こんばんは、写真とギターとデザインとのyutakaです。


びっくりしました。

先日、このブログを見て、本当に講座にご参加いただけた方がみえました。

この場を借りて、改めてお礼いたします。


岐阜県は可児市で、アコースティックギター初心者の方向けのサポートをさせていただいています。



さて、本日のテーマは、初心者ギターの謎、「独学でもギターはできる?」です。

実際どうなんでしょうか。

よく話題にあがるので、ちょっと真面目に考えてみました。(笑)

興味のある方はご一読ください。



(ブログランキングに参加しました!)
もし楽しんでいただけたら、クリックしてささやかな応援をしていただけると嬉しいです!






よくギター始めたばかりの方にそうきかれるのですが、結論からお話ししますと、「たいてい、ある程度まではできると考えています」。

その方がどの程度を求めているかによりますが、楽しく弾き続けていればそれでOKの話ですので、続ければやがてある程度弾けるようになるかと思います。

ただやっぱり?個人差はあるにしても、教えてもらうよりどうしても時間がかかりますよね。

(・・・「時間がかかっている部分も楽しめればOKでは?」の方は、そもそもこの話題に興味がないと思うのですが)


そして、そこが気になる!?という・・・・・仮にギターを楽しむために少し覚える事が、独学の場合と教えてもらう場合でどれくらい時間的に違うかといいますと・・・。


数字で例えるなら「2時間なのか、2年なのか」、くらいの違いがあります。


!!!!!うそ??

・・・いや、仕事して生活したりしながらなんとなくギター楽しんでいると、たいていそれくらい違いますよ。


人生よくありませんか?

大人になってから、子供のころ受け入れれなかったことをやっておけばよかったという後悔。

そんな感じで、「もっと早く知っていたらよかった」・・・ギターも独学でしたら当然そういうことあります。



私の場合まったく音楽がダメでしたので、コードでも、リズムでも皆さんのように2年どころか5年~8年ほどかかってやっと覚えた音楽のルールみたいなことがあります。

しかし実はその5年~8年で覚えたことや気づいたようなルール・・・理論の基礎的なことは、まとめると2時間程度で簡単に覚えることができます。


つまり、趣味で手始めに楽しむ程度の理論は、要約したら2時間程度で覚えれることなんです。

趣味なのでそんなに焦ることはありませんが、そこにあまり時間やお金をかけない方がいいと思います。

ギター弾く方に時間かけた方が、たぶん楽しいですよ。

そうなると確かに・・・覚えるお約束事は今日覚えてしまって、明日からは実際に楽しく音楽を構築していくことを心掛けた方がいいですよね。



僕自身が無駄に時間を費やしてきたので、そこは本当に後悔しています。

誤解がないように付け加えると、ギターが「技術的に」早く上達する方法は、沢山の方がおっしゃる通り殆どありません、努力がものを言います!!

ただ、ギターの上達は、技術だけでなくて理論的な知識も関係するのです。

当然覚えるポイントが初めから一発でわかっていれば、覚える分のあまった時間だけ、技術練習に入れ込めるので上達も早くなると考えれるのです。




今も昔もギターが大好きなので無駄にはなっていないのですが、やみくもに覚える事よりも、効率的に覚えて、効率的に実際の練習に時間を当てていけたらよかったと思いました。



今私のギターを習いに来てくださる初心者の方(すでに弾ける方も)は、みなさん初日の2時間だけで、2年ギターやっている方よりも知識がある方もいるかも??と思います。

そして正しい知識があるという事は大きくて、何を今楽しみながら練習すればいいのかが分かりますね。

結果、数か月でもめちゃくちゃうまくなれる可能性が出てきます。

実際、皆さんびっくりされます。

「そういう事だったのか!?」とか、「まさかこんなに早く弾けるようになるとは」とか、様々です。


早い方だと始めた2時間以内に、今日ギターを弾きはじめた人に見えない!!というところまで行けます。

実際、そういう生徒さん最近沢山みえます。



実は、私も独学です。

誰にも習ったことがありません。

音楽も成績は1でした。


なので、好きで続けていたら出来ないままという事は、たぶんないでしょう。


今一度大好きなギターを、効率よく弾く時間を確保するためにも、覚える大枠のルールは2時間で覚えるといいかと思います。



覚え方、ポイントなどの興味持った方は、是非教室にご参加ください。


お問い合わせは yutaka-ono@outlook.comまで。

(最近いたずらメールも増えてきましたので、お手数ですが件名に「ギター講座の件」とお入れください。)


それでは、また。




写真とギターとデザインと    yutaka