2006年01月05日

心の奥底があったかくなった−ALWAYS 三丁目の夕日

泣いた、笑った、心の奥があったかくなった。

ALWAYS 三丁目の夕日ALWAYS 三丁目の夕日
昭和33年、東京タワーができたこの年を舞台に、小さな下町の人々が織り成す物語。テレビも携帯もネットもない時代でも、こんなにも熱気あふれる日本だった。

心を洗われました。まっさらに。
こういう作品に出会うと、仕事にも人生にもヤル気が出ます。心が豊かになると、人間ってどんどん大きく成長できるんでしょうね。嬉しいです。

「ALWAYS 三丁目の夕日」劇場公開情報はコチラでどうぞ。

しんみりしちゃったついでに「心が豊かになる」(であろう)お勧め作品を。

書籍「泣ける2ちゃんねる
編集に若干携わらせていただいた本ですが、本当にお勧めの逸品です。
校正していて涙が止まらなかった。人間っていいなぁ、こんなにあったかいもんなんだなぁ。って、人のあたたかさを思い出させてくれました。

映画「ブリジットジョーンズの日記
恋愛コメディだけど、ブリジットのひたむきさと、捨てないプライド、コンプレックス打破、の思い思いが詰め込まれています。
「プライドを捨てて生きてはいけない」ことを教わりました。生意気なぐらいがちょうどいい! とても前向きになれる作品です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yururidiet/50460132
この記事へのトラックバック
今年から、毎月1日映画の日には、 出来るだけ映画を観ようと決めました。 もちろん、何かどうしてもの予定があったり、 特に観たい映画がない時は別ですが、 出来るだけ観ようと 
『Always〜三丁目の夕日〜』【★☆ ad personam ☆★】at 2006年01月05日 23:34
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目【猫姫じゃ】at 2006年01月05日 23:37
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目【猫姫じゃ】at 2006年01月05日 23:39
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。 以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな??。もっと余裕を持って準備をしたいんだけ...
ALWAYS 三丁目の夕日【欧風】at 2006年01月09日 22:28