2005年12月24日

最高のクリスマスイブ

まあバイトだったんだけどさ…




バイト終わって、家帰ってテレビ見てたら、そこにはキングが!!




あ、キング・カジね。加地。


今や日本、いや、世界屈指の右サイドバックに成長した加地さんですが、彼が来年のW杯に向けて残したコメントが僕にとっては最高のクリスマスプレゼントでした。




記者:「日本はドイツでどこまで行けると思いますか?」



加地:「いや、優勝でしょ。普通に狙えるチームだと思いますよ。そのくらいの力は持ってると思いますし。優勝しか頭にないですね。」







加地さんサイコー!!!  
Posted by yusuke0523 at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月16日

トヨタカップ

地球一、地球一、地球一、地球一、地球一、地球一、……、







地球一。







あーーー!!





イライラする!





別に世界一でいいだろーが。


(今日はだいぶ辛口ですので、ご勘弁を)





ってか、唐突だが俺は今回の日テレのトヨタカップには相当不満を感じている。


その理由をいくつか挙げる。




・福沢アナがサッカーについて無知すぎる。アナウンサーならもっと勉強しろ!上戸彩のがまだ詳しい。



・カズを応援するのはいいが、シドニーFCの他の選手に関して、焦点を当てなすぎ。オーストラリアのリーグがどんなものなのかも全く伝わらない。



・北澤や奥寺が、解説に遠慮をしすぎ。もっと専門的な解説をしてほしい。特に、アル・イテハド対サンパウロなんて、サッカー好きじゃないと観るわけないんだから。



・日テレは、Jリーグは深夜のくせに、トヨタカップだけは、ゴールデンタイム。
Jリーグを舐めてる。






TBS、テレ朝、フジならもっと面白い。



トヨタカップの試合自体はほんと面白いのに。


  
Posted by yusuke0523 at 02:13Comments(6)TrackBack(0)

2005年12月12日

駄目な23歳

先日、大学のときのサークルの飲み会に参加したんだけど、




つぶれちまいました(涙)




なぜだ? そんなに飲んだはずはないのだが…




あー、でも、赤ワインとビールと焼酎を交互に飲みすぎてたかも。

とにかくOBのくせにつぶれるなんてマジ情けねぇぜ、俺。



なんか、6月から、相方と練習か、土日にバイトで、キャンギャルと会うくらいしか、知り合いと話す機会がないせいか、久々に友だちや後輩と会うと嬉しくて、テンションが上がりすぎちゃうのよね。お酒もそんな勢いで飲んじゃって、飲みすぎちゃう。


もっと、大人な飲み方覚えろ、23歳!!



そんで、あのつぶれた状態から、1時間寝て、サッカー行きました。


きつかった。


しかも、交代なしだったうえに、最後に強烈なシュート、股間に喰らうし。



でも、サッカー終わった後の、ラーメン屋が一番きつかった。



ラーメンってお酒飲んだ後は、最高なんだけど、飲みすぎた後のラーメンは地獄やね。

あの油がムリだ。






とにかく、もう、お酒には飲まれません!!







この言葉何回言ったことか(苦笑)
  
Posted by yusuke0523 at 13:00Comments(8)TrackBack(0)

2005年12月07日

フェチバトン

よーし! いくかー!




■Q1■『あなたは何フェチ? 』


物を落として拾うときに、スカートが見えないように隠しながら、正面からではなく斜め45°気味に拾う姿フェチ。



はい、マニアーック!!


■Q2■『異性を見る時、まず何処を見る? 』


顔とファッションと髪型が同時でしょう。

髪型、ファッションは好き嫌いあるから、かなり大事だね。



■Q3■『最近プッシュ出来る部位』


頭皮。



あ、それは、別の意味でプッシュしてるとこだった(苦笑)


以前に比べれば、上半身にジム効果が出てきました。



■Q4■『異性の好きな部位5つ』


・二の腕
・髪質
・足
・胸
・うなじ


普通の男はみんなこんな感じでしょ?


