前編:健夜「倒れた!?」咏「そーそー…」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:09:46.38 ID:7Mb8st70O
たつか


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:13:12.22 ID:7Mb8st70O
咏「いや、知らんし。なにそれ」

恒子「いや~スタッフさんの中にちょろ~っとだけ出た話らしいんですけど」

咏「ほ~?」

恒子「私と三尋木プロペア、すこやんと針生さんペアで実況やらないか、みたいな」

咏「ほぅほぅ?」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:16:21.78 ID:ojXI908t0
おいおい、咏×こーことかツッコミ不在じゃねえか


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:16:44.69 ID:7Mb8st70O
恒子「反応うすいな~」

咏「だって、知らんし」

恒子「ほんとにチョロっと出ただけみたいですしね」

咏「なんで?」

恒子「それは分かんないけど」

咏「ん~ちょっとやりたくないねぃ~」

恒子「えぇー」

咏「逆にふくよんが乗り気なのがわっかんねー」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:20:25.05 ID:7Mb8st70O
恒子「じゃー三尋木プロはどうしてやりたくないんですか?」

恒子「私とペア、嫌?」

咏「そーじゃなくてさ~、えりちゃんと一緒が良い」

恒子「ラブラブですねー」ニヤニヤ

咏「そっちこそ、そーなんじゃないのかねぃ?」ニヤニヤ

恒子「もちろん」

咏「だーよねぃ」

咏「だから余計わかんねー。なんでわざわざ離れるん?」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:23:40.76 ID:7Mb8st70O
恒子「だからこそッ!ですよッ!」ガタッ

咏「おぉっ!?」ビクッ

恒子「たしかにすこやんと私はラブラブです、ええそうですとも」

咏「おっおう…」

恒子「だからこそ!………」

咏「…………」

恒子「…………」

咏「……どしたん?だからこそ?」

恒子「…ちょっと、不安だなーって」

咏「ん~?」クビカシゲ



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:28:47.89 ID:7Mb8st70O
咏「わかんねー」

恒子「こー、ね。ちょっと不安になってくるわけですよ」

恒子「相手は私のこと、好きなのかなーとか」

咏「……?」

恒子「一緒にいてほんとに楽しいのかなーとか、飽きてないかなーとか」

咏「………おー」

恒子「ほら、思っちゃったり?」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:31:34.70 ID:7Mb8st70O
咏「………おお」

恒子「わかります?」

咏「ん~ちょっとだけ?」

恒子「ちょっとかー」

咏「ふくよん、純情というか、女のコだねぃ~」

恒子「はっはっはー知りませんでした?」

咏「まったく知らんかった」

恒子「おぅ…ちょっとグサッときたかも」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:34:12.40 ID:7Mb8st70O
咏「でも、まだわかんねー」

咏「なんで不安なのに、一々離れるん?」

恒子「そうっ!そこですよっ!」

恒子「私たちがペアになって仲良くしてれば良いのです!」

咏「…まったくわかんねーわー」

恒子「んもぅ、実はわかってるくせに~」

咏「こればっかりはマジにわっかんねー」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:37:16.11 ID:7Mb8st70O
恒子「ほら、私たちが仲良くするでしょ?」

咏「ん」

恒子「それをすこやんが見る!」

咏「ん!」

恒子「あの二人、仲良さそうだな…って思うすこやん!芽生える嫉妬の炎!!」

咏「んー?」

恒子「……どうですかっ?」

咏「わかんねー」

恒子「えー」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:39:11.73 ID:7Mb8st70O
咏「ふくよんがすこやんに嫉妬されて、それで?」ソデフリフリ

恒子「それでって?」

咏「そのあと」

恒子「終わりですよ?」

咏「え?」

恒子「嫉妬してほしいんですよー」

咏「んー?なんで?」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:42:40.39 ID:7Mb8st70O
恒子「嫉妬されるってことは」

恒子「相手が嫉妬するほど私は愛されてる、ってことでしょ?」

咏「……………」

恒子「だからですよ。すこやんは、嫉妬するほど私を愛しちゃってくれてるのかなーって」

咏「……あー。わかった気がする」

恒子「やっとですかー」

咏「でも、すこやんって嫉妬するかねぃ?」

恒子「え」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:45:20.74 ID:7Mb8st70O
恒子「それは、私がすこやんに嫉妬されるほど愛されてない、みたいな…?」

咏「いや違う違う」フリフリ

咏「嫉妬するようなキャラかねぃ、ってこと」

恒子「?」

咏「だって、想像できなくね?すこやんの嫉妬」

恒子「ん~………」

恒子「…………あっ」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:48:42.08 ID:7Mb8st70O
恒子「頭の中でシュミレーションしたら刺された!」ガーン

咏「…それは無いんじゃね?知らんけど」

恒子「そ、そうかな?」

咏「ねーわー。多分。いや知らんけど」

恒子「だ、だよね!ヤンデレになんかならないよね!?」

咏「おーそれはない。だってあのニブチンのすこやんだし」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:50:45.90 ID:7Mb8st70O
恒子「そ、そっか。そーですよねー、あのニブいすこやんですもんねー」

咏「そーそー」フリフリ

――――――
健夜「へっくし!」

健夜(…風邪かな…)
――――――



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:53:31.47 ID:7Mb8st70O
恒子「して、三尋木プロ」

咏「ん?」

恒子「されてみたくないですか?」

咏「なにを?」

恒子「針生さんに、嫉妬!」

咏「えりちゃんに?」

恒子「嫉妬されるほど愛されてるか、気になりませんかっ!?」

咏「ん~…えりちゃんに…嫉妬…」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 05:57:36.38 ID:7Mb8st70O
咏「………………」

恒子「三尋木プロー?」

咏「……いや、無理だわ」

恒子「えーっ?なんでですかー」

咏「怒らせたくない」

恒子「あー……針生さん、怒ると怖そう」

咏「まぁ、それはそうなんだけど」

恒子「違うんですか?」

咏「……晩ごはん抜き、とかなりそう」

恒子(夫婦か)



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:02:31.15 ID:7Mb8st70O
恒子「いやいやいや、考えてみてくださいよ!」

咏「だってさー」

恒子「三尋木プロが私と仲良く!針生さん嫉妬!…ここまで良いですか?」

咏「うん。それで怒られて……」

恒子「違う違う。針生さんは、寂しいわけですよ」

咏「寂しい?」

恒子「違う人と仲良くしてる三尋木プロを見て、寂しいわけです」

咏「……ふむ」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:09:12.69 ID:7Mb8st70O
恒子「咏さんに限ってそんなこと、いやでもとっても楽しそうだし!…心の葛藤ですよ」

恒子「そんなとき、三尋木プロは耳元で囁きます……“愛してる”……たった一言」

恒子「その言葉は針生さんに重く、そして激しく……!“疑ったりしてごめんなさい”」

恒子「“いいんだよ、えりちゃん。さぁ私に身を委ねて……!”」

恒子「“あぁ…!咏さん…!”」

恒子「………と、こう」

咏「この前みた恋愛映画にそんなシーンあったねぃ~」フリフリ



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:12:23.76 ID:7Mb8st70O
恒子「あ、ばれました?」

咏「あれ、ふくよんが勧めたんじゃんかー」

恒子「まぁ、こうなるわけですよ!」

咏「でも、そっか。う~ん…」

恒子「…………うーん…。いや、やっぱりないですね。針生さんに限っt」

咏「アリだね」

恒子「あるの!?」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:17:07.06 ID:7Mb8st70O
咏「いやいや、そうじゃねーよー?」

恒子「そ、そうですか。甘えてる針生さんとか想像できませんもん」

咏「甘えてくるえりちゃんはめちゃくちゃ可愛いぜ?」

恒子「えっ、マジですか!?」

咏「マジマジ。夜とかヤバイすっげー可愛い」

恒子「ふぉぉ……ギャップ萌え?」

咏「それもあるね。もうキュンキュンする」

恒子「ラブラブですなぁ~」ニヤニヤ

咏「それほどでもねぃ~あるけど」

恒子「うひゃー甘い甘い」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:22:22.98 ID:7Mb8st70O
咏「ん~……嫉妬、アリかもな」

恒子「でしょ、でしょ!?」

咏「……でもさーふくよん、ペア交代っつったってできないんしょ?」

咏「スタッフの中でちょろっと出ただけってんならさ~」

恒子「ふっふっふ…三尋木プロ、人気アナウンサー舐めちゃ痛い目見ますよ?」

咏「おーなんかわかんねーけどいいね~、自分で言っちゃうの」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:26:32.79 ID:7Mb8st70O
恒子「スーパーアナウンサーは自称に留まりませんよ!」キラーン

恒子「私が上に頼めば、ペアの交換なんてチョチョイのチョイってね!」

咏「うは、マジでか」

恒子「マジっす」

咏「………やっちゃう?」

恒子「………どうです?」

咏「………やっちゃおっかー!」

恒子「それでこそ三尋木プロ!日本代表の先鋒を勤めるだけある!」

咏「それなんか関係あんの?知らんけど」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:36:02.24 ID:7Mb8st70O
~数日後~

喫茶店

えり「………」

健夜「ごめんなさい、遅くなっちゃって」

えり「あ、いえいえ。わざわざご足労ありがとうございます、小鍛治プロ」

健夜「ううん、むしろ針生さんの方が距離あったんじゃ?」

えり「大丈夫ですよ。何か頼みます?」

健夜「えっと、針生さんは何飲んでるんですか?」

えり「私はダージリンの紅茶を…」

健夜「じゃあ、おんなじのを。紅茶あんまり分からなくって」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:37:58.38 ID:oT5MVevk0
すこえりサイドか


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:41:09.23 ID:7Mb8st70O
店員「こちらになります」

健夜「ありがとうございます……」

えり「ミルクやお砂糖は?」

健夜「あ、貰おうかな」

えり「どうぞ」

健夜「針生さんは?」

えり「私はミルクだけ…」

健夜「そうなんだ……」コクッ

健夜「あ、おいしい…」

えり「よかった、ここを選んだ甲斐がありました」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:45:38.31 ID:7Mb8st70O
健夜「うん、お店の雰囲気も素敵…」

えり「小鍛治プロに合うと思って」

健夜「そ、そうかなぁ?」

えり「ええ、落ち着いてるところとか」

健夜「そういう針生さんこそ、ピッタリ」

えり「え?」

健夜「紅茶片手に、読書とか…とっても絵になりそう」

えり「ああ、たまにやります」

健夜「へ?」

えり「…ここ、私の行きつけなんです」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:50:00.44 ID:7Mb8st70O
えり「小鍛治プロのお宅からもそう遠くは無いし、調度良いかと」

健夜「で、でも針生さんの家からは距離…」

えり「ええ。だから、たまに休日に一人でこっそり」

健夜「…咏ちゃんにも内緒で?」

えり「内緒……といいますか…たまに、一人でゆっくりとしたいときってあるじゃないですか」

健夜「うんうん」

えり「そういうときに、ここに」

健夜「いいなぁ、それ。理想の休日」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 06:56:13.66 ID:7Mb8st70O
えり「じゃあ小鍛治プロも、たまの休日にどうです?このへんは静かですし…」

健夜「でも、いいの?針生さんの……」

えり「ええ、小鍛治プロなら。咏さ……三尋木プロには、ご内密に」

健夜「ふふ…わかった。それと…」

えり「?」

健夜「外では小鍛治プロ、って言うのは、ちょっと…」

えり「では、なんと…?」

健夜「健夜でいいよ?」

えり「……では、健夜さんで」

健夜「うん。私も、えりさんって呼ぼうかな」

えり「どうぞ」

健夜「決まり」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:00:33.51 ID:7Mb8st70O
健夜「…ふぅー、よかった」

