百合が原の住人

札幌百合の会病院のスタッフブログです。 地域の事、病院の取組、スタッフの紹介、全然関係ない趣味の事まで気楽に書いていく予定ですので楽しみにして下さい。

さくら 
 立春とは名ばかりで、まだまだ厳しい寒さが続きそうですが、春の気配も少しずつ感じるようになってきました。

2月1日には、各病棟での行事「節分」も行い、患者様や御家族様も参加され楽しく過ごさせていただきました。

 2月5日から2月12日まで第69回さっぽろ雪まつりが開催されました。2月1日からつどーむ会場でも開催されました。行かれた方もいると思いますが、【白い恋人 PARK AIR】を大通会場で初めて目にしたときは、あの狭いスペースで?と驚きました。興味がある方は白い恋人パークエアーで検索してみてください。
円山動物園や大通会場、つどーむ会場も楽しいと思いますが…
もっと近場でのイベントとしてしのろスノーフェスティバルが2月18日(日)
9:00~13:00の日時で開催されます。
主催者:篠路地区青少年育成委員会、篠路連合町内会
会 場:篠路コミュニティセンター
住 所:札幌市北区篠路3-8
*チーム対抗の雪像作りやアイス・スノーキャンドルのコンテスト、雪山滑りやかまくら体験など、雪と親しむ盛りだくさんの1日。雪像制作に参加した子どもたちは餅つき体験もできます。
・雪像作りとアイス・スノーキャンドルのコンテストは、事前に篠路地区青少年育成委員会・清水さんまで申し込む。(篠路地区青少年育成委員会・清水さん(電)011‐771‐9738)
興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 そしてブログを担当した私のブームは、食パン!!
パン1  パン2









       おかめや               乃が美
         ↑                  ↑
     「おかめや パン」           「乃が美 パン」
    ※それぞれ「 」内のキーワードで検索してみてください
あなたは、どちらが好きですか?
コストコのホテルブレッドも美味しいですよ!
                                   ブタ子

 皆さんのご家庭では、節分の恒例行事はありますか?

邪気を払い、一年の無病息災を願う「豆まき」。
魔除けのために飾る「柊鰯(ひいらぎいわし)」。

恵方を向いて一本まるごと食べることで無病息災や商売繁盛の運を、一気にいただくということを意味している「恵方巻き」。

【通所ゆり】では、毎年節分の時期に利用者様の一年の健康を願う目的と、身体を使ったレクリエーションもかねて、豆まきを行っています。
職員が扮する鬼めがけて豆をぶつけてもらいます。子供が小さい家庭では、豆まきを行うところも多いでしょうが、それ以外では大人になると機会がないものです。「豆まきなんて久しぶり!」と、大勢の方が楽しまれていました。ストレス解消のためにか、鬼めがけておもいきり投げている職員の姿もみられました・・・。おに








豆まきの後には、皆さまでおやつタイムを楽しんでいただきました。
今年一年も利用者の皆さまと一緒に、怪我などなく健康で、楽しく笑って過ごせる【通所ゆり】でありますよう願っております。

おかしおかし2






  パンケーキの抹茶アイス添え       大学芋と水ようかん


                           通所リハビリテーション

 去年の暮れのことですが・・・。実家のある奈良に里帰りした時に行った大神神社(おおみわじんじゃ)についてお話ししたいと思います。

 大神神社は三輪明神とも言われ、奈良県桜井市に位置し三輪そうめんでも有名な所にあります。image1今回、夫が「帰省の際には、ぜひ大神神社の山に登りたい!」と言っていたので皆で行くことになりました。
 大神神社は日本最古の神社とされ、その御神体は背後にそびえる三輪山そのものだということです。私は奈良に長く住んでいたのに今回初めて知ったのですが、三輪山はスピリチュアルカウンセラーのEさんが日本で5本の指に入る最強のパワースポットと紹介されるほどで、遥か昔から「神の宿る山」として崇められてきたそうです。
 三輪山に登ることは御神体そのものに登ることなので「登拝」と言われていて、登拝するためにはまず傍らの狭井神社で受付をし、お祓いを済ませ首からたすきをかける等の準備があります。
 

そして約束事もあります。
・決してハイキング気分で登らないで敬虔な心で入山する。
・一木一草持ち出さない。
・水分補給以外の飲食は禁止。
・写真、動画の撮影はしない。
・そして山の上で起こった出来事は他言してはならない。image2


 私達は子供3人(次男、三男、四男)グループと、長男、私達夫婦、そして母の2つに分かれて、それぞれのペースで登拝しました。
山ですれ違う人々は、夫婦や家族連れの方が多いようでしたが、裸足で登っている女性も見かけました。山の中は木々に囲まれていて、小さな川が流れている所もあったり、滝修行をする場もありました。私達は往復2時間強の山道を余計な会話はあまりせず、静かにゆっくりと登拝することができました。



 実は登拝中に偶然かもしれませんが、とても不思議な出来事がありました。もしかしたら本当の偶然なのかもしれませんが、私はきっと三輪山のパワーによるものなんだろうと思っています。

 この貴重な体験ができたことを有難く思って、今年1年を過ごしていきたいと思いました。そして皆様にも、機会があればぜひ大神神社、三輪山に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
                                   きなこ

このページのトップヘ