るというのは
なんだか悪い感じもしてしまいます。


ですが、しんどい人間関係をできるだけ減らすと良い
理由が3つあります。


つくらない自分でいられる


しんどいなと思うとき、
自分の本音を言えていない可能性があります。

「もっとこうしてほしい」
「これはしないでほしい」


信頼のある関係だったら、
お互いに相手の気持ちを
受け止めあえます。

もしも言えていない場合は、
自分の気持ちを伝えてみましょう。

言えないような相手だったり、

伝えても、変わらない場合は、
その人とは単に相性が合わないだけ。

相手のペースに合わせようとすると、
つくった自分でいることになります。
                       

しんどいと思うのであれば、
少し距離をおいてみましょう。


大切な人に優しくできる


ストレスを感じる人と一緒にいると、
とてもエネルギーを使ってしまいます

そうすると、
そこでエネルギーを使い果たしてしまって、

一番大切したい相手
八つ当たりしてしまったりします。

それって、本末転倒!

関係やエネルギーの使い方を見直してみると、
大切にしたい人にもっと優しくできるかもしれません。

無理して付き合うことは、
ウソをついているということなので、

自分にも相手にも失礼だと
私は考えています。


自分のことを大切に思える


合わないなぁと思う人と離れることで、
自分のことを大切にできていると感じられて、

自分のことをより好きになれます

さらに、自分の思っていることを
伝えるようにしていくと、

本音で話せる人と仲良くなれて、
そのままの自分を認めてもらえていると
感じられるので、

しあわせな気持ちになれます。

せっかく一緒に過ごすのであれば
お互いの貴重な時間を、

心地よく過ごせたら最高ですよね。


わたしが体験したニガテ


会社員時代に、ニガテな一人の同僚がいました。

当時はなぜだかわからなかったのですが、

自分の本心を言わずに
相手をコントロールしようとするところや、

自分のやりたくないことを
うまくこちらに回してくるところが、

私の両親にそっくりで、
毎日ゆううつでした。


当時の私は、

誰にも嫌われたくない、
みんなと平等に接するべき

という「べき」にとらわれていたので、

本当はいやなのに
嫌っちゃいけないと必死でした。


私が退職することになって、
送別会を開いてもらったのですが、

その最後のあいさつのときに、
その同僚から

「じつは、最初は嫌いでした。」

ということを言われて、
ショックを受けつつ、

「向こうも同じ気持ちだったのか(笑)
それなら無理して
仲良くしようとしなくてよかったな。」

と気づいたのでした。

その後、
連絡をもらったりしたのですが、

関係を断つことに決めて、
平穏な日々を過ごしています。


最初は、悪い気がしたのですが、
お互いに楽しくないのに、

惰性でつきあっても
むなしさが増すばかり。

いまは、関係をやめる決断ができて
よかったなと思っています。


しんどいをやめると、安心が増える

自分がしんどいと思っているときは、

もしかしたら、相手もしんどいと
思っているかもしれません。


しんどいを増やすと、
自分の心のなかが
平穏ではなくなって、

不安やイライラ
いっぱいになってしまいます。


最初は勇気がいりますが、
思いきってしんどいをやめてみると、

心のなかが穏やかになって
安心して過ごせます。

大切な人と過ごす時間も増えて、
幸せな気持ちで過ごせます。


完璧主義な人だと、
一度離れた人とは

二度と仲良くなれないと
思いがちですが、

「必要な縁なら
またタイミングがきたら
関係が戻るよ」と

私の尊敬する人に教えて
もらったことがあります。


もっと気楽に人との関係を考えてみると、
しんどさから抜け出せるかもしれません^^