ゆーすけが行く!!!

釣りと音楽LOVE♪

タグ:クエ

今年もこの季節がやってきました^^

2017-05-28-08-49-28

















私の住む中国地方はハタと言えばキジハタ。
30cm前後がアベレージサイスで50cmを超えるランカークラスも出る地域です。
山陰エリアではデイゲームが主体で瀬戸内エリアではデイ・ナイトと両方楽しめるターゲット^^

強烈なファイトが魅力で、また食べても美味しい魚で、ここ数年人気が出てますね^^


使用するリグですが、全国的テキサスリグが一般的ですね。
2015-06-28-19-48-56

















活性っが低く魚が底べったりでしか捕食しない状況ではこのリグが有効です。
ナイトゲームでは魚が浮きにくい傾向ですので夜の定番リグですね^^
image

















それと同じく有効なのが直リグ。
ボトムを攻めるのに根がかりしにくく、テキサスリグ同様にスローに攻めれるリグ。
構造上、キャスト時にシンカーが先行するので飛距離が出るので広範囲のボトムをサーチするにはもってこいです。
2017-05-28-10-56-08

















セットするワームはシャッド系・ホッグ系何でもOK。
自分の好きなワームを付けて下さい^^

次に自分が最も得意とするJHリグ。
2017-05-25-17-50-26

 

 













ボトム・ミドルと色んなレンジをサーチ出来て、なおかつある程度スローな展開にも対応できるリグ。
2015-09-20-11-29-12





























シングルフックなので、かかったらまずバラスことがないですし、不意の大物にも対応。
2016-08-26-05-50-062016-08-26-05-53-08 




































昨年キャッチした75オーバーのスジアラもJHリグでした。
ちなみにPE1.2号・リーダー24lbという冷や冷やセッティング^^;

 そして今季新たに実戦配備したのがチャッターベイト。
ヘッド部のブレードが左右に動き強めの波動を出すことにより、スイッチの入った魚に一早くアピール。
ボトムではリフト&フォールで。
ボトムからミドルレンジまで巻き上げてもよし^^
image
 















ナイトゲームでは加来さんがトロフィー級のビッグワンをキャッチ^^

2017-05-28-14-52-54 
































デイゲームでは私がナイスなクエを^^
アベレージサイズも釣れますけど、大型個体が食ってくる傾向がありますね♪

INX.laberよりまもなく発売予定な「ロックンチャター」
ブレード・スカート・フックはすべて取り外し・交換可能。
ノーマルでも十分使える物に仕上がってますが、使い手次第で自由なセッティングが出来るようになってます。
 今シーズは少し違ったアプローチでハタゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ではでは。 


今季1発目のショアロック。

アコウも、もちろんのところだけど本命はクエ!!

時間が空いた時にちょこちょこ文献的なものをネットで探したり、クエの生態を少しでも理解しようとネットサーフィン。

イケイケドンドンで、勢いに任せて釣りに行くのも醍醐味ですが、まずは「相手」を知るのも重要な要素。

釣れる時期は?
何を食べるのか?
どんな場所で釣れるのか?

などなど。

 下準備は大事なのです。


さて。

今回は渡船を利用し沖堤防へ。

2016-05-29-04-38-23

















なぜこの時期に沖堤防を選択したのかと言うと、気まぐれです(笑)
と言うのは冗談で、4月~6月あたりは沖堤防での実績が高いから。
もちろんクエのね。

それと、沖堤防をあまり利用しないので興味がてらってところも。


水温の上昇と共に活性が上がるハタ系。
様々な文献にも書いてありましたが、25度前後が良いみたい。
成長するに最適なのは27℃とも書いてありましたが、それは試験場の中で飼育された個体のデータでしたので「必ずしも」と言う訳ではないと思います・・・。




日曜日と言うこともあり、先客の餌氏が5名、他の船で渡る人も数名いたので、邪魔にならない場所でスタート。


日本海特有の流れのないまったりとした海面。
時折、メバルのライズが見えたりイワシの群れが通過したりと雰囲気は悪くない感覚。

地形の把握がてら、JH18gでサーチ。
地形の変化のある場所やウィード周り、捨て石回りなどは入念にチェックを入れる。

 日が昇り始めて、魚のスイッチが入るであろう時間になると、自然とこっちも気合が入る。

でるならこのタイミングなんだろうな。
と身構えながら、捨て石付近でテンションフォール気味で「ガツン」とひったくるバイト!!

ロッドから伝わる力加減で大型ではないと判断し一気に巻き上げる!

そして上がってきた魚は・・・

2016-05-29-05-42-55

















今季1本目のクエ!!

サイズは35cmってところでしょうか。

サイズはともかく、何とも嬉しい1匹♪
今年も手が震えましたよ(笑)

この1匹を境に魚のスイッチが入ったのか、カサゴは連発。
しかし肝心のクエはこの1匹のみでアコウも混じらない何とも言えない時間帯。
9時を過ぎたあたりから、海の雰囲気も悪くなったので別の堤防へ渡してもらうことに。



移動先では餌氏が3名。

堤防は物凄く長いので気兼ねなく出来そう♪

ロックフィッシュの実績の高い場所へ下してもらい、すぐさまひったくるようなバイト!!

