179

今月発売のまんがタイムきらら2018年3月号のささやかな感想です。
ネタバレを含みます。











◆うらら迷路帖





WS000310

ガチレズコンビ大島塩沢コンビ回。
今回は二人の過去や、警ら隊になった理由が語られました。

言われてみれば大島塩沢については行き過ぎた佐久隊長ラブコンビというくらいの認識で、
詳しいことはあまり知りませんでしたねぇ・・・。



173
174
175

大島薫と塩沢練子は、北の雪国出身の幼馴染。
この二人も、元々はうららを目指していたとか。
迷路町にて偶然助けてもらった佐久(この頃は平隊員)に憧れ、警ら隊に志願したそうです。
うららから警ら隊に進路を変えるとは、佐久隊長と似たような道を歩んでいるのですね。



176
177

大島には塩沢が、塩沢には大島がいつでも一緒。
個人的には、もうこの二人でくっつけよ感がすごいです。
まさか大島×塩沢に打点高いなんて思いを抱く日がくるとは
しかしながらこの二人に関しては揃って佐久隊長ラブしてこその大島×塩沢なのかもしれません。
なんだか深いですねぇ…。





◆スロウスタート



178


前回に引き続き、新キャラの兆野綴さんが登場です。
学校の生徒会役員を担っていて、花名にとっては同い年にして先輩です。
そのことも知らずに『可愛い後輩』扱いしていますが・・・w



172

悩んだら相談!相談は大事です(切実)



171

花名との絡みが多くなるのかな?と思いましたが、
会長のつっくんともいい感じですね。



170

えーこさん、まさかね・・・。






次号の表紙はスロウスタートです。

では、また次回。




【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】