えり「?」

健夜「実は、ちょっと緊張してたんだ。あんまり話したことなかったし」

えり「そうですね…」

健夜「あ…私、最初は敬語使ってたのに…」

えり「いえ、楽にしてください」

健夜「そ、そう?」

えり「たまの、休日ですから」ニコ

健夜「…ふふ、そうだね」ニコ



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:07:08.47 ID:7Mb8st70O
健夜「んん~っ…有意義な休日…」

えり「私なんかが同席していて良いのですか?」

健夜「えりさんだから良いんだよ?こーこちゃんだと、落ち着かないもん…」

えり「…ああ、なるほど」

健夜「咏ちゃんも?」

えり「そうですね。こんな風に落ち着くことは」

健夜「私たち、意外と相性がいいのかもね」ニコッ

えり「ええ」ニコッ

健夜「……あんなこと言われたから、どうしようかと思ってたのに……」

えり「…ずいぶん、急でしたよね」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:12:12.18 ID:7Mb8st70O
健夜「勝手に、ペアチェンジだなんて…」

えり「本当に…」

健夜「…まぁ、そんな話がなければ、このお店もえりさんとも疎遠だったけど」

えり「…ええ。私も、健夜さんと呼ぶ日が来るなんて、夢にも」

健夜「うんうん」

えり「…さて。本題に入りますか」

健夜「あ、そうだね。つい、まったりしちゃった」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:18:53.12 ID:7Mb8st70O
えり「だめですよ?一応、お仕事の打ち合わせのためなんですから」ゴソゴソ

健夜「うん、……わ、凄い書類」

えり「そうですか?」

健夜「見せて?」

えり「どうぞ」

健夜「…選手のデータに…各学校の過去の戦歴、一回戦からの牌譜まで…」

健夜「凄いなぁ…。さすがって感じ」

えり「健夜さんも、かなりのこだわりがあるのでは?」

健夜「そ、そうかな?」

えり「実況を聞いている限り、そんなイメージが」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:27:02.51 ID:7Mb8st70O
健夜「私の方は、こーこちゃんがちょっと調べて覚えるのが苦手なだけだよ」

健夜「私は、選手の牌譜の確認を人より丁寧にやってるだけ。ここまで細かく調べたりしないもん」

えり「なるほど…。凄いですね、やっぱり」

健夜「そうかな?えりさんの方が凄いよ」

えり「いえいえ、健夜さんは凄いです」

健夜「えりさんだよ」

えり「健夜さんですって」

健夜「…………」

えり「…………」

健夜「…っ…ふふふ…」クスクス

えり「…お互い様、ですかね…」クスクス

健夜「そうだね…」ニコッ



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:33:11.99 ID:7Mb8st70O
えり「…ではまず、その書類にある学校ですが…」

健夜「うん、この子は注目するべきだよね」

えり「ええ。…和了率から見て、間違いないでしょうね」

健夜「あと、実はこの子が気になってるんだ」

えり「そうなんですか?」

健夜「この子はね……」


―――――――――



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:40:09.23 ID:7Mb8st70O
咏「いよいよ明日って感じだねぃ~」

恒子「ワクワクしますねっ」

咏「そうかい?知らんけど」

恒子「どんなすこやんが見れるのかなーって考えると!」

咏「ほほぅー、そうだねぃー」

咏(嫉妬するえりちゃん…)ポワワ

~~~

えり「…もう、咏さんなんか、知りません……」

咏「機嫌直してよ、えりちゃん」

えり「知りません…!咏さん、なんて………!」ウル

咏「えりちゃん」チュ

えり「んっ……、!?」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:45:24.33 ID:7Mb8st70O
咏「ちゅ…チゥ、…ん、」

えり「ンンッ……ん、ぅ…!」ドンッ

咏「…っ…」ツゥ

えり「やめて…くださいよ…」

咏「えりちゃん…」

えり「…だ……き…のに……」

咏「え…?」

えり「私は、咏さんが…だいすき…なのに…!愛してる、のに……!」グスッ

咏「…私もだよ、愛してる」

えり「…じゃあ、…証明してください……」

咏「…うん…」

~~~



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:47:15.29 ID:7Mb8st70O
咏(なんてね!なんてね!!)ニヤニヤ

咏(うっはー!たーのしみぃー♪)

恒子(顔緩んでるなぁ…なぁに考えてるんだろ)

恒子(…まぁ、見当はつくけど)



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 07:56:52.60 ID:7Mb8st70O
恒子「じゃー三尋木プロー明日なんですけどー」

咏「え!?な、なにがっ」ビクッ

恒子「やだなー試合ですよー」

咏「え?ああ、うん、そーだねぃ」

恒子「まず、この書類を見てください!」

咏「…えりちゃんの用意するのの半分もないねぃ~」

恒子「マジっすか、針生さんすげぇ」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:01:07.44 ID:7Mb8st70O
恒子「じゃ、この学校から!」

咏「わっかんねー」フリフリ

恒子「でっすよねー」ケラケラ

咏「とりあえずこの子注目しときゃ良いんじゃね?」

恒子「ほほー、どーしてでしょう?」

咏「いや知らんし」

恒子「じゃーまー星マークつけときますねー」カキカキ

咏「この学校はこの子かなー知らんけど」

恒子「ほいほーい」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:09:11.75 ID:7Mb8st70O
――――――
夜 三尋木宅

咏「……んー……」

咏(遅いなー)

カチャ

えり「ただいま帰りましたー」

咏「あーえりちゃん遅いよー」トテトテ

えり「すみません、すぐ晩ごはん作りますから。お米、磨いでおいてもらえましたか?」

咏「10分後には炊けるよー知らんけどー」

えり「ありがとうございます。じゃあ咏さんは…」

咏「うんっ」ワクワク

えり「先にお風呂入ってますか?その間に作っておきますから」

咏「………」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:14:22.10 ID:7Mb8st70O
咏「…えりちゃんさー…」

えり「はい?」

咏「…いい、風呂入ってくる」

えり「咏さん?」

咏「知らんしっ」プリプリ

えり「………?」

えり(どうしたんだろう…やっぱり、帰りが遅くなっちゃったから…?)

えり(……………)

ピピピッ

えり「…あ、ご飯炊けた」

えり(とりあえず、晩ごはんの支度っと……)

えり(たしかこの前、親子丼が食べたいって言ってたから…)



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:22:05.70 ID:7Mb8st70O
お風呂

咏「…ふん、だ」チャポン

咏(帰りが遅くなるほどすこやんと一緒にいてさ?それで先にお風呂入っててください?)

咏(…こっちはどんな気でいたかも知らずにさ!知らんけど!)

咏「…待ってたのになぁ」ブクブク

咏(……………あ)

咏(………おかえりって、言いそびれちゃった)

咏(………………)

咏(…なんか、わかんねーけど…)

咏「…面白くない……」

チャポン…



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:28:22.60 ID:7Mb8st70O
咏「…お風呂、あがったよ」

えり「あ、もうすぐできますから。ちょっと待っててくださいね」

咏(……うちのキッチンで、エプロンしたえりちゃんが、私の為に晩ごはんを作ってる……)

えり「ん~……」コトコト

咏(…いつもの、見慣れた風景)

えり「……ん、おいし」

咏(…いつもの…幸せな、風景……)

えり「咏さん。ご飯できましたから、お皿出してください」

咏(……なのに……どうして)

えり「咏さん?どうしたんですか?」

咏(どうして…こんなに不安なんだろう)



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:33:47.64 ID:7Mb8st70O
恒子『こー、ね。ちょっと不安になってくるわけですよ』

恒子『相手は私のこと、好きなのかなーとか』

恒子『一緒にいてほんとに楽しいのかなーとか、飽きてないかなーとか』

咏(…こういうこと?ふくよん…)

えり「…咏さん?」

咏「んっ、あ、なに?」ビクッ

えり「そんなにお腹減ってたんですか?丼、ご飯が山になってますけど」

咏「うぁっ!?ヤベッ」

えり「………」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:40:09.17 ID:7Mb8st70O
えり「……咏さん、どうしたんですか?何だか変ですよ」

咏「そ、そうかい?知らんけど!」

えり「帰りが遅かったこと怒ってますか?」

咏「そうじゃないそうじゃない!」

えり「でも…」

咏「そんなことよりさ、晩ごはんメニューなに?」

えり「…親子丼、ですが」

咏「わーマジで?食べたかったんだよねぃ~!」

えり「よそいますから、丼貸してください?」

咏「んー!卵多めー!」

えり「はいはい」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 08:48:40.61 ID:7Mb8st70O
咏「うまっうま~♪」モグモグ

えり「よかった」

えり(機嫌、治ったわけではないみたいだけど…少しマシになったかな)

咏「………」モグモグ

咏(…明日だ、明日…。絶対に、)

咏(…絶対に嫉妬させてやる!)

咏(待ってろよえりちゃん~!)ガツガツ!

えり(…そんなにかっこむほどお腹空いてたの?)

えり(ずっとお腹空かせて待ってたんだ…悪いこと、しちゃったな…)



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:03:12.89 ID:7Mb8st70O
当日

咏「とーうちゃーくっ」

えり「えぇと、三尋木プロが午前、私が午後…時間がピッタリ別れましたね」

恒子「あ、おーい三尋木プロー針生さーん!」

健夜「こ、声が大きいよ…」

恒子「おっはよーございまーす!」

咏「おっはよーぅふくよん!」ハイタッチ!

恒子「イェーイッ」ハイタッチ!

咏「頑張ろーぜ」コソッ

恒子「初っぱなから気合い入ってますねー」コソコソ

咏・恒子(さて、反応は…!?)



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:06:14.92 ID:7Mb8st70O
健夜「おはよう、えりさん」

えり「おはようございます、健夜さん。…なんだか眠そうですね?」

健夜「午後からだから、ちょっとゆっくりしようと思ってたらこーこちゃんに…」

えり「ああ、なるほど」クスクス

恒子「」

咏「」

恒子(仲良さそうーッ!?)ガーン

咏(えりさん健夜さんーッ!?)ガーン



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:14:39.07 ID:7Mb8st70O
健夜「こーこちゃんたち、午前からだよね?」

えり「そろそろスタッフの方々のところへ……」

恒子「」ガーン

咏「」ガーン

健夜「真っ白だ!?」

えり「…どうかしたんですか?二人とも…」

咏・恒子「「!」」ハッ

咏「い、いや!知らんしー!」

恒子「い、行きますか三尋木プロ!」

咏「おぅッ!」ガシッ

恒子「じゃッ!」ガシッ

咏・恒子「「行ってきます!」」

えり「はい、いってらっしゃい」

健夜「い、いってらっしゃーい…」

健夜・えり「「…………」」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:19:41.50 ID:7Mb8st70O
健夜「…ど、どうしたんだろうね?」

えり「さぁ…なにか、通じるものがあったのでは?」

健夜「そ、そうだね…」

えり「私たちは、どうしましょう?」

健夜「ん…まだ時間もあるし…」

えり「…お茶でもしながら、画面越しに二人を見守っていませんか?」

健夜「…そうだね」ニコッ

えり「では、行きましょうか」ニコッ



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:30:17.31 ID:7Mb8st70O
恒子「……では」

