あの震災の日から7年が経過した。
このブログを訪問いただいたかへお願い。Yahooの検索画面から

本日、「3.11」と検索された方おひとりにつき10円が、東北復興にたずさわる団体にYahoo! JAPAN及び応援パートナーより寄付されます。

震災の年
友人が初めての子どもを産んで、2週間ちょっと。
横浜の実家で不安にかられた彼女から涙声で電話が来た。
「お水、ミルク用のお水を買って送って欲しい」と。
東北から離れた関東でも地震の被害があった。

事情を聴くと、都内、近郊薬局では、長蛇の列で水や非常食を求める人
高齢者がミルク用の水まで買い占めている。
リュックに水がたくさん入っている様子をテレビで見て、心が痛んだ。

それだけ人々の意識を異常にさせてしまったのは、不安だと思う。
備えあれば憂いなし。自分の家の備蓄食料、にゃんこのご飯を見直そう。

まだまだ復興は終わっていません。
パンを配る支援ではなく、パンを作って売ることができるようにするのが
これからの支援だと思っている。

友人の子どもは、今年4月で2年生になる。