hon01

当ブログがるおんちゃんねるで開催した2017年百合っぷる企画のまとめ記事になります。




~前置き~

2017年の年末に、百合納めとして『好きな百合っぷるへの思いを叫ぼう』という企画を開催しました。
投稿は11月下旬からスタートし、最終的にはなんと400を超える投稿をいただきました。
想定を大きく超える投稿数に、管理人はとても驚きましたよ。
(正直、いって100くらいだと思ってましたw)
がるおんちゃんねるには、百合好きの人の訪問者が多いのですね。

現在締め切っていますが、企画ページはこちらになります。

がるおんちゃんねる2017年百合っぷる企画!

以下でピックアップしている以外にも多くの百合っぷるの投稿が熱いメッセージを携えて投稿されているので、是非とも目を通していただきたいです。
新しい百合っぷるとの出会いもあるかもしれませんよ。

それでは、2017年百合っぷる企画で特に熱量の高かった百合っぷるをメッセージ付きで紹介いたしま
す。
中にはネタバレが含まれているものもありますので、気にする人は注意してください。
なおスペースの問題で、全てのメッセージを公開することは叶いませんでした。ご容赦ください。




◆ガヴリール×ヴィーネ(ガヴリールドロップアウト)

WS000190

百合二次創作が大いに盛り上がったガヴリールドロップアウト、
その中でもガヴィーネは当ブログでも人気の百合っぷるでした。



きれいな頃のガヴリールにはほとんど一目惚れだったんだろうなーという印象
駄天してからも何だかんだ言いながら嫌いなはずがない



自堕落×世話好きという超王道カップリング。
この組み合わせは幼馴染みもともに想起させるがガヴィーネは幼馴染じゃないところがまたいい。
身も心も天使である期間がヴィーネにとって短く、自堕落であった期間が長いがそれはそれとして受け入れてなんだかんだいいながら世話してるとこは打点が高い。
また、面倒くさがりなガヴがヴィーネのためにと腰を上げて、素直になれず言い訳をはくとこもいい。
既に熟年婦婦感を醸し出しているが2人とも過去をあまりしらず関わりがないところが幼馴染に比べてよくも悪くとも差異が生じるところで不安になったりまた二人の仲を更に親密にもしてくれる。
今後もこの2人の動向に注目していきたい。



ダメ天使ガヴと真面目悪魔ヴィーネのカップリング
自堕落なガヴと世話焼きのヴィーネの相性はとんでもない尊さを生み出していますね
天使と悪魔という設定をいかんなく使い、共依存な関係性を作り上げているからこそガチっとハマっていますね
時折垣間見える、ヴィーネの愛が深そうな描写も◎



ガヴドロを見始め、見るにつれ、ガヴィーネの尊さに気持ちが昂ぶり、
おさえきれない衝動をガヴィーネSSを生み出すことで発散。
気づけば5本書いていました…尊い。
がるおんちゃんねるさんでも何本か取り上げていただき、ありがとうございました。
もう好きすぎて、2017年どころか、人生BEST1カップリングです。



毎回ガヴリールの家に行くより一緒に住んだらいいと思う。いや、住んでください。






◆リオン×ニーナ(ひなろじ)

WS009069

ひなろじよりリオン×ニーナです!
魔の11話はもちろんですが、それ以外の場面も打点が高い!という声が多く寄せられました。



9話かけて大事に育んできた関係が10話で大爆発したのが最高でした
そしてそこからの11話と12話が尊みの極致に達しててやばい



11話はもはや伝説
じっくり時間をかけて終盤に爆発したので二人のイチャイチャがちょっと見たりない… ということで2期発表をずっと待ってます



みんな10話以降に注目しがちだが、7話のお祭り回も最高に尊かった。
迷子になるといけないから、とリオンの手を引くニーナがもう、ねっ(語彙力)



スタッフが暴走したと名高い、ひなろじのメインカプ
10話のピンチからの絆の深め合い、11話の圧倒的な百合百合年末バレンタイン、12話の卒業式
他の話も非常に尊いのですが、この3話の流れるような百合連投は見ていて、こう、何というか言葉にできない尊さ、キマシ度を感じました
リオン→ニーナ分の強かった最初に、高濃度の後半3話でニーナ→リオン分もやってくれて、しっかり両想いになってるのも非常に尊いですね



それまでの積み重ねがあってこその11話
そして12話ではニーナの方から抱きついているという
最高かよ








◆立花響×小日向未来(戦姫絶唱シンフォギアAXZ)

WS010111

シンフォギア4期よりひびみくです。
シンフォギアが4期目と息が長いこともあり、ファンの多い百合っぷるですね。
毎度毎度、次々と現れる強敵に響が悠然と立ち向かっていけるのは、彼女の陽だまりたる未来の支えあってのもの。
続編での活躍にも期待したいです。



無印からのファンですが、特にGのやりとりが本当に素晴らしい。
歌で戦うアニメということもあって、未来さんのキャラソンは大変ヤバ…ではなく、響への愛を歌っていて聴いているとそれだけで身悶えするほど強烈です。
未来ばかり病み気味やら重いやら言われていますが、実は響側もそれと同じくらい重いのも大変ツボです。