咏「……おぅ」

恒子「…マイク、入れますね!?」

咏「やっちゃえー!知らんけどー!」

カチッ

恒子「さぁ試合もついに3日目!第1回戦、いっちゃうよー!」

恒子「まず!出場高校の紹介!」

――――

N県の子ども「また三尋木プロかぁ…」

N県の子ども「それに福与アナって…」

N県の子ども「なんでだろーねー」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:43:57.51 ID:7Mb8st70O
…………

恒子「北家、九索を捨てて先制リーチだーッ!」

恒子「これはどういうことでしょう、三尋木プロ!」

咏「いや知らんし」

恒子「やっぱり、場に出てない中を待って対々?」

咏「んーそれはどーかなー?」

咏「他の選手が三萬ツモってるとはいえ、捨てないとは限らないしねぃ~」

咏「三色と平和も狙いどころじゃね~?知らんけど」

恒子「なるほど~!」

――――

N県の子ども「なるほどー」

N県の子ども「なんか、すごいまともー」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:45:38.14 ID:7Mb8st70O
やっべ間違えた
中で平和とか無理じゃん
脳内修正よろ



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 09:53:26.62 ID:7Mb8st70O
健夜「へぇ……」

えり「結構、普通ですね」

健夜「むしろ、良いかも」

えり「心配していましたけど…意外と、良いのかもしれませんね」

健夜「そうだね。ちょっとほっとしたよ」

健夜「こーこちゃんの持っていった書類、えりさんの半分の量もなくて…」

えり「はぁ…」

健夜「打ち合わせも、選手に星マークつけただけみたいだったし」

えり「え」

健夜「………」

えり「………」

恒子『先鋒戦終了ーッ!』

えり「……アドリブがきく、ってことですかね?」

健夜「……私たちは下準備をシッカリやるタイプだもんね…」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:02:38.64 ID:7Mb8st70O
恒子『いやーさすが三尋木プロ!日本代表は違いますねー!』

咏『いや知らんしー。スーパーアナウンサーがなに言ってるんだろうねぃ~』

恒子『またまた~』

キャッキャッ

健夜「…………」

えり「…………」

『ポンッ』

健夜・えり「「!」」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:05:54.43 ID:7Mb8st70O
恒子『おっ、ポンです!』

咏『今の鳴きは良かったんじゃねー?』

健夜「………」ホッ

えり「………」ホッ

健夜「…………」

えり「…………」

えり「……紅茶、」

健夜「へっ?」

えり「紅茶、もう一杯いかがです?」

健夜「…貰おうかな」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:06:43.34 ID:7Mb8st70O
えり「すみませーん、2つおかわりお願いします」

健夜・えり「「………」」

店員「お待たせしました」

健夜「あ、どうも…」

えり「…では」

健夜「うん」

健夜・えり「「乾杯」」チンッ

健夜「……」ニコッ

えり「……」ニコッ



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:12:02.55 ID:7Mb8st70O
……………

恒子「試合終了ーーッ!!」

カチッ

咏「お疲れぃ~」フリフリ

恒子「お疲れ様ですっ」

咏「手応えは?」

恒子「バッチリでしょ」

咏「んふふ~」

咏(嫉妬するえりちゃん~♪)

恒子「…行きますか!」グッ

咏「…おう!」グッ



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:16:34.18 ID:7Mb8st70O
えり「では、昨日のおさらいになりますが…」

健夜「この学校の選手のは多分、東場の早い順目には……」

えり「ではその場合、健夜さんは……」

健夜「あ、えりさんそこは…」

えり「なるほど、さすが健夜さん」

健夜「うぅん、えりさんこそ。…あ」

えり「はい?」

健夜「実況中、えりさんって呼ばないようにしないと…」

えり「あ……。そうでしたね、小鍛治プロ」

健夜「うん、針生アナ」


恒子「」

咏「」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:28:14.13 ID:7Mb8st70O
健夜「……あ、こーこちゃん」

えり「三尋木プロ、お疲れ様です」

健夜「いつからいたの?」

恒子「……あ、いや…」

咏「…わ、わっかんねー…」

健夜・えり「「?」」

恒子「……え、えっと…仲、良い…ね?」

健夜「え? …そうだね、えりさんとはもう仲良しだよ」

えり「光栄です」

健夜「秘密を共有するくらいだもんね」

えり「す、健夜さんっ」

健夜「ふふ、ごめんごめん」

えり「もう……」

恒子「」

咏「」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:36:26.09 ID:7Mb8st70O
健夜「ねぇ、このあとまだ少し時間あるし、お昼ご飯たべないかってえりさんと話してたんだけど…」

恒子「あ、ああ!うん!行こう行こうっお腹空いた!」

えり「行きましょう?三尋木プロ」

咏「………」

えり「三尋木プロ?」

咏「……ねぇ」

えり「はい?」

咏「…いつもみたいに、咏って呼んでよ」

えり「……は?」

咏「えりちゃん」

えり「あの、三尋……」

咏「うたっ!!」

えり「………」イラッ

えり「…咏さん」

咏「………ん」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 10:39:31.85 ID:7Mb8st70O
えり「…行きましょうか」

健夜「え、でも…」

えり「なんでもありませんから」

健夜「う、うん…」

恒子「どうどう!三尋木プロ!」コソッ

咏「………」

咏(……モヤモヤする)



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 11:26:02.70 ID:7Mb8st70O
お昼

健夜「ん~…」

恒子「もーすこやんは優柔不断だなー」

健夜「だってー」

えり「なにで迷ってるんですか?」

健夜「このグラタンと、この和風ハンバーグ…」

えり「じゃあ私がグラタンにしますので半分こしません?」

健夜「いいの?」

えり「ええ」ニコッ

咏「…………」パシッパシッ

恒子「ちょ、痛い、三尋木プロ?叩くなら椅子にしてください私の足にぶつかってますから」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 11:37:11.02 ID:7Mb8st70O
店員「お待たせ致しましたー」

恒子「お腹すいたー♪」

えり「すみません、小さいお皿を…」

咏「3枚」

えり「え?」

咏「3枚」

えり「…3枚お願いします」

店員「かしこまりましたーごゆっくりー」

咏「……」ムッスー

えり「……?」

健夜「」オロオロ

恒子(これは…予想外だったなー…)



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 11:44:31.63 ID:7Mb8st70O
えり「では、」

健夜「ありがとー、私のもあげるね」

えり「ありがとうございます」
咏「…ふくよん、ちょっとあげる」

恒子「え?別にいr」

咏「知らんし。ほれほれー」

恒子「あー…」

恒子(そんな汁物……あ、だから3枚か)

恒子「…じゃあ私のも」

咏「ありがと」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 11:47:42.49 ID:7Mb8st70O
健夜「…んっ美味しい!」

えり「そうですね…この和風ハンバーグ、お醤油と…バターと、」

健夜「えりさんお料理好きなの?」

えり「そうですね。昔はそうでもなかったんですが、最近は楽しいです」

健夜「そうなんだ、凄いなぁ…得意料理は?」

えり「…オムライスや肉じゃが、でしょうか」

健夜「へぇ!食べてみたいな~」

えり「今度、お招きしましょうか」

健夜「ほんと?」

恒子(……三尋木プロの気持ちがわかってきたよー…?)ムカムカ



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 11:53:40.62 ID:7Mb8st70O
咏「えりちゃんの」

えり「はい?」

咏「…えりちゃんのグラタン美味しそうだねぃ~」

えり「あ、ああ…少し食べます?」

咏「…うん」

えり「…あ、お皿…」

咏「あーん」

えり「…え?」

咏「あーん、して?」

えり「な……っ///」

恒子(……)キュンッ

恒子(ほ、ほほぅ、これが針生さんのギャップ萌え…)

健夜「………」キュンッ

恒子(………すこやんも?)ムカムカ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:02:10.39 ID:7Mb8st70O
えり「…………」

咏「あーん、いつもみたいにさ」

えり「ちょ!?」

えり「……ああ…もう……」

えり「…あ、…あーん……」カァァ

咏「ん」パク

咏「…ん、ありがと」

えり「……はぃ……」

えり(なんで急に、人前で……恥ずかしいのに……)



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:03:24.24 ID:7Mb8st70O
咏「…でも」

咏「味はえりちゃんの作ったやつのが美味しい」

えり「う、咏さんっ!?///」

咏「………」チラッ

健夜「?」

咏「……」フフンッ

健夜「えっ?」

恒子「あ、あのぅ、針生さん…私にもあーnいたいいたい、すいません三尋木プロ調子乗りました!」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:09:03.00 ID:MaAQZz4A0
嫉妬咏かわいい、いや知らんけど


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:09:56.06 ID:7Mb8st70O
……………

恒子「腹ごしらえも終わったし!」

健夜「…そろそろ時間だね」

恒子「三尋木プロと“二人で”じっくり見てるからね~!」

咏「おぅよ、ふくよん!」

えり「…では、行ってきます」
健夜「行ってきます」

咏「いてら~」フリフリ

恒子「ら~」フリフリ

咏「………」フリフリ

恒子「………」フリフリ

恒子・咏「…………」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:18:40.78 ID:7Mb8st70O
咏「あ゛あ゛ああぁぁ……」グター

恒子「三尋木プロー自分で自分のかけた罠にかかってどーするんですかー」

咏「…ふくよんだってちょっとかかったっしょ?知らんけど」

恒子「う゛っ………」

恒子「………まぁ、ね…」ハァ

咏「…えりちゃんの天然にも引っかかりそうになってたし」

恒子「あっあれは!そのぅ…」

恒子「…正直すいませんでした」

咏「………」モヤモヤ



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:28:07.34 ID:7Mb8st70O
えり「…では、打ち合わせどおりに」

健夜「うん。…針生アナ」

えり「じゃあ、いきますよ。…小鍛治プロ」

カチッ

えり「3日目、2回戦の第4試合、まもなく先鋒戦です!」

――――

咏「……なんか、…わかんねーなー」

恒子「なにが?」

咏「テレビからえりちゃんの声が聞こえる」

咏「…いつもは隣にいるのに」

恒子「あー…」

咏「………」

恒子(…こう見てると、三尋木プロって)

恒子(私なんかより“女のコ”だよね)



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:43:50.85 ID:7Mb8st70O
えり「…さぁ、聴牌しました!赤五萬を切ってリーチをかけるでしょうか!」

健夜「これなら十分点数も取れますし、慎重にダマでも良いでしょうね」

――――

視聴者「なんか、安心して聞けるね」

視聴者「針生アナの実況は選手の目線でやって、小鍛治プロがそれを優しく解説。…先生みたいだ」

視聴者「すごく、わかりやすいね、色んな意味で」

咏「」ドンッドンッ

恒子「三尋木プロ!ほら、えっと、先生と生徒は結ばれないから!!」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 12:50:03.68 ID:7Mb8st70O
………………

えり「試合終了ーっ!」

健夜「…ふー…」

えり「お疲れ様でした」

健夜「お疲れ様。…特にトラブルもなく、終わったね」

えり「ええ。…小鍛治プロが言っていた選手、凄かったですね」

健夜「そうだね。役満和了って、逆転。なんだかこっちまでワクワクした」

えり「なんだか…充実感、ありますね。下準備を使いきったな、みたいな」

健夜「それ、わかる!真っ当したなって」

えり「…ありがとうございました」ニコッ

健夜「こちらこそ」ニコッ



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 13:02:35.69 ID:7Mb8st70O
健夜「……あれ?」

えり「…どうしたんですか、二人とも」

恒子「あ、うん。…お帰りなさーい」

健夜「ただいま……咏ちゃん?」

咏「あー……お帰りー」フリフリ

えり「ええ。…どうしたんですか」

咏「……知らんし」

えり「?」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 13:12:13.50 ID:7Mb8st70O
咏「あーもーだめ、えりちゃん、おんぶー」

