小室友里の性活ブログ☆

男女の恋愛や性のお悩みを解決する、夜の性活相談員『小室友里』による性活情報ブログです。あなたの恋と性活を豊かにする、ちょっぴりオトナな情報をお伝えしていきます☆

【小室友里】夜の性活相談員

1975年神奈川県生まれ。

1995年に19歳でグラビアモデルとしてデビュー。1996年から1999年まではトップセクシー女優として君臨。世界初となるDVDでのアダルト作品を発売。作品の総売上枚数は100万枚以上。

現役時代より執筆活動を開始し、セクシー女優引退後は、ライターとして雑誌や新聞にコラム、セックス関連のお悩み相談などを寄稿。自身の結婚経験や、心理カウンセラーの資格を活かし、性の悩みを解消するセクシャルカウンセラーとしての活動も本格化。

「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

男女の性、特に男女間におけるセックスアピール、セックステクニック、セックスコミュニケーション(心の繋がり)について、「経験」と「知識」を兼ね備えた説得力のあるアドバイスは分かりやすいと高い評価を得ている。

その親しみの持てるキャラクターも、お悩みを抱えた方から「とても相談しやすい」と好評。

このブログでは、あなたの恋と性活を豊かにする、ちょっぴりオトナな情報を(ほぼ毎日)お伝えしていきます☆

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.90

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】


【☆ 小室友里コメント ☆】
男は十中八九、女性の裸に興奮しますよ。
それは男のサガ。

全くタイプじゃない女性だって、
裸になれば思わず見てしまう、興奮してしまう。
それが、男のサガ。

で、後から後悔するんです。

『なんであんな女に興奮しちゃったんだろう…(泣)』

それでも懲りずにチャンスあらば、また見てしまう…。
男って、おバカで可愛い生き物ですね。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.89

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】


【☆ 小室友里コメント ☆】
私も使っていますが、
月経カップを使ったら他の生理用品が使えなくなってしまいました。

記事のように泥をナプキン代わりにすることは考えずらい日本ですが、
万が一あるとしたら、災害や思わぬ不幸に見舞われた時。

震災の支援物資で生理用品が求められたのは、
皆さん記憶にも新しいことでしょう。
しかし、使い終わった生理用品の処理は…。

災害時に月経カップを使う際、
清潔な手で膣内に挿入できなかったら?溜まった径血の処理は?

諸問題はありますが、一つの選択肢として、
女性として覚えておいて損はないはずです。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.88

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】


【☆ 小室友里コメント ☆】
紫は官能を呼び覚ます色です。
それでいて日本人に馴染みがあります。

紫は粋な色、高貴な色として、
祭やお祝いに用いられてますね。

とはいえ、紫やラベンダーを用いたとしても、
ベッドメイキングを欠かしたら無意味です。

わかってるけど、
そんなにしょっちゅうシーツなんて替えられない〜!

そんなあなたは、せめて除菌ミストを振りまいて。

出来れば振りまいた後は、
しばらく畳まずに放置しておきましょう。

起きたばかりの布団は、汗と温もりで湿気っています。
ある程度温もりが消えてから畳みましょう。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.87

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】

【☆ 小室友里コメント ☆】
『こうすれば彼が悦んでくれるんだ!』

H記事を読んで得た情報をウキウキ気分で試そうとすると、
オーバーアクションになったり、
過剰にリアクションしがちになってしまいます。

書いてある情報は飽くまで情報。
それがあなたやカレに当てはまるとは限りません。

試したい!と思った記事は、
カレの様子を見ながら小出しにしましょう。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.86

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】
【☆ 小室友里コメント ☆】
仕事が出来る人と出来ない人の違いは、
相手のニーズを察知出来るかどうか。

それはセックスも同じです。

自分のやりたいことばかり追求したら、
相手は逃げていきます。

与えてほしいなら、与えること。
それが大切な人や事柄なら、尚更与え続けること。

なんだか聖書みたいな話ですが、
人間関係もセックスも、
これで上手くいくんですよねー、案外。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.85

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】


【☆ 小室友里コメント ☆】
男の本質的脆さをフィーチャーしている、
渡辺淳一さんの著書。

女性からしたらどーでもいいような些細なことで
つまづいてしまうんです、男ってヤツは…
困ったコだわ。と思わずにはいられません。

そんなヘタレな男たちですから、
EDなんてそりゃあもう、死活問題ですよ。

必死に改善しようと、
またはEDを隠そうとするくらいなら、
いっそのこと話してくれればいいのに…。

と思うも、そこは男のプライドなんですねぇ。
男って、見方を変えたらかわいいモンです。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.84

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】


【☆ 小室友里コメント ☆】
ラブラブセックス入門編にどうぞ。

いずれは求めたい『本当に気持ちのいいセックス』のためには、
頭でアレコレ考えちゃう癖が付くのはよろしくありません。

物は試し。まずはやってみて、自分とカレが一緒に楽しめるか、
気持ち良くなれるか、頭よりもカラダで感じてみて。

純粋に楽しいなー、気持ちいいなー。

そう感じられるセックスの先に、
『本当に気持ちのいいセックス』が待っています。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.83

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【★ 本日のセレクト ★】



【☆ 小室友里コメント ☆】
ネタにどうぞ。

AVを観る年齢層は確実に40代以上が多い現在。

ただ若いだけでガツガツするセックスをみせられるより、
自分と同世代、または上の世代が絡み合う、
ネットリ系のセックスの方が萌える。

これが熟女系、熟年系AV(ポルノ)人気の理由の一つ。

若い女性にも、ガツガツするより
こういうおじいちゃんに舐め回られるところを想像する方が濡れちゃう
。。。って人、意外と多いんじゃないかな?

カテゴリ別アーカイブ
☆月別☆
小室友里 関連書籍




記事検索
☆QRコード☆
QRコード
  • ライブドアブログ