aj yutakaな日記:2010年01月 - livedoor Blog(ブログ)

2010年01月

2010年01月31日

最近の休日の過ごし方・・・

久しぶりの更新です。
今年初めてですね。今日は日本橋で一人でカフェに来ております。
ご心配なく、M子とは今も仲良く暮らしておりますよ。

最近は靴にお金をかけることが多くなりまして、東京に来てはじめて買った革靴(当時2万円くらいのNICOLEの靴)のかかとの修理にきております。
結構すれて降りましたので、1週間くらいの修理期間が必要ですとのこと。

日本橋三越の中に入っている修理屋なのですが、あぶなくオールソールの張替えをさせられるところでした。(12,000円)
靴底かえるだけで、本体価格の半分かけることに抵抗があったので、(最初に買った靴だから、大切にはこうと思って修理に出したけど、12,000円はさすがに無理。)かかとだけの修理をお願いすることにしました。

事前に友達(ネット)に聞いていたところによると2,000円くらいだったのですが、かなりけずれているとのことで、かかと部分の張替え。
結局5,000円くらい取られましたね。

今は、雨のとき用の革靴に成り下がっておりますが、初心忘れずでもうちょっと履こうかと思います。

もう一足は、初めての本格靴として購入した「ア ピース オブ クラフツマン」という靴。4万円しました。

初めてジャストフィットという感覚を得た靴です。

こちらも大切に履こうとのことで、つま先の減りが早いとのこともありつま先の補強をお願いしました。

結構それだけでも違うみたいですからね。
金属製のやつもあったのですが、滑りやすくなるとのことでラバー製に。
クラフツマンの靴は底面がすべて皮製の全カラスであったので、すべるすべる。

大手町駅のタイルの通路なんて完全に歩き方おかしかったと思います。
滑らないように靴を増したに下ろして歩くような感覚。

コンクリートとか歩いていくうちに削れてきてあんまり滑らなくなりましたが、
そこに金属は危ない(金属の方が、足を組んだとき等ちらちらみえる大人の魅力があるようですが。。)ので、ラバー装着中です。

4万の靴は10年くらいは履きたいですね。
最近は、高級靴と呼ばれる靴に興味がわいてきました。

営業なので、あまり高い靴(10万円以上)ははきつぶす恐れとそもそもの経済力のなさで検討にも乗りませんが、5万円近辺の靴で次に何を買おうか思考中です。

いい靴があれば教えてくださーい。

では、あと30分くらいでリペアーが完了するので迎えにいってきます。




海さん

yutaka