えり「何言ってるんですか。行きますよ。今日はもう仕事終わりましたから」

咏「晩ごはんなにー?」

えり「何が良いですか」

健夜「いいなぁ、咏ちゃん。晩ごはんはえりさんの手料理?」

えり「へっへっへ、いーでしょー」

恒子(……これは……)


A.恒子「私たちも針生さんの手料理食べたいなー」

B.恒子(…いや、さすがに無理だろうな)


>>156さん選んで



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 13:14:10.98 ID:eKUbWv7o0
A


158::2012/08/10(金) 13:18:25.75 ID:7Mb8st70O
恒子「私たちも針生さんの手料理食べたいなー」

えり「えっ…」

恒子「食べたいな~」チラッチラッ

健夜「こーこちゃん、図々しいよ?」

恒子「なぁ~」チラッチラッ

咏(…む、視線。アイコンタクト?知らんけど)

咏(なにか意味があるの?…わっかんねー)



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 15:24:07.83 ID:7Mb8st70O
咏「……じゃーさ、うち、来る?知らんけど」

恒子「ま、マジですかー!?」

えり「う、咏さん!?」

咏「わっかんねーけど、いーんじゃね~かなー」

健夜「い、いいの?」

咏「オーケーオーケー、ね、えりちゃん」

えり「…まぁ、いいですけど…」

えり(材料はいつも通り有り余ってるし…)

えり「じゃあ、何が良いか考えて置いてくださいね?」

恒子・咏「「は~い!」」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 15:32:00.28 ID:7Mb8st70O
健夜「ご、ごめんね?」

えり「いいえ、大丈夫ですよ」

健夜「そうかな…」

健夜「…咏ちゃん、あんまり大丈夫そうじゃない気がする…」ボソッ

えり「はい?今、何か…」

健夜「う、うぅん!なんでもない!」

健夜(…そういえば、咏ちゃんに前、恋愛相談をされたとき…)

健夜(…『えりさんは恋愛にとてつもなくニブい』って言ってた気がする…)ジー

健夜(咏ちゃんとそういう関係になっても…?)

えり「?」

健夜(……わかってない、みたいだね)



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 15:36:29.82 ID:7Mb8st70O
咏「ふくよんふくよん、どーゆことさね」コソコソ

恒子「うむ。これは一大チャンスなのではなかろーか」ヒソヒソ

咏「む?」

恒子「もうね、徹底的にやろう。ここまで来たんだし」

咏「?」

恒子「私たちが凹んでるのは、仲良しオーラが完全にすこえりペアに負けてるから!」

咏「すこえ……」

恒子「だから、もっとイチャつこう」

咏「イチャ……」

恒子「だってほらご覧下さいよ!」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 15:44:02.63 ID:7Mb8st70O
健夜「まさか、ついさっきした約束が、もう果たされるなんてね」

えり「ああ、お昼の」

健夜「楽しみだなぁ~えりさんの手料理」

えり「そんなに大それたものでは…」

健夜「うぅん、咏ちゃんが誉めてたじゃん!期待しちゃうよ」

えり「うぅん、ハードルが…」
健夜「何かな~?」


恒子「あの仲良しオーラ丸出しな感じ!」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 15:50:06.41 ID:7Mb8st70O
咏「……ああ」

恒子「彼女の手料理を初めて食べる彼氏かと!」

咏「そんなに!?知らんけど」
恒子「そんくらいのエンカウント率ですよー、仲良し度、105%…!」

咏「うは、バイオレンス感ありすぎじゃね?」

恒子「だから、我々も怨みがましく見てるわけにもいかないでしょう!」

咏「お、おお…」

恒子「頑張りますよ!」

咏「おーっ」


えり「……仲、良いですよね」

健夜「気兼ねない友達ってあんな感じなんだろーねー」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 15:58:26.39 ID:7Mb8st70O
えり「咏さん、福与さん。なにが食べたいか決まりました?」
咏「あ、そっか。忘れてた」

えり「もう…」

咏「なにがいい?」

恒子「んー…すこやんは何かあるー?」

健夜「え?えっと…どうしようかな…」

恒子「何かあるなら言っちゃいなよー」

健夜「……グラタン、かも」



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:04:07.22 ID:7Mb8st70O
咏「グラタン…?」

健夜「うん…今日お昼に食べたとき、咏ちゃんがとっても美味しいって言ってたから…」

恒子「ほうほう、たしかに気になる~」

咏「じゃ、決定~」

えり「そうなると…ちょっと買い物してからでも良いですか?」

えり「チーズ、切らしてた筈なので…」

恒子「ついでに、色々買って行きません?」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:06:15.43 ID:7Mb8st70O
恒子「女4人揃って、パァーッとね!」

咏「おー!今日の成功祝い?」

恒子「そうそう!そんな感じ!」

咏「そんじゃーみんな泊まってけー!」

健夜「えぇぇぇえっ!?」

えり(全体的に材料買い足した方がいいかな…)ハァ



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:11:22.37 ID:7Mb8st70O
三尋木宅

恒子「広っ!でかっ!すげっ!」

健夜「さすが咏ちゃん…」

えり(…これは冷凍庫、これは野菜室……うわぁ、チューハイたくさん…)

恒子「ソファーふっかふかじゃないですか!」モフッ

健夜「こーこちゃん!」

咏「い~ってことよ~」フリフリ

咏「ちなみにこのボタン押すとスクリーン出てくる!」

恒子「すげぇ!!」



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:18:31.72 ID:7Mb8st70O
恒子「テレビもデカイのにスクリーンあるとか!」

咏「スクリーンあんま使わないけどねぃ~」

恒子「うわー勿体無い」

咏「ちなみにふくよんにオススメされたあの恋愛映画、これで見たんよ」

恒子「マジですか!?…ちなみに感想は」

咏「大迫力!いろんな意味で!」

恒子「結構キワドイシーンありますからね~」

咏「顔真っ赤にして俯いてるえりちゃんが可愛かったから良いんだけどねぃ~」

恒子「……ほほぅ」ゴクリ

咏「……やんねーぜ?」

恒子「ですよね~」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:30:22.51 ID:7Mb8st70O
えり「…なにを騒いでいるんでしょうね、あの人たちは」

健夜「楽しいんだよ。こんなこと、滅多にしないからね」

えり「はぁ……。あ、お風呂のスイッチいれておかないと…」
えり「あとは、これを……」

健夜「……えりさんってさ」

えり「はい?」

健夜「良いお嫁さんになれるよね」

えり「……な、なんですか。急に」

健夜「そう思っただけ」

えり「…………///」

健夜「あ、照れてる?」

えり「照れてないです」

健夜「ふふふ…」クスクス



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:37:54.53 ID:7Mb8st70O
えり「さて……と、咏さ……」

恒子「ワイワイ」

咏「キャッキャッ」

えり「……健夜さん」

健夜「ん?」

えり「エプロンのリボン、結んで貰えます?」

健夜「はーい、…っと、いいよ」

えり「どうも」

健夜「…エプロン似合うね」

えり「…あなたもですか…」

健夜「え?」

えり「咏さんにも同じこと言われたので」

健夜「うん、凄くしっくりくるもん」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:40:31.54 ID:7Mb8st70O
えり「…そんなに、でしょうか」

恒子「うんうん、天性の嫁属性ってやつだねぃ」

健夜「うわッ!?いつの間に、って、ええっ!?」

恒子「ん~?」

健夜「もうお酒開けたの!?」

恒子「飲むぞー!」

咏「おー!」

えり「………はぁ」アタマカカエ

健夜「…ごめんね」

えり「…大丈夫ですよ」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:46:19.09 ID:7Mb8st70O
えり「健夜さん?福与さんの…」

恒子「やぁめてくださいよ~福与さんなんてぇ~!こーこでいーです、こーこっ」

えり「………」イラッ

健夜「…えっと、なにかな?」

えり「…彼女はアルコールに耐性があるのか聞こうと思ったんですが」

恒子「うったちゃーん!」

咏「ほーいふっくよーん!」

えり「…あんまりないみたいですね」

健夜「…弱いくせに飲んじゃうから…」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 16:54:04.48 ID:7Mb8st70O
えり「その場合は……」

健夜「どうしたの?」

えり「いえ、時間がかかりそうなので、先にお風呂に入って貰おうと思っていたんですが…」

えり「酔っ払いを入れるのはちょっと…」

健夜「あ、そういえばパジャマ…!」

えり「それは私のを貸しましょう。健夜さんは私より小柄ですから、大丈夫だと思います」

健夜「…ごめんね、ありがとう」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:03:58.16 ID:7Mb8st70O
えり「…さて、福与さんをどうにかしますか」

恒子「やっふーぅ!」キャッキャッ

健夜「こーこちゃーん、大丈夫?」

恒子「ん~?」ポワポワ

えり「福与さん、お風r」

恒子「しゃぁらぁっっぷ!」ビシッ

えり「はい?」

恒子「こ・う・こ♪ ね?」ウィンクッ

えり「………」イラッ



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:08:04.80 ID:7Mb8st70O
えり「…はぁ。恒子さん?」

恒子「なぁにーえりり~ん♪」

えり「え、えりり……」

咏「てんめー調子乗ってんなー知らんけど~」

恒子「いーじゃんえりりん~」

咏「まぁねぃ~」

恒子「えりり~ん」

咏「えりり~ん」

えり「…………」イラッ

健夜「……え、えりりーん…」

えり「あなたまで!?」

健夜「ごめん、なんとなく」



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:12:31.07 ID:7Mb8st70O
えり「ああ、もう……ふく、……恒子さん?」

恒子「はーいこーこでぃす♪」

えり「…………」アタマカカエ

えり(落ち着いて、相手は酔っ払い…酔っ払い…!)ズキズキ

えり「…お風呂入れますか」

恒子「ん~………」

恒子「…………」ピーン

恒子「ねーねーえりりん、一つお願いがあるんだけど~」

えり「……なんでしょう」ズキズキ



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:16:08.67 ID:7Mb8st70O
恒子「ご飯にする?お風呂にする?それとも、わ・た・し?」

恒子「ってやつやってほしいな~」

えり「……はぁッ!?」

咏「あー見たい超みたい!!」
えり「やりませんよ!?そんなの!」

えり「健夜さんからもなにか……」

健夜「…んきゅ?」

えり「…………」

咏「すこやんったらチューハイコップ1杯でこんなだもんねぃ~」ケラケラ

えり「…………」ズキズキ



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:20:29.01 ID:7Mb8st70O
えり「い・い・か・ら!お風呂入っちゃってくださいよ!!」

恒子「や~~ん、やってやって~」

えり「子どもですか!?」

咏「やってやって~!」

えり「あなたまでっ!」

健夜「やってー」ヘラヘラ

えり「ああああああもおおおおおお!!!」

恒子「ねーねーえりりーん」

咏「えりりーん」

健夜「えり、りん?」ポヤポヤ

えり「…………」

えり(…平常心、平常心…)ズキズキ



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:24:45.18 ID:7Mb8st70O
えり(相手は酔っ払い…相手は、酔っ払い……!)

えり(全体的に精神年齢が下がっただけ、それなら……!)

えり「………よし」フゥ

えり「……恒子ちゃん?」

恒子「んゅ~~?」

えり「我が侭言っちゃダメですよ。ね?」メッ

恒子「ん~~」

えり「健夜さ……健夜ちゃんも!ほら、ちゃんと座って。立てます?」

健夜「ふぁーい」

えり「…咏…ちゃん、も、ほら……」

咏「いや知らんし」

えり「」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:25:59.85 ID:aJZqWg7R0
おおう・・・


216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:31:11.44 ID:7Mb8st70O
咏「ほっほっほ」ニヤニヤ

えり(……この人は……お酒強いんだった……!)

