August 29, 2006

天ぷらそば、390円也。

12時起床。13時就寝。18時起床。


「あ、髪切ろう」と思い立ち、着の身着のままでふらふらと外に出かけてみると、どの美容室も閉まっている。当たり前か。21時に頑張ってるような店は小金井にはないわな(ちなみに、渋谷の道玄坂には朝8時までやってる店があります。びっくり。)


せっかく駅前まで出てきたので、このまま帰るのももったいないなと思い、北口の方へ歩いていく。


武蔵小金井駅の北口には、SEIYUと長崎屋が並び立っている。僕はとにかくSEIYUの方をこよなく愛しているわけで。長崎屋はなんだかセレブチックであまり好きになれない。少し古ぼけた外装が好きで、幅の狭いエスカレーターが好きで、いかにも安っぽい収納家具売り場が好きで、幸の薄そうな初老の店員が好きだ。


SEIYUの裏口から出るとわびしい繁華街があって、よく通う小振りな古書店がひとつ。ちっとも取りえのない回転寿司屋、ハンバーグがおいしい洋食屋、それから小金井では希少なカラオケ屋がある(高校生がよく通っているみたい)。


今日はお腹が減っていなかったので古書店にだけよって、駅の方へ引き返す途中、そば屋が目に入った。なんだか急にそばが食べたくなって、ふらふら店の中へ。「天ぷらの大きさが人気!」が売り文句の天ぷらそば、390円也。


安いそば屋、ホームの中にあるような、汁は醤油臭くて、てんぷらが油っこい、そういうそばが食べたくなることがときどきある。昨日の飲み会でも「人はなぜマックに行きたくなるのか」という話題が出ていたけれど、考えてみると不思議だ。不思議だが、ともかく人間は合理的にできていないということは分かる。人間が合理的にできていないというのは、おそらく、僕らにとって救いになっているのではないだろうか。そういう予感がしている。そして、僕はその非合理的な気分にすごく興味がある。


帰ってきてから、メロンを食べる。俳句関係の方から、家で余ったというので、送っていただいたもの。貧しい寮生たちと共に分け合って食べる。朝から冷蔵庫で冷していたので、冷たい。すこし熟しすぎてしまっていたが、とてもおいしかった。メロンにかぶりつくと、果汁があふれて、両肘から床へしたたりおちていった。(なんかB級小説みたいな終わり方だな)


(mixi8月29日の日記を改変・転載)

Posted by yusuke0524 at 01:52│Comments(2)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ふむふむ。

私が講義の合間に小金井辺りを散歩していた頃は、そんなにセレブチック(?)なものはなかったな。
西友の雰囲気はそのまんまみたいだけど。
回転寿司って、ゼミの帰りによく先輩におごってもらってた所かなぁ。

あ、おひさしぶりです。

私事ですが、無事出産しました。

大仕事がすんだので、またぼちぼちやっていきます。
Posted by 梅子 at September 06, 2006 15:35
わ、おめでとうございますm(__)m

いい人キャラでは決してないんですけど我がことのようにうれしく。
どうかお子様が健やかに育ちますように。
Posted by ユースケ! at September 09, 2006 01:35