■Q5■『フェチを感じる衣装は?』


スキーウェア。

スキー場の女の子はなんであんなに可愛く見えるのだろう?


■Q6■『バトンを渡す5人』


もう大体みんな回ってるっしょ?


  
Posted by yusuke0523 at 14:42Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月04日

おめでとう! G大阪!

今年のJリーグが終了しました!


優勝はG大阪。 ツネ様と大黒様のブレイクぶりを考えると、これで良かったのかなと。
まあ、なにより凄かったのは、33試合33ゴールのアラウージョだが。



そして、最後の最後で優勝から5位まで落ちてしまったC大阪。

C大阪はほんといいチームだ。結果が出ないからといって、すぐに監督を代えてしまうどこぞのようなフロントだったら、この結果にはならなかっただろうね。

C大阪は小林監督が、この1年で完成させたチーム。序盤は出遅れたが、徹底的な守備からチームをつくり、ブルーノ・クアドロス、ファビーニョ、ゼ・カルロスら助っ人外国人はみんな機能し、西澤、森島など豊富な攻撃陣はさらに加速度を増した。

それが終盤の16戦無敗につながったのだろう。



普通はこういった堅守が前提で攻守のバランスをとれたチームが優勝する。


だからG大阪のような、完全攻撃型のチームが優勝したのは、かなりめずらしいことだ。
でも、G大阪は来年はきつい気がする。

ポイントは、アラウージョが抜ける(恐らく)来年に、どうやってこの攻撃力を維持するかだね。



んで、我らが鹿島アントラーズは、序盤は独走態勢だったけど、終盤は勝ちきれない試合が続いて、結局3位。


でも、俺は、今年の鹿島の試合はほんとに面白かった!

野沢、深井、増田、など若手がどんどん出てきて、結果残して。

トニーニョ・セレーゾはほんとに最後にいい仕事をしてくれた。

来年は絶対優勝するぞ! 


後は、岩政の日本代表入りを願うのみです。



  
Posted by yusuke0523 at 01:47Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月01日

もう12月

もう12月だ。



早い!



早すぎる!



卒論で苦しんでたのが、もう1年前なのか…



1年を振り返るのは、まだちょっと早いけど、この1年はすごく自分的に充実してて、パワーアップできた年だと思います。



まず、当然のことながら、音楽に対しての取り組み方が変わった。


1年前は、アレンジなんか正直やりたくないと思ってたけど、今じゃむしろ楽しいくらい。 アレンジをやり始めたことによって、オケを今まで以上に意識して、歌えるようになってきたしね。


歌のほうでは、かなり力を抜いて歌えるようになってきた。最近では、上手に歌うってことよりも、自分の曲をちゃんと伝える方が大事っていう考え方に変わってきたなぁ。




あと、筋肉ついてきた!笑

今までいくら筋トレしても、つかなかったのに、ジムに行き始めてから、だいぶ変わった。
やり方悪かったんだなぁ。

まあ、あくまでジムに行ってるのも歌のためです。
胸筋やら背筋やらがちゃんとついてないと、声が体全体に響かないのです。


決して、童顔のマッチョになりたいわけではありません。









永井大になりたいわけではありません。





  
Posted by yusuke0523 at 15:38Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

名馬列伝〜番外編〜 後編

キンツェムの主なレースの戦績を見ると、妙なことに気づく。


左から、レース名(場所)、着順、斤量、距離、着差を表している。    


ルイーザ競走(フランクフルト) 1着 58 T1000 10身
クラッドルーバー賞(ウィーン) 1着 55 T1600 10身
シルバナーシルト(ベルリン) 1着 72.5 T2400 3身
エーレン賞(フランクフルト) 1着 63 T2800 4身
バーデン大賞(バーデンバーデン) 1着 64 T3200 3/4身
アラームディーユ(ソプロン) 1着 72 T3200 単走
リターディーユ(ブダペスト) 1着 63 T2800 単走
アラームディーユ(ブダペスト) 1着 72.5 T2400 10身