咏「なになに?『我が侭言っちゃダメですよ』?メッて?」ニヤニヤ

えり「……~~!!」

咏「いや~えりちゃん面倒見いいね~」ニヤニヤ

えり「……ぅ……」

咏「でさーやってよーさっきのー」フリフリ

咏「ご飯にする?お風呂にする?ってやつ~」

えり「やりませんっ!」

恒子「えぇ~いけずぅ~」

健夜「見たいなぁ…」ジー

えり「やっと…落ち着いたのに…!!」ガクッ



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:37:20.18 ID:7Mb8st70O
恒子「だってさー、エプロン+えりりん+夜=ご飯にする?お風呂にする?それとも…」

咏「わ」

健夜「たー」

恒子「しっ♪」

恒子「でしょぉ!?」

えり「知りませんよ!!」



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:40:09.26 ID:7Mb8st70O
恒子「いーのー!やってー!やんなきゃ入んないー!」

えり「………」ズキズキ

咏「えりりーん♪」

えり「…………」ズキズキ

健夜「…みたいなぁ…」ジー

えり「あーーもおおお!わかりましたよやればいいんでしょうやればっ!!」

恒子「」ニヤリ

咏「」ニヤリ

健夜「…見たいなぁ…」ジー

えり「……………あ」

えり(……しまった……)サァァ



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 17:48:28.11 ID:7Mb8st70O
えり「……あの、」

恒子「あ、最初に笑顔で“おかえりなさい”をつけて?」

えり「ちょッ!?」

咏「早くやらないとふくよんはどんどんセリフ増やしていくよー?」ニヤニヤ

健夜「…見たいなぁ…」ジー

えり「……わかり、ましたよ……」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:02:07.58 ID:7Mb8st70O
えり「…………」シンコキュウ

えり「……く……ッ///」

えり「………」

えり「…おかえり、なさい」ニコッ

えり「ご飯にしますか?お風呂にしますか?」

えり「そ、それとも、……っ」

えり「わ、……わたし…に、しますか……っ?///」

えり「…………っっ///」ギュゥッ


恒子「えりりん一択」

咏「残念、えりりんは私のだよ」

健夜「……見たいなぁ……」ジー



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:07:22.19 ID:7Mb8st70O
えり「さぁ、もう良いでしょう!?お風呂入ってきてください」

恒子「残念、私が選んだのはえりりんで」

えり「…恒 子 さ ん ?」ニッコリ

恒子「………お風呂にします」

咏「弱いねぇふくよんは!」

えり「あなたもです、咏さん」

咏「へ?」

えり「酔っ払いだけいれるのは不安ですからね」

咏「おいおい、なにを」

えり「ねぇ、咏さん?」

咏「でm」

えり「…………」ニッコリ

咏「…………あい」

咏(……久々に見たよ、本気の目)ガクブル



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:13:42.28 ID:7Mb8st70O
えり「……さて。やっと落ち着いた……」ハァ

健夜「…………」ジー

えり「…あ………」

えり(健夜さんも酔ってるんだった…)

えり「…健夜さん?お水、飲みます?」

健夜「んー…いらないー…」

えり「じゃあ、すこし横になっててください。ソファでいいですから」

健夜「…ん…」ポテッ

健夜「…すぅ……すぅ…」

えり「…さて」

えり(晩ごはん、作っちゃおっと)



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:23:52.90 ID:7Mb8st70O
えり「……~♪」

えり(あとはオーブンで焼けば…20分くらいでできるかな)

えり(それと、ポテトサラダを……)

えり(……そういえば、お風呂の二人、遅いな)

――――――

恒子「いやー、良いお湯ですなー♪」

咏「酔い、さめたかい?」

恒子「さめましたともーすみません」

咏「良いもの見れたしいーんよー知らんけどー」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:28:34.90 ID:7Mb8st70O
恒子「たしかに…良いもの見れましたなぁ」ニヨニヨ

咏「やらないぜ?」

恒子「えーたまーに貸してくださいよ」

咏「ないない、三尋木家専用だから」

恒子「あちゃーすでに三尋木えりだったかー」

咏「いいねぇ三尋木えり!すっげーいい!」

恒子「…しかし三尋木プロ」

咏「もー咏でいいさねー、敬語もなしなし」

恒子「じゃー咏っちー」

咏「…新しいねぃ」

恒子「うたたん?」

咏「あっはは!うたたん!」

恒子「良い感じじゃない?うたたんとえりりん」

咏「いいねぇ~最高!」



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:36:31.98 ID:7Mb8st70O
恒子「で、咏ちゃんってさー」

咏「そこに落ち着くかー」

恒子「ほっそいよねーほんと!小柄だし」

咏「はっはっはーそういうふくよんはイイもん持ってるねぃ~」

恒子「そうさなぁ…」

咏「すこやんはどーなのさ」

恒子「控えめ、って感じ」

咏「あー見たまんまだねぃ、知らんけど」

恒子「じゃ、針生さんは?」

咏「もうえりちゃんで良いんでね?」

恒子「そうかな?」

咏「いーよ、多分。知らんけど」

恒子「して、えりさんは…?」



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:42:14.23 ID:7Mb8st70O
咏「…それがねぃ、いっつもカッチリした服着てんじゃん?」コソッ

恒子「ん。たしかに!」コソッ

恒子「…ってなんで声抑えてるの?」

咏「なんか雰囲気。よくわかんねーけど」

恒子「あーちょっとわかる。こういう話はね」

咏「おぅ。…で、だ。えりちゃんはな」

恒子「ふむ」

咏「普段はスカーフとかしてて判りにくいんだけど、実は意外と……」

恒子「ほほぅ……!」

えり「咏さーん?」

恒子・咏「!!?」ビクゥッ



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 18:55:47.95 ID:7Mb8st70O
えり「大丈夫ですか?」

咏「だっだだだだいじょぶだよ~!?」ドキドキ

恒子「おっおおおおーるおっけーっすよ~!?」ドキドキ

えり「あ、少し遅いから心配してました」

えり「晩ごはん、あと20分もあればできますからね」

咏「おっおおおぅっ!」

トントントン…

恒子・咏「「………はぁあ~…」」ホッ

恒子「ビックリしたぁ~」

咏「お~…」

恒子「………ぷっ」

咏「…っははは…!」クスクス

恒子「あっははは!もー、いーなぁこーゆーの!」

咏「だねぃ~」ケラケラ

――――



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 19:41:08.10 ID:7Mb8st70O
えり「さて、…あと、15分くらい…かな…」

えり(…健夜さん起こさないと)

えり「…健夜さん?」

健夜「…んー……にゅ…」zzZ

えり「…健夜さん、起きてください」ポンポン

健夜「…んぅ……?」

えり「健、――」

健夜「ん~」ゴロンッ

えり「ちょ、危な、……きゃ!」ドサッ



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 19:44:29.47 ID:7Mb8st70O
健夜「んぅ~……」zzZ

えり(…ソファで寝返りをうって落ちそうになった健夜さんを抱き止めたつもりが)

えり(…うまく支えられず…)
健夜「……すぅ……」zzZ

えり(…私の上で寝息をたてられても…)

えり「健夜さーん、起きてくださーい」ポンポン

健夜「…んん~…」zzZ

えり(…だめだ。無理矢理どくってのも可哀想だし…)

えり(…咏さんたちを待とう……)タメイキ



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 19:50:47.54 ID:7Mb8st70O
その頃のふくうた

恒子「ふぃ~…」

咏「ちょっと長風呂だったかねぃ~」

恒子「クラクラするー!」

咏「そーゆーときはアレだねぃ、キンッキンに冷えた飲み物をグィーッとぉ!」

恒子「いいっすね~アレ、開けちゃう?」

咏「おーぅ!」

恒子「楽しみぃ~!」



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 19:55:58.54 ID:7Mb8st70O
恒子「お、寝間着も浴衣なんだー」

咏「そそ、楽だぜぃ?」

恒子「私はえりさんに借りたパジャマーっと」

恒子「………ふむ」クンカクンカ

恒子「えりさんの匂い~♪」

咏「ばっ、てめー!」

恒子「どうよ、羨ましい?」

咏「来たことあっけどさー」

恒子「え、マジすか」

咏「ちなみにえりちゃんはこの浴衣着て寝たことあるぜぃ~?」

恒子「ほぇ~…え、でも…」

咏「あっちのが身長高いから、短いのなんの!」ニヤニヤ

恒子「おー咏ちゃん策士だな~」ニヤニヤ

咏「いやいやわざとじゃないんよ」



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:04:04.35 ID:7Mb8st70O
――――――

えり「………」

健夜「…すぅ…」zzZ

えり(…童顔……)

健夜「…ん~…?…」

えり「あ、健夜さ……」

健夜「…ん…すぅ…」ギュゥ

えり「っ!?」

えり(……抱き枕にされてしまった…)

えり(…体勢、変えられるかな?)

えり「よっ…」

健夜「んー…」ギュゥッ

えり「ぁっ…!」



271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:07:48.72 ID:7Mb8st70O
えり(…変に動くのは駄目だな…悪化した)

えり(…後ろから抱き締められてる形って…)

健夜「んー…」スリスリ

えり「ッ!?」ビクッ

健夜「…すぅ…」スリスリ

えり「ちょ、だめ、くすぐった……!」

えり「ひぁッ……んん…っ///」

えり「だめ、だ…っぁ…!…~~!!」

健夜「……すぅ…zzZ…」スリスリ


(※えりちゃんは背中が弱いです)



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:08:57.88 ID:4f2aW7l10
すこやん刺されるでこれ!


275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:16:37.69 ID:7Mb8st70O
えり「ぁ…ンン……っ///」ビクッ

健夜「…んにゅぅ~……」ホオズリ

えり「ゃ、め…!…っすこや、さぁ…ん…!」ビクッ

咏「……なに、してるの……?」

恒子「………え………?」

えり「ぁ、うた、さ……っ!…たす、け…!…んぁあ…っ///」ピクンッ

ピーッピーッピーッ

健夜「……ふぇ……?」

えり「っ……はぁ…はぁ……!///」クタッ

咏「…………」

恒子「…………」

健夜「…………」

健夜「……へ?」



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:23:26.07 ID:7Mb8st70O
恒子(…え、なにこれ)

えり「はぁ……はぁ……っ///」

恒子(えーっと、顔真っ赤にして呼吸を乱してるえりさんと)

健夜「…ん…ここ、どこ…?」

恒子(…きょとんとしてるすこやん…)

恒子「…事後?」

咏「!?」

健夜「じ……? なんの?」

えり「違いますっ!」



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:29:26.31 ID:7Mb8st70O
えり「……はぁ……もう…」

咏「…とりあえずさ、説明してもらえるかなー?」

恒子「そーだよーなにが何やら…すこやんまさか、」

健夜「へ?」

恒子「浮気!?」

健夜「なに言ってるの!?」

咏「…わっかんねー…何があったの…えりちゃん?」

えり「」ゾクッ

えり「…と、とりあえず…咏さんたちが何を考えているかは知りませんが…」

えり「やましいことは、なにも…」

咏「やましいことって何」

えり「だから…」

咏「…………」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:30:43.71 ID:wIZXw5AL0
修羅場きましたわー


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:34:56.90 ID:7Mb8st70O
えり「…晩ごはんの準備がそろそろできそうだから、健夜さんを起こしにいったんですよ」