2016-05-29-10-52-06

















32cm程度の中型アコウ。

いとーちゃんが作ってくれた「いとちゃんベイト」(仮)笑
ボトム着底後にハンドルを10巻ほどし中層付近まで巻き上げ、再度ボトムへ着底させまた10巻。

一般的には「スイミング」と言われるメソッドだけど、僕の中でのスイミングは2パターン。

着底後から巻き上げ、一定のレンジをキープさせるイメージのメソッドと、着底後にルアーを中層付近まで巻き上げるメソッドを使い分けてます。

個人的に得意なのは前者なんですけど、少し苦手な巻き上げメソッドで1本捕れたので、結構満足です(笑)



なぜこの2パターンを使い分けるのかと言うと・・・
根回りに居る個体と浮いている(回遊)個体がいるから。
そして、活性の高い個体・特にアコウはそこそこな距離を追ってくるからです。

youtubeにハタ系の水中動画って結構あるんですが、日中の映像を見ると結構あっちいったりこっちいったりしてるんですよね。

で実際に巻き上げメソッドで釣れるんですから色んなところがリンクしてくるんです。
昨シーズン、ボトム付近をメインで攻めた僕に対し、巻き上げメソッドメインの友人とで差が出たりと。

ま、自然相手の遊びなので状況に合わせるのも釣果に繋がるのかな。と言うところです。


仕事がバタバタしていますが、今シーズンは豆に通おうと思います。


ではでは。







今回はタックルの話でも。

昨年から本格的に始めたショアからのハタゲーム。
ショアグルーパー?
グルーピング?

言い方は様々ですね^^;

タックルが揃ったのでご紹介します。

2016-03-03-20-09-37



















2016-03-03-20-10-00














ロッドはTULALA Corona106 MHRC-HX。
実際に現物を触れなかったので、TULALAに電話やメールのやり取りで詳細を確認。
MAX80gまでのキャストキャパなので、イケると思って買ったんですが、実際に手に取って曲げてみての感覚は良いです。
ロッド全体にハリはあるものの、ティップは緩やかに曲がる感じ。
魚をかけても、ロッド全体で耐えてくれそうだし、期待感は高めです。

2016-03-03-17-33-23














リールは迷いに迷って、ダイワ ジリオンTW1516XXH。
ドラグやボディ剛性は強い!とは言い切れませんがが、100cm以上の巻き取り量と、見た目で購入(笑)
ロッドに合わせてこれが一番しっくりしたんです^^;

ただし、XXHと言う超ハイギアなので、巻感は重ため。
ラインとルアーを付けて、水の抵抗を考えれば・・・もっと重たくなると思うので、カスタムハンドルも購入。

ノーマルハンドル時に練習を兼ねてキャストしてきましたが、やはり・・・重たい。
後日、ハンドルを付け替えて練習してきましたけど、巻の重たさはかなり軽減できました♪

2016-03-05-07-11-26

























キャストフィールは・・・悪くない。
ロッドは80gまでキャスト可能ですが、気持ちよく投げれるのは50gかな?
リールとのバランスと、キャスト技術が必要ですが、80gを投げるのはちょっと・・・自分には無理^^;
このタックルでは20g~40gをメインに使おうと思っていたので自分にはちょうど良い感じですが。

メタルジグ28gは少なく見積もっても70m。
JH20gにグラスミノーLのセットで50m。
ソルティーベイト30gで65m。

ってところです。

ある程度ロッドが慣れてきたらベンドカーブの写真でもUPしますね。


ではでは。



今シーズンの目標に掲げている50オーバーのロックフィッシュ。

サイズ関係なく釣れれば幸いなのだけど、やはりビッグサイズを手中にしたい!!
と目標は大きく(笑)

男ってロマンな生き物^^;

魚に限った話ではないですが、大型の個体になればなるほど捕食するエサも大きくなるのは自然の理。
無駄な体力を消耗せず、大きなエサを捕食できればカレらにとっては好都合だと考えています。

なので、使用するルアーもそれに見合ったサイズがあっていいだろう。
と言うことで、取り寄せた商品が着弾♪

2016-01-28-09-35-23



















エコギア パワースクイッド7インチ

7インチ!
ソルトルアー(ワーム)の中だと最大クラスでしょう。

パッケージを開けて手の上に乗せるとこんな感じ。
2016-01-28-09-36-00



































ん~・・・でかいね^^

この大きさなので値段も破格!

ロストすると涙もんですが・・・

何ていうか、このサイズを投げるのを想像しただけで、ドキドキワクワク♪

使用感は未知ですが、触った感じだとエコギア特有のハリのある素材なので、針持ちよさそう。
実戦投入は春以降になると思いますので、またの機会に書きますね。

2016-01-28-09-35-29



































今回は先に上げた「モイカ」カラーとこの「北陸クリアホロ」の二種類をチョイス。
どっちのカラーも・・・釣れそう♪

実釣が楽しみです^^



ではでは。

↑このページのトップヘ