2006年12月22日

今日はマイミクのPCPOと呉までランガン

去年のデータで言って、12月最後の大潮からメバルのサイズが大きくなったと思うんで今日は結構気合入ってますよ!!!!






話は少し変わって・・・







俺がメバリングで好むフィールドとして最初に上げるのが「藻場」のあるポイント。
なぜかと言うと、冬場のメバルは産卵の為に「藻場」に溜まる傾向があるからです。



昨日の釣行も「藻場」を探しつつランガンし、釣ったメバルを観察すると、子持ちも多くいました。
サイズは最大18cm位まででしたが、しっかり子を持ってたので、子持ちはリリースしました。








12/21 メバル

















次に上げるのが「ストラクチャー」と「



俺自身まだ理解は出来てないんですけど、この2つの要素はメバリングにおいて欠かせないキーワードって事だけは分かってます。笑


昨日の釣行で流れのある藻場を叩いていた時、途中で潮の流れが変化するという現象が起きました。
現象と言うほど大げさじゃなんですが、当然、潮は時間によって満ちたり、下がったりします。



この干満が流を大きく左右する為に、釣れなくなったのだと思います。

釣れなくなったと言うより、「釣れるレンジを探しきればかった」の方が正しいですね



今まで釣れていたレンジで釣れなくなるって言う事は、流が変わってメバルが何らかのベイトを捕食するレンジが変わった?という事に繋がるのでしょうか・・・











釣りは





「人対生き物」






状況変化に常に対応できる術を持たないといけないって事ですね



今年は考えながら頑張ります!!













ゆーすけyusuke121212 at 20:49│コメント(0)トラックバック(0)メバル │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字