サロネン&フィルハーモニア管withハーンまったりウラジオストク

2010年08月16日

行ってきましたウラジオストク

vladivostok 0413泊4日でウラジオストクに行ってきました。
ロシアには何度も行っているし、モスクワには3年以上住んだのですが、ヨーロッパ方面以外のロシアに行くのは実は初めて。このあたりは、自分の研究や仕事と直接の関係がないので(ウラジオストクが正式にロシア領になったのも1860年で、時代的に自分のフィールドとずれている)、モスクワやペテルブルクより遥かに近いにも関わらず、これまで行く機会がありませんでした。
今回の旅は、資料収集や研究発表といった仕事上の義務がなく、完全にプライベートです。こういうロシア旅行、本当に久しぶり。

旅行先にウラジオを選んだのは、同行者の仕事の都合上、あまり飛行時間や時差のあるところは避けようという理由からだったのですが、私自身も一度行ってみたい土地ではありました。ロシアが近いとか隣国だとか、知識としてはもちろん知っているものの心の底ではあまり信じていなかったので、一体どんな場所なのか一度体験しておきたかったんですよね。

vladivostok 048結論から言うと、当たり前だろと思うかもしれませんがここは完璧ロシアです。
周りはみんなロシア語話しているし、街並みもモスクワなどにありそうな感じの所が多く、成田から2時間という場所にこんな空間があるのが驚き。
さらに驚いたのが、飛行機から降りたとき、排気ガスや人の体臭などが混じり合った匂い、モスクワに行った人ならおなじみのあの匂いがしたこと。モスクワからこれだけ離れていても空気の匂いが同じだとは、やっぱり空気や匂いも文化によって作られるのだな…と。
他にも、車の運転は猛烈に荒いし、駅のホームを歩いていたら突然大音量で「スラヴ娘の別れ」(※音量注意)が鳴り出すし、もうどこもかしこも紛れもなくロシア。

vladivostok 008全体として、万人が羨むような観光地は確かにないし、クラシック音楽やバレエなどハイカルチャーという点ではひょっとすると物足りないのかもしれませんが(今回はオフシーズンなのでこの手のものには触れていない)、ただロシアの雰囲気を感じてみたいとか、ロシア語を勉強したいという人にとっては、わざわざ遠くまでいかなくてもここで十分なんじゃないかという印象を持ちました。
「地球の歩き方」見てもろくに見所なくてつまらなそうですが、楽しむ視点があれば3泊4日では全く足りません。いずれにせよ、もっと渡航先としてポピュラーになってもいい所です。

もちろん、モスクワやペテルブルクとの相違点も色々あるので、それについてはこれから書いていこうと思います。ただ、私の中で基準となっているこの二都市がロシアの中ではかなり特殊な位置にあるという点は、意識しておいた方がいいかもしれませんが。

yusuke_1974 at 14:05│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Sakon   2010年08月16日 22:09
私の場合全く逆で、ペテルブルグに長期留学するまで、ウラジオストクを中心に極東ばかり行っていました(2週間のペテルブルグ滞在を除く)。同じ極東でも、ウラジオストクとハバロフスクではだいぶ雰囲気が違いますが、でも昨年訪れたヴォルガの諸都市も含め、ロシアの地方都市には共通する一定の雰囲気もありますね。
ウラジオストクのオケは太平洋交響楽団と言って、名前だけは立派ですが、技術的には日本のアマオケのはるか下です。そもそも、まともなコンサートホールもありません。
しかしウラジオストクと成田が直接結ばれたとは驚きです。2年前までなかったですから。
2. Posted by yusuke   2010年08月16日 23:44
確かにご専門柄自然とそうなりますよね。しかしSakonさんのペテルブルク滞在は研究面でも成果があるでしょうが、私のウラジオ行きは完全に遊び…。
ヴォルガの諸都市などと共通する雰囲気があるというのは私も感じました。やっぱりモスクワとペテルブルクがかなり特殊なのでしょうね。
そういえばスヴェトランスカヤ通りに「フィルハーモニー」という建物がありましたが、まともなコンサートホールではないのでしょうか。スピヴァコフ&ロシアナショナルフィルの公演のポスターが貼ってありましたが…。

3. Posted by Sakon   2010年08月17日 02:45
ウラジオストクでスピヴァコフ&ナショナルフィル!!でもあそこのフィルハーモニー、一見それらしい内装ですが、舞台の後ろに反響板がないので、音は体育館とほとんど変わりません。それに舞台が非常に狭いです。私が3年前に見にいったときは、コントラバスがカーテンの後ろに隠れていました(笑)。ひょっとしたら、改装している可能性もありますが。
4. Posted by yusuke   2010年08月17日 09:32
なるほど…。スピヴァコフのコンサート、二つあったんですがそれぞれ表題が「クラシック音楽名曲集шедевры классической музыки」と「チャーリー・チャップリン」というもので、わざわざ遥々やって来てこれ?と思ったりもしたのですが、そういうホールだとしたら、そもそもモスクワの著名オケが来てコンサートやるってだけですごいことなのかも。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サロネン&フィルハーモニア管withハーンまったりウラジオストク