502

今年の締めくくりとして、
がるおんちゃんねる的百合っぷるベスト7を選出しました!

※選出は今年放映のアニメからです。漫画やゲームは除外しています。
さらに参考にするのはそのアニメの本編のみ
原作コミック・コミカライズ・スピンオフやOVA、ドラマCDなどでの百合描写は考慮していません。


※記事の特性上ネタバレを多分に含みます。

※言うまでもなく非常に百合度の高い記事となっています。




断っておきたいのは、当然これは私個人の中でのランキングであるので、
『○○×○○が低すぎ(高すぎ)!』『○○×○○が無いぞ!』と思われる方もいると思います。
全てのアニメをチェックしているわけではないので、見逃している百合っぷるも少なくないかもしれません。

もちろん、この記事のコメント欄に皆さんの好きな百合っぷるやランキングを書き残してもらうのは大歓迎です。
ツイッターなどのSNSをやっている人は、そちらで自身のベスト百合っぷるやランキングを晒してみるのも面白いかもしれませんね。

今年は読者部門としてこちらの企画を開催してるので、良かったらどうぞ。
投稿は1月7日の爪切りの日まで受付中です!

がるおんちゃんねる2017年百合っぷる企画!投稿用記事へ




では、まずは前哨戦の【そのっち部門】から。

ランキングの7位には入らなかったものの、十分に

05

『打点高いよ~』

と感じた百合っぷるを紹介していきます。





◆ガヴリール×ヴィーネ(ガヴリールドロップアウト)

WS004411

ガヴドロより、ガヴィーネ。
正式には、天真=ガヴリール=ホワイト×月乃瀬=ヴィネット=エイプリル。

引きこもり気味なガヴリールの生活全般の面倒を見るヴィーネが、
どこかぐーたら旦那と世話焼き女房を想起させます。
ガヴの家の合鍵も完備してるヴィーネマジ通い妻。



WS000008

ちなみにこのガヴリールドロップアウト、女の子同士がイチャイチャするシーンはさほど多くなく、表立った百合濃度は決して高くはないのですが、創作意欲を刺激する要素や設定(天使×悪魔の組み合わせや、前述の合鍵など)が多かったのか、百合的二次創作が盛んに行われていました。

直接の表現が無いほうが、むしろ百合想像は捗る、という好例かも?





◆ラフィエル×サターニャ(ガヴリールドロップアウト

435

同じくガヴドロより、ラフィサタ。
正式には白羽=ラフィエル=エインズワース×胡桃沢=サタニキア=マクドウェル。



730

サターニャを導く(いじる)ラフィエルのシーンはガヴドロではもはやお約束でしたね。
夜中にサターニャ宅の窓を突破して布団に侵入してきたりと、ときにはストーキング紛いの行為までやってのけます。ヘタすりゃゆりらんぼう案件だ
これも愛の成せる業?

なおラフィエルはサターニャに対し、『これからずっとサターニャさんに付きまとうことを誓います』という宣言までしています。
その勢いでケッコンまで行っちゃいましょう、そうしましょう。





◆棗ニナ×色井佐久(うらら迷路帖)

WS003472

千矢たちの先生ニナさんと、警ら隊の佐久隊長のカップリング。
うらら迷路帖の社会人百合っぷる枠?



WS000589

佐久隊長がご飯を食べに毎日のようにニナ先生の元に通ったり、ときにはノノの事に関して相談に乗ったりと、まさにふ~ふのような間柄。
ノノも加わると親子のような構図になるのも微笑ましいです。
ニナ先生の運命の人探し回も『知ってた』と言いたくなる安定のオチでした。

原作コミックでは佐久隊長が警ら隊を目指した理由なども明かされるので、要チェックですよ(ダイマ)





カンナ×才川さん(小林さんちのメイドラゴン)

WS005623

小林さんちのメイドラゴンよりカンナと才川さんの小学生コンビ。
才川さんがカンナへの感情を暴走させ「ぼへ~!」となるのはもはや様式美でした。

それにしても才川さん、小学生の時点でこの領域に達しているとなると、将来有望すぎですね。
マジやばくね?





◆萩野千秋×柊真雪(ひなこのーと)

WS000789

ひなこのーとより、大家さんとまゆちゃんのカップリングです!



WS000874

この二人に関してはまゆちゃんの
『まゆと演劇どっちが大事なの?』
の台詞だけで8割方伝わるでしょう。
こっちにも嫉妬深いJKが!



WS000938

ひなこ
『親子みたいで微笑ましいね~』


くいな
『私にはバカップルに見えます』



私にはふ~ふにしか見えません。





◆望月紅葉×鳴海ツバメ(NEWGAME!!)

