004

今年の締めくくりとして、
がるおんちゃんねる的百合っぷるベスト7を選出しました!

※選出は今年放映のアニメからです。漫画やゲームは除外しています。
さらに参考にするのはそのアニメの本編のみ
原作コミック・コミカライズ・スピンオフやOVA、ドラマCDなどでの百合描写は考慮していません。


※記事の特性上ネタバレを多分に含みます。

※言うまでもなく非常に百合度の高い記事となっています。




断っておきたいのは、当然これは私個人の中でのランキングであるので、
『○○×○○が低すぎ(高すぎ)!』『○○×○○が無いぞ!』と思われる方もいると思います。
全てのアニメをチェックしているわけではないので、見逃している百合っぷるも少なくないかもしれません。

昨年に続き、今年も読者部門としてこちらの企画を開催してるので、自分の好きな百合っぷるについて語りたいという人はどうぞ。
投稿は1月7日の爪切りの日まで受付中です!






では、まずは前哨戦の【そのっち部門】から。

ランキングの7位には入らなかったものの、十分に



15


と唸ってしまった百合っぷるを紹介していきます!





◆獅童真希×此花寿々花(刀使ノ巫女)

WS006068

とじみこよりまきすずです。
1クール目の胎動編では敵役でしたが、2クール目の波瀾編では仲間になり、二人で共闘したりイチャイチャしたりといった絡みを見せてくれました。
最終回の寿々花の態度…あれはもう惚れてるとしかw




◆藍原柚子×藍原芽衣(citrus)

59

立ちはだかる刺客を次々と撃退していく様から、レズバトルアニメとすら呼ばれることも。
私は最後の修学旅行編が好きでした。
この二人、なんと原作コミックでは●●●●エンドを迎えたようです。
おおおおそれは気になりすぎるっ!




◆恋塚小夢×勝木翼(こみっくがーるず)

WS001843

小夢から翼への想いがなんとも甘酸っぱいです。
まさに少女漫画のような恋!?
遊園地デート回は必見です。




萌田薫子×色川琉姫(こみっくがーるず)

WS001081

立ち込める犯罪臭。
おねロリに見えておねロリではないです。




◆松坂さとう×神戸しお(ハッピーシュガーライフ)

WS003819

サイコホラーアニメよりさとちゃんとしおちゃん。
一応おねロリになるのでしょうか。
二人の愛が本物になった最終回は尊く、そして悲しかったです。
さとうは死の間際までしおちゃんを愛していました。
対するしおちゃんも死ぬまでさとちゃんを愛し続けるのでしょう。




◆石動双葉×花柳香子(少女☆歌劇 レヴュースタァライト)

WS001903

幼なじみ百合っぷる。
第6話はこの二人のカンケイを掘り下げていく構成になっていて、
凝った演出と相まってスタァライトでは一番好きなエピソードです。
他にもかれひかや真矢クロなど、魅力的なカップリングが多い作品ですね。




源モモ×半蔵門雪(RELEASE THE SPYCE

WS004477

雪に憧れるモモと、彼女のことを大切に思う雪師匠の師弟愛コンビ。
二人のカンケイで見ると、最後は少し残念な形となってしまいましたが、雪師匠は今でもそっと見守っててくれてるのかも。




◆八千代命×相模楓(RELEASE THE SPYCE)

WS002963

同居百合っぷる。
特殊END回も良かったですが、命の裏切りの際に「この子は私がもらう」発言に昂ってしまいました…w
結局は二重スパイだったのですが。




◆鳩谷こはね×猿渡宇希(アニマエール!

WS005707

宇希のこはね好きっぷりが荒ぶってましたね。
牛久さんの言う「役得」な場面も多くありました。
しかし「ありがとうございます!」がパワーワードになる日が来るなんて思ってもいませんでしたねw

382




◆小糸侑×七海燈子(やがて君になる)

WS005627

踏切や体育倉庫のシーンなどの純粋な百合的火力の高さはさることながら、
最初から最後まで二人の精神面の触れ合いが丁寧に描かれていて、思わず見入ってしまう作品でした。
アニメ版ではまだ物語の途中とのことですので、原作コミック、あわよくばアニメ続編で二人の行く末まで見守りたいものです。






では前哨戦はこのあたりに留めて置いて、真打の【百合さん部門】、TOP7に参りましょう。


009

行きますわ!




【7th】
邪神ちゃん×メデューサ(邪神ちゃんドロップキック)



WS001246

2018年がるおんちゃんねる的百合カプベスト7、第一のカップリングは、
ダメ夫生活面でだらしない邪神ちゃんと、彼女を放っておけない世話焼き女房なメデューサです!