咏「それで」

えり「寝返りをうった健夜さんを支えようとしたら失敗しまして、そのまま私の上に健夜さんが」

健夜「えっ!?」

恒子「すこやん、シー」

咏「………」

えり「…それで、抱き枕にされたと言いますか…無理に起こすのも悪いので…」

えり「それで、あんな風に」



283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:43:14.36 ID:7Mb8st70O
咏「…声は」

えり「はい?」

咏「…えりちゃん、喘いでた」

えり「ちょッ」カァァ

えり「…そ、それは……」

咏「……」クイッ

えり「…?」

咏「…耳貸して」

えり「は、はい…」

咏「…背中刺激されて、感じちゃった?」ボソッ

えり「―――ッ!!」

咏「……ふぅん、そっか……」

えり「…あ、の…咏さん…」

咏「あーあ、お腹空いたー!」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:46:34.63 ID:7Mb8st70O
えり「は……」

咏「ご飯食べよー、ごはんっ!さっきから良い匂いするー」

えり「は、はい、準備しますね」

健夜「……え、えっと……咏ちゃん…?」

咏「んー?」

健夜「ご、ごめんね?私、寝ぼけてなんか…」

咏「あー大丈夫大丈夫、すこやんは何もしてないよ~知らんけど~」

健夜「そ、そう…?もとはと言えば…」

咏「いーのいーの」

健夜「…………」



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:53:30.37 ID:7Mb8st70O
恒子「…すこやん…」

健夜「あ…こーこちゃん…」

恒子「今の話、マジ?」

健夜「え?えっと、多分?私寝てたから…」

恒子「実は起きてて、わざとえりさん襲ってたわけじゃない!?」

健夜「違うよ!?」

恒子「……よかった」ホッ



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:56:03.92 ID:7Mb8st70O
えり「あの、福与さ……」

恒子「あれーさっきまで恒子と呼んでくれてたのに戻しちゃったのー?」

えり「…覚えていましたか」

恒子「えーもーバッチリ」

恒子「えりさんの『おかえりなさい』も…」

えり「忘れてください!!」

咏「えりちゃーん、割り箸どこだっけー?」

えり「あ、はい、この引き出しの…」

恒子「…あれ、ここ咏ちゃんの家じゃないの」

健夜「…野暮だよ、こーこちゃん」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:02:46.59 ID:7Mb8st70O
恒子「てか、えっ!?なにこれっ!」

えり「…グラタン、ですが」

恒子「めっちゃめちゃ美味しそう!」

健夜「わぁ…良い匂い」

えり「口に合うと良いんですが…」

恒子「うっひゃーポテトサラダもクオリティ高いなぁ!」

咏「食べよ、食べよ!」

えり「…なんだか、緊張しますね」

恒子「ではっ」

「「「「いただきますっ!」」」」



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:10:58.28 ID:7Mb8st70O
恒子「~~!美味い!すげぇ美味い!」ムシャコラ

健夜「咏ちゃんが言ってた通り、昼に食べたやつより美味しい…!」モグモグ

咏「えりちゃん、腕あげたねぃ!前に食べたときよりレベル高いわ~!」

えり「…よかった」ホッ

健夜「さすが、料理好きと言うだけあるね~」

えり「いえ…それは最近なんですよ?」

恒子「?」



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:16:42.49 ID:7Mb8st70O
えり「前までは、作れるだけで別に料理が好きというわけではなかったですね」

恒子「ほほー…じゃあ、なにがきっかけで?」

えり「…誰かのために作って、その人が幸せそうに食べてくれるから…」

えり「それが、きっかけでしょうか」

恒子「………」

健夜「………」

咏「………」

えり「…え、っと…何か変なこと言いました?」

恒子「…愛されてるね~」

健夜「いいなぁ、こんなに美味しいの、毎日なんて」

咏「………///」



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:23:22.61 ID:4f2aW7l10
これは顔真っ赤な咏ちゃんが


302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:31:03.22 ID:7Mb8st70O
恒子「ごちそーさまでした!」

健夜「美味しかった~」

咏「~♪」ポンポン

えり「お粗末様でした」ペコ

えり「じゃあ、健夜さん。お風呂入ってきちゃってください。私はその間に後片付けを…」

健夜「え、じゃあ一緒に……」

A.恒子「待ったー!」
→ご馳走して貰ったし片付けは私たちが!ね、咏ちゃん?

B.健夜「…ん、わかった」
→さっきのことがあったし、あんまり一緒にいると…

>>304さん、お選びください



304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:32:14.46 ID:hdaP0dZ+0
A


307::2012/08/10(金) 21:40:34.18 ID:7Mb8st70O
恒子「待ったー!」

えり「え?」

恒子「せっかくご馳走して貰ったし、後片付けは私と咏ちゃんで!」

咏「お、おお?」

恒子「ね?」

咏「…よくわかんねーけどおー!」

恒子「ってことでえりさんは休んでてっ」

えり「は、はい…じゃあ、お願いします」

健夜「…じゃあ、私はお風呂借りるね」

えり「ええ」

えり「…………」

えり(…やることが、なくなっちゃった…)



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:45:16.02 ID:7Mb8st70O
えり「………」チラッ

恒子「じゃー私がお皿洗うんで、咏ちゃんは拭いて片付けお願い」

咏「おーし」

えり(……大丈夫そう、かな)

えり「…んっ…」ノビー

えり(……今日は疲れた……特に酔っ払い…)

えり(…………)ウト…



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 21:54:25.54 ID:7Mb8st70O
お風呂

健夜「…はぁ…」チャポン

健夜「…お風呂も広い」

健夜(…あんな咏ちゃん、初めて見た)

健夜「…………」

咏『…声は』

咏『…えりちゃん、喘いでた』
えり『…そ、それは……』

健夜「……………」

健夜「…私、えりさんになにしたんだろ…///」ブクブク…



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:05:42.78 ID:7Mb8st70O
えり(……ん……)

えり(…ちょっと、寝ちゃってた…?)ゴシ

えり(…えっと…今…)

恒子「1番福与恒子!歌いまーす!」

咏「ひゅーひゅー!」

えり(………)

えり「……ってまた飲んでる!?」

咏「あーえりちゃんおはー」

恒子「♪きみはかわいーいぼくの黒ネーコ」

えり「なんでまた飲んでるんですか!?」

咏「知らんし~」



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:12:34.19 ID:7Mb8st70O
健夜「あがりましたー……」

えり「知らんしーじゃないですよ!またですか!?」

咏「楽しいからいんじゃね~?知らんけど」

恒子「♪あとで泣いても知らな・い・よ~ 黒ネコのタンゴ~」

健夜「………うわぁい、なにこの惨状」

えり「…健夜さん…」

健夜「えりさん…」

えり「…すみません、お風呂入ってきますね」

健夜「えっ」

えり「では…」

健夜「…………」

恒子「♪僕の恋人は黒いネコ~」

咏「ひゅー!ウマイねー!」

健夜「……お……」

健夜「置き去りにして行かないでぇぇ!?」



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:18:47.23 ID:7Mb8st70O
お風呂

えり「……ふぅ……」チャポン

えり(やっと、ゆっくりできる…)

えり(…ずいぶん、疲れてたんだな…)

えり(ペアチェンジは明日まで…か…)

えり(…やりやすいんだけどな…)

えり(…でも…)

えり(……………)

チャポン…

―――――

恒子「さーさ飲めや歌えーっ!」

健夜「えりさん早く出てきてぇぇぇ!!」



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:25:49.21 ID:7Mb8st70O
えり「あがりまし―――」

健夜「3番小鍛治健夜!歌いまーす♪」

恒子「やっほーぃすっこにゃーん!」

咏「すっこにゃーん!」

健夜「にゃーん♪」

えり「―――あぁ……」ガクリ

健夜「…あ、えりさんだー」

恒子「おっ来たねー?」

えり「…その耳はどこから…」

健夜「しっぽもあるよ♪」

えり「聞いてないですッ!」

恒子「ちなみに私うさぎ~」

咏「犬だね、知らんけど」

えり「あああああああもおおおおおおお!!!」



324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:32:55.52 ID:7Mb8st70O
咏「ま、ま。飲む?」

えり「…飲みます…ヤケですよ、もう」トクトク

えり「あの二人は明日も仕事だってのに大丈夫なんでしょうか…」ゴクッ

咏「まーまー、そろそろなんじゃないかなー。知らんけど」

えり「そろそろ?」

………………

恒子「…すぅ…くかー…」zzZ

健夜「ん…すぅ…すぅ…」zzZ

咏「あんだけ飲んだり騒いだりしたらねー」

えり「…はぁ…毛布持ってきますね」



327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:42:08.35 ID:7Mb8st70O
えり「…これで、風邪ひくとはないと思いますけど…」

咏「お疲れぃ」フリフリ

えり「…あなたはまだ酔いませんね」

咏「んー?ちょこっと酔ってるよ、ちょこっと」

えり「ちょこっと…」

咏「そういうえりちゃんこそ」

えり「…私も酔ってますよ。少し」

咏「そーなん?そんだけしか飲んでないのに」

えり「…弱いですから。お酒。ちょっと、ふわふわする程度には酔ってます」

咏「ふ~ん…」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:45:43.47 ID:7Mb8st70O
えり「…私たちも、休みましょうか」

咏「…そう?」

えり「明日も仕事です」


A.咏「…そうだねぃ」
→なにもなく

B.咏「…夜はまだこれからだぜ?」
→エロルート

>>334まで多数決~



330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:45:54.00 ID:XFe88Zgs0
A


331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:46:03.63 ID:hE/FwXtk0
A


332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:46:23.65 ID:y/fvIPyi0
A


333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:47:04.71 ID:euLlDNUA0
A


334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:47:06.73 ID:UFccKmjJO
A


336::2012/08/10(金) 22:52:11.46 ID:7Mb8st70O
咏「…そうだねぃ」

えり「では、」

咏「ねぇ、えりちゃん」

えり「はい?」

咏「………」チュ

えり「んっ……、!?」

咏「…チュ、…れロ、…チュ…んん」

えり「ん、…は、…ッッ…!」

咏「……」ツゥ

えり「うたさんっ!?二人が起きたら…」

咏「布団入ろ、えりちゃん」

えり「…咏さん…?」

咏「…………」



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 22:55:00.02 ID:wIZXw5AL0
やはりみなさんわかっていらっしゃる


339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:02:15.66 ID:7Mb8st70O
…………


健夜「…ん…」

健夜「…あたま…いたい…」

恒子「…すかー…すかー…」zzZ

健夜「………あれッ!?」

健夜「………」オソルオソル

健夜「…………っ……!?」

えり「あ、おはようござ」

健夜「はぅっ!?」

えり「…え、えっと、なにか?」

健夜「…えっと…どこから聞いたら良いやら……」

健夜「……とりあえず……」

健夜「…なんで私、猫耳つけて寝てるの…?」

えり(最初の質問がそこかー…)



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:08:38.39 ID:7Mb8st70O
健夜「…あたま…いたい…」

恒子「うぅ…気分悪い……」

えり「完全に二日酔いです」

咏「おっはよー!なになに、みんな暗いねぃ」フリフリ

恒子「うわぁ…一番飲んでたのに」

咏「ん~?」スッキリ

えり「…どうぞ、二日酔いに効きますから」

恒子「ありがと…です…」

健夜「ありがとー…」

えり「朝ごはんは軽めにしましょう。パンと、フルーツでも切りましょうか」

恒子「さっすがー天性の嫁属性あるだけある~…」

えり「はいはい、座っててください」



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:15:20.81 ID:7Mb8st70O
健夜「えりさん、頼りになるねぇ…」

