2007年04月21日

「愛してる、愛してない」感想

 せっかくなので、ネットがつながる前に書いてた映画感想を。
 いやね、寮から一駅のところにゲオがあったんで、久しぶりにDVDで映画でも見るかと思い、借りてきたのが「愛してる、愛してない」だったんですよ。パッケージの感じがタワイモナクカワイラシイ恋愛物っぽかったから、心を潤すにはちょうど良いかと思って。
 さあ観るかと袋から取り出してみたらジャンルを示すラベルに「サスペンス」とあったから「あれ〜おっかしいなぁ。ラベル間違ってんじゃね?」と思ったのですが……間違ってるのはパッケージの方です。絶対。

 とりあえずこれ日本でマーケティング担当した奴、アメリの主演女優の主演作ってだけで、映画の頭数十分しか観ずに宣伝の方向性決めただろ!(笑)
 オドレイ・トトゥも可愛そうに、日本ではアメリのイメージが強すぎるのだろうね。実は僕、アメリ観たことないけど。

 平たく言うと、ちょっぴり(どころではないけど)思い込みの激しい才能ある美大生の女の子のサイコっぷりが徐々に発揮されていって、惚れられたお医者さん大迷惑といったところで(ちなみにこのお医者様、笑えるくらいよくモテる)ジャンル的には確かに間違いなくサイコサスペンスです。
 主人公のアンジェリクのいじらしさと、彼女を見つめる医大生のダヴィッドの熱い思いにニマニマしてると、だんだんアンジェリクのやることがエスカレートしていって、女って怖いなぁとニヤニヤに変わるんですが、そのうち怖くて笑ってられなくなります(苦笑)。

 冒頭で売り方に苦言を呈しましたが、この映画最初と最後で雰囲気ぜんぜん違うから確かに売りかた難しいとは思うんだけどね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
yutajin
 あるときはデンキヤのバイト、またあるときは3流大学生、しかしてその実態は……!

 すいませんただの特ヲタです(笑)。
 特にウルトラ全般に思い入れが深く、コスモスもネクサスも両方愛してまっす!あと、ネクサスの影響で佐藤康恵さんとdoaにハマりました。

 ヲタ趣味、ヲタそのものについて、大学やバイト先での出来事について綴るblogになると思います。有益なものは多分何も無いですけど、足跡を残していただけると小躍りして喜びます(笑)。

 メールは、アカウントがyutajin、ドメインがlivedoor.comです。
 アカウント、アットマーク、ドメインの順に全て半角で打って送信してください。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス解析