まず、距離1000M〜3200Mで勝ってることがすごい。まさにオールラウンダー。


さらに、斤量72.5kgというのはあり得ない重さだ。

今の競馬では、60kgを背負うだけでも大変だというのに、72.5って…


そして、着差を見てみると、ほとんどが圧勝!! 単走というのは、キンツェムの強さに恐れ、他の馬が全て回避したのだと思われる。



どんな強さだ(笑)



そんなキンツェムだが、彼女にはいろいろなエピソードが残されている。



・1歳時、誘拐されたことがあるらしい。

 

・汽車が大好きで、我が家といわんばかりに自ら乗り込み、移動中もよく寝た。(普通の馬は電車や車は苦手)

 

・いつも猫と一緒に遠征をしていた。フランス遠征中、その猫が行方不明となり2時間汽車に乗るのを拒み、鳴き続けた。

 

・夜番で世話をしてくれている厩務員が寒そうに寝ているのに、毛布をかけてあげた。





俺自身、キンツェムを調べてるうちに、キンツェムのファンになってしまった(笑)


一度でいいからキンツェムのレースを見たかったものだ。



  
Posted by yusuke0523 at 23:30Comments(2)TrackBack(0)

2005年11月21日

名馬列伝〜番外編〜 前編

競馬の歴史は、ローマ皇帝の時代から現在まで1800年以上続いてる。

日本では701年から始まったとの記録が残っている。



では、ここで、競馬ファンなら誰もが一度は考えるテーマを!



「世界の競馬の歴史上、最も強かった馬はどの馬だろう??」




有名どこでは、(普通の人にとっては初めて聞くだろうが)



シーバード



ダンシングブレーヴ



サイテーション



マンノウォー



あたりが挙げられる。


この馬たちはどれも世界の名レースを連戦連勝した化け物だ。



シーバードは、1960年代の最強馬で、世界のレーティング(競走馬の強さを表す数値)で145ポンドというものすごい評価が与えられた馬。
この145ポンドは、現在でも抜かれない近代競馬で最高の評価だ。

ちなみに、今年のディープインパクトでさえ120前後。

ディープが世界に出てないとはいえ、シ−バードがどれだけ凄いかがわかる。



そして、ダンシングブレーヴはレーティング141ポンドの1980年代最強馬。過去最高レベルと言われる凱旋門賞を最高方からまとめてかわした名馬。日本にも多くの活躍馬を残した。



ラムタラは、この中では1番なじみのある名前だろう。わずかキャリア4戦で欧州3冠を達成した「神の馬」とまで呼ばれた馬である。



サイテーションは、アメリカ競馬で史上最強と誰もが認める名馬。1年間でアメリカ3冠を含む19勝をあげたタフネスな馬でもあった。



マンノゥオーに至っては、100馬身差で勝ったレースがあるとまで言われる20世紀初めの最強馬である。




しかし、こんな化け物たちをはるかに凌駕する一頭の神話的名馬が存在する。






その名は、キンツェム。



なんと牝馬だ。


この馬が生まれたのは、1874年。

その成績はなんと、


54戦54勝!!


しかも、長距離遠征続きで圧勝に次ぐ圧勝! 勝ったレースは全て、当時の有名レース。


まるで馬とは思えないほど、強かったキンツェムだが、彼女には心温まるいろいろな逸話が残されている。



次回はキンツェムのレースやエピソードを紹介する。


  
Posted by yusuke0523 at 01:48Comments(3)TrackBack(0)

2005年11月18日

アンゴラ戦を観て

アンゴラ戦は決定力不足のせいか、3−0で勝てる試合を1−0というギリギリの試合にしてしまった。
でも、W杯出場国相手に勝ってるんだからいいじゃないか。



「柳沢、高原はいらない」



こんなこと言ってるやつがいるようだが、本気で言ってるのだろうか?