咏「あげないよ?」

健夜「いやいや」

恒子「もうすでに“三尋木えり”らしいよ」

咏「そゆこと」

恒子「残念だったね、すこやん」

健夜「私が考えたこともないようなこと前提に話進めないでくれるかな!?」



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:16:36.92 ID:7Mb8st70O

チンッ

えり「パン、焼けましたよ。ジャムかバターは?」

健夜「あ、ジャムほしいな…」

恒子「私も~」

えり「はい、どうぞ。はい、咏さんはこれ」

恒子「…なんですか、この黒いの」

咏「ベジマイト。大人の味だぜぃ?」



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:22:42.93 ID:7Mb8st70O
えり「フルーツは、リンゴとモモのどちらかですが」

咏「りんごー」

恒子「もなずくー」

健夜「うん、ありがとう」

えり「リンゴですね」シュル…

えり「………」シャッシャッ

えり「…………」ウサギリンゴー

えり「…よし」ニコッ

咏「こういうえりちゃん見ると和む」

恒子「すごいわかる」

健夜「可愛いね」

恒子・咏「…………」

健夜「え、なに!?」



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:31:15.08 ID:7Mb8st70O
恒子「ん~…!」ノビー

恒子「本日も快晴なり!」

健夜「ペアチェンジ、今日で最後だったね」

咏「えッ!?」

恒子「うそッ!?」

えり「…本当ですよ」

恒子「当初の目的何一つ果たせてないよ」コソコソ

咏「…そーだねぃ…」ヒソヒソ

恒子「それどころか…」チラッ

えり「寂しくなりますね」

健夜「うん…すごくやり易いのに」

えり「ええ…」

恒子・咏「「…………」」

恒子「めちゃくちゃ仲良しだし…」

咏「……………」モヤモヤ



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:38:53.97 ID:7Mb8st70O
えり「今日も、午前中は三尋木プロと福与アナですね」

健夜「で、午後が私たち…」

恒子「…よし!」

咏「じゃ、行ってくるねぃ」

えり「ええ。頑張ってくださいね」

健夜「行ってらっしゃーい」

えり「………」

健夜「………」

えり「…何飲みます?」

健夜「えりさんにおまかせ」

店員「ご注文は?」

えり「…今日は、アールグレイで」

店員「畏まりました」



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:44:37.36 ID:7Mb8st70O
健夜「この前のとは違うの?」

えり「ええ。ダージリンと比べるとクセがあって、好みがわかれる紅茶です。私は好きですが」

健夜「へぇ…」

えり「…今日は、そういう気分だったので」

恒子『試合開始ーッ!』

健夜「あ、始まった……」

えり「…もう、また知らんしって…」

健夜「あー、書類に書いてあったのに、また忘れてるんだから」

えり「………」

健夜「………」

店員「お待たせ致しましたー」

健夜「あ、」

えり「どうも」



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 23:53:11.08 ID:7Mb8st70O
えり「……」カチャ

健夜「………」

えり「お砂糖やミルクは?」

健夜「あ、まずはストレートで」

えり「…じゃあ、私も」

健夜「良い香り…結構甘いね」

えり「そうかも知れませんね」

健夜「色、昨日のよりも赤っぽいね…」コクッ

健夜「…ん、なるほど。ちょっとわかった」

えり「お口に合いませんでした?」

健夜「うぅん、これはこれで、好きかも」

えり「……」コクッ

健夜「…ミルク、入れてみようかな」



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:00:44.81 ID:UDQl1L7sO
えり「どうぞ」

健夜「ありがとう」カチャ

健夜「…」コクッ

えり「………」

健夜「…ミルク入れるだけでも、結構飲みやすくなるんだね」

えり「そう、ですね」

恒子『親番で四暗刻を聴牌ーッ!』

咏『うは、あの子掴まされたねー。知らんけど』

健夜「………」

えり「………」



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:10:30.68 ID:UDQl1L7sO
健夜「…楽しそう、だなぁ…」

えり「……ええ」

健夜「仲、良いよね。あの二人」

えり「かなり、ですね」

健夜「………」

えり「………」

健夜「…らしくないなぁ…」

えり「…本当に」

健夜「……えりさん、クールだね」

えり「そう、ですか?」

健夜「不安…じゃないの?」

えり「…たまに。でも…」



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:12:07.23 ID:UDQl1L7sO
えり「でも……信じてますから」

健夜「……うん……」

恒子『試合終了ーッ!』

健夜「…そうだね」ニコッ

えり「………」ニコッ

健夜「…さて、と」

健夜「一応、復習しておこっか」

えり「ええ」



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:19:00.46 ID:UDQl1L7sO
恒子「たっだいま~」

咏「ただいま~」フリフリ

健夜「おかえり」

えり「お疲れ様です」

恒子「このあとどーする?またお昼、食べてく?」

健夜「あ……」

えり「あの、私はちょっと…もう一度資料の確認を」

健夜「私も……」

恒子「えーそーなのー?」

咏「………」

恒子「じゃ、二人で行きましょっか」

咏「…うん」



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:26:21.02 ID:UDQl1L7sO
恒子「どしたの?調子悪い?いまさら二日酔い?」

咏「…うー…」モヤモヤ

恒子「……もう、ご飯は食べないと心配されちゃうよー?」

恒子「……恋の病ってやつかー」

咏「あーわっかんねー…」モヤモヤ

恒子「こればっかりはどーすることもなぁー」

咏「なんとかしてよーふくよーん」

恒子「むりむり」

恒子「そーゆーのは自分で解決しないとスッキリしないって」

咏「……~~~」モヤモヤ



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:26:39.02 ID:IObBjItv0
さてどうなる


369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:34:03.10 ID:UDQl1L7sO
えり『試合開始です!』

………………

恒子「うーん、いいねぇ。すこやんらしい」

咏「…えりちゃんらしい」

恒子「二人ともさ、まっすぐだよね。良い意味でさ」

恒子「種類が違ってても、向いてる方向は同じ、みたいな」

咏「…うん」

恒子「…あたしたちのはさー、その矢印がグネグネしてるだけだと思うんだよねー」

咏「…?」



370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:39:58.23 ID:UDQl1L7sO
恒子「すこやんとえりさんはさ、まっすぐだから。ピッタリだけど絡みあわないんだよ」

恒子「でも私たちは、まっすぐなんてできない人間なわけさー」

恒子「…でも、だから」

恒子「まっすぐの人とも絡みあえるんじゃないかなーって」

恒子「その線と線がぶつかった点が、向きとか、形とかより大事なんじゃないかな」

恒子「…なんて、考えてしまうのさ」

咏「…ふくよん」



372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:45:45.10 ID:UDQl1L7sO
咏「…よくわかんねーけど、すげー」

恒子「片思い歴は私の方が上だからなー」

咏「…………」

えり『試合、終了ー!』

咏「…よくわかんねーけど、さ」

咏「とりあえず、行ってくるわ」

恒子「どこに?」

咏「いや知らんし」

恒子「気をつけてー」

咏「んー」

恒子「……あー、語りすぎて肩凝ったー」

恒子「…帰ったらすこやんは肩もみの刑だな、こりゃ」

恒子「えらそーに言ったけどさー…だからって不安じゃないわけじゃないんだからなー」

恒子「…ニブチンどもめ」



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:50:34.64 ID:UDQl1L7sO
えり「ふぅ…」カチャ

健夜「お疲れ様」

えり「お疲れ様です」

健夜「終わっちゃったねー」

えり「そう、ですね」

健夜「スムーズでやりやすかったんだけどなぁ」

えり「たしかに。視聴者的にも大満足なのでは?」

健夜「言うね、えりさん」

えり「ふふ」

健夜「……でも」

えり「……はい」



374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 00:53:33.19 ID:UDQl1L7sO
健夜「んーと、なんて言うのかな。咏ちゃん風に言うと…」

ガチャッ!

えり「え?」

咏「はぁ…はぁ…」

健夜「咏ちゃん?」

咏「は、…あのさー、今日の実況」

咏「ヴァイオレンス感足りなくねー?」

えり「…………」

健夜「………プッ」

えり「…っ!…ズルイ、ですよ、私堪えてたのに…」クスクス

健夜「だって、あまりにもタイミングが…」クスクス



376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:04:04.44 ID:UDQl1L7sO
咏「?」

えり「気にしないでください」クスクス…

えり「…はぁ、それで、どうしたんです?」

咏「わかんねー」

えり「は?」

咏「わかんねーけど、まぁ良いじゃん」

えり「??」

咏「ねーすこやん」

健夜「ん?」

咏「場所、かわってくれん?」



377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:07:55.73 ID:UDQl1L7sO
咏「そーそー…」キィ

咏「これこれ…えりちゃん、何か喋って」

えり「はい?」

咏「いーからさ」

えり「いーからって言われましても…」

咏「そそ、いーかんじだよー」

えり「はぁ?」

咏「この椅子に座ってさー、えりちゃんの声が隣から聞こえないのって」

咏「すっげーモヤモヤするんだよねー。うん、一つ解消」

えり「は、はぁ……」



378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:13:41.30 ID:UDQl1L7sO
咏「あともーいっこ」キイッ

咏「すこやんっ!」ビシッ

健夜「へ?」

咏「しっかり見てろよ~」

健夜「う、うん…、え、何を?」

咏「んじゃ、」チラッ

えり「はい?」

咏「あーじっとしててー立ち上がんないよーに!」

えり「あ、あの…」

咏「……」ガシッ

えり「み、三尋木プロ!?ちょ、何、……ッ」

健夜「!!」

チュ

咏「…ん。」

えり「な、な、なにが、ん。ですか……ッ!?///」カァァ



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:16:47.71 ID:UDQl1L7sO
咏「酔ってなんかいろいろやってたけどー」

咏「えりちゃんは私のだからな!」ビシッ

健夜「はっ、はぁ…」

咏「……よっし」

えり「…なにが“よっし”ですか」

咏「あれーえりちゃん顔真っ赤」

えり「誰のせいだと!」

咏「知らんしー」

えり「あぁ……もう……!」

健夜「………」クス

健夜(私も、こーこちゃんのところ行こっと)


おわり



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:19:40.19 ID:8R/QthF/O
乙!


