ゆーすけが行く!!!

釣りと音楽LOVE♪

タグ:プラグ

今年は荒れた天気が続く山陰。

毎年こんなに荒れ続けるんですか?
って言うくらい。
2週間ほど暴風・高波・風雪・・・

待ちに待ってやっと釣りへ行くことが出来たのは12月の中旬。

兼ねてから気になていた磯へ行くことが出来て、しかも2週間も荒れていたのだから絶対出る。
と変な自信があった。

磯へ出るとプラグを投げれる状況ではなかったのでJH1.8gでサーチ。

表層は反応がなかったので一気にボトムの釣りへ。

これが上手くはまって良型ヒット。

2017-12-15-20-30-42
































同じ場所を通すと連荘^^

2017-12-15-20-37-42

























サイズは25?6?と言ったところで尺には程遠いサイズですが、思い描いた場所・そして釣り方がはまった魚。
納得いきました。


日を改め、エリアを大きく移動。

この日はnadaテスターであり、高校からの友人でもある福嶋氏とその友人と共にプラグで遊ぶ^^

こちらのエリアは数が入っているようで、飽きない程度に釣れてくれる。

2017-12-18-18-13-23


















2017-12-18-21-44-182017-12-18-19-54-422017-12-19-00-40-432017-12-19-00-40-34












































































写真こそ多くは撮っていないけども、久々にSPM55が炸裂した日。
広島市内にはあまりマッチしないプラグだけども、流れのある場所・風が強い日や波がある時には抜群。
スイッチの入ってない個体に対してはトゥイッチを入れればきれいに左右に動いてくれるので、リアクションで使うのも良し。

それでも反応しないメバルにはジェイドサスペンドがオススメ。

シンキングペンシルほどの飛距離は出ないけど、サスペンド出来るINXジェイドはフィーディングレーンの短いメバルに非常に効果あり。
巻いて→止めて→巻いて→止めて
の繰り返しで釣れるので、経験の浅いアングラーにも使いやすいと思います。


地域によってはプラグでの釣果が期待できないと思うけど、プラグの釣りを覚えたらより一層メバルの虜になりと思います^^


ではでは。



冬将軍が本気出してきましたね。

image



















広島市内ですが、山のてっぺんってこともあり、大雪に見舞われました。
もちろん休みにしましたけど、立場上出勤。
上がる道中で、スリップする車が多数おりましたので、思い切って休みにしてよかった^^;

何をするにも、やはり「安全面」は大事ですね。


こんな寒波が到来したので、もちろん釣りもおやすみ。

強行して怪我や事故をしてしまえば自分も面白くないし、いろんな所へ迷惑をかける。

こんな日は酒でも飲みながらルアーイジリで時間を過ごせばいいんですよ♪

2016-01-14-21-32-46




















タックルハウスって性能もさる事ながら、デザインが可愛い。

性能重視よりも、たまには「こんなルアーで釣りたい」という遊び心を持って今年はのんびりやろうかな♪



ではでは。


ライトゲームの中において人気のあるメバルゲーム。

アプローチは様々ありますが、その中でもプラッキングの楽しさは・・・言うまでもありませんね^^;

僕の住む瀬戸内エリアでは5mm程度のアミ類を始め8cm程度のイワシやイカナゴや小イカ等々・・・。
様々なベイトが存在し、そのベイトにメバルが付いて様々なパターンが存在します。

実際に皆さんがどのようなプラグを使って、様々なパターンを攻略しているのか・・・追求するのは難しいところですが、今回は自分の持っているプラグを各パターンで分けて紹介してみようかなと。


まずは瀬戸内アングラーならではのアミパターンから。

アミパターンって?
と思う方もいらっしゃると思うので軽く説明。

アミ(僕の場合は10mm程度のプランクトン・または幼生)は小さい(笑)
小さいので、流れに対し泳ぐ力が弱いために、基本的に流されてます。
潮がぶつかった場所や、反転流が発生している場所ににライトを照らしてみると、アミが溜まっていること多いですよね?
潮流がゆっくりな場所でしたら、常夜灯周りになんかも多く見られます。

まぁ、何にしろ小さい餌を捕食するわけですから、メバルからしてみれば大きく口お開ける手間も省けるし、大げさに言えば、流れてくるものに対して口を開けていれば餌が入ってくるぐらいの気持ちだと思うんですね。
なのでフィーディングレーンを超えてまで大げさに餌を追ってくる感覚もあまりないですね。

なので、大凡にしてバイトが小さいし、違和感を感じたらすぐさま吐き出すようなイメージのバイトが出ます^^;

捕食レンジですが、だいたい表層~1m範囲でよく釣れます。
もちろんもっと深いレンジでも釣れますけど、この場合は縦の反転流が作用する場合が多いので、今回はスルー。

なので使うプラグも表層~1mをトレースしやすい物を選択します。

自分が使っている代表的なものはコチラ。

・アクアウェイブ シャローマジック45 (1.8g)
・ジャッカル セイラミノー55S (2.0g)
・オフト ギガスクリュー41 (2.0g)
・スミス メバペンソリッド35 (2.1g)
・スミス シラスソリッド48 (2.2g)
・ブリーデン ミニマルシャロー 50 (2.4g)