WS003214

アニメ邪神ちゃんドロップキックでは、邪神ちゃん×メデューサの仲良しシーンが毎回のように挟まれていたので、多いに和ませてもらいました。
今回は一体どんなイチャイチャを見せてくれるのかと毎週楽しみでしたよウフフ(*´艸`*)
特にメデューサの邪神ちゃん好きっぷりが打点高し!


WS000796

邪神ちゃんのほうも、普段はメデューサに対し乱暴な言葉を言い放ったり、挙句の果てに「ATM!」呼ばわりしたりもしますが、デート回やバレンタイン回を見るに、メデューサのことが大好きなのは明らか。



WS002731
WS002737
WS002739
WS002761
WS002779
WS002778


特にバレンタイン回のやりとりはニヤニヤMAXものです。



WS000136

メデューサ
『邪神ちゃん、チョコの作り方教えて
もうすぐバレンタインデーでしょ?』




WS000140

邪神ちゃん
『!!!!
あ、あげるのか…?誰かに』


メデューサ
『うん!』




WS000143

邪神ちゃん
『誰…?』


メデューサ
『ナイショだよ』




WS000145

邪神ちゃん
『じゃあ教えねーですの』


邪神ちゃん
『そんなの売ってるの買えばいいだろ
今の時期特設バレンタインコーナーがありますの』




WS000151

メデューサ
『そうだけど、
大切な人には手作りの渡したいかなーって』




WS000154

邪神ちゃん
『(メ…メデューサの大切な人だと…
そんな奴が!私が人間界に来てる間にそんな奴が!!』
くっふ~!私が弱いばかりに!)』


メデューサ
『じゃあ作り方教えてくれたら誰にあげるか教えてあげる
作り終わったときにね』


邪神ちゃん
『わ、わかりましたの
(魔界に帰り次第そいつ殺そ)』







WS000168

WS000169

メデューサ
『まだかな邪神ちゃん』


邪神ちゃん
『そんなに大切なのか?
チョコあげる奴』




WS000172

メデューサ
『うん!とってもね!』


邪神ちゃん
『そうか…
(ぜってー殺そ)』






WS000179

メデューサ
『ありがとう邪神ちゃん!
さっそくラッピングしよう』



WS000187

メデューサ
『でーきたっ
はい、邪神ちゃんにプレゼント』




WS000188

邪神ちゃん
『えっ』


メデューサ
『だから大切な人にあげるって言ったでしょ!』




WS000191
WS000192
WS000193
WS000198

邪神ちゃん
『あ、そう…
そういうこと!!』




WS000201

邪神ちゃん
『ありがとうですのメデューサ!』



WS000213

邪神ちゃん
『あ~よかった!本当によかった!』


メデューサ
『なんのこと?』


邪神ちゃん
『なんでもないですの!』


メデューサ
『え~教えてよ~』


邪神ちゃん
『教えねーですの!』


メデューサ
『邪神ちゃんのケチ!』




WS003359

実は千年単位の幼馴染でもあり、当ブログで扱った作品の中では恐らく最も長い時間を一緒に過ごしている百合っぷるだったりもします。
もう永遠の愛を誓ってもいいんじゃないですかね。
邪神ちゃんのクズも永遠に加速していきそうですが、一向に構いませんの!





【6th】一ノ瀬花名×百地たまて(スロウスタート


77

スロウスタートよりはなたまです!
ちなみに当ブログの読者層にも人気の百合っぷるみたいです。
同学年ではありますが、花名の抱えている事情から、実は歳の差百合っぷるだったりします。



WS006376

WS010238

スロウスタートそのものが女の子イチャイチャ成分がとても高いアニメで、私にとっては理想郷(ユリトピア)のようなアニメでした!
色々なカップリングが楽しめる作品でもあり、はなたまコンビの絡みにも終始癒されてました。
特にお泊り回では従妹への挨拶、一緒にお風呂、夜中に内緒話、同衾とイベント連発!
イベントスチルイベントスチルイベントスチルー!



WS008098
WS008140
WS008141
WS008163
WS008183
WS008196
WS008205

ギャルゲーを趣味として嗜んでいるたまちゃん、
現実では花名ちゃんを攻略しようとしているのかも!?