382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:20:09.81 ID:UDQl1L7sO
後日

カチャ…

えり「…………」ペラ

えり「…………」

健夜「…あれ?」

えり「…あ。健夜さん」

健夜「えりさん」ニコッ

健夜「ここ、いいかな?」

えり「どうぞ」

健夜「…ここで会うのも久しぶりだね」

えり「そうですか?1月も経ってない気が」

健夜「あれ、そうだっけ?」



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:22:53.36 ID:UDQl1L7sO
健夜「………」ジー

えり「……何か?」

健夜「これがえりさんの、優雅な休日かぁーって思ってね」

えり「ええ…。ちなみに、」

健夜「?」

えり「優雅な休日に健夜さんが来ると、有意義な休日になります」

健夜「そ、そうかな?」

えり「ええ、とても」

健夜「嬉しいな、それ」



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:26:14.90 ID:UDQl1L7sO
健夜「…そういえば、聞いた?」

えり「何をです?」

健夜「ペアチェンジ、凄く好評だったみたい」

えり「ああ、そうだったみたいですね」

健夜「またやらないかって」

えり「え……」

健夜「どうする?」

えり「…なんと言いますか…」

えり「……ん~……」

健夜「…うん、私もそんな感じ」



386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:30:39.56 ID:UDQl1L7sO
えり「たまに、なら大歓迎なんですが…」

健夜「こう、しょっちゅうであわよくば本当にチェンジ、とか」

えり「ありそうですよね。実際、聞いてる側の人間にはチェンジの方が優しかったでしょうし」

健夜「……ちょっと複雑な気持ちになるよね」

えり「……たしかに」

健夜「普段も頑張ってるんだけどなぁ~」

えり「…まぁ、私たちが頑張っても…」

健夜「それは言っちゃだめ、えりさん」



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:38:05.21 ID:UDQl1L7sO
健夜「そういえば、咏ちゃん元気?」

えり「いつも通りですね」

健夜「よかった」

えり「…まぁ、良いんでしょうけど」

健夜「ん?」

えり「やっぱり、自分勝手ですよね」

健夜「あー」

えり「昨日の夜なんか、入浴中に襲撃を受けまして」

健夜「入浴中!?」

えり「ええ…」タメイキ

健夜「…無事だったの?」

えり「う゛……まぁ…その……///」

えり「……け、軽傷、…といったところでしょうか」

健夜「…なるほどね」



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:42:18.00 ID:UDQl1L7sO
健夜「私のところもこの前さ、カメラ持ってきて」

えり「か、カメラ!?」

健夜「動画とれるやつ」

えり「う…うわぁ……」

健夜「さすがに抵抗したよ」

えり「…結果は?」

健夜「さすがにカメラは、ね」
えり「で、ですよね」ホッ

健夜「…そのぶん、ちょっと重症だったかも」

えり「…取引って、卑怯ですよね」

健夜「うんうん!」



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:02:10.33 ID:UDQl1L7sO
健夜「何回かね?優位に立とうとしたことがあるんだ」

えり「は、はぁ…」

健夜「いつのまにか、逆転。むしろ重症」

えり「な…なるほど……」

健夜「えりさんは?」

えり「え?」

健夜「優位に立とうとしたこと」

えり「あ、えと………」

えり「………む、むりですよ……」カァァ

健夜「えーっ!?」

健夜「それでいいの?やられっぱなしだよ?」

えり「そ、それは…」

えり「…私、弱点を責められると、……」

健夜「…あー、なるほど」



395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:05:02.93 ID:UDQl1L7sO
健夜「それはね、相手の弱点も見つけることができれば良いってことだよ」

えり「でも、どうやって?」

健夜「日常生活でのスキンシップだね」

えり「スキンシップ…」

健夜「偶然見つけちゃったり」

えり「な、なるほど」

健夜「…でも」

健夜「なかなかうまくいかないんだよね~…」

えり「…ですよね」タメイキ



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:10:13.40 ID:UDQl1L7sO
えり「…スキンシップ…」

健夜「うん、大事だよ」

えり「たしかに、あんまりそういうことはやっていませんね」

健夜「さりげなく、が重要といっても、難しいよね」

えり「ええ。…普段やらないから、特に」

健夜「頑張ってみて、えりさん」

えり「…ええ。頑張ってみます」

健夜「それでお互い、一度くらいは優位に立てるようになろう!」

えり「はい!」

………………



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:17:56.69 ID:UDQl1L7sO
………………

咏「…最近さ」

恒子「ん?」

咏「えりちゃんが、なんというか、やけにくっついてくるんだよね。知らんけど」

恒子「…溜まってるんじゃない?」

咏「かな~?一応今まで通りのつもりなんだけど。わっかんねーわー」

恒子「今まで通りか~ならどうだろう」

咏「つかさ、くっつくのがまた可愛いのなんの!最初躊躇するんだけど、決心した顔になって、真っ赤になりながら」

恒子「ほほぅ、でたな、ギャップ」



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:20:27.97 ID:UDQl1L7sO
咏「…で、それが意外とちょっとの接触だったりするんだけどねぃ」

恒子「ちょっとって?」

咏「ちょっとしたスキンシップくらい?」

恒子「ふーん。でもただのスキンシップではないんだ?」

咏「それはないわ~。もうそれやられるたびに襲いたくなるもん」

恒子「それほどの威力が?」

咏「いや知らんけど。とにかくヤバイ」

恒子「…あ、そうだ。これ、使ってみる気ない?」

咏「……カメラ?」

恒子「そそ。絶対盛り上がると思うんだよねー」


おわり



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:24:40.03 ID:UDQl1L7sO
すこえりに目覚めかけた
こんばんは、1です

皆様保守支援応援ありがとうございます
毛色の違った感じになっちゃったけど後日で軌道修正。
愚痴言わせるだけのつもりが下ネタ大会に。正直すみませんでした

…お、今回エロ書いてないぞ!
皆様の団結力に感服であります

それではおやすみなさい
またどこかで



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:25:48.58 ID:IObBjItv0
乙!すばらでした!


409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:31:07.43 ID:ZnLIvpKP0
おつおつ
みんなかわいかった


410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:39:19.74 ID:UDQl1L7sO
需要ないかもしれんけどスッキリしないから>>329のB書く


411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:41:02.19 ID:hcNClh1V0
需要しかないぞはよ


415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:45:51.75 ID:UDQl1L7sO
>>329から

咏「…夜はまだこれからだぜ?」

えり「何言ってるんですか、襖挟んだリビングでは恒子さんと健夜さんが」

咏「…知らんし」グイッ

えり「っ!?」ドサッ

えり「う、咏さん?本気ですか…!?」

咏「もち」

えり「うたさ………ッん、ぅ…」

咏「ちゅ…ピチャ…チゥ…」

えり「ん、ン…!…っ」ジタバタ

咏「…は、ぁ…」ツゥ

えり「っはぁ、はぁ…正気、ですか…!?」

咏「……ねぇ」

えり「」ゾクッ



419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:52:30.96 ID:UDQl1L7sO
咏「…こっちは怒ってるんだよ?」

えり「え……?」

咏「さっきの。すこやんとの」

えり「あ、あれは事故で…っ」

咏「最初何があったか知らんけど、見たときは違ったじゃん」

えり「…へ…」

咏「事故だかなんだか知らんけど、そうだったとしてもさぁ…」グイッ

えり「ぁッ…!」

咏「…すこやんで、感じてたよね?」

えり「あ……あれは……!」

咏「言い訳?」

えり「……ッッぅ……!」



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 02:57:09.77 ID:UDQl1L7sO
咏「…ねぇ、どんな感じだったの?」

えり「へ……?」

咏「ほら、背中向けて」グッ

えり「ぃッ……」

咏「…すこやんはどんな感じで攻めてたの?」スリ…

えり「ひゃ…!」

パシッ

咏「……ね、えりちゃん?」

えり(口、抑えられ…)

咏「さっき自分っで言ってたじゃん…」

咏「襖の向こうには、ふくよんとすこやんがいるよ?」

えり「……!」

咏「……声出しちゃ駄目だよ?」

咏「あんな可愛い声、他の人に聴かせるなんて、許さねーから」ツ…

えり「……ッん…!ビクッ」



423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:03:19.20 ID:UDQl1L7sO
咏「…ね、どんな感じ?」

咏「服の上から、布を優しく擦らせて…」スリ…

えり「っっ!…んっ…ぅ、!」

咏「それとも、指先を滑らせて?」ツゥ

えり「は、…っ…ぁぁ…!」ビクッ

咏「手のひら全体で撫であげたり…」

えり「…~~ッ!!ン…!」

咏「もしかして、素肌に触られた?」スルッ

えり「ひッ……ン…ゥ…!」ビクビク



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:08:58.67 ID:UDQl1L7sO
えり「…ッ…!!ん…っ」ウルウル

咏「…まさか、そんな表情見せてないよね?」

えり「…っ…」

咏「ないよね?」

えり「は、はぃ…見せて……」

咏「」ツゥ

えり「な…ひゃぁあ…っ!?」

咏「もぅ、声出しちゃ駄目だよ?隣ではゆっくり寝てる人がいるんだからさ」

えり「今のはっ…」

咏「…なぁに?」

えり「……なんでも、ありません…」



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:16:50.83 ID:UDQl1L7sO
咏「…正面、向いて」

えり「…………」

咏「……」モミッ

えり「…っ…」

咏「今日、ふくよんと話してたんだよ?」モミモミ

咏「えりちゃんは、着痩せするタイプで、実は胸あるって」ムニムニ

えり「…っぅ、~~…!」

咏「ねぇ、えりちゃん、」

咏「口、手で抑えてたらちゅーできないじゃん」パシッ

えり「ぁッ…」



428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:23:07.07 ID:UDQl1L7sO

咏「……かたくなってるね」キュッ

えり「ぁうぅ……!」ビクッ

咏「気持ちいいの?」キュッ、キュッ

えり「ふぁ、ッ…!く、ぅぅ…ん!」ウル

咏「………」チュ

えり「ん…っ」

咏「ちゅ…クチュ…レロ、チゥ」クリクリッ

えり「んぅぅっ!チゥ、ん…っふ…ぁぁ…!」

咏「ちゅ…チュパ、…」クリクリクリ……

えり「んんンンッ…!」

咏「…っはぁ……」コリコリッ

えり「んぁあッ……!」ビクッ

咏「えりちゃん?」コリコリ…

えり「…、く…ぅぅ…!」



429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:29:18.85 ID:UDQl1L7sO
咏「唇噛んじゃ、だめ。血でるよ」チュ コリコリ…コリコリ…

えり「んんんん…ッ!」ビクッ

咏「んちゅ……血の味がする」ペロ コリコリ…

えり「ン、はぁ…ん!」ビクビク

咏「…もう、仕方ないなぁ…」シュルッ

えり「!?」

咏「ハンカチ…ほら、これで良いんじゃない?」キュッ



430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:35:38.56 ID:UDQl1L7sO
咏「なんて言うんだっけ、こういうの。猿轡?知らんけど」

えり「ん、んんぅ……っ!」

咏「わかんねー」

咏「………お」クチュ

えり「ッふ、~~~!」ビクッ

咏「かなり濡れてるね……」クチュクチュ

えり「ん、んんッ、…ふぁ…っ!」ゾクゾク

咏「ここ、弄ってあげる」クリクリ…

えり「っ!っぅぅ!は、ンン…!」ビクゥッ



432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:43:55.17 ID:UDQl1L7sO
咏「可愛いなぁーえりちゃん…」クリクリ…クチュ、クチクチクチ…

咏「そんな顔、絶対他の人に見せちゃダメだからね?」クチュ、ヌポ、グチュ

えり「っ…ふ、ぅ…はぁぅっ!!」ビクビク

咏「限界?」クチュ、クチュクチュ

えり「んくぅ…ぅ…ッ!」

えり「はぁ…ッ…~~!」ビクンッ

咏「……外したげる」

えり「っ…はぁ、はぁ、はぁ…!」ビクビク

咏「わかった?どんだけ怒ってたか」

えり「っ…わかり…ました……」

咏「…なら、いいんだ」



433:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:47:59.58 ID:UDQl1L7sO
咏「…今日は、寝よっか」

えり「……は、ぃ……」

咏「おやすみ」

えり「…………」クタ…

咏(疲れてるところ、結構激しくしちゃったからな…)

咏「…ごめんね」ナデナデ

咏「…大好きだよ」

チュ


おわり



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:49:09.14 ID:UDQl1L7sO
よし、補完できてないところ書けて良かった

支援応援ありがとう!
みんなお休み!
咏えり最高!



435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 03:50:05.20 ID:VdZ42tjL0
おつおつ
咏えりすばらっ!


443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 04:21:26.53 ID:fjo1+nE50
とても良かった
乙乙


続編:恒子「ライバルぅ?」咏「そーそー…」