WS007064

NEWGAME!より2期から登場した紅葉とツバメです!
幼馴染百合×社会人百合×同居百合の凄まじいコンボ!
ヒット数もぐんぐん伸びますね!(ゲーム的に表現)



WS007059

WS007075

紅葉はツバメが作る料理が大好き。
私のために一生ジンギスカンを作ってとお願いしてましたし(がるおんちゃんねる的解釈)
一つ屋根の下で助け合って暮らす二人っていいよね…。
同居百合の真髄ではないでしょうか。





◆八神コウ×遠山りん(NEWGAME!)

WS007941

同じくNEWGAME!よりコウりんです!
社内でのタチ場が変わったことやキャラが増えたことにより、1期と比べると二人の絡みも少なくなってしまいましたが、それでも打点の高いシーンを何度も見せてくれました。



WS009585

コウの旅立ちの前夜には二人だけのロマンスがあったのでは…なんて想像を膨らませてしまいます。
コウがフランスに発ってからの二人の様子は原作コミックで見ることができるので、要チェックです(ダイマ)





柚×皐(このはな綺譚)

WS001532

このはな綺譚より柚皐です!



WS000827

ほんわか天然娘の柚としっかり者で大人びている皐の組み合わせは、百合っぷるのセオリーに忠実で素晴らしいですね(*´ω`*)
普段クールな皐がときおり柚に見せる照れ顔が何ともチャーミング。



WS000602

仕事においては先輩と後輩の二人。
それでも、柚が皐を一方的に頼っているというワケでは決してなく、柚も皐の心の支えとなっているのが良いです。
支え合いって百合ですよね。



WS002432

初夜シーンの映像化をいつまでも待ってます!





◆棗×蓮(このはな綺譚)

WS000083

同じくこのはな綺譚より棗×蓮。
ボーイッシュ娘×女子力娘という、こちらもセオリーに乗っ取った百合っぷるです。
しかしながら、シンプルなほど強いのが百合っぷる…!(※個人の意見です)



WS001497

蓮ちゃんはガチ。
馴れ初めシーンに始まり、女の子にモテモテの棗にヤキモキする蓮、百合産卵(意訳)、夏祭りデート、蓮の謎フィルターにより美化されまくった棗、などなどなど『打点高いよ~』と唸ってしまった回数は数えきれません!



WS002472

蓮から棗の感情が前面に出されることが多かったと思いますが、棗も蓮のことが好き。
つまり両想いなのです。
もうケッコンしましょう(提案)
まぁ同じ屋根の下で暮らしている二人なのでもうケッコンしてるのも同然ですかね(暴論)





◆津島善子×桜内梨子(ラブライブ!サンシャイン!!

WS003868

サンシャイン2期より善子×梨子です!(ヨハネよ!)



WS004139

ヨハネ⇒梨子への『リリー』呼びや、ヨハネの影響を受けて堕天思想(?)に染まる梨子など、
1期と比べると公式からの供給がとても潤沢でした。
支持派の人にとっては嬉しい2期だったのではないでしょうか。





◆鹿角理亞×黒澤ルビィ(ラブライブ!サンシャイン!!)

WS002366

サンシャイン2期より、妹コンビのりあるび。
サンシャイン2期では今まで接点がほぼ皆無だったルビィと理亞のカンケイが急激に加速しました。
彗星のように登場したカップリングとは、まさにこの二人のことでしょう。



WS002340

8話と9話で描かれた、二人がお姉さんに歌を贈るエピソードは、百合抜きにしても感動的なお話でした。
姉妹百合って尊いですね(結局百合)



WS001308

この二人の絡みで代表されるのは『私のお姉ちゃんのほうが素敵よ!』という姉自慢大会!
ぶっちゃけこんな争いだったら毎日のように起こって欲しいです…w

終盤では、「また一緒に歌いましょう」という約束を交わしていたので、いつか叶うと良いですね。







では前哨戦はこのあたりに留めて置いて、真打の【百合さん部門】、TOP7に参りましょう。

007

行きますよ?





