October 18, 2018

「ザ・ファッションショーを楽しんでもらいたい♪」by MIDDLA♪

MIDDLA@afwt2019SS  (4)

AmazonFWT2019SSも中盤♪
昨日は、個人的にお気に入りの「MIDDLA」のランウェイショーが行われました。
前回のショーは、ピアノの生演奏でしたが、今回は、サックスのソロ演奏でスタート

MIDDLA@afwt2019SS  (3)

優しく響く演奏とともにスタートしたショーは、別世界にいざなってくれるようなドレス
後半は、がらりと雰囲気が変わり、リアルクローズの登場。


MIDDLA@afwt2019SS  (5)

演奏もドラムとギターに。
会場の雰囲気もがらりと変わりました。

MIDDLA@afwt2019SS  (1)

ランウェイの高さが違っているので、真ん中のモデルさんが小さく見えますが、キッズサイズではありません(笑)

MIDDLA@afwt2019SS  (2)

デザイナーの安藤大春さんは、キュートなTシャツで登場。
これ欲しい(^_-)-☆
「今回は、ノベルティがあったり、ドレスの華やかさがあったりというザ・ファッションショーというイメージにしたかった」という安藤さん。
音楽もロック、クラシック、さらにはインビテーションに香りも込めて、五感で楽しむ構成
「ザ・ファッションショー」楽しませていただきました












yurix at 09:39|PermalinkComments(0)

October 17, 2018

TATTE by TATTEの次のテーマはSomething Blue♪

TATTE by TATTE2018 (1)

AmazonFWT関連の合同展示会のひとつ「第5回クリエーション・アムール」♪
昨日、10月16日〜10月18日までTRUNK HOTELで開催中で、一般公開されています。
2019SSコレクションのお披露目でもありますが、多くのブースで今シーズンのものも拝見でき、お買い物もできちゃいます。
3度目の出展になる「TATTE by TATTE」の2019SSのテーマは、“Something Blue〜Sardinia,Italy〜”だそう。
毎回、世界のどこかの街をイメージしてデザインされているのですが、今回は、イタリアのサルデーニャ島だそう。
この島のサンゴをメインに、バイオレットブルーからイメージしたそうです。
地中海に浮かぶサルデーニャ島に気持ちを馳せられるディスプレイ


TATTE by TATTE2018 (2)

“Something Blue”は、結婚式をイメージする言葉ですが、幸せを運んでくるイメージでステキですね。
赤サンゴと水晶の大振りなネックレスには、コードの部分がブルーになっています。


TATTE by TATTE2018 (5)

写真では、パールに見えるかもしれませんが、こちらも白いサンゴ
右側は、5種類の天然石で110cmのロングタイプ。
2連にすることもでき、ヴァリエーションが楽しめますね。

TATTE by TATTE2018 (4)

そして、以前はなかったピアスが登場していました。
こちらも、しっかりブルーが入っていますね(^_-)。
実は、デザイナーの建元節子さん、以前はご自身はピアスの穴をあけていなかったのですが、コレクションを出すにあたって、開けたのだそう。


TATTE by TATTE2018 (3)

トルコ石のピアス
ピアスを楽しむようになって、髪もバッサリ切られたそうです。
印象が違って、最初わからなかったですもの。
とても似合っていらっしゃいました。


TATTE by TATTE2018 (6)

今回は、せっかくの“Something Blue”なので、ブルーのものをと新作ピアスとブレスで迷ったのですが、建元さんがちょうどつけていらっしゃったトルコ石と水晶のブレスがかわいくて

TATTE by TATTE2018 (7)


我が家にやってきました
水晶だけだと、ちょっとパワーストーンぽくなるかもとのことで、2連にデザインしたそう。
ちょっと見えるように、袖丈短めの洋服を着てみようかしら(^_^)。
コレクションは、
オンラインストアで購入できますが、実物を見たいなら、ぜひ18日まで開催中の「クリエーション・アムール」へ。
デザイナーの建元さんと一緒に選ぶのも楽しいですよ
オンラインより先取りで春夏のコレクションが見られますしね(^_-)-☆















yurix at 10:31|PermalinkComments(0)

October 16, 2018

AmazonFWT2019SS昨日スタート♪

AmazonFWT2019SS (1)

昨日スタートした「Amazon Fashion Week TOKYO2019SS」♪
ランウェイショーには、招待状が必要ですが、そのほか、展示会やイベントは、一般に公開されているものもあり、なかには、お買い物も楽しめるタイプもあります。
普段見られないファッション業界をのぞき見できるのも、この1週間の楽しみ
ぜひ、渋谷近辺でファッションを楽しむ秋にしてもらいたいです。
そして、初日に行われたショーの一部をご紹介。