WS008158
WS008159

たまて
『今までもこれからも
私のことしか好きにならない娘がいいんですよ
今までも、これからも』



普段は明るいたまちゃんですが、恋愛観ではちょっとした闇を抱えていたり?
「元恋人がいるような人はダメ」のような発言もしており、独占欲が強い一面も。
付き合うと色々と苦労するかもしれませんが、
そんなたまちゃんでも花名ちゃんなら受け止められるハズ!





【5th】大空遥×比嘉かなた(はるかなレシーブ)

WS001833

ビーチバレーを題材としたきららアニメ、はるかなレシーブよりはるかなペアです!
百合っぷるの名前がタイトルになっている!



WS000385

ビーチバレーがペアを組んでの競技ということで自ずと二人でいる機会が多く、様々な百合模様を見せてくれました。
しかもはるかなは同居しているのです。
学校でも部活でもお家でも一緒!四六時中一緒なのです!
今後もビーチバレーを通じて仲を深めてもらい、是非とも人生のパートナーにもなって欲しいですね!



WS000386
WS000387
WS000394
WS000395

順調に百合調教(?)されていくかなたちゃん。



WS002493

百合的シーンでは、名前呼びのところや今カノ云々のやりとりも好きですが、
個人的に一番のお気に入りははるかがペアでお揃いの水着を用意してきたシーンですね。



WS001094


『じゃーん!どう?いいでしょこれ!
ミンサー柄をあしらってみました!
沖縄伝統の柄で、いつの世も末永くって意味なんだって!』



『はい、かなたちゃんも!
ねぇ、私たちにピッタリだと思わない?』




081

かなた
『…』



『あれ、どしたの?』


恵美理
『たしかにミンサー柄にはそういう意味もあるけど…それは相手への好意を伝えるために渡すものなの』




084

恵美理
『つまり…告白の贈り物』





WS001095
WS001096




085


『いいよそれ!
だって、私好きだもん!
かなたちゃんのこと!』




086

かなた
『好き…』




087


『うん!好き!』




恵美理やばーちゃんと同様の反応を起こした視聴者も少なくなかったはず。



WS000658

ちなみにはるかは172cm、かなたは151cmと、身長差はかなりのもの。Trickするとき大変かも。
先ほどの邪メデュの部分で「当ブログで扱った作品の中では恐らく最も長い時間を一緒に過ごしている百合っぷる」と述べましたが、このはるかなに関しては割と身長差があるほうの百合っぷるだと思います。
身長差となるとおねロリ方面の方々がいるので上位は厳しいかもしれませんが。





【4th】各務原なでしこ×志摩リン(ゆるキャン△)

WS000965

ゆるキャン△よりなでリンです!
運命的な出会いに始まり、その後は一緒に鍋をつついたり、夜景の写真を交換したり、一緒のテントで眠ったりと、アウトドアライフを共に楽しむ仲となりました。



WS004536
WS000974
WS001024
WS001027
WS001028

最終回ラストの「リンちゃんだぁぁぁぁ!」の場面は、アニメを締めくくるに相応しい最高のシーンでしたね。



WS000254
47

実はこのなでリン、作中では別行動を取ることもしばしばあり、スキンシップ面でもそこまでベタベタするタイプの百合っぷるではないのですが、
この距離感が心地よく、「お互いがベッタリ過ぎず、自分の時間も大切にする、素敵なカップル」なんて意見も。

細かい描写になりますが、ゆるキャン△のOPの1シーンで、なでしこがリンに「一緒にキャンプに行こう!」と誘う場面。
最初は「やだ」とつれない返事を返すリンちゃんなのですが、
エピソードが進むにつれ、この返事が「考えとく」「いいよ」と好意的になっていくのです!

54

本編以外でもなでしことリンのカンケイの進展が見て取れる、ユニークな演出でしたね。





【3rd】榎並清瀬×十倉英依子(スロウスタート)

103

スロウスタートよりえーこと先生!きよえーです!
生徒×教師という、ちょっぴりインモラルなカンケイでもあります。
はなたまのパートで述べた通り、基本的にスロウスタートは平和的な女の子イチャイチャアニメなのですが、
この二人のシーンになると途端に空気が変わるのが印象的でしたね。
ネットの反応では「湿度が変わった」「きらら百合姫始まった」などのコメントが。



145
WS008694
WS010227
WS010231

普段は大勢の女の子をたらし込んでいるえーこですが、
本命の榎並先生が相手だと余裕を無くしてしまう様子が微笑ましいです。
介抱回や夏祭り回では打点の高いカットを次々と見せてくれました。
もう教師とか生徒とかカンケイなくお付き合いしてはどうですかね(無責任