【7th】桜木ひなこ×中島ゆあ(ひなこのーと


WS001506

ひなこのーとよりひなゆあです!
最初はひなこに対してツンツンしていたゆあちゃんが、徐々に心を開いていく過程がたまりませんでした。
いや~この手のカンケイは大好物ですよ。

特に合宿回のこのシーンが打点高すぎて天突きぬけていきました。

WS002295

ゆあ
「(怖すぎて気絶しそう・・・!)」


ひなこ
「ゆあちゃん、もしかして暗いところ苦手?」





WS002298

ゆあ
「そんなことなくは(ry・・・ひなこは怖くないの?」




WS002299

ひなこ
「まぁ、ちょっと怖いけど・・・」



WS002302

ひな子
「いつもゆあちゃんに助けてもらってるから、今は私がしっかりする番かなって」




WS002304

WS002309

ゆあ
「・・・!ひな子のくせに・・・もう!
仕方ないから手繋いであげるわ!感謝しなさい」




暗闇って百合シチュ発生装置ですよね(*´ω`*)
暗闇さん有能。





【6th】立花響×小日向未来(戦姫絶唱シンフォギアAXZ


WS001432

シンフォギア4期より、お日様と陽だまり。
主人公の響とそのお嫁さんの未来、ひびみくです!



WS004457

2期で正妻ポジションを確固なものにして以降、
シーズンを進めるごとにどんどん出番が減ってしまっている未来。
それは4期でも相変わらず。。。
しかしながら、その僅かな出番の間でも圧倒的な嫁力を見せつけてくれました。
これが正妻兵装かっ!



WS009199

特に12話の『生まれてきてくれてありがとう』の告白と熱いハグは、ひびみく派必見のシーンでした。



WS010117

シンフォギアは続編(5期)の制作が決定しており、4期ラストの展開から、響と未来にスポットが当たることが示唆されています。
もし二人の仲を絶たれるような危機が訪れたとしても、いつものように愛の力で乗り越えて欲しいですね。





【5th】千矢×紺(うらら迷路帖)

WS000122

うらら迷路帖より千矢紺です!
大の親友同士であり、同じ目標に向かうライバルでもあります。
出会い方もどこか運命的でしたね。


WS000773

WS002250

WS004011

うらら迷路帖そのものが女の子同士のイチャイチャシーンが多いアニメだったので、
千矢×紺も髪の毛マフラーや看病、泉中術などなど、打点の高い構図をたくさん見せてくれました。



WS004056

WS004057

WS004061

WS004078

個人的に特に印象に残ったのは第8話、
禁忌を犯して占いの力を奪われてしまったかも…?落ち込む紺を、千矢が『神様がいなくても、私がずっとそばにいるから!』と力強く励ますシーンですね。

ちなみに、第6話のこっくり占いの回で紺がお狐様に体を乗っ取られたとき、

WS002946

「千矢、わらわはお主が気に入った!
これからずっと一緒にいるぞ!嫁入りじゃー!」


とケッコンを申し込んでいました。
あ~これは有言実行するしかないですね。
一番占を目指す者であれば、自分の発言には責任を取りましょう。





【4th】アンジェ×プリンセス(プリンセス・プリンシパル)


WS001027

プリンセス・プリンシパルよりアンプリです!
その特異な境遇と作中の百合シーンから、今年のアニメ百合っぷるではトップクラスに人気の二人ではないでしょうか。



WS006135

WS006086

『カサブランカの白い家』『歯止めが効かなくなる』など数々の百合名言も生み出してくれました。
二次創作も多く、これからの展開にも期待したい百合っぷるですね。



WS009316

最終回の、プリンセスからアンジェへのメッセージ。
これは意味を知ると涙無しには見られません…!





【3rd】リオン×ニーナ(ひなろじ)

WS009112

3位はひなろじのリオン×ニーナです!
魔の11話が世の百合好きさんを大いに沸きあがらせたことは記憶に新しいです。
『ひなろじ』はリオンとニーナが絆を深めていく様が丁寧に描かれていて、それも相まって非常に尊いエピソードとなりました。



WS008199

WS008208

百合キスや百合事後などのシーンを躊躇いもせずにぶち込んでくる姿勢に感服…!
アニメの百合表現に新しい可能性を吹き込んだのではないでしょうか。



WS006716

11話以外にも、夏祭り回や演劇回は打点高かったですね。





【2nd】ユーリ×チト(少女終末旅行)


WS000800

人間を含めた多くの生物が死滅した荒廃世界を女の子二人で旅するディストピアファンタジー、少女終末旅行よりユーチトです。
百合好きなら一度は夢見るであろう(?)シチュエーションが特徴的なアニメでしたね。



WS001015

WS000938

WS000291

苦楽を共にする連れとは、まさにこの二人のカンケイそのものです。
旅の途中で繰り広げられる二人の寸劇もなかなかに面白いのですが、
特に最終回のラストシーンは二人の絆が深さが垣間見えた名場面でしたね。