気付いた方もいらっしゃると思いますが、スローシンキングタイプでペンシルがほとんど(笑)
シンキングタイプならキモは2g程度まで!です。
そして、僕的に重要な要素の1つが極力動かないルアーと言うこと。




ウェイトに関して言えば、狙うレンジが表層付近なので3g程度のプラグになってくるとバイトタイムが極端に短くなってしまうんですね。(フローティングは別)

2016-01-13-22-22-41



















2016-01-13-22-23-03




















こんな感じ。

次はバチパターンで自分が好んで使うプラグ。

・スミス シラスミノーリップレス48 (2.0g)
・ジップベイツ スリムペンシルミノー55 (3.2g)
などなど。
グロウ系の塗膜の物も良いです^^

ちなみにアミパターンで使用するプラグも使います。
2016-01-13-22-26-22



















2016-01-13-22-26-36



















バチパターンのエリアは砂地の多い場所メイン。
海をよくよく観察すると、水面を泳ぐバチを見つけることもしばしば。
水面直下~50cmレンジでのバイトが多いのですが、特に釣れるのは水面直下。

3~5月頃に産卵のため海面付近をに溜まるんですが、広島エリアでは大群を見かけることは滅多にないでしょうね。東京湾なんて凄いみたいですが!
と言っても、基本的には年中うろちょろしてるみたいで、満月周りで見かけますね。

バイトの出方は「ヌゥン」って感じが多いです(笑)
そんでもって高確率で追い食いしてきます。
ベイトサイズ大きさなんでしょうかね・・・?



次は小イカパターン。
早ければぼちぼち小イカが出てくると思うのですが、瀬戸内アベレージサイズのメバルが捕食する小イカは大体20mm程度です。

バチやアミ類と似ていて、常夜灯周りでは特に表層に浮いていますよね。
ただし、大きくなるにつれてアミ類よりか遊泳力が強くなりますので、下のレンジにも群れていたりします。

なので、広範囲にまた中層付近までリサーチできるウェイトが望ましいです。

使うプラグこれです。

・スミス メバペンソリッド35 (2.1g)
・スミス シラスミノーリップレス48 (2.0g)
・ブリーデン ミニマルシャロー 50 (2.4g)
・スミス シラスソリッド48 (2.2g)

などなど。

基本的にはただ巻ですが、これでバイトがない場合は、沈めて→少し早巻き→ポーズのメソッドで効果が出たりします。
イカっぽい演出をしてあげれば、口を使う個体もいます^^


ざざっと書いてみましたが、自分の中ではこんな感じです。
今回はミノーを取り上げてませんが、長くなりそうなのでまたの機会に(笑)

シンキングペンシルっって汎用性が高く、広範囲にリサーチ出来るスグレモノなんですねぇ^^

プラッキングに欠かせないアイテムなので、皆さんも使って見てください。

ではでは。



どーもお久しぶりな感じです。

一週間近く泊まり込みで倉橋行ってたり、子供の相手をしたりで中々ブログの方まで手が届かず^^;


でも短時間勝負ですがちょこちょこ釣りには行ってます♪



今時期、自分の中でちょこっと熱いのがハード系で攻めるメバリング。

バチパターンのメバルも気になる所ですがそれは後日で!




まずは近場でのボトムゲーム。

使うのはもちろんメタルジグ♪



P1020172


ボトム着底から軽~くしゃくりあげてテンションかけずにスゥっとフォール。

アクション後のテンションフォールだと極端にバイトが減った事、そして・・・

カラーはなぜかグローのみにヒットしたのも面白かったり^^;



P1020177


メタルの釣りならばやっぱり活躍するのがベイトフィネス。

今回作ってもらった2本目のベイトフィネスロッドは硬目なのでこういう釣りにはもってこい♪


ベイトフィネスを使えば操作性が向上するのはもちろんですが、フォールのバイトが取りやすいっす^^

ただし、万能ではないのですよベイトフィネス(汗)




場所がらサイズは小さいですがそれでも1時間で10数匹釣れれば十分楽しめます♪


ちなみに1.5gくらすの小型メタルジグにラクリップロングはフックが絡まりやすくなるのでご注意を^^;





ハード系と言えばやっぱり外せないのがプラグ。

この時期からはブルーがよくライズするし、脂も乗って美味しくなる季節♪


P1020160

P1020171

P1020195


P1020197

P1020201

ライズを見つけたらいろーんなプラグ投げてみて下さい(笑)

おもしろいですよ♪




フローティングタイプのミノーやペンシルの使い方としては・・・

投げる→ちょっと巻く(ルアーの移動距離30cm前後)→止める

の繰り返しで「パシャっ」っと下から喰い上げてきます^^


バイトの瞬間が見える釣りはたまらなく興奮しますね!!



ちなみに一番最後のプラグはセイラミノー70Fです。

7cmあっても釣れちゃいます♪




やっぱハード系は楽しいですわ^^










ではではー。






↑このページのトップヘ