2007年04月03日

もし俺が

「今Back To The Futureの前におるわ〜」

とか

「Back To The Futureで待ち合わせようぜ!」

とか言ってたら

それは大学の図書館のことですw

つまりここ↓

図書館

そしてほんまに「Back To The Future」の映画で出てくる建物が…これだ…!(ベストハウス風)

ワン、トゥー、スリー続きを読む

(23:05)

2007年03月28日

3月の18日からずっと予定が入ってて何かと忙しかったけど、それも今日まで!

昨日は、4月から慶應に行ってきて同志社の志を広めてきてくれるノリオの送別会!焼肉でワイワイしてましたw食べた後は終電に間に合うように駅までダッシュ!!そして乗り換えの駅で泪のお別れ…。

三山木にある友達の家に泊まってまたワイワイするw

朝起きたら気分は悪いわ頭は痛いわで結構最悪…(笑)シャワー浴びてスッキリしました。どうやら世界は俺の髪に嫉妬するらしい。

ブランチを食べて、そっから大阪城公園まで行って吹部のオフィシャル・打ち上げに!

喋ってるだけでも時間を忘れる。夏に吹部でキャンプ行った時も、一晩中ずっと喋ってた…wそしてくまさんのスポンサーでバレーボール開始!はいほ〜

…おっと〜、ボーイング777!?車輪はちゃんと出てた。

晩御飯も食べに行って、また色々と喋って、やっと解散w

そんな高校生活もとうとう終盤を迎えた、春休みの1日でした〜

これからも定期的に同窓会をする予定b

ももちゃん05帰ったら、買ってきたパーツでももちゃんを完全に直してやった。配線を色分けしなかったから、中身が真っ赤で分かりにくい。最近、機械をいじるのがメッチャ楽しいw半田付けしたり、配線やスイッチを良いやつと交換したりして、それが成功して動いた瞬間はたまらないwってか昔からこういうのは好きやった!アメリカの授業でも、エンジンを一回全部分解して、それをまた組み立てなおすっていうのが得意やったb これも父親の影響なのでしょうか。早く免許取ってバイクを買いたい…!


そろそろmixiやろうかな〜…



(23:19)

2007年03月26日

レッチリの振り替え公演、6月8日に決定!

日本公演で最初のステージだった京セラドームが、最終日に変更!これは熱いライブになるに違いない…!やっぱり秋まで待つなんて無理だったw

ザ☆スカポンデ☆オーケストラのライブも決定!5月5日にネバーランドにて!詳細はまた後ほどアップしますb

(22:38)

2007年03月25日

Greenhornsのマスコットキャラ、ももちゃんこと「ももちゃん号」

正式名:Jim Dunlop CRYBABY GCB-95

彼女のことです↓
ももちゃん01

ライブ来てた人は分かると思うけど、この子に踏み込むと音が「ワウワウ」って感じになります(分かりにくっw)ヤフオクで購入〜。中古品のため、ノークレームノーリターン。最初は調子良かったけど、スタジオ入るようになってから接続がだんだん悪く…。この子が壊れると、ギターの音が全く出ない状態になってしまう。これでは本番、使い物にならないということで、一回楽器屋に行って見て貰った。その時は良くなったものの、数日後にはまた接続が悪く…。そしてとうとう、完全にいっちゃった…しかも本番2日前(汗)っていうか、いじってたら止めを刺してしまった…w

その時の状態がこれ…↓
ももちゃん02
右側の接続部分の金属の板がポッキリ折れちゃったのです。

この時はさすがに焦った…;;

次の日、色んな楽器屋に行って直してもらえるか聞いてみた。でもどこの楽器屋も、「頑張ったら直るかもしれないけど、そこまでやる気無いわ〜」みたいな感じで対応で、メーカーに送るしか無いって言われた。でもライブは次の日!どうする俺!?続きを読む

(00:46)

2007年03月24日

遅くなったけど、22日、ネバーランドで暴れてきました!

新ネバーランドは思ったより広くて、まだキレイで、横長い感じの箱やった。そしてステージの天井がやたらと低くて、サキショウがジャンプした時に、上にあった鉄筋に思いっきり頭をぶつけてた(笑)

ライブが始まって2バンド目ぐらいから、早く自分達も演りたくてたまらなかった…!RYKASHADEはヴォーカルさんがメッチャ大人っぽくてビックリ。中島美嘉の歌がメッチャ似合ってたw他には「HOLIDAY」とか、GREENHORNSにとっては懐かしい曲も披露。思わずサキショウとシャウトの部分を合唱してたw 客観的視線でライアンを見てると、あいつやっぱ上手いわ〜…(笑)叩き方がかっこいい。サキショウが掛け持ちしてたKocktail Rockでは、一曲目の頭からサキショウのベースの音が消えた。どうやらエフェクターに問題があったらしい…。これを「バレンタインぶんた現象」と呼ぶ。機材の不調はどうしようも無いね…w続きを読む

(22:47)

2007年03月19日

レッチリのライブ、やばかった!!

日本公演の中でも過去最大スケールのライブ!今回の世界ツアーの中で最もでかいステージ!席は後ろの方やったけど、ドーム全体がエネルギーに満ちていて、最高のステージやった!