アニメの展開ではありませんが、
先日きらら公式にて公開された「栄依子&榎並先生のきわどい」漫画が、
濃厚なきよえーエピソードとなっているので、気になる人は是非とも読んでみてください!
ちなみにエピソードが公開されたのはクリスマス。まさにメリー百合スマスですね。





【2nd】衛藤可奈美×十条姫和(刀使ノ巫女)


WS001927

和風バトルアニメの刀使ノ巫女より、ダブル主人公のかなひよです!
元気いっぱい娘×クール娘という、百合っぷるとしては王道のタイプです。



WS005709

刀使ノ巫女のストーリーは可奈美と姫和の逃避行からスタートします。
全ての刀使の頂点に立つ存在、折紙家に刃を向けたことにより、反逆者として追われることになったかなひよ。
その後は逃避行生活や荒魂との戦い、そして宿敵との決戦を経て、絆を深めていきます。



WS005784
WS006610
772
WS010420
WS005475

個人的に一番好きなシーンは(かなり序盤のシーンですが)「半分持つよ」のところですね。
後に明らかになる二人の生い立ちから考えると感慨深いものがあります。
かなひよは運命。



WS004290
WS004296

終盤は姫和がイチキシマヒメと融合して半荒魂と化したり、タギツヒメに取り込まれたりと、かなひよにとっては試練の連続。
そんな事情もあって、最終話に無事二人で隠世からの生還を果たし、桜の木の下で背中合わせで手を握り合うカットは感動的でした。



WS006095
WS006103
WS006106

かなひよに始まりかなひよに終わる、それが刀使ノ巫女!



159

とは言ってみましたが、刀使ノ巫女には他にも(そのっち部門でも挙げた)まきすずやまいさやといった魅力的な百合っぷるが多く登場するので、バトル×百合ものが好きな人にはおススメですね。
ゲームアプリ「刻みし一閃の灯火」も絶賛配信中で、百合要素もありますよ(ダイマ)



WS001931

ちなみに可奈美⇒姫和のあまりにもフレンドリーな態度から忘れてしまいがちですが、年齢的には姫和のほうが年上!
この設定がかなひよというカップリングを語る上では絶妙なスパイスとなっているのです。
正直言って私は「考えたやつ天才だろ」とすら思ってます。






【1st】天野灯×ソフィー・トワイライト(となりの吸血鬼さん)

WS001762

がるんちゃねる2018年のベスト百合っぷるは、
人間の女子高生と女性吸血鬼の百合っぷる、灯×ソフィーに贈ります。


天野灯はひょんな事からソフィー・トワイライトという吸血鬼の女の子に助けられ、一目でソフィーを気に入ってしまう。
イマドキ吸血鬼さんとの同居コメディ!



となりの吸血鬼さんはそんなストーリーの日常アニメ。
女の子同士のイチャイチャシーンが非常に多いです(超重要)



WS003093
WS000669

灯×ソフィーも、毎回毎回イチャイチャイチャイチャ×100…
イチャイチャしてないシーンのほうが少ないんじゃないかというほど仲良しなのです。



WS002520

そんな灯×ソフィーの絡みが一層尊く感じたのは、彼女たちが抱える事情にあります。
私たちが知る吸血鬼の特徴通り、ソフィーは日の光や流水に弱く、その姿は鏡に映らず、食事も血液しか口にすることができません。




WS005274
WS005381
WS005969

なので、二人で散歩に出かける、服を選んであげる、お化粧を施してあげる、一緒にご飯を食べる…そんな人間同士では当たり前の日常のコミュニケーションが、彼女たちにとっては特別な時間になるのです。



WS001724
WS001725
WS001726

その出会いもどこか運命的。
灯はこのときにソフィーに一目惚れしたとのことですが、
実はソフィーのほうも…なんて想像してしまったり。
アニメ最終回ではアニメオリジナルでこのシーンを本人たちが再現する場面があり、ナイス改変!と制作陣に拍手を送りたくなりました。



WS005487


「さ、一緒に帰ろ」




WS005488

ソフィー
「そうだな」




WS005489


「あ!ごめん、慌てて出てきたから日傘も何も持ってきてなかった!
私取ってくる!」




WS005500

WS005493

ソフィー
「いや…いい、ここにいてくれ」


WS005496

WS005498


本当の気持ちは、鏡には映らない。
永い時をひとり暗闇で過ごしてきたソフィーにとって(厳密には、エリーがいましたが)、
灯との出会いはまさに光だったのでは、なんて思います。



WS001770

ふたり一緒の時間がこれからもずっと続きますように。。。






以上です。
ランキング!などと言って順位付けなんてしてしまいましたが、彼女らが相手を想う気持ちに優劣などありません
どの百合っぷるも等しく

313629cf

と言うことには変わらないということです。

毎年同じことを言ってますね。
けれど事実ではないでしょうか。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
来年も当ブログもよろしくお願いいたします!