AmazonFWT2019SS (2)

いつもモノトーンでシンプルなショーの「DRESSEDUNDRESSED」は、テーマが“レストラン”で、まさにレストランを再現したような演出
座るところまでは想像できましたが、まさか食べたり飲んだりするとは
でも、いつもと違うシチュエーションで新作を見られるのは楽しいですね。
この演出に見入ってしまったので、個々のコレクションアイテムは改めて拝見しなくては(^_^;)。

AmazonFWT2019SS (3)

夕方、カラヤン広場で行われた「D-VEC」。
以前も屋外でのショーを拝見していますが、今回は水しぶきが足元まで(*_*)。
雨を感じ風を楽しむ水面に映し出される「波紋-HAMONN-」の情景を表現しているそう。
でも、さすがに水の量多くない


AmazonFWT2019SS (4)

という席で拝見させていただきました。
「D-VEC」は、エレガントなレインコートとかもあって、アウトドア派でない私でも気になるブランド。
再考の瞬間を感じるというブランド哲学の元、新作が生まれています。
この写真じゃわからない(笑)ですが、来春をお楽しみに









yurix at 08:43|PermalinkComments(0)

October 15, 2018

京都にインスパイアされたバッグ“MUKO”@T・S・O・G”YOMEは?

TSOG2018 (1)

デザイナーで創業者のカルロス・ズニーガ氏が2015年に設立した「T・S・O・G」は、アメリカ発のモダントラベルブランドです♪
カルロス氏が出会った風景からインスパイアされ、デザインされたバッグ。
日本本格上陸で、京都にインスパイアされたというバッグがお披露目されました。
その名は、「MUKO」。
そう花婿です。
「MUKO」という音の響きも気に入って名付けたそう。
京都での写真の風景とともに展示されていました。
防水キャンバスと本革のコンビネーションで、異素材ミックスでシンプル。
それでいて、かゆいところに手が届くポケットなどが多く、使い勝手がよさそう
思わず「YOMEは?」と聞いてしまいました。
ほかからも同じ質問があったそうで、もう少しサイズダウンして作ろうかなとのこと。
まだ、未定ですが。


TSOG2018 (3)

N.Y.からインスパイアされた「THE ONE」は、お決めのメンズサイズ
れあー仕様で高級感があるカジュアルバッグです。

TSOG2018 (2)

こちらは、日本女性が使いやすそうなバルセロナからインスパイアされたという、その名も「BARCELONA」。
A4が入るトートは使いやすいですね。
ゴムコーティングレザーと防水加工キャンバスを使用しているので、防水とまではいきませんが、撥水してくれ雨の日も安心ですね


TSOG2018 (4)

来日されていたカルロスさんと
SUICAなどのICケースを引っ掛けるフックがあると便利ですね~なんて話してみたら、「次回はここについてるよ。」と、気さくにお話してくださいました。
しかも、社交辞令じゃないようで、私のICケースを写メっていたので、より使いやすくなってくれるかも。
日本だと当たり前ですが、どうもあのICケースって海外ではあまり使わないようです。
これも、ガラパゴスだったのか〜〜〜












yurix at 08:55|PermalinkComments(0)

October 12, 2018

MAYUのクリスマスコレクションを拝見に♪

MAYU2018 (1)

この時期には必ずチェックしたくなる「MAYU」♪
ピアスのキャッチがかわいくデザインされていて、パーティーシーズンのアップスタイルヘアにしたときに、後ろ姿も美しい
POP UPなどでは、昨年スタートしたカスタマイズも継続しているそう。
私もカスタマイズしたものを愛用しているのですが、ほかのアクセサリーブランドさんの展示会でも「これ、かわいい♪」と声がかかるのでヘビロテ中(^_-)-☆
このパールシリーズが定番で、クリスマスはスターモチーフの素敵なタイプが
今日は、フライングなので次回ご紹介しますが、実は、この定番、すべてピアスでしたが、最近はピアスの穴をあけていない人が多くイヤリングのリクエストがあったそうで、なんとイヤリングコレクションが充実していました

MAYU2018 (2)

ピアスが、限りなくそのままイヤリングになっていました。
最近の若者は、耳に穴をあけないらしい。
若者といっても・・・・・ですが、私が若かったころと違って、イヤカフなどかわいいものが多いから、開けなくても耳元のおしゃれを楽しむことができるのも一因らしい。
開けたら、しばらく痛いしね(^_^;)。
イヤリングの人も、全方向型で耳元のおしゃれを楽しめますよ






yurix at 08:58|PermalinkComments(0)