…って本当はここで書いてるハズやってんけどな〜…(笑)なんでこうなっちゃたんやろな〜(しつこい)

だから今日は大人しくCROSSBEAT 5月号の「レッチリ来日特集」を読んでました。レッチリの歴史を見てると、今のバンド内の雰囲気がいかに最高の状態だということがよく分かる。ヘロイン過剰摂取で最初のギタリストを亡くしてから7人も入れ替わったレッチリのギタリスト。その時、初めてドラッグによる死を実感したメンバー。その後ドラムが脱退。アルバム「カリフォニケーション」(1999)後も続いたアンソニーのドラッグ中毒、それに反発したメンバー。脱退後、歯が抜け落ちて皮膚が剥がれるまで続いたジョンのドラッグライフ。メンバー全員仲が良い時はここ十数年無かった。

今はメンバー全員がお互い愛し合ってる。

変な意味じゃなくて(笑)

そういえばアメリカとかやったら男にでも普通に「I love you man」とか言うのにな。その点GREENHORNSのさきしょうは普通に言ってくる。彼はアメリカンだ(笑)


(22:26)

2007年03月18日

今日はGREENHORNSのスタジオやった!

レッチリ延期になってテンション下がってた分、思いっきり暴れてきた(笑)

やっぱGREENHORNSは楽しい!メンバーが最高に楽しい(笑)春休みで一番笑ったわw

でも一つ完成度が低い曲が…まぁその曲合わせたの今日が初めてやったし。これからはその曲を集中的に完成させて行こうかと思います〜。

ライアンおいし過ぎる…早すぎる…(笑)

てか今回のGREENHORNS、見てて絶対楽しいハズ!今日、選曲の激しさに気付かされた。

本番まであと四日!小翔は気管支肺炎になんてならへんよ。

(23:19)

2007年03月17日

おっと〜、こいつはショック…!!

思えばレッチリにとって日本公演はいつもこんな感じだった…


91年来日の時はツアー中にジョンが脱退。

97年のフジ・ロックではアンソニーが腕を骨折したまま台風の中で演奏。ライブは30分で終了。


3月19日、および22日・23日の日本公演は、アンソニーの急病により今秋に延期。

Damn...

どうしよう…。3月19日、俺が今年最も楽しみにしていた日が…。0319、俺が携帯の暗証番号に設定していた番号が…!

とりあえずアンソニー、無事でいてくれ!俺は待つぞ!!

(19:17)

2007年03月15日

朝起きて、朝飯作って、少しギター触って、昼飯作って食って、川に行ってボーン吹いて、寒くなったら帰ってまたギターを弾く

これが最近の日課。

すごく気に入ってる。ずっとこんな感じで続けば良いのにw


さぁ、レッチリのライブまで残すことあと4日!!チケットが当選したあの日の喜び、絶対忘れないwいざ本物を目の前にすると、泣いてしまうのではないだろうか、って思うw

最近のライブ映像とか見てると、とにかくギターのジョンがすごい。まるでギターが叫んでるように聞こえる。テクニックとか細かいプレイじゃなくて(もちろんテクニックもすごいけど)、大きく大きく本能のまま、って感じ(笑)プレイしてる姿もすごいから、映像だけでもほんま圧倒される。どっかの雑誌の記事で読んだけど、ギター奏者は表情が大切らしいwたしかに、真顔で棒の様に立っててもいいプレイはできないね。

あとドラムのチャドがやっぱすごいってことに最近気付き始めた…!たまに「ペダル一個でやってるん!?」って思う程、力強いキックを連打する時がある。ただ音がでかいだけじゃなくて、一発一発に芯があるって言うのでしょうか。この人はとにかくエネルギーのかたまりやね…wドラムフィルとかもタイミングとか力の入れ方が神業的!パワフルなドラマーって言ったらメタリカが思い浮かぶけど、あの人はペダル2つやねw

GREENHORNSのドラムにライアンが入って、これもテクニカルな物じゃなくて(もちろんテクニックもやばいけどw)基本のリズムがしっかりしてるだけでこんなにも迫力が出るんやって思った。バンドの柱・音圧の源はやっぱドラムがでかい。

↑以上、知ったか君発言をだらだらと述べましたが、一度ライブ映像を見てみては?

ほんま、やばいよ



Give It Away/Fuji Rock Festival '06

(01:24)

2007年03月12日

今日は高校最後の行事、卒業式!

ほんまにほんまに、これで最後。

高3になって仲良くなった人とか、3学期から仲良くなった人、春休みに入ってから仲良くなった人ともこれからは別々の道、と思うとどこかもったいない様な気がする。3年間ずっと一緒やった友達とか部活の人は、なんせ3年間一緒やってんからこれからもずっと仲良く付き合って行くことになるやろ!でも、「これから…!」って感じやった人はもう二度と関わることは無いかもしれない。ほんまにもったいない…。

この学校で感じたことは、一人一人の個性がほんまに豊かで、学校生活は「自由」そのものだ!

…なんて感じのありきたりな文章をテキトーに書いとけばええんやろけど…俺にはそれはあまり強く感じられなかった。中学の時も帰国生だけのクラスでだいぶ強烈やったし、その前はずっとアメリカやったし…いわゆる「ジャパニーズジャパニーズ」した学校生活を送ったことは実は無い。過ごしやすい、自分に合った感じの学校やった!と断言できるかもよく分からない。でも卒業して淋しいのは事実。なにより、「機会」が多い学校であったということを一番強く感じ、ありがたく思っている。

それにしても、入学した時は一応「首席」やったのに(今やから自慢するけど…笑)、今となっては卒業生代表のみずしが眩しい眩しい…(笑)まぁ妥当な位置にいると思うけど…w

感情が鈍い人間と化してきたのか、引退の時も、終業式の時も、そして今日も、「実感」というものを感じられなくなってきた。気付いたらもう新しい生活に慣れてる。気付いたらもう大学生。引退の時も「泣かへんし!」って思ってたけど、ほんまに泣ける気がしなくて、ちょっと残念やった…。


うそ、高校最後の行事は22日の卒業ライブ。来てねw



(22:59)