アラサーなのに障害だらけ恋愛

アラサーで久々に出来た彼氏は訳アリだらけの元ホスト! 発展的な進展なしの日常を記録します

2016年07月

彼の家に最後にお泊りしたのがもう10日前くらいか~~
 
その間、溺愛してた飼い猫が亡くなったり、
その初七日が終わるまでは、ちゃんと家に帰って大人しくしてようと思ってたり、
そうじゃなくても副業バイト三昧で疲れてたり
疲れてるのはバイトだけじゃなくて、ちゃっかり海行ったり上司と食事行ったり。
 
で、起きて何だかんだ、しなきゃいけない事をしてる時間以外は、
本当に睡眠にあてないとヤバイと思って、お泊りデートもままならない。
 
でも疲れすぎてるからか、疲れてて死んでもいいから彼に会いたい!っていう
気持ちよりも、寝なくちゃ・・寝なくちゃ・・の方が強くなってしまって・・。

ダメだなあ。

彼も誘って来ないしな。月末は徹夜続くほど忙しいみたいだからな。
泊まりに行っても、私が居たら、お話して、エッチする流れになっちゃうから、
余計疲れて邪魔だしな(笑)
 
去年の夏は、彼を取り巻く状況がまだ今より穏やかだったから、結構色々お出かけしたな。
 
弾丸旅行。
 
観光地で観光スポットを見るとかはそれまでも良くしてたけど、何もない田舎道を車で走って
空や畑や海や、雲やお月様や山を見て、綺麗だねって言う感覚が、彼に出会うまでは
私には無かった。
 
ドライブって何なのか、どっちかと言うと都会育ち(笑)の私は何が楽しいのか知らなかった。
 
 
それ以前に、インドアだった(笑)
 
 
いつも急に色んなところにひっぱり出してくれて、これを見せたかったんだよ!って
綺麗な景色を見せてくれて、あなたに見せてあげられるもの、してあげられる事は、
まだまだこんなもんじゃないよ!って言ってくれる。
 
 
私の世界が変わった。本当に感謝してる。





にほんブログ村
にほんブログ村

性癖といえば・・・・・
 

彼は口でしてもらうのが大好きで(笑)

 
私の乏しい男性経験では、あんまりそれを必ず希望する男性が居なかったし
してあげようとしても、いいよいいよ!みたいな感じだったので
一般的にはこんなに毎回するものなの?!と思っているのですが・・
どうなんでしょう。
 
 
そんな私は、多分本当にへたくそ。
 
 
一度男性の体になれたなら、どこがどうなのか分かるのに、
圧倒的経験不足で、さっぱりわからない。
 
 
彼には毎回授業を受けているような感じで、でも間をおくとすぐ忘れてると言われて(笑)
 
ちょっとお腹いっぱいとか飲みすぎた日にはオエッてなるし(笑)
 
傷つけちゃって軟膏買ったこともあるし(笑)
 
 
体の相性はいいとお互い認識している(と思う)けど、
ここらへんちゃんと上達しないと、捨てられちゃうな。
かと言って、ヨソで勉強してこられるわけでもないし。

どうしたものか・・






にほんブログ村
にほんブログ村

昨日、26日火曜日の上司とのお食事は、そんなにディープな話ではなく
だいたい予想がついていた内容だった。
 
で、そんな話をなぜ私に?と言う疑問は残ったものの、
まあそんなに歳も離れてなく、職場内でのテンションが似ているタイプなので話しやすいのかな。
前にも食事行ったことあるし、私は職場内で、コイツは何を知ってても知らなくても、
利益も無いけど害も無いよね、という立場なので・・・(泣笑)
 
お食事はとっても美味しいお店だった!
 