いらないわけないだろ。


柳沢と高原ががいないと、日本はあんなにリズムのいい攻撃は出来なかったし、実際、この2人と同等のプレー(FWとして得点とそれ以外のプレーも含めて)できるのは、日本では田中(達)、大黒、西澤くらいのもんだろう。


ってか、日本はいつも決定力不足が悩みだとか言ってるが、そんな悩みないのはブラジル、アルゼンチンくらいのもんだ。 あのフランスなんて、アンリとかジュリーいるのに決定力不足はむしろ日本より深刻だ。


心配すんなって。

日本は守備のチームだろ。トルシエの時代から。

FWが点を取れたのは、釜本やカズのときくらい。 




大丈夫だって!  


本番は稲本が爆発するんだから!笑



  
Posted by yusuke0523 at 03:04Comments(4)TrackBack(0)

2005年11月17日

ボジョレーヌーヴォー

今年のボジョレーヌーヴォーはかなりうまいぞ。
  
Posted by yusuke0523 at 23:33Comments(2)TrackBack(0)

2005年11月10日

DTM

大学の文化祭で久々に会った後輩はみんな決まって僕にこう言いました。


後輩:「まっちゃんって今何やってんの?」





オイ!





俺:「何って音楽やってるにきまってんだろうがーーー!!!」




そうですよ! 俺は音楽やってるんですよ? みんな知ってたよね? 

ただサッカーと競馬を語ってばっかのプー太郎じゃないぞ?



ミュージシャンですから!



まあ確かにブログには音楽関係の話題をほとんど出してないので、俺にもそう思わせた責任があるわけだ。



そんなわけで、今日は俺が普段やってるDTM(デスクトップミュージック)について、ちょっと書こうと思います。



DTMとはその名の通り、パソコンを使った音楽づくりのことを指します。

今は便利な時代ですので、DTMソフトってやつを買えば、それだけで、アレンジやらミキシングやらレコーディングやらができちゃうわけです。(もちろんさらなる高みを目指すなら、DTMソフトだけでは物足りないが)

そんで、俺が今使ってるのは、FL STUDIO ていうDTMソフトで、日本よりも海外で人気のあるソフトです。

日本でのメジャーなDTMソフトといえば、Singer Song Writerシリーズ(西千葉の有名人が使用)やSONARシリーズやCUBASEシリーズだったりします。

サポートもこれらのがしっかりしていて安心はできるんですが、音質や評判、音楽ジャンル、そして価格などいろいろ考慮して俺はFL STUDIOを選びました。


いやあ、確かにFL STUDIOはいい! 使いやすいし、音の素材もネットでダウンロードできるし。


しかーし、SONARに浮気したい今日この頃。


やはり有名どこのやつなら、解説書も多いし、これから先もどんどんアップグレードされていくだろうが、FL STUDIOの先を考えるとどうなんだろうって感じもする。

ちなみにFL STUDIOは3万ぐらいでしたが、SONARは5万ぐらいする。いいやつだと8万ぐらいする。


あぁー悩む。 5万はでかいなぁ。 




とまあ、そんなわけで俺はこういうDTMってやつをやってるわけです。

俺もあたいも打ち込みやりたい!
って人いたら、ヤフーでMusic Studioって検索してみ!


無料もしくは3000円ぐらいで高性能なDTMソフトが買えるよ!










  
Posted by yusuke0523 at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月07日

この1週間

この1週間は、千葉大の文化祭でギターサークルやアカペラサークルの後輩のライブをいろいろ見てきた。


いやあ、みんな上手かった! やっぱり音楽は楽しくやるのが1番やね!


刺激も受けたことだし、この1週間遊びまくったし、また今日から頑張るぞ!

そろそろマジでライブしたいし。



まずは新曲の歌詞書いて、アレンジ始めないと!



そんなこんなで、楽しみに待っててくだせぇ。











  
Posted by yusuke0523 at 15:13Comments(1)TrackBack(0)

2005年10月30日

なんでだよ!

