WS001395






1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:08:27.27ID:IBlYpEU40


パピカ「えっ」

ココナ「どうしたの?」

パピカ「……するの?」

ココナ「うん」



パピカ「それじゃ、…………えっと」

ココナ「はやく、はやく」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:10:13.13ID:IBlYpEU40


パピカ「い、いいの……? ほんとに、いいの?」

ココナ「はやくはやく」

パピカ「う、うん……」ソーッ

ココナ「はやく、ほら、きて、はやくっ」ズイズイ

パピカ「ちょっココナ! ムードムード!」

ココナ「ムード?」

パピカ「……ムード、大事……だから」



ココナ「いいからはやく」

パピカ「もうーーっ!」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:11:24.69ID:IBlYpEU40


ココナ「ムードとか」

パピカ「なに?」

ココナ「パピカに言われたくない」

パピカ「わ、わたしはムードあるよ……。……ね? ……ココナぁ」スリスリ


パピカ「……ほら…………うふん」クネッ


パピカ「ぁ、はぁん」クネッ

ココナ「そういうのいいから、はやく」

パピカ「んもぉーー!」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:11:57.47ID:IBlYpEU40


パピカ「せ、せかさないでよぉ……」ウルウル

ココナ「……ぷっ、ふふふ」

パピカ「あっ、なにー?」

ココナ「ごめん。落ち着くね」

パピカ「うん、そうして」



ココナ「落ち着く……」ギューーーッ

パピカ「……落ち着かない」ドキドキ



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:12:31.86ID:IBlYpEU40


パピカ「……はなれて」グイ

ココナ「いつもはパピカのほうが」

パピカ「いつもと違うもん!」

ココナ「ふぅん……」

パピカ「…………ちがう、もん」

ココナ「……うん」



ココナ「じゃあそろそろ」ズイズイ

パピカ「あーーーっ! もうっ! ココナぁ!」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:13:56.39ID:IBlYpEU40


ココナ「だって」

パピカ「だってじゃないよぉ……」

ココナ「パピカから、してくれるんでしょ?」

パピカ「……うん。……そうだけど」

ココナ「手の爪も足の爪も、ばっちり切っておいたもんね?」

パピカ「あ、足はかんけーないよっ!」

ココナ「そう?」

パピカ「えっ」


パピカ「あ、足も……かんけーあるの……?」ビクビク

ココナ「ふふ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:14:57.18ID:IBlYpEU40


ココナ「パピカからしてくれるって言うから、つい」

パピカ「にしても……がっつきすぎだもん」

ココナ「ごめん」

パピカ「……うん」

ココナ「指……」スッ

パピカ「ぁっ」

ココナ「きれいな指だね……」スリ

パピカ「……爪、切ったし」

ココナ「ん……」チュッ

パピカ「ひゃっ!? ゆ、ゆびに」

ココナ「この指で……いっぱい」ペロ ペロ

パピカ「…………うん、いっぱい…………抜き差しするんだよね。……入れたり……抜いたり……入れたり」

ココナ「んっ……んぅ」チュプ チュパ

パピカ「ぁ……はっ、ぁ……ココナぁ」


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:15:35.03ID:IBlYpEU40


……


パピカ「んっ……ぅ、く、ぅうっん、あっ、」

ココナ「パピカっ……もっと、ゆっくりっ」

パピカ「でもっ、でもっ! もう、とまっ、とまらな」

ココナ「あっ! だめっやぁ! もうだめっぃ、おち、おちちゃっ」

パピカ「うわぁあぁああああっ!!」


ガシャーーーーーンッ!!



ココナ「あぁ……くずれちゃった……」


パピカ「ココナ」

ココナ「ん?」

パピカ「なんでジェンガ」

ココナ「……」


9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:16:52.18ID:IBlYpEU40



パピカ「ねぇ」

ココナ「楽しいでしょ?」

パピカ「……楽しい」

ココナ「ね?」

パピカ「うん…………うん……?」


パピカ「た、楽しいけどっ、楽しいことだけどーっ!」

ココナ「パピカ?」

パピカ「なにか……ちがう……」

ココナ「そう?」

パピカ「ココナが言ったんだよ! こないだのピュアイリュージョンで」

ココナ「うん」

パピカ「『いろんなパピカが見れて、楽しかった』って」

ココナ「うん」

パピカ「それで……それでっ…………」

ココナ「うん」



パピカ「なんか……パピカから……そーいう…………っちなこと、してきて…………もったいなかったかな……とか…………とか! 言うからぁーー!!!」

ココナ「うんうん」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:17:26.78ID:IBlYpEU40


パピカ「だからがんばったのにーー! いじわる!!」

ココナ「ごめん」

パピカ「もぉーーっ!」

ココナ「ふふっ」


パピカ「爪とかなんだったのー!?」

ココナ「ジェンガ、掴みやすいように」

パピカ「えぇ……」

ココナ「掴みやすかったでしょ?」

パピカ「……つかみやすかった」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:31:48.64ID:IBlYpEU40


ココナ「……ほんと言うとね」

パピカ「うん……」

ココナ「ちょっと、こわいの」

パピカ「こわい?」

ココナ「……落ちちゃいそうで。……もう…………戻って来れないのかも……って」

パピカ「ココナ……」ギュッ

ココナ「……パピカ」

パピカ「大丈夫だよ……わたしが……手、つかんでるから。……つかまえててあげるから」

ココナ「…………うん」


パピカ「ココナっ……ココナっぁ」

ココナ「あっ、パピ、カっん! あぁっ! ぃ、んっ」

パピカ「ココナの……いいにおい」

ココナ「やぁっ! そん、な……とこ……かがな……ひゃぁん!」

パピカ「ココナ、ココナ……ココナっ」

ココナ「はぁっ、は、ぁ、あっ」




…………



ヤヤカ「なんで入れねーーんだよぉお!!!!」ガンガンガン

ロボ「セキュリティレベルがうんぬん」

ヤヤカ「うそつけ絶対かんけーないだろそれ!!!」

ロボ「これ以上は分を越える」

ロボ「パピココを邪魔するなら、お前に居場所はない」

ヤヤカ「てんっめぇらぁああああああっ……!!」

ロボ「パピココ尊い」

ロボ「マジ尊いわー」

ヤヤカ「ちっくしょぉおおおおおおおおおお!!!!!」ダッ






おわり。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/11/19(土)03:34:12.49ID:IBlYpEU40


ユユ「ヤヤカ」

トト「ヤヤカヤヤカ」

ヤヤカ「あぁ!? なんだよ!」

ユユ「したい?」

トト「3Pしたい?」

ヤヤカ「はぁ……?」

ユユ「スク水3P」

ヤヤカ「なに言ってんだお前ら……」


トト「スク水、好きでしょ」

ヤヤカ「なんっ……のこと」

ユユ「あの不良、ヤヤカのイメージだった」

ヤヤカ「そっ……」

ユユ「あの子の中のヤヤカのイメージ」

トト「スク水着せてた」

ヤヤカ「…………」

ユユ「変態スク水フェチヤンレズヤヤカー」

トト「せんせー保健室のベッドがべっどべどなのはヤヤカがココナと話しながらこっそり」

ヤヤカ「てめぇらぁああああああ!!!!」

ユユ「おこった」

トト「にげろー」

ヤヤカ「まてこらぁああああ!!!」




ユユ「というわけで」

トト「次はヤヤカの趣味でスク水ねっちょりなピュアイリュージョンに」

ヤヤカ「んなわけあるかぁああああああ!!!!!」







おしり。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage]:2016/11/19(土)04:47:14.09ID:g3jRQwfFo

おつ
フリフラss増えろ





【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】