小室友里の性活ブログ☆

男女の恋愛や性のお悩みを解決する、夜の性活相談員『小室友里』による性活情報ブログです。あなたの恋と性活を豊かにする、ちょっぴりオトナな情報をお伝えしていきます☆

【小室友里】夜の性活相談員

1975年神奈川県生まれ。

1995年に19歳でグラビアモデルとしてデビュー。1996年から1999年まではトップセクシー女優として君臨。世界初となるDVDでのアダルト作品を発売。作品の総売上枚数は100万枚以上。

現役時代より執筆活動を開始し、セクシー女優引退後は、ライターとして雑誌や新聞にコラム、セックス関連のお悩み相談などを寄稿。自身の結婚経験や、心理カウンセラーの資格を活かし、性の悩みを解消するセクシャルカウンセラーとしての活動も本格化。

「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

男女の性、特に男女間におけるセックスアピール、セックステクニック、セックスコミュニケーション(心の繋がり)について、「経験」と「知識」を兼ね備えた説得力のあるアドバイスは分かりやすいと高い評価を得ている。

その親しみの持てるキャラクターも、お悩みを抱えた方から「とても相談しやすい」と好評。

このブログでは、あなたの恋と性活を豊かにする、ちょっぴりオトナな情報を(ほぼ毎日)お伝えしていきます☆

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.184

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







【米国発!Breaking News】
アメリカでも話題のビッグな女性の「押しつぶし」商売。手始めはなんと日本で!?


女性の柔らかい肉に包まれたい!って男性は多い。
がしかし、ここまでパオ(包む)されると…
 
いわゆる「デブ専」サービスもあるけど、
日本でブームになるにはまだ早いんじゃないかなあ?

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.183

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







「AVにモザイクをかけるバイト」を6日間経験してきたキュウ


AVって夢を魅せる商売だけど、夢のある商売ではないのよねぇ…

女優も男優も、AVに関わるほとんどの人が、
非現実なセックスを、現実の金銭に変える中で
「セックスで夢を売る人間が、夢を観ちゃいけない」

と気がついてしまうのよねぇ…

突拍子もない内容の作品より、現実感のある作品が売れる昨今。
 
そのためにも、
制作サイドはセックスの現実を観察しないとダメなんだと思いますね。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.182

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







セックステクニシャンになるための女子必修テクニック・4選


目を見るってホントに大切。

セックスはお互いを確かめ合うコミュニケーションだから、
出来れば無言は避けたい。

けど、視線でお互いに気持ちを伝え合えているなら、
それはいいセックスになります☆

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.181

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







オーガズムが女性のライフスタイルにもたらす4つのメリット


オーガズムはパートナーと良好な関係を築くのに、
欠かせないエッセンス。

なくても築けるけど、あったらもっと早く築けるし、
オーガズムなしの人には味わえない幸福感があるね。

それも自分一人じゃなく、パートナーと一緒に味わえる幸福感。
これって、最高にハッピーな恋愛じゃない?

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.180

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







性欲がないのに◯◯プレイもOK!?
「彼のためだけにセックスをする」女性とは


セックスが気持ちよくない→だからセックスしない人よりは、
ステキなセックスができているのではないかしら。

セックスは快楽ではなく、心の繋がりがあってこそ。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.179

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







勘違いされている「男を喜ばせるセックス」について


男の言い分
『恥じらい』も『アグレッシブ』も
相反する一面を持ち合わせてほしいって、むちゃくちゃw
 
んじゃどうしたらいいの?
お互いが求めているセックス、
受け入れられないセックスを知らなきゃ、始まらないよね。

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.178

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







セックスW杯、日本は「満足度」において世界3位?
ブラジルはアノ部門で1位


世界的にセックスをしない日本人のセックスが、実は質がいい。
これは新しい発見。

『細かい作業が得意=高度なセックステクニック』
なのかもしれないね。

セックステクニックを追求する意識は、
世界一なんじゃないかしら?

【ほぼ毎日更新】性活スキルUP塾 vol.177

小室バナー_性活ブログ_スキルUP塾







1か月に1錠でいいピルの誕生!? 今のうちに、知っておきたいピルの基本


コンドームは性感染症予防、ピルは避妊と、
これからの時代は役割が明確化されるのではないでしょうか。

ピルを処方してもらうようになると、
数ヶ月に一度の割合で、定期検診があります。
婦人科系疾患の早期発見にも繋がります。
カテゴリ別アーカイブ
☆月別☆
小室友里 関連書籍





女性向けハウツー映像作品

記事検索
☆QRコード☆
QRコード
  • ライブドアブログ