こんにちは、写真とギターとデザインとのyutakaです。

今日の内容は、闇雲にギター練習している人にお知らせしたい「そもそも」・・・という気付きの話です。

「ギター上手い人」の考え方を僕も始めた頃からいろいろ見てみますと、決定的に「ギターがうまくならない人」と違う事がたくさんありましたね。

センスがいい?もともと持っている?練習の仕方?発想やアイデア?・・・そんな中から、「そのそも・・・」。といった視点から見てみます。

今回は「押さえ方」についてです。

世の中には、そもそも「なぜ同じコードや音でもいろんな押さえ方」があるのでしょうか?

こういうところにヒントはたくさん隠れていますね。

同じ音でも弾く場所が違うから押さえ方が変わる(楽器の都合で)、同じ音でもこちらの響きの方が(音の分厚さ、構成音の並び方、トーンやテンションやダイナミクスなど)好きだから(好みの都合で)、同じ音でも指が押さえやすいから(自分個人の都合で)、同じ音でも自分のジャンルや弾き方に合っているから(ジャンルやスタイルの都合)、かっこよく魅せる押さえ方として(パフォーマンス重視)、同じ音でも次の音にスムーズに行きやすい指だから(曲の流れの都合)・・・。

他にもいろいろとあると思います。

そしてもう一つあげるなら、「そもそも」その押さえ方でないと弾けない(弾きにくい)フレーズがあるからではないでしょうか。



早速今日から、考え方を少し変えてみてください。

無駄なく練習をしていったほうが、少しでも早くレベルアップできると思いますよ。


よく初心者の方の質問に出てくるものに、「このコードやこの音はこの指で押さえないといけないか?」というものがあります。

これの答えでよくお伝えしているのが「どの指で押さえてもいいですが、出来ればいろんな指で押さえれて選べるようにしたほうが良い!」です。

すると皆さん「えっ!?」って、とても落胆します。

ある意味、僕の言い方は鬼ですね(笑)

押さえ方を、他のにしたいと思っている方に、更に増やす言い方するわけなので・・・。

でもこれが本当に大切です。

うまくなってくると必ず色んな曲弾きたくなるものです。

少し弾けて満足した上で弾けるのにやめる方はあまりいないかと思います。

もちろん、その時にまた違う押さえ方でないと弾けないことに気づいてから覚えてもいいのです。

ただ、癖がついてしまってからだと、癖や見方を切り替えるのがとても大変です。

あえてはじめから練習しておいたほうが良いですね。


例えばよく初心者コースの中で話題に出てくるローGコードでみてみましょう。

これを本当にストレートな教本にあるGだけでいうなら、

①人差し指、中指、薬指の順に押さえる方と、②中指、薬指、小指で押さえる方が一番多いかと思います。

あなたはどちらですか?


僕は上の2つの押さえ方の他に、人差し指の音はミュート(5弦)、中指、薬指の順に押さえる、

中指の音はミュート(5弦)、薬指、小指で押さえる、

5弦ミュート、6弦親指、1弦は(人差し指か中指か薬指で分ける)

7種類位を基本使い分けています。

もちろんG5フォームや3弦からのオクターブ上のG音を入れるローコードなど入れると種類が多いので、今は基本的なGコードのみの押さえ方の話ですよ。

全部、使い分けるために意味があります。

その中で一番いい押さえ方で選んで弾きます。


例えばGコードをフィンガーピッキングで弾きながら、C/Gコードをハンマリングで爪弾くとします。

曲のポイントは「ベース音のGを切らないこと」だとします。

6弦の3フレット(ベースのG)を1回弾いて、6弦の3フレット・4・3・2弦の開放を同時に(つまりGです)弾いて、音が消えないうちに2弦1フレットと4弦2フレットをハンマリングします。

こういうフレーズは、①の押さえ方も②の押さえ方もコードを離した瞬間にベースG音が消えてしまい弾けませんね。

上に書いた中指の音はミュート(5弦)、薬指、小指で押さえる方法・・・つまり6弦を薬指、1弦を小指で押さえると楽に弾けると思います。

人差し指と中指がちょうど弾くフレットの上にハンマリング待機して余っているわけですから。

6弦親指と1弦人差し指だとどうでしょうか?

残りの余った指(中指・薬指・小指の3本)は4フレットより右のフレットを弾くフレーズに使えますし、この3本でローコードの左手カッティングにも使え、用途はいろいろ考えれますね。

このように押さえ方が変わるだけで、物理的に弾けないフレーズから弾けるフレーズへと変わり、弾ける内容の幅が激的に増えますよね!

だから、いろんな指で同じコードや音を押さえれたほうが良いです。

物理的に弾けない状態だと気づかぬまま、自分には才能やセンスが無いと諦めてしまう前に、押さえ方に隠れた可能性があることを知って研究してみてください。

この考え方は、すべての先入観を捨てることに似ているかもしれません。

色んな角度からスタートすることで、新しいメロディーが見つかるかと思います。




(ブログランキングにも一応参加しております。)
この記事がもし楽しんでいただけたら、クリックしてささやかな応援をしていただけると嬉しいです!




覚え方、ポイントなど、記事からギターに興味持った方は、是非当教室にご参加くださいね。


お問い合わせは yutaka-ono@outlook.comまで。

メールのタイトルには「ブログを見ました」と必ず表記ください。


それでは、また。




写真とギターとデザインと    yutaka