何で柳沢は俺のオファーを断り続けるんだ??









…はい。ウイイレのマスターリーグの話でした。


まあサッカー話に便乗して、J1の優勝争いの話題。


我らが鹿島は今日C大阪と引き分けてG大阪に勝ち点1差に迫った。苦手+7連勝中で絶好調のC大阪に引き分けだからまずまずの結果と言える。ってか、西澤がすげーうまい。

そんで、G大阪はF東京に負けてこれで痛い痛い2連敗。宮本の故障が響いてるようですな。

しかーし、浦和と千葉が勝っちゃったため、これで、1位から5位まで勝ち点差5の大接戦。残りは5節。 なんかもう勢い的にG大阪より、むしろ浦和、千葉のが恐い。


浦和は田中(達)が故障して、逆に団結してる。そんで、なんかここにきて、さんとすが調子いいし。 


千葉はまだ浦和、G大阪との直接対決が残ってて、どっちも勝つようだと優勝の可能性十分。ってか、オシムに代表監督やってほしい。



鹿島は最後の2節に清水と柏が残ってる。どっちも降格争いのチームだし、モチベーション高いだろうからイヤな感じ。

お世話になったトニーニョ・セレーゾに最後のタイトルをプレゼントしようよ!

頑張れ! 鹿島!  
Posted by yusuke0523 at 18:29Comments(3)TrackBack(0)

2005年10月24日

偉業達成!!!!!!!!!

涙が止まらなかった。



スポーツでこんなに自然と涙が出てきたのは、サッカー日本代表がW杯初出場を決めたとき以来。



心地良い涙だった。




ディープインパクトが3冠馬になった!!!





今年の初め、若駒ステークスで初めてディープを見たとき、「こいつは只者じゃない。無事に行けば3冠とれるかも」と、ほんとに思った。


そして、ダービーを見て、かも、なんて言葉は消えうせた。



ここ10年で、3冠を狙えると言われた何頭もの名馬がいた。




フジキセキ。

アグネスタキオン。

エアシャカール。

ネオユニヴァース。



彼らでさえいずれも故障や2冠しかとれなかった。
それでも、フジキセキやアグネスタキオンは種牡馬として、今や日本の競馬界を支えていると言っても過言ではないくらいの功績を残している。


そんな馬たちでも3冠はとれなかった。


そう、3冠馬とはほんとのほんとのほんとにすごいのだ。

だからこそ、ディープインパクトの3冠達成をこの目で見れてほんとに幸せです。




さて、ディープのこれからだが、今年は残り1レースでいいと思う。神戸新聞杯に菊花賞とお釣りなしの仕上げをしただろうからね。



さあ、次はジャパンカップか有馬記念。


次は、ゼンノロブロイに勝って来年は、俺の夢を叶えて欲しいものです!




とりあえず、おめでとう!!!



武豊とディープインパクト!!!












  
Posted by yusuke0523 at 00:45Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月21日

あと3日

今週の日曜は菊花賞! ディープインパクトが3冠を達成する日です。


競馬を観始めたのが13年前。 あのころはナリタブライアンの3冠の凄さがあまりわかっていなかった。

中山競馬場2000mのコース的に波乱が起きやすい皐月賞。

同世代の全ての馬が最高の仕上げで挑んでくる日本ダービー。

そして、3000mという未知の距離の菊花賞。


この難しい3つのレースを全て勝利したのはまだたった5頭しかいない。




セントライト


シンザン


シンボリルドルフ


ミスターシービー


ナリタブライアン



競馬を知らない人でも知ってるんじゃないかってくらいの超有名な5頭。
まぎれもなく名馬中の名馬。


そして、まもなくディープインパクトの名前が6頭目に刻まれる。



おそらくディープは単勝1.0倍の断然人気になることだろう。



さあ、一体どれだけ突き放してくれるんだ?


