190

緋弾のアリアAA13巻のネタバレあり感想になります。

『緋弾のアリア』のスピンオフながらも、
女の子ランド、レズ女体盛り、女帝国…などなど、もはや百合漫画の核実験場状態のAA。
今巻ではどんな爆弾が投下されるのでしょうか。




~作品紹介~

188

ライカ×麒麟に赤ちゃん誕生⁉ 禁断の熱愛キス3連発ッ!!

ライカと麒麟の前に突如現れた、二人の子供を名乗る幼女ラリン。
ヒルダが夾竹桃にもたらしたのは願いを叶える魔法のノート。
高千穂麗の顔と立場は乗っ取られ、あかりたちのアミカ・グループは解散の危機…⁉
降りかかる試練に武偵たちの本領が試される――!!



エピソードは

・赤ちゃんメーカー
・キスノート
・高千穂麗
・アミカ・グループ


の4つが収録されています。
タイトルだけでわかるのこのヤバさよ。



◆赤ちゃんメーカー◆

180

今女子の間で流行っているゲーム…その名も『赤ちゃんメーカー』
二人の写真を合成するとその二人の赤ちゃんの写真が出来る、というもの。
なお当然の如く女子×女子で行われている模様。素敵か。
ちなみにAA世界では同性間で子供を作る技術は近い将来実現するとされているみたいです。



182

面積はあの「女の子ランド」よりも狭いながらも、同等の瘴気を発生させるゲームコーナー。
『メス種馬』『ママとママの子』というパワーワードも飛び交い、もはや伏魔殿。



181

いつの間にか志乃や麗、桜までもがこのゲームに夢中に…!
せっかくだからの精神(?)で、ライカと麒麟も試してみることに。



183

ライカと麒麟が娘の写真を作ってコーナーを出ると…なんと写真の子そっくりな娘が立っていました!



187

彼女の名は『火野ラリン』
この時代のライカと麒麟をケッコンさせるために、21年後の未来からやってきたというのです。

『私達の娘?ホントに?』と最初は疑心暗鬼だったライきりですが、
ラリンとの三人で、和やかな家族のひと時を過ごします。
しかし色々あって、残念ながらラリンとはお別れしてしまうことになります。。。



184

そしてライカが麒麟にプロポーズ、将来を誓い合うことに。
まさにラリンが言っていた通り。
ぶっちゃけこの二人に関しては今更感ありますがw

何はともあれライカと麒麟はケッコンすることになるワケですが、他のメンバーの将来も気になりますね。
案外、志乃×麗とかケッコンしてたりして。

・・・と、最初からフルスイングなエピソードが来ましたが、狂宴は続きます。



◆キスノート◆

174

夾竹桃が『人名を二つ書けばその二人がキスする』ノートを手にし、百合世界の神となるお話。
要するにアレのパロディ



175

あれ?今度の話は割と普通かな?(感覚麻痺)、なんて思ったのもつかの間。
なんと【あかり×志乃】【麗×桜】【ライカ×麒麟】の百合キスシーンがあります。
ほっぺや手の甲といった軟弱なものではなく、口と口のガチのやつです。
いわゆるTrick。



176

まぁ案の定、これには『夾竹桃が描いた漫画でした』というオチが付くのですが、
その上に更なるオチが付けられていて、まさに『信じるか信じないかはあなた次第』の台詞の通り、私達に浪漫を残してくれる終わり方となっています。

AAキャラのキスシーンが(公式で)見られる日が来るなんて、夢のようなエピソードでしたね。
作者様に拝。



◆高千穂麗◆

185

麗とゆゆ・ややの絆の深さがうかがえる、一転して(?)良い話成分のエピソードです。
栗鼠娘が再登場し、彼女が義賊をはたらく理由が明かされます。



◆アミカ・グループ◆

186

記念すべき100話です。
アミカグループを通じて桜の進む道が示される、こちらも感動的なエピソードです。
まるで最終回を思わせるラストですが、AAはまだまだ続きます。



バトルも百合も成長ストーリーも楽しめる!
いやぁアリアAAってホント良い漫画ですね。
次の14巻も楽しみにしています!

以上、緋弾のアリアAA13巻の感想でした!




【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】