WS000081

冬イベント2019のE3をクリアし、無事完走できました。
攻略日記的な雑記になります。





輸送ゲージと戦力ゲージのダブルゲージ海域です。

今回のイベントは甲作戦限定の報酬アイテムはないので、
普段は甲で頑張っている人も乙や丙でのクリアも十分ありだと思います。

難易度により数や改修レベルが変わる報酬は「甲標的丙型」。
甲だと★4が2つ、乙だと無改修が2つ、丙だと無改修が1つ、丁はなし。
強力な装備なので1つは欲しいところ。
できれば丙以上でクリアしたいです。






◆輸送ゲージ◆

097

まずは輸送作戦。
電探を装備しないとルート逸れが起こるので、輸送装備とのバランス配分が悩ましいです。



098

ボスは南方棲戦姫。
とにかく硬いので、コイツにトドメを刺し損ねてS勝利を逃すパターンが多いです。
電探と輸送の縛りにより夜戦に特化した装備編成をしている余裕はないので、
A勝利でコツコツと輸送していくことになると思います。



・編成例

201812E31

装甲空母などを入れても最短を通れますが、
輸送量とボス戦での夜戦連撃をアテにして航巡採用。

支援は初戦と3戦目にある航空戦で撤退すると無駄になるので道中ボス共に出しませんでした。
航空隊×3でも十分活躍できます。Lに2つ、ボスに1つ出してました。

輸送量はS勝利75ポイントA勝利52ポイントでした。




◆ZZ開通ギミック◆

100

輸送を終え戦力ゲージを出したら、
恒例の(?)ギミック解きです。

このギミックを解かなくてもボスには挑めますが、
ショートカットルートが開通されるほか、特効艦のダメージが上がったりするようです?

甲の場合は以下の条件となります。

・Sマス(輸送ボス)S勝利
・基地空襲で『制空権確保かつ無傷』を2回
・D・F・I・K・N・T・Uに基地航空隊を派遣し制空権確保


航空隊をそのまま続投できるので、まずは輸送作戦からの流れでSマスS勝利からやるといいかと。



WS000065

制空権確保は、陸攻ガン積みの航空隊を出撃させて敵艦を破壊してしまう大胆な戦法もあり。
私はこれでNの制空確保を取れました。
また、E2に続き潜水艦戦法も有効です。





◆戦力ゲージ◆

最短のZZルートの場合、航空戦2回、潜水艦戦が2回あります。
潜水艦戦はどちらも潜水新棲姫が登場するというあんまりな仕様です。
ちなみに低難易度でも出るみたいです。
通常戦闘の【J】も空母ヌ級が脅威で、輪形陣だろうが反攻戦だろうがばんばん中大破させてきます。
…と、大破要因が多いので、根気強く出撃を繰り返していくことになると思います。


ちなみに最短ルート以外の場合、Wにはダブル戦艦棲姫が、Vにはダブルレ級が待ち構えています。
潜水幼女とどちらがマシかは難しいところですね…。

ただしVのレ級は乙難易度以下だと先制雷撃を放たない弱めの個体になるので、
あえて最短ではなくこちらを通るやり方もあるみたいです。
確実にVを通れる条件は見つかっていないようですが…。





WS000066

ボスは深海日棲姫。
顔の角度から鉄仮面を被っているようにも見えますが白塗りの巫女さんです。

敵編成そのものは昨今の姫ラッシュと比べると大人しめ。
しかしこちらも編成が制限されているので、ギリギリの戦いになります。



WS000068

ネルソンや長門の特殊砲撃を使う戦法が主流みたいですが、
発動が確率なのと、第二陣形により艦隊全体の火力が少し落ちるので、
私は大和型二人を採用したうえで第四陣形で戦ってました。

ただしネルソンタッチやながもんタッチも強力なのは間違いなくて、
うまくハマると姫を2人一気に葬ったりしてぐっと勝利に近づきます。
運気に自信のある人は是非?



・編成例

201812E32

航空隊は東海部隊をCとZZに分散、他2隊は陸偵1陸戦1陸攻2をボスに集中。
削りのときはCとZZどちらにも対潜機4を出撃させて安定を取ってました。
支援は道中は対潜支援、決戦は砲撃支援で。




WS000076

時雨のカットインで456ダメージで撃破。
特効が乗ると魚雷2でも十分な火力が出ますね。



WS000080
WS000081

最終海域を飛鷹入り編成でクリアできなかったことが悔やまれますが、
久しぶりにオール甲を達成できました!

しかし現在ドロップ艦が二人とも出ていないという状況ですので(泣)
残りの期間は掘りに勤しみたいと思います。

ではでは、攻略中の人は頑張って下さい!







【人気記事】



    【百合関連お役立ち記事】



    【感想系の記事】



    【他サイトさんの記事】

    Powered By 画RSS


    【新着記事】


    【TOPに戻る】