ふ~ふです これ以上どう表現すればいいか分かりませんね
未来さんの出番があまりなかったAXZですが、ほんの少しだけの絡みで圧倒的な嫁力を見せつけた未来さんには感服いたしました
部屋で響を見つめる未来さんの目は新妻のそれです
響も未来を陽だまりとし頼りにして闘う活力の一つとする、まさに嫁の未来との家庭を守るお嫁さんそのものですね


AXZでも相変わらずのふ~ふっぷり
未来さんの嫁パワーは世界を救う
続編でこのカップルがどうなるのか…


尊い、ただそれだけデース

愛は世界を救うんやなって






◆八神コウ×遠山りん(NEWGAME!!)

WS009585

NEWGAME!よりコウりんです!
NEWGAME!自体、女の子同士のイチャイチャ成分が高い作品なのですが、ガチなりんさんとコウのカップリングは特に人気みたいです・・・w



通い妻りんと私生活ダメダメコウのカップリング
りんさんはもう言うことなしですが、コウがこの先どうするのか一番に話したりと彼女を特別な人として想ってる点も非常に尊いです
2期10話はまさにこのふ~ふのための回でしたね、少し寂しくもありましたが…


2期でははじゆんや青コウが強かった印象だけど、コウりんが1番好き

最終回のあれはあかん。何人の百合好きを尊死させる気や

2期は特に最高でした(*´﹃`*)
さすが百合夫婦…


どの百合カプにも当てはまることだけど、お互いを大切に想ってるっていいですよね。






◆アンジェ×プリンセス(プリンセス・プリンシパル)

WS001027

二人の境遇から人によって表記は違いましたが、ここではこのカップリング表記で。
その百合妄想を掻き立てる設定から、想像の歯止めが効かなくなった人も多かったとか。




1から見返したくなる構成すごくよかった…
よく練られたストーリーに二人の関係が絡んで相乗効果を発揮してたと思います
2期…やってくれるよね?



普段クールなアンジェがプリンセスの前だけでは素顔に戻るところは勿論、二人だけの秘密を持って互いを思いあっているところが特に尊い。
カップリングだけでなく作品のクオリティも高く久しぶりに燃え上がった二人です。



二人ともお互いのことを強く思い合っているのが良い。
10年間お互いの事を強く思って生きるのは、
そうそうできることではない。



4話で百合スキーたちが「!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?」となった爆弾発言が話題を呼びましたね。アンジェさんの「ダメ、歯止めが利かなくなる」。これほど短い言葉で2人の関係を無限に妄想できるなどということがあるでしょうか?
とにかく2人の絶対的信頼関係が魅力的でした。あとプリンセスにだけは意見できないアンジェさんの姿も。
最終話でも悶死させられました。



相手の存在が自らの生きる理由/指針にすらなる程にお互いに強く想い合っている2人であり、
過去・現在・目指す未来その全てにおいて、お互いの存在が欠かせないこの2人の関係性全てに
もう、尊みしか感じられない。作中終盤ですれ違いをみせる部分もあるものの、それすらも
お互いに相手の存在が余りに眩しすぎた故のすれ違いでもあり、"友達"の力を借りて
そのすれ違いを越えて新しい一歩を踏み出した姿も含めて、最高の関係性を見せてもらった。
作品全体が再視聴に耐えるように非常に丁寧に創られてることもあり、全話視聴後に
改めて見る2話の再会シーンは本当に胸に来るものがある。
願わくばこの2人が本当に"一緒に"居られるようになる結末を続編で見られますように。



戦う動機が「相手を護るため」な百合ップルもっと流行れ






◆チト×ユーリ(少女終末旅行)

WS000276

少女終末旅行よりチト×ユーリです!
原作コミックは先日最終回を迎え、そのラストは百合好きさんの間でも話題になりました。



この二人は百合っぷるというより、恋愛感情は無いのだけれどだからこそ逆に密着してる感じが最高に良い。
どちらか一人でも欠けたら危うい共依存っぷりがたまらん。 
人が滅んで世界に二人きりっていうのがまた……



原作の時点で2人の関係が好きでしたが
アニメやアンソロ現パロでそれがさらに加速しました
しっかり者だけどか弱い面もあるちーちゃんとお馬鹿だけどちーちゃんを守り支えるユー
旅の最後までこの凸凹カップルを見守りたいです



人間も動物も植物もほぼ死に絶えた世界、地球最後のカップル   
唯一無二のエモさですね。
アニメ化された所はまだほのぼのだが原作39話からの悲壮感と切なさと愛しさがやばすぎる。ネロとパトラッシュみたいで泣けます。
ふたりぼっちの楽園みたいな所へたどり着く事を願って脳内で「私の71%」を流します。



荒廃した世界を行く、あの世界最後?の百合ップル
真面目で知識豊富なチトに頭ユルユルで体力はあるユーリ、対照的とも思えるこの二人の旅路は見ているだけで幸せになりますね
問題を起こしてはチトに叱られ、でもニヤニヤするユーリ、この叱り叱られの関係がなんとも仲睦まじく尊いです
他の人が現れようが、チトにピッタリくっつき、一緒に行動し続けるユーリのポイントも高いですね