・・・さて、ここからはオマケ、いやある意味本編?の【千歳部門】です。

WS002175



もしかしたらあまり理解を得られないかもしれませんが、極めて個人的に気になった百合っぷるを少し挙げます。









★結城友奈×東郷美森(結城友奈は勇者であるー勇者の章ー)


WS003959

このブログの名誉百合っぷるの一組、ゆゆゆ2期よりゆうみもです。
ゆうみもありて幸福!

ゆゆゆ2期って去年でしょ、と思われる人もいるかもしれませんが、最終話の12話は年をまたいで2018年1月の放送だったのですよ。
なのでここで紹介してもばちは当たらないはず。ゆうみも無罪!



WS004907
WS004909

ただでさえシリアスムードが濃厚なゆゆゆ、1期に続き、2期は更に暗い雰囲気の局面が多かったのですが(だいたい天ノ神の呪いのせい)
そんな中でも溢れんばかりのゆうみもパワーを見せてくれました!
最終話で友奈ちゃんを取り戻すために単身で神樹に突入する東郷さんマジ主人公。
「友奈!」呼びも印象的でしたね。



Screenshot_20180213-170352

ここだけの話、ゆゆゆいのバレンタインイベントのゆうみもがあまりに尊すぎて、呼吸ができないくらい泣きました。



★一ノ瀬花名×十倉英依子
(スロウスタート

WS008736

スロウスタートより花名×えーこです!
7話の最後のやりとりで、二人の可能性を感じてしまったのは私だけではないはず!私だけ?



WS008749
WS008751

もしかしたら、花名が最初に自分の秘密を打ち明けるのは、えーこかも?
なんて思ったシーンでした。



★松坂さとう×宮崎すみれ(ハッピーシュガーライフ

WS001762

ハッピーシュガーライフより、さとちゃんと後輩のすーちゃんです。
ロッカールームでのシーンが何とも色っぽかったです。
ぶっちゃけアニメ化で一番楽しみにしていたシーンでした…w
体は繋がっていても心は通じ合っていないという、切ないシーンでもありますが。



WS001714
WS001718
WS001755
WS001736

結局、さとちゃんには別に愛する人(しおちゃん)がいたのと、
さとちゃん本人があんなことになってしまったので、すーちゃんに春が来ることはありませんでした。
アンハッピーでビターなライフですねぇ…。

特典漫画でさとちゃん×しおちゃんの甘々アナザーライフが描かれていましたが、
すーちゃんにもIFルート・ハッピーすーちゃんライフで救済を所望したいところであります…!



★秋常紺×家庭教師の女子大生(アニマエール!

WS004877

チアを題材としたきららアニメ、アニマエール!より、秋常さんと家庭教師の女子大生さんです。
「家庭教師の女子大生」なんて名前にしているのは、彼女が作中には登場していないためです。
これでは未視聴の人にはワケがわからないと思いますので、簡単に説明しますと…


物語は割と序盤、主人公・こはねたちが設立して間もないチア同好会に、クラスメイトの秋常紺から「告白の応援としてほしい」という依頼が舞い込みます。

WS004810
WS004817

恋の告白の応援はチアの領分ではない気がするも、引き受けるチア同好会一行。



WS004839

そして、秋常さんが恋しているのは、なんと家庭教師の女性だということが判明します!
これには百合好き視聴者も大歓喜だったはず。かくいう私も同族で。

009



頑張っている人を応援すること、それこそがチアの理念。
チア同好会は秋常さんにエールを送ります。



WS004890

こはね
「相手が誰でも、好きだって思えるのって素敵だと思う」




WS004900

その後、チア同好会の応援に背中を押された秋常さんは先生に告白、見事成就したのです!



WS004895

秋常さんは先生においしい料理をふるまうために、家庭科部に入部したのでした。
こちらは二人でハッピーでシュガーなライフを送るのでしょう。
打点の高いエピソードをありがとうございました!
将来ケッコンされた際には当ブログからも祝電を送らせていただきます!







以上で2018年がるおんちゃんねる的百合カプベスト7!記事を終わります!

来年も全ての百合っぷるに幸ありますように!

WS001734










【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】