 
彼とは月曜日にお店で一瞬会った。
システム関係を徹夜で直していたみたいで、ヒゲがちょっと伸びて疲れた顔をしていた。
帰ってすぐ寝る、って言ってたから、その後連絡しなかったけど、元気かなあ。
 
 
ヒゲと言えば。
私はちょっと、エッチのときヒゲが好き(笑)
それは年上の「おじさま」と付き合ってたからかもしれないけど、
最中に、首筋にジョリジョリされるのが、ものすごく感じる。少し肌荒れるけど。
 
彼はヒゲが薄いタイプだったから、それはしなかったけど、
「彼女」との別れ話がこじれて、莫大な負債が決定した頃、やつれて、ヒゲもそらずに
どうやって死んだら楽かな、なんて言ってた時期がある。
 
ある夜、彼が急に私を迎えにきて、まだ彼の家に行けなかった頃だから、ホテルに行った。
 
何かこの夜とんでもなく辛いことがあったみたいで、ずーーーっと泣いてた。
スーツは着てたけど、ヒゲも伸び放題だった。
 
一緒にベッドで泣いて、何となくそういう雰囲気に(笑)
どんなに辛くて泣いてても、彼の性欲消えないのね・・・と思いつつ。
 
で、初めてヒゲ有の彼として、久しぶりに、首にヒゲが。
 
 
あああああああああああ!!!!!!!!!(≧▽`♪☆+゜)
 
 
燃える燃える(笑・私だけが)
 
 
驚く彼(笑)
 
“わあ・・性癖・・・”
 
面白がってたくさんしてくれる彼。
 
“何これ面白い・・・
 
やたらめったら悦ぶ私を面白がる彼。
 
 
私はこの日、彼が面白がる新たな性癖を披露したことで
少し彼の事を生き長らえさせたと、ちょっと思ってる(笑)






ほんブログ村
にほんブログ村

「おじさま」から、自分から離れた本当の理由を言って欲しい。
と来たメールに、本当の事はやっぱり言えなかった。
 
彼が現れたことを言えなかった。
 
 
また嘘をついてしまった。
 
 
でもきっと丸くおさまった。
 
 
私と「おじさま」の間の長い長い時間に、一区切りがついた。
不倫だったくせに何言ってんだ、だけど、本当に感謝している。
色んなことを経験させてもらった。丸12年。
 
 
今夜は、以前から誘われていた職場の上司と食事だ。
本当は疲れていて、早く帰りたいけど、一度行かないと治まらなさそうなので
今夜決行。
話って何だろう・・・
ちなみに既婚者子持ち、奥様にもお子様にも会ったことがあるので
そっち方面の話では無いのは確かです。


 



にほんブログ村
にほんブログ村

私も彼も、忙しすぎて疲れすぎてて、全然会えない。
 
 
会おうと思えば夜の時間は取れるけど、一緒にいてテレビ見てエッチして・・のコースだと
もう死ぬほど体力(と睡眠時間)が奪われるので、今はそれぞれ過ごした方が体にいいかも
 
一緒に住めれば、一緒に回復できるペースが出来上がるんだろうけど
今は、いつもは一緒に居られないから、会うときは全力で会ってしまうから。
 

彼と親しくお付き合いを始めて1年半。
最初の1年は、彼の家に行けなかった。

「彼女」がいたし、複雑な事情で、家に女を連れ込んではダメだった。

今年に入ってから、初めて彼の家に入れてくれた。
今でも、こっそりしなくちゃ、だけど。

春になる頃、合鍵をくれた。いつでもピンポンしないで来ていいんだよって。
男性に合鍵もらったの初めて。

ある夜、私は職場の飲み会で、彼はお店に臨時で出勤していた。

私が帰るころ、彼からLINEが来て、何のやりとりをしたか忘れたけど、
彼の家に、じゃあ今日はこれからお泊りに行くね、ってなった。

“お店の駐車場に止めてある自分の車の助手席に、鍵が置いてあるから持っていって”

タクシーで彼の家に向かう途中、お店の駐車場に途中停車してもらって
中を見たら、赤い小さな紙袋に入った鍵があった。

「彼女」から返却されたものか、私のために作ってきてくれたものかは
分からないけど(笑)


なんかドラマみたい・・・・
ってちょっとドキドキした。






にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