2017年12月16日

振られたといいますか

好きな人ができてクリスマス
誘ったけどムリで




彼氏とは別れてないし
彼とも連絡はとってる



どっちも会う頻度は
多くもなく少なくもなく








その好きな人とは
趣味とか生活リズムとか
好きな事とか
そこそこ一致してたけど





他に好きな人が居るみたいです





完全に脈なしなので早く忘れたいところ








一応こんな話彼氏には言えないので笑
彼に強く抱きしめてもらいましょう







というか雰囲気
彼氏とも別れそう






それ彼に話したら

その時は僕と付き合って下さい

だって








彼と付き合えば幸せなのかな?
それよりも彼とは浮気だから
燃えてる感が否めない








とりあえず来週あたり
彼に忘れさせてもらいます






彼氏とは
うん、最近してないね

yurinamon at 14:45|PermalinkComments(0)

2017年10月12日

Fさんち(浮気相手) に

ご飯タイム

Fさん私の下着チラチラ見てくれてる

嬉しいけどそういう事と食事が
混ざるのイヤだから
スカート履いて隠す



「このスカートいいよね。
似合ってるよ」
Fさんタイトスカート大好き


履いても履かなくても
興奮してるので諦めて食事




歯磨きして
洋楽流して
(知らない人。
あとアパートだから声聞こえないように。
私の声けっこう大きいって。
そんなつもりはないんだけど)




布団の上で前に買ってもらった
ネックレス、Fさんに着けてもらう


自分で着けるのもいいけど
着けてもらう方が好きかなー。

この時間だけは
私の体はこの人のものみたいな?
印じゃないけどそんな感じ



恋人繋ぎでチューして
なんとなくさわりっこ



スカート脱がされて
私の下にFさん顔埋める


何も履いてないならわかるけど
逆にパンストだとなんか恥ずかしい。うん



Fさんごそごそなんか取り出して


「これ」

目隠し



「なにするの?痛いのやだからね?」


「いつもの感じに目隠しするだけだよ」


目隠しして電気も消すと真っ暗


特に興奮しないけど
すごい集中できる!

触られるだけで
いつも以上に感じる





ブラだけ外して

「これはどう?」

タンクトップの上からおっぱい




Fさんの指で
すぐいった




普通の服の上からじゃ別に
感じないけど
薄い生地の上から触られると
なんで?っていうくらい



枕渡されて

「口に当てておいて」
やっぱりうるさいんだ私




Fさんの指→いく→他の場所舐める

の繰り返しですでにぐったり

その日は彼氏の家行く予定だったから
そろそろ繋がらないと時間的に
(時間なんてわかんなかった)





Fさんのさわさわ


「Fさん…」
実際して欲しかった



私の下にFさんの当たる


けど違って


オモチャ


電源入る







即目隠し外して

「それだめ!ムリ!」


「痛い?」

「…」

「なんか嫌なの?」

「出ちゃう」

「出ちゃうって…」

「…」

「おしっこ」

私がうなずいたらFさん


「見たい‼」

「ムリ!」

「ここで止めちゃう?」
ヒドイ

「えー…」

「あと1回おっぱいさわられせて。
声出したら見せて。お願い。」



我慢できるかな
って思ったらやっぱり無理で。


またさっきの繰り返し。
またぐったりして体中
Fさんの唾液だらけ



Fさんにパンストとか
脱がされて全裸

お姫様抱っこされてお風呂



そのままFさん座って
私Fさんの上でしがみつきながら



いってしちゃった



ちなみに彼氏には見せたことない




ぼーっとしてたら

「ユリナちゃんよだれ出てるよ」






体洗ってまた布団





Fさん優しく動いてくれた

私動けない笑


ただいつもよりかなり早く
Fさん出ちゃった

まあいいかな私も動けないし



「Fさん抱っこ」
やっぱり抱っこいいね




「ユリナちゃん、もう行かないと。
時間だよ。」


彼氏の事若干
どうでもよくなってたし
疲れたし
眠いし
このまま泊まって
明日もFさんに
犯してもらいたいし。ちょっとだけ



「Fさんち泊まっていい?」

「ホントに行かなくて大丈夫?」






Fさんの上で爆睡


つづきますね
おはようございます

yurinamon at 06:55|PermalinkComments(1)浮気 

2017年10月08日

Fさんち(浮気相手) いち

に初めて行った

(ちなみにFさんは浮気相手です
お相撲さんの高○見○盛さん
に似てる30代後半の方です)




その日は夕方くらいに
ふたりで買い物してから
Fさん家へ




家上がって荷物置いたら
後ろからおっぱい鷲掴み

「ご飯は?」

「我慢できないよ」

さすがにシャワー浴びたい…



「素股なら」
逆にFさん喜ぶ



ニットのノースリーブ
めくりあげられて
おっぱい



Fさんのさきっぽ
指ですりすり




お互い濡れてきたところで

「そういえばどこに出すの?服はやだよ?」



「ユリナちゃんの太もも」


「パンスト汚れる!」


「新しいの買ってあるから」
なにそれ



「でもなんかやだ!帰れない!」



そうこうしてるうちにFさん誤射笑
いや笑えない

左のおしりFさんのでベトベト

Tバックじゃなかったら
完全にパンツも終わってた…





とりあえず脱いで(少し怒りながら)

「帰れない!」

Fさん新しいパンスト持ってくる

「同じ黒だよ」

「うーん…」




「あとこれ下着。
サイズ聞いてたから買ったんだよ」
青ベースのお花柄で意外に可愛かった




「あとこれもあげる」
いくつあるの?
黒のタンクっぽいインナー。
後ろにちょうちょ
これもかわいい





「パンストごめんね。これで許して」

「うん」





シャワー浴びて出てきたら
しれっとさっき貰ったやつが…


「これでいいの?」

「かわいいよ!かわいいよ!」
喜んでくれるならいいかな





で、ご飯タイム

下着とインナーはわかるけど
下パンストでご飯はさすがに初めて笑





つづきますね
おやすみなさい

yurinamon at 23:31|PermalinkComments(0)浮気