IMG_20180409_172249

今月発売のまんがタイムきらら2018年5月号のささやかな感想です。
ネタバレを含みます。









◆スロウスタート




表紙は見つめ合うえーかむ!
打点高い!





81

本編は花名ちゃんが万年さんと一緒に『ふにもち』を買いに行くお話。
この二人を見るとなんとなくココリゼを思い出すような、そうでもないような…。



80

82

店先では兆野先輩や、先生と冠の姿も。
ふにもちはこの辺りではレアな甘味で、大人気だそうです。



83
84
85

花名ちゃんはえーこに似てきた、と万年さん。
それってつまり・・・。



86

87

ふにもちを食べ終えた冠と先生は、えーこと合流し次の店へ。
百合家族かな?





◆うらら迷路帖


88

千矢の育ての親、セツが迷路町を訪れました。
千矢の話から想像できた通り、なかなかの豪快さんのようです。
うらら時代は瓦を叩き割って吉兆を占う瓦占いが得意だったとか。



89

セツが今回迷路町を訪れたのは仕事(薬屋)のほかに、千矢に母親のことで謝りに来た、と言います。
ついに千矢の母親の謎に迫る流れでしょうか。
千矢の母親のこととなると、いよいよ物語の核心ですね・・・!





次号の表紙は柩担ぎのクロです。
また次回。




【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】