終末世界に二人だけ。友情や親愛を超越した絆で結ばれてる二人の旅路に幸があってほしい。







◆結城友奈×東郷美森(結城友奈は勇者である)

WS002534

ゆゆゆよりゆうみもです!
2期でも二人の固い絆は相変わらずでしたね。
特典ゲームやゆゆゆいでの絡みに更に期待です。




夫婦愛を見せてくれたのはこの二人だな。
もう結婚しましょう。
園子様にこの二人のssを書いてもらいたいものだ。



最近(一期やってたのがもう数年前だけど)の百合ップルの中で一番衝撃を受けました。
一見元気っ子の友奈とおっとり抑え役の東郷って図式に見えますが、よくよく考えてみると実は真逆というか、ムキになると暴走気味になってしまう癖を持つ東郷さんを抱擁力満点の友奈ちゃんが包み込んで抑えている関係がツボですね。
本編が重い作品でもあるので、シリアスな百合が好きな自分にはまさにうってつけの百合ップルでした。



勇者の章では写真鑑賞、不法侵入などフルスロットな東郷さんでしたが、
名前呼びにはぐっときた。後日談を、二人の結婚式の映像をください…。



何万回と書かれたことであろうけど敢えて書こう
ゆうみも結婚しろ
そしてそれを映像化してほしい
最終回はとても尊かったです



ゆうみも尊い。
最終回での呼び捨ては格好良かったですね。友奈も東郷さんに惚れ直しただろうなあ。
続編として、ゆうみもの結婚式をお願いします!







◆柚×皐(このはな綺譚)

WS002432

このはな綺譚より柚×皐です!
天然娘とクールさんの組み合わせは鉄板ながらも打点高いですね。
ところで初夜シーンの映像化はまだですかね・・・?


ツンツンしている皐が内心デレデレなのがとてもいいですね!
天乃先生、是非DVDの特典漫画ではっちゃけてください!


マジベストcpオブザイヤーです
アニメ11話とかオススメです


柚ちゃんと皐ちゃん二人の永遠の幸せを願わずにいられないので
はやく結婚してください···あと初夜を特典入手機会復活してほしい!
そして艶やかな初夜の絡みの様子をアニメで見たいです(鼻血マーライオン&某ブログ管理人並感)







◆高山春香×園田優(桜Trick)

312

原作コミックが完結した桜Trickより春優です!
作品が終わっても、彼女たちのカンケイは続いていきます。
末長くちゅっちゅして欲しいですね。



最初から最後まで好きだった。アニメ2期が無いのが惜しくてしょうがない。
連載が終わったことは今でも悲しくなるし、百合界隈における1つの歴史であり時代の終わりを感じた。
桜trickのような愛されて長く続く作品が今後溢れてくれるように願っています。



きらら漫画で恋仲まで発展した稀有な百合っぷる
付き合ってからの後日談が見てみたいです



タチ先生が連載が続くとは思わず連載決まってから描きながら考えていった桜trickが
きららミラク初のアニメ化
きららミラク初の4巻到達
きららミラク最長8巻で休載たったの1回
と言う伝説尽くしで潔く完結!
この作品は春優とタチ先生の成長物語りだ!



原作全8巻(+アンソロジー)読破、アニメも全話観ました!ここまでどっぷりはまった百合カップルは初めてです!
物語は終わってしまいましたが春香ちゃんと優ちゃんには末永く爆発してほしいですね!



完結&ゴールインおめでとう!
終盤での掘り下げと告白に胸を撃たれました









~まとめ~

全体の傾向としてはアニメ作品の百合っぷるが多く投稿されていました。
更に作品別でみると、特に勇者であるシリーズ、まんがタイムきらら作品の百合っぷるの投稿が多く、それぞれ全体の1割以上を占めています。
これらは当ブログでも意欲的(?)に情報を発信しているジャンルなので、納得の結果でしょうか。
(きらら系は規模からして多くなるのも当然な気もしますが)

ゲームにおいてはスマホゲームの百合っぷるも散見されます。
『アニメのスマホゲーム化は百合度が上がる!』という声をよく聞きますが、
今後も百合成分の新しい補給元として期待できそうですね。

個人的に意外だったのは、公式から百合作品と明言されている作品や、所謂がち百合作品の百合っぷるの投稿が思ったより少なかったということ。
恐らく当ブログの訪問者の人は、ほのかに百合が匂わされている作品や、日常系作品や萌え系作品から百合要素を見出している人が多いのでしょう。
この辺りは私と通じているものがあるかもしれませんね。


最後に改めて、投稿いただいた方はありがとうございました。
今後もこのような読者参加型企画を開催するかはわかりませんが、
この企画の2018年百合っぷるバージョンはやりたいと思っています。
その際はまた投稿していただけると喜びます。

以上で終わりです。
2018年も多くの百合っぷるに幸ありますように。



~おまけ~

集計はこちらのページに置いておきました。
興味がある人は覗いてみてください。



【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】