1202




1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:40:44.223ID:mWiIzBBI0.net


ザーザーザーザー

タプリス「…あ、天真先輩」

ガヴ「あら、タプリス…こんなところで会うなんて奇遇ですね…」

タプリス「…雨が降ってきちゃったので…雨宿りを…」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:42:34.021ID:mWiIzBBI0.net


ガヴ「傘は持ってないんですか?」

タプリス「はい…今朝、寝坊しちゃって…」テヘヘ

ガヴ「良かったら私の傘に入りますか?」

タプリス「いいんですか?」

ガヴ「後輩の面倒をみるのも先輩の役割ですよ…?」

タプリス「(やっぱり天真先輩は優しいです…)」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:45:14.175ID:mWiIzBBI0.net


ガヴ「…あ、あんなところにカエルがいますよ」

タプリス「本当ですね…こうみると割と可愛いものですね」

ガヴ「ウフフ…」

タプリス「?どうかしましたか?天真先輩」

ガヴ「いえ、ラフィがカエルを見たときの驚きっぷりは凄かったなあと…」

タプリス「そういえば、白羽先輩はカエルが苦手でしたね」



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:49:11.886ID:mWiIzBBI0.net


ガヴ「ええ…あれはなかなか面白かったんですよ…ラフィが…」



タプリス「あ、雨が止みましたね…」

ガヴ「…見てください、タプリス、虹ですよ」

タプリス「あ、本当ですね…いい事あるといいですね…私はもういい事ありましたけど//」

ガヴ「?それはなんですか、タプリス」

タプリス「天真先輩と相合い傘できたことですよ…//」

ガヴ「えっ//」

タプリス「じゃあ、私はこっちの道ですから、また会いましょうねー!」

ガヴ「さよなら、タプリス…」



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:50:37.535ID:mWiIzBBI0.net


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガヴ「ふぅ…宿題終わりっと」

ガチャ
ゼルエル「…ガヴリール、風呂に入れ」

ガヴ「うわっ、ゼルエル姉さん…いきなり人の部屋に入ってこないでよ!」

ゼルエル「…すまない…」



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:54:28.572ID:mWiIzBBI0.net


チャポン
ガヴ(…ふぅ…今日は色んなことがありましたね…でも、タプリスと帰れたのが一番嬉しかったような…)

ガヴ(…不思議な気分ですね…でも可愛い後輩と帰れるのは先輩の幸せなのかもしれません…………………可愛い?タプリスが?)

ガヴ(…気の迷いでしょう…多分…)


21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)18:57:01.979ID:mWiIzBBI0.net


翌朝
ガヴ(…タプリスが可愛いだなんて…自分は何を思っていたのでしょう…天使たるとも皆に平等にいなくてはいけません…)


タプリス「あっ!天真先輩…おはようございます!」

ガヴ「…!…おはよう、タプリス…」

タプリス「…元気なさそうに見えますが大丈夫ですか?」

ガヴ「ええ、平気です…心配してくれてありがとう…タプリス」ナデナデ

タプリス「…エヘヘ」


23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:00:13.436ID:mWiIzBBI0.net


授業中
ガヴ(今朝のタプリスも可愛い…昨日のタプリスも可愛い…これは本当に気の迷いでしょうか…?)

先生「じゃあ、ここ、天真、答えてみろ!」

ガヴ「あ、えーと…聞いてませんでした…」

先生「ほぉ、天真が授業中に上の空とは珍しいな…まあこういうこともあるか…教科書の68ページの1の微分を…」



24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:02:10.619ID:mWiIzBBI0.net


ガヴ(はぁ…今日は授業中に失態を犯してしまいました…後輩の事がこんなに頭から離れないなんて私は病気なのでしょうか…?)

ラフィ「ガーヴちゃん…!」ダキッ

ガヴ「うわっ…なんだ、ラフィですか…」

ラフィ「ガヴちゃんが授業に集中してないなんて珍しいですね…何かあったんですか?」

ガヴ「実は…」


26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:04:11.561ID:mWiIzBBI0.net


ラフィ「なるほど…それは恋かもしれませんよ?」

ガヴ「恋…?」

ラフィ「ええ」

ガヴ「でも恋って普通男女がするものなのでは?」

ラフィ「同性愛というのもありますよ?」ニコニコ

ガヴ「…」

ラフィ「ガヴちゃんが同性愛者だったなんて驚きですねー」ニコニコ

ガヴ「…私も驚きですよ…」

ラフィ「あら~そうですかそうですかぁ…」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:06:10.285ID:mWiIzBBI0.net


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガヴ「…今日は結局タプリスを避けてしまいました…」

(それは恋かもしれませんよ?)