ナリタブライアンの7馬身は超えられるか?



この歴史的瞬間を見逃すな!!!  
Posted by yusuke0523 at 03:24Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月15日

学校バトン

さーて、青春デイズを振り返るか!


【Q1,】小・中・高の中で1番思い出深い時期は?

 高校かなぁ。 サッカーやめて、音楽と出会ったのもこの時期だったし、初恋もこの時期だったし。 
 小・中はほんとサッカーやってた思い出しかないや(笑)
 
【Q2,】1番お世話になった先生は、いつのときの先生ですか?
 
 1番お世話になったと言うよりは、今でも仲良くて友達みたいな先生は、中学の部活の顧問の先生かな。 今でも、夏休みとかに一緒に遊ぶしね。
 でも、彼は、俺がいくら頑張っても試合に出してくれませんでした。
 

【Q3,】得意だった科目は?

 英語、数学、生物、体育。 生物に関しては、勉強して楽しくてしょうがなかったから、園芸学部を選びました。 

【Q4,】では、苦手な科目は?
 
 物理と国語。 まあ物理は苦手というよりは、物理の時間に物理の教科書出さずに生物の教科書読んでたぐらいに物理に対して興味がわかなかったから、そりゃあ成績悪いに決まってる。 国語が苦手ってか、俺は日本語全般が苦手です。

【Q5,】思い出に残った学校行事を3つあげてください。

1、高2の文化祭で、女装してパラパラを踊ったこと。
 んで、他校の生徒にナンパされました。すね毛もちゃんと剃ったしね(笑)

2、小学校時の席替え。4連続同じ席という奇跡を起こした。

3、小学校時の「あっち向いてホイ大会」で優勝したこと。参加者300人ぐらいい たからかなりのもん。予選リーグから20連勝ぐらいした。
  あのとき生ダラかなんかで流行ってたんだよ、確か。

【Q6,】学生時代は、クラスでどんなキャラでしたか?

 小学校時代→とにかくモテたぞ。人生最大のモテ期。
 中学校時代→サッカーばっかやってる少年。
  高校時代→クラスの派閥の中間役。 

【Q7,】学生時代の友達からの呼び名は?
  
 ゆうすけ、ゆうちゃんがほとんどだったな。まっちゃんはあまりなかった。
 
【Q8,】好きな給食のメニューは?
 
 ソフトめん。牛乳。牛乳は毎日3本飲んでたね。


【Q9,】学生時代に会った友人は、あなたにとってどんな存在ですか?

 自分の一部じゃないですかね。


【Q10,】次にバトンを渡す5人

 よし、P.F.C.書きたかったら書けー!

  
Posted by yusuke0523 at 02:26Comments(3)TrackBack(0)

2005年10月12日

今日はウクライナ戦

今日はついに、シェバ(シェフチェンコ)率いるウクライナとの一戦!

俺の予想は、3対1で日本の勝ち。

柳沢がきっとやってくれます。



場所は変わって、遠くアフリカのW杯予選。


我らがセネガルが敗退しちまいました(涙)

来年、久々にセネガルの試合を見れるとおもったのに。

ボルトンにディウフがいることだけが唯一の救いです。フジテレビ、もっとヒデの試合やってくれ!


んで、セネガル同様に、2002年に話題になったカメルーンも今回敗退。
なにやら、勝てばW杯出場だった試合のロスタイムでPKを外したウォメって選手がファンに酷い目に遭わされてるとか。


改めて日本はW杯出れて良かった…

  
Posted by yusuke0523 at 22:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月05日

今度は夢バトン

なにやら回ってきたぞい。


Q1.小さい頃、何になりたかった?

鹿島アントラーズのトップ下。




Q2.その夢は叶った?

小笠原に譲りました。




Q3.現在の夢は何?

夢は、ディープインパクトの凱旋門賞制覇。

目標は、ミュージシャン。




Q4.宝くじで3億円当たったらどうする?

