066

今月のがっこうぐらし!のネタバレあり感想です。










第69話「おやすみ」です。
青襲さんが死際に考えていたこと…それはくるみの感染について。


062

なんと、くるみに打たれた薬はただの栄養剤と抗生物質で、
元々くるみには抵抗力があって助かったのではないか、と言うのです。
めぐねえが噛まれた後少しの間意識を保てたのも、その抵抗力のおかげだとも。



青襲さん
『土着の菌…過去の流行が止まったこと…
どこかに…抗体が…
かんがえろ…かんがえろ…』



朦朧とした意識の中で頭を働かせる青襲さんですが
最期に『み…なざ…』という言葉を残し、抗体のことを学園生活部に伝えきれないまま息絶えてしまいます…。

青襲さんが集めていた、昔起きたパンデミック騒動の新聞記事(8巻巻末資料)に
『感染源は那酒沼(なざけぬま)』というメモあるので、『なざ…』は恐らく那酒沼のことを言い遺そうとしたのだと思います。
その那酒沼は朽那川が源流となっています。
学園生活部が通っていた巡ヶ丘高校では朽那川の水を汲み上げ浄水して飲料水やプールに使っていたそうです。
くるみたちは普段の学校生活の中でその水を口にすることにより、少しずつ抵抗力が付いていったということでしょうか。




063

場面は現在に戻り、ランダルの追手から逃れる学園生活部の視点に。
やつらを蹴散らしながら進撃し、今度はファミリーレストランを仮宿とします。
数日にわたる逃走の疲労と、行き先を失った今後の不安から、心身共にボロボロのようです。

くるみはずっと眠っています。
また元気な姿を見せてほしいものですが…。


みーくんはゆきに膝枕されながら、今は亡き親友の圭と、彼女と過ごしたショッピングモールの小部屋を夢想します。


064


みーくん
『もう、つかれたよ…』


ゆき
『疲れたよね。私もだよ。
私も…』


ゆきが弱音を吐くと本格的に死亡フラグが漂ってきますね…。



そうしている間にも追手は学園生活部の元へと迫ってきます。
今度こそ万事休すか…と思ったら、ここで謎のドローンがゆきとコンタクト。




065


『こらー学園生活部!何してるー!』



な、何者だ!?



次回に続く!









【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】