WS000274

ユーリ
『ねえチーちゃん、地球終わるんだって』

チト
『でも・・・
世界が終わろうと、どうでもいいことだろ
わたしとユーがいれば、それでいい』



WS000279

チト
『これまでもこれからも
ふたりだけとさびしい?』

ユーリ
『チーちゃんが寂しんでしょー?』

チト
『な!?
私はユーが寂しいと思って!』

ユーリ
『私は寂しくないよ?
チーちゃんがいるから』

チト
『・・・わたしもだ』




WS000276

待ち受けるの運命が破滅だとしても、二人でいれば、世界が終わっても怖くない。
ついのときまで二人きりで。
最期を共にする百合というのも、乙なものじゃありませんか。






【1st】小林さん×トール(小林さんちのメイドラゴン)

WS000405

がるんちゃねる2017年のベスト百合っぷるは、
人間×ドラゴンのイシュカン百合っぷる、小林さん×トールに贈ります。
百合は種族を越えるのです。



WS000488

WS001984

WS002576

WS003400

小林さん×トールを語る上では外せないものと言えば、やはりトールの常軌を逸した小林さんラブでしょう。
もはや思考の100%が小林さんで構成されているのではないかと思うほどのラブっぷり。
今回はどんな愛情表現を見せてくれるのか…と毎週毎週楽しみで堪りませんでした。



WS006800

トールから小林さんだけでなく、小林さんからトールへの思いも見どころが沢山です。
特に最終回では、トールを連れ帰ろうと人間界に降り立った終焉帝に対し、『トールは私のだ!』と言い放ったりと、人間離れした凛々しさを見せました。
こりゃあトールが惚れるのも納得ですね。



WS006854

小林さん
『ワガママ言っちゃってごめん』


トール
『何を・・・あげたらいいですか。
全部・・・全部あげます・・・!』


小林さん
『・・・そんなにいらん』




WS000786

トール
『私は小林さんと一緒に老いていくことは出来ない。
いつかお別れするときが必ず来る。
それでも、私は小林さんに会わなかったほうが良かったなんて絶対に思わない。
ただ今、この時間を大切に・・・』


異種間百合でほぼ必ずぶち当たる壁。それは寿命の違い。
この小林さん×トールにおいても例外ではありません。

それでもトールは小林さんの最期のときまで・・・
いや、きっとそれからもずっと、小林さんを愛し続けるのでしょう。
そう信じらレズにはいられません。






以上です。
ランキング!などと言って順位付けなんてしてしまいましたが、彼女らが相手を想う気持ちに優劣などありません
どの百合っぷるも等しく

313629cf

と言うことには変わらないということです。

毎年同じことを言ってますね。
けれど事実ではないでしょうか。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
来年も当ブログもよろしくお願いいたします!







・・・さて、ここからはオマケの【千歳部門】です。

WS002175



もしかしたらあまり理解を得られないかもしれませんが、極めて個人的に気になった百合っぷるを少し挙げます。









★結城友奈×東郷美森(結城友奈は勇者であるー勇者の章ー)


WS002528

このブログの名誉百合っぷるの一組、ゆゆゆ2期よりゆうみもです。
この記事を執筆している2017年12月末時点ではゆゆゆ2期が最終回まで放映されていおらず、
彼女たちの関係の終着点がいまの時点ではわからないため、ランキングにはいレズ…否、入れずにこの部門の枠に収めました。



WS002527

東郷さんの足が治ったことにより、友奈ちゃんと同じ高さの目線で会話をしたり、並んで歩く姿が見られたのは、1期からのゆゆゆファンとしてもゆうみも支持派としても胸熱でした。
2期の勇者の章は友奈ちゃんが非常に苦しい状況に立たされてしまうのですが、東郷さんの愛の力で支えてあげて欲しいですね。
年明けに放映される最終回に期待してます。
いやホントにゆうみもケッコンエンド頼みます、なんでも島風。



★ガヴリール×タプリス
(ガヴリールドロップアウト

1202

ガヴドロより、先輩と後輩の関係にあたるガヴタプです!

憧れのガヴリール先輩を追いかけて人間界に来るも、そこで目にしたのは駄天し変わり果ててしまった先輩の姿が…。
果たしてタプリスはガヴリールを元に戻せるのかッ!?



WS000234

もしガヴが留年したら…というシーンでの『ガヴリールっ♪』の破壊力が半端無くて凄まじい特攻ダメージを私に与えてくれました。
ガヴが留年…それも悪くないかもしれませんね。




以上で終わります!

来年も全ての百合っぷるに幸ありますように!






こんな企画を開催中です。



【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】