1億円募金。んで、余ったお金でスタジオ付のマイホーム建てます。




【Q5.あなたにとって夢のような世界とは何?】

自分のエディット選手がいるウイイレのマスターリーグの中の世界




【Q6.昨晩見た夢は何?】

なぜか中野アナの主夫やってました。




【Q7.この人の夢の話を聞きたいと思う5人は誰?】

こういうことは、飲みながら語りましょう!

  
Posted by yusuke0523 at 19:47Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月04日

どこへ行く、ジャイアンツ

ジャイアンツがすごい勢いで人事改革をおこなっている。


ご存知の通り、清原は解雇された。
そして、その一味、元木も。

代打の切り札、後藤も。

さらに、中継ぎの条辺に中村までも。


一つ疑問に思うことがあるのだが、戦力外だとか、補強だとかって誰が決めてるんだろう?  監督のわけないよな。 監督くらい野球知ってれば、ペタジーニとかキャプラーとかローズ獲ったりしないもんな。


ジャイアンツはここ数年、大砲ばっか獲りすぎ。バランスなど皆無。

少しはプレミアのチェルシー見習えっつーの。


まあでも、今年の終盤は矢野とか、鈴木とか足速いやつ使い出してるから、いい方向には向かってるよね。

あとは、バントが上手い選手を見つけた方がいいと思うな。


そんなわけで、来年の希望スタメン。


1 清水(外)
2 鈴木(二)
3 矢野(外)
4 阿部(一)
5 小久保(三)
6 高橋(由)(外)
7 二岡(遊)
8 村田(善)

先発 上原、桑田、西村、野間口、辻内、高橋(尚)
中継ぎ シコースキー、久保、岡島
抑え 林


・清水が1番にいると、ピッチャーは絶対嫌だと思う。確実に3割近くは計算できるバッター。

・鈴木は来年に向けてバントばっかり練習しろ! 打率は2割5分でいい。バントが上手くて足が速いバッターは相当うざい。

・そしてこのチームのポイントは3番矢野。彼が2割8分20本くらい打てれば優勝は間違いない。

・阿部はファーストにコンバートで。チャンスに強い打撃に集中してください。キャッチャーは村田に任せるのだ。

・小久保はまだやれるでしょう。30本は打ってください!

・ヨシノブ君と二岡君は、期待をかけ過ぎるといつもつぶれちゃうので、このぐらいの打順がちょうどいいかと。



でも問題は投手陣なんだよなぁ。  中継ぎがもう二人くらい欲しい…


でも、辻内が抑えで、林が中継ぎってのもアリだな(笑)


ジャイアンツがこのオフにバカげた補強をしないことを祈ります。
  
Posted by yusuke0523 at 15:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月29日

さらに

お酒バトン


Q1 今冷蔵庫に入っているお酒

宝永っていう芋焼酎。 ふと焼酎が飲みたくなって、コンビニで買った。

Q2 好きな銘柄

日本酒:基本的に全部好きだなぁ。
焼酎:芋なら何でも好きだけど、泡盛もようやく好きになってきた。
ビール:やっぱデンマークで飲んだギネスの味が忘れられません。
ワイン:基本的に赤派。 そんな高いのは飲まないけど、主にフランスワインのフルボディが好き。 日本のワインは基本的に上手くない。

Q3 最後に飲んだ店

わたみんち

Q4 好きな5杯

・お店で飲むジョッキまで冷えた生ビール
・ブルーチーズを口に含ませつつ飲む赤ワイン
・デートで彼女と飲むオシャレ居酒屋の焼酎(いねーけど)
・ジョニーウォーカーっていうウイスキーのロック
・何気にブラッディ・マリー(トマトジュースのウォッカ割り)

Q5 バトンを渡す5人

じゃあ回してやるか! めんどくさかったら書かんでいいよー。

・べー
・みつ
・アイドル
・よっしー
・どーん!

  
Posted by yusuke0523 at 02:17Comments(2)TrackBack(0)