353


週ごとに感想を上げることが出来なかった、
2016年秋アニメのLostorage incited WIXOSSの全話通しての簡易感想になります。



色々と書くべきことはあると思いますが、
このブログらしく百合的な感想は控えめでいきましょう。



342

やはり語らねばならないのは、メインのすず子と千夏ですね。



347

348

幼馴染、幼馴染ですわぞ!
しかも数年越しの再会ですよ。



355

354

運命的な再会を果たした幼馴染と言う、
あ~これケッコンしないほうが不自然ですわね~と言いたくなるカンケイの二人ですが、
物語の立場上仕方ない事とはいえ、残念ながら長い間敵対してしまうのです。
事あるごとにギスギスムードを展開するのですよ。



353

そんな事情もあり、たびたび挿入される二人の幼少時の回想は至福の癒しタイムでした。



350

また、すれ違っていた時間が長かったからこそ、
二人がラスト付近で和解できたときの喜びもひとしおでした。
鬱憤からの解放・・・かたるしすって奴でしょうか。



349

どんなに拒絶されてもちーちゃんを諦めなかったすずと、
結局はすずの事が好き好きだったちーちゃん、
これをダテンカイヨーと言わずして何と言うのか。



340

341

最後の戦いの後、晴れて両想いになった二人。
しかし喜んだのもつかの間、そんな二人に試練が課されるのですが・・・
思い出なんて二人でいればいくらでも作り直せますよ、きっと。
よかった、ちーちゃんが覚えてないのをいいことに嫁とか彼女を自称するすず子はいなかったんだね


357

メインのすずちなだけでなく
作中時間では共にする時間が長く、師弟関係にもなるすず子とはんなも良い感じですね。
お菓子で繋がる仲って女の子です。



351

セレクターとルリグの間に芽生えていく絆も前作同様の見どころです。
特にメル、リルのそれぞれのお別れのシーンは思わずホロリときてしまいました。
ナナシちゃんは・・・そうねぇ。



344

345

嬉しかったのはピルルクこと清衣の参戦。
ルリグがアミカに似ているのは私の気のせいでしょうか(笑)
そしてピーピングアナライズのあのシーンがまさかのアニメで再現・・・やっぱりWIXOSSは地獄だぜ




346

他に特筆するべきところとしては、男性セレクターの投入が挙げられます。
前作までは女の子バトルを前面にした作りだったので、
かなり思い切った試みだと思いましたね。

しかし百合的に見た場合、放映前はそれなりに不安要素視されていて、
私自身も序盤に男キャラがルリグに偉そうに命令する様子なんかを見て「なんだかなぁ」と思っていたのですが、
発狂したり、顔芸を披露しまくったり、挙句の果てに消滅したり・・・終わってみれば誰も彼も扱いが酷かったというオチが。

つまりはウィクロス特有のドロドロ絶望展開のレパートリーを増やすためだけの要員だったのでした。まる。
ちなみに途中から出てくるGM的存在の男は中身が女性です。
(あまりそうは感じませんが)
それどころか最終的には男4人全員中身が女性になると言う凄まじいカオスに。




それにしても、
相手に本音をしゃべらせる能力と
相手を強制的にタチにする攻めさせる能力・・・
百合的に悪用できそうとか思った人はいませんよね!うん!


以上、Lostorage incited WIXOSSの感想でした!



【人気記事】


    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】