340








■作品紹介■

475


「恋を…するってこういう気持ちだったんだ」
「自分の気持ちを素直に…伝える時が来たんだ」
学園アイドル・黛風澄は自分の気持ちに気付き、勇気を出して…
「大切で大好きな女の子を攻略した」






■特典情報など■






・かんりにんのかんそう

472

主人公の風澄(かすみ)が無自覚なイケメン的行動で色んな女の子を恋に落としていく、女の子×女の子の攻略系コメディ
百合好きさんの中では、百合ハーレムものの百合漫画として読んでいた人もいるのではないでしょうか。かくいう私も(ry
その結末は意外にも、最初に攻略した杏子(きょうこ)ちゃんと恋仲になりハッピーエンド!というものでした。



473

百合ハーレムものからの路線変更とも取れなくもありませんが、
(読み直してみると前兆はそれなりにあったりもします)
百合ジャンルに限らず、所謂ハーレムものは単一の相手を決めることなく終わってしまう作品が多い中、
しっかりと恋愛面での決着をつけて完結させた姿勢は、個人的には評価したいですね。
前半の時点では乙評価かなぁなどとのたまいましたが、いやいやこれは甲勲章贈呈モノですよホント。



471

風澄×杏子の百合漫画としてみても、最初は友情だった感情が徐々に恋心に代わっていく様子は純粋に打点が高いです。
終盤のエピソードにある、告白からのキスはラストを飾るに相応しい百合シーンですね。
ちなみに、前面に出されている「女の子が女の子を攻略」ばかりに目が行きがちですが、地味に女の子×女の子のキスシーンが結構多い漫画だったりします。




470

なお杏子ちゃんという正式な彼女ができても、風澄のイケメン行動体質は変わることなく、今日もどこかで無自覚に女の子を攻略している模様。
これは杏子ちゃんも気が気でないのでは(笑)なんて思ってしまいますが、そこは正妻の余裕で乗り越えてほしいですね。



474

きらら漫画のような可愛らしい絵柄でガチの百合模様が見られることもあり、私にとっては満足の一本でした(*´ω`*)
女の子同士がキャッキャウフフとまたーり日常を過ごす作品もいいけど、もっと踏み込んだカンケイも見たい…!という人にも良い漫画なのではないかと思います。
一応、最後のほうで風澄×杏子を取り巻く周りの子たちの恋の駆け引き的なものはありますが、爽やか青春と言った感じで、ドロドロはしてないです。



余談になりますが、作者のむく先生はこの作品を執筆するにあたり
「色んな女の子を攻略するお話なのはもちろん、まっすぐに想いをぶつけ合う恋愛模様だったりと、百合漫画としてありなのか」と不安に思っていたそうです。

842


また百合漫画かどうかは不明ですが、次回作も決まっているそうです。
願わくば、再び百合漫画のジャンルで活躍されることを期待したいですね。


以上、今日も女の子を攻略した。の感想でした。



かんれんきじ







【人気記事】







    【TOPに戻る】