ガヴ「恋ですか…私が後輩に…」

ガチャ
ゼルエル「おい、ガヴリール、夕飯が…」

ガヴ「勝手に人の部屋に入ってこないでって言ってますよね?」

ゼルエル「すまない…」

ガヴ「それよりゼルエル姉さんは恋ってしたことありますか?」



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:08:42.938ID:mWiIzBBI0.net


ゼルエル「なっ…!」

ガヴ「どうなんですか?」

ゼルエル「(言えない間違っても妹が初恋とか言えない…)えーと…ないぞ」

ガヴ「なんだ、それじゃあ参考になりませんね…残念です…」

ゼルエル「…」ガーン

ガヴ「じゃあ、お夕飯を食べに行きましょう?」


30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:11:35.189ID:mWiIzBBI0.net


翌日
ガヴ「…今日はタプリスを避けたりしませんよ!」



ガヴ「結局、今日はタプリスに会いませんでしたね…残念なような…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タプリス(昨日は天真先輩に避けられてしまいました…嫌われてしまったんでしょうか…天真先輩が嫌なら私は近付かない方がいいですよね、ハァ…)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガヴ「…タプリスに会えないのは不運のせいでしょうか…」ハア…



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:14:16.925ID:mWiIzBBI0.net


ガヴ「…ハア…」

ラフィ「ガヴちゃん、朝からため息ばかりですね…どうかしましたか?」

ガヴ「いえ、タプリスとの遭遇率があまりにも低いのでもしかしたら嫌われてしまったのではないかと…」

ラフィ「タプちゃんは、ガヴちゃんの事が大好きですからそんなことはないかと…タプちゃんを探してきますか?」

ガヴ「…今はいいですが、放課後には会いたいですね…ラフィには秘策でもあるんですか?」

ラフィ「ありますよ?信じていただくかはガヴちゃん次第ですが…」

ガヴ「よろしく頼みますよ、ラフィ…」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:16:17.910ID:mWiIzBBI0.net


放課後
ラフィ「…ガヴちゃんの写真を仕掛けた罠を作りました…これでタプちゃんが引っかかるのを待つだけです…」

ガヴ「本当にこんなものでタプリスを釣れるんですか?」

ラフィ「ええ…間違いなく…」

ガヴ「…今は信じるしかないですね…」

ラフィ「あっ、来ましたよ!」


35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:19:02.498ID:mWiIzBBI0.net


タプリス(…ハァ…天真先輩と会えないのは精神にきますね…ん?あれは、天真先輩の私が持ってない生着替え写真!ゲットしなくては!)ダッ

シュルルルル

タプリス「え?」

ラフィ「捕獲成功です!」

ガヴ「タプリス、会いたかった!」ダキッ

タプリス「(天真先輩の匂いが近くに…!)」ニマニマ



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:20:39.085ID:mWiIzBBI0.net


ラフィ「では、邪魔者は退散しますねー」

ガヴ「ありがとう、ラフィ…」

タプリス「…プハァ」

ガヴ「…会いたかったんですよ?タプリス…」

タプリス「でも、天真先輩は私の事が嫌いになったんじゃ…」

ガヴ「そんなことはありませんよ…可愛い後輩を嫌いになったりしませんよ…」



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:24:29.668ID:mWiIzBBI0.net


タプリス「じゃあ、なんで避けてたんですか?」

ガヴ「…なんだか恥ずかしくて…誤解させてごめんなさいねタプリス…」

タプリス「いえ、勝手に勘違いした私が悪いんですよ…それに、私達はまた会えたじゃないですか」

ガヴ「それもそうですね…」


タプリス「…もっとギューッとして貰っていいですか?」

ガヴ「いいですよ…」

タプリス「…あと、天真先輩のこと……もいいですか?」

ガヴ「…じゃあ私は……でいいですか?」

タプリス「…はい//」

ガヴ「じゃあこれからはそれで決まりですね…///」



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:29:31.733ID:mWiIzBBI0.net


翌日
ラフィ「それでガヴちゃん、あのあとはどうしたんですか?」

ガヴ「結局聞くんですね…」

ラフィ「面白そうですからー」ニコニコ

ガヴ「あのあと、約束をしました…これからのことを…」

ラフィ「どんな約束ですか?」

ガヴ「……………………………………という約束です…///」

ラフィ「聞いてるこっちが恥ずかしくなりますね…新婚さんみたいでラブラブですね、ガヴちゃん」

ガヴ「なっ…//」

ラフィ「ウフフ…ガヴちゃん可愛いですよー?」

ガヴ「そんなことをいっても私の心は移りませんよ?」

ラフィ「そうですね、末永くお幸せに…ガヴちゃん」

ガヴ「ありがとう」



タプリス「そんなことがあったんですか…」

ガヴ「ラフィもやっぱり天使ですから、優しいんですよね…」

タプリス「浮気は駄目ですよ」

ガヴ「わかってますよ」

タプリス「その顔はわかってない顔ですー」

ガヴ「わかってますってー」

タプリス「いーや、わかってません」

ガヴ「ウフフ…(これが幸せという奴なんですね…)」

おわり




40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)19:47:08.602ID:4DfhL7EF0.net

乙乙



